違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
昨日の会見
2006-07-31 Mon 11:03
で昨日、Wさんが最後に切り出したのが、宗教団体Sへの勧誘だった!
、、、その瞬間、コーヒー吹くかと思った。

付き合ってた頃には、只の1度も誘われたことがなかったのに!(笑)


しかしWさんは、もともと押し付けがましい人ではない。
この勧誘にしても、純粋に私を心配して役に立つかもと思ったからこそ、知り合って何年も経過した今になって、初めて勧誘とゆうことになったのだ、と思う。今回も、1冊の本をすすめられただけで、それ以上の強引さはまったく無かった。「もしその気になったら話をきいてみないか」、と。

昨年末に皆で飲んだときにもちょっと話の出た、元同僚のTさん。彼女は、15年以上も鬱に悩み、S学会への参加をすすめたところ、彼女にとってよい影響があったらしいのだ、と。

運命は変えられる―セルフ・コントロールのパワー運命は変えられる―セルフ・コントロールのパワー」 著:川田 洋一 (2004/05) 〈第三文明社〉
... Wさんに渡された本。活字が大きくて読みにくそうだけど、、、気が向いたら読んでみましょう。
S会は、確か仏教系のはずだよね? 仏教には元々興味はあるんだけれども、何というか宗教的なコトにはいまいちハマれない自分がいて、神学にも仏教にもマジメに取り組めないところがある。本気で勉強したら、とても面白い分野なんだろうがなぁ。

          *****

そういえばWさんは、ついに禁煙を断行したらしい。
知り合いが肺癌になり、肺の半分を切除し、、、その話をリアルに聞いてビビッた、とのこと。
なんか顔色も幾分よくなってて、よかったよかった。

癌家系だから、手術をきっかけに絶煙する人は何人も見ている。皆、健康な時期には「命など惜しくは無い」と嘯き大量のアルコールとニコチンを制限なく摂取していたのに、いったん命の危険に差し向かうと、あっさりと断煙し命を惜しむ。それは人間として当然の行動で、「それでもオレはタバコを吸い続ける」などと言っている人は、ひとりも見たことがない。
「止められない」なんて言ってる人は、、、ことの重大さを認識していないダケなんだよね。うちの弟もそうだけど。

なぜ自分の身体を壊すまで分からないんだろう? 信じらんないよ、、、、、、、。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
9時起床
2006-07-31 Mon 10:28
7時にダンナの目覚ましで一旦眼を覚ますが、寝なおして9時に起床。
少し眠気が残っているが、昨夜飲んだデパスは半分より多かったので、きっちり半分に割れたら、やはり丁度よい量になると思われ。

今朝の夢。
道を歩いている。旅、、、という程ではないが、集団で、比較的長い行程を徒歩で歩いてきたというシチュエーションのようだ。
以前は舗装され車が走っていたらしき、朽ちた道路。既にアスファルトはほとんど剥げ、白茶けた砂利と砂埃を蹴散らしながら歩む。
ふいにその道が終わる。道路の終わりは、高速道路のような高架になっていて、突然、その道路の先が地表に落ちているような終わり方。
道路の端の方はアスファルトの土台のコンクリートも崩れ、距離にして3,4メートルほど、内部で格子に組まれた鉄骨だけが剥き出しになっている部分がある。ところが、誰か(たぶん女の子)が、コンクリートのある部分ではなく、わざわざその鉄骨の格子部分に足を踏み入れている。
剥き出した鉄骨の格子、その下は空で、遥か下方の地表が丸見え。かなりの高度があることが伺える。怖い。
不思議だ。私は、高さに関してブルったりすることはあっても、恐怖を感じることはないのに。むしろ普段の私なら、進んでその、ちょっとしたスリルを味わうルートを選ぶはずなのに。

その女の子が鉄骨ルートを選んで歩むのには、じつは理由があった。
建物にして2階か3階分くらいの高い場所で突然落ちているその道路の端から地上に降りるためには、適当な足場のある、つまり上手に崩れている箇所から降りなくてはならない。
鉄骨ルートの先の方は、コンクリートの崩れ方が、上手い具合に降りられそうな足場を形成したっていうわけだ。
なるほどなるほど。

とてもナットク。スッキリ。

          *****

起床すると、お腹が少しだけ痛む。
乳房も張っている感じで、少し痛い。
排卵期のような症状だけど、薬のせいなのかもしれない。
(ドグマチールの副作用なら、胸の張りがずっと続くか更にひどくなる、、、ということだ。もっと快方に向かうまで、もって欲しいが、、、)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ティータイム
2006-07-30 Sun 22:06
で昨日までWさんから連絡がなかったもんだから油断しまくってたら、デンワがかかってきて結局お茶することに。

そんなわけで、
ドグマチールが切れているせいか、睡眠不足なせいか、
ここ10日間のうちで、もっともマジ・モードで話し込んでしまった。、、、いや仕事の話を。

スッキリしたかも。
ちょっとモードが違うので、久しぶりにこの手の話題をメイン・ブログに書き込みしてみる。

まぁその、、、ほんとはこのモードが、私の真実の姿だとは思うんだけれども、
ちゃんと眠れるようになって、何らかの形で仕事に復帰できるまでは、
薬に頼らざるを得ないってことだね。

不本意だけど。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
どうでもよいことだが
2006-07-30 Sun 13:44
5時間以上も考えていた空想物語の内容も、どこかに書き付けておいた方がいいのかな? とゆう気もしてきた。せっかく長時間考えてたんだしなぁ。
いざ書くとなると、、、かなり面倒なんだけど。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
実験
2006-07-30 Sun 13:42
土日ということもあり、昨夜は実験的に、薬の服用を勝手に止めてみた。

就寝時はいつものように、脳内だけで展開する架空ファンタジーの物語構築を行う。
私が小説を書けないのは、、、ちゃんとした物語背景とか設定とか矛盾のない構成とかを考えるのが面倒だから、というのが理由なんだけど。
結局、朝6時半まで一睡もできなかった。

物語の方は、メモを取ってないからじきに忘れてしまう。単に眠れなかっただけで、何も意味がない。

6時半であることを確認した後、少し眠れたようだ。
だが、朝方に眠りにつくと大抵そうであるように、繰り返し浅い夢を見て熟睡できない。
その現象事態は以前から日常的にあったことなので、とくに奇異には思わないのだが、感じ方が違う。

以前のパターン、、、朝方の浅い夢は、あまり内容を覚えていないが、総合的に、"なんとなく不愉快な気分"になる。

今朝のパターン、、、
不快感ではなく、(強くはないが)嫌悪感を覚える内容。
具体的には、、、自分(就寝前の空想の産物により、架空物語のヒロインになっている)の部屋。自分が育てている観賞用植物。これは、ツタ状のツルを持ち、そのツルが、空中のところどころで球状形態になっているという、不思議な形の植物。
その植物を観ている私。同じ場所で同じ視点での光景が、時間を経過した形で何度か繰り返される。

最初は、青々とした植物の姿。茎やツルの色は淡い緑色で、先の尖った緑の葉がついている。葉の形はトポスに似ているが、もっと幅が狭い。茎の中間部分でツルが球状に形成される。その部分に台座を設置して鑑賞するタイプの植物みたいだ。私の育てている植物では、主茎とは別に、2つか3つの球状部分が作られていて、それぞれに台座を設置してある。複雑に絡み合った淡緑色の球を眺めていると、飽きない(らしい)。
2度目のシーン。水をやり忘れているのか、植物のツルに少し元気がない。球状部分が、ややいびつな形に歪んでいる。色もなんだか黄色味を帯びている部分があるようだ。
3度目のシーン。植物の枯渇が進み、球状部分はかなりつぶれた形。全体的に緑色が薄れ、モヤシみたいに白と黄色っぽい色彩感になっている。それを眺めている私自身も、なんとなく枯渇感を覚える。
4度目のシーン。植物の球状部分は、完全につぶれてひしゃげている。白っぽく褪せた感じの色。もはやそこまで水分が到達していないもよう。植物のツルというより、雑草の根っこのようだ。これはいけない、水をやらねば、と考える。
スポイトに水を入れ、植物の根幹部分に指そうと試みる。

すると、、、根幹付近のツルが数本、突然こちら側に伸びてきて、私の右手に巻き付いて、締め付けるような動きをする。
私は驚き慌ててツルを引き剥がし、その植物への水遣りを放棄する。

          *****

目覚める。
強い恐怖とか、不快感ではないのだが、、、そこはかとない嫌悪感を感じる。
今の夢の内容について考え始める。時計は、朝の9時を少し回ったところ。
約15分経過。
まったく眠る気が失せてしまう。目の奥がヒリヒリするが、仕方ない。

諦めて起き上がることにする。

          *****

もう1つ。
夕べ眠りにつけなかった約5時間半の間ずっと、、、私のお腹がゴロゴロしている、つまり、自分の消化器官が蠢動しているのを自覚し続けていた。
消化器官が積極的に働いているということは、副交感神経で身体部分は眠っている状態にあるのに、脳も活動を続けながらそれをモニターしている、、、という状況。

早い話が、
自律神経の働きが狂っている、、、ということだ。
実に興味深い。

原因は、薬を服用しなかったことが大きいとは思うのだが、
これは、副作用の1つであるのか。

いずれにせよ、今の時点で薬の服用を勝手に中止するのは危険であるように思える。
今晩から、また服用を再開することにしよう。

不本意だけど。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
寝起きスッキリ
2006-07-29 Sat 12:30
今朝は6時にスッキリ目が覚めた。
すっごい健全!
デパスの量は、、、あれでバッチリということ?

しかし、休日6時に目がパッチリ覚めても仕方ないっつうか。
平日もちゃんと朝スッキリ起きられるよう、ちゃんと調整してゆかないとね。

会社に行っていないことを、未だにダンナに黙っているのだが、
クリニックで不眠の薬を貰っていることだけは打ち明けた。

だが通常、単に不眠症の場合に処方されるのは、ハルシオンとか専用の薬があるはずななだよ。
デパスは睡眠補助効果もあるけど、もともと精神安定剤だもんなぁ。
ドグマチールに至っては、カンペキに抗精神病薬なわけだから、こっちについては黙っておく。

などなど薬について新しい知識を得るのは、結構楽しい。

          *****

朝食は、エリンギ+ニンニク芽を炒め、無印良品で買ったチーズソースでパスタを食する。
相変わらず食欲は旺盛である。とほほ、、、_| ̄|○
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の Input
2006-07-29 Sat 00:32
読書
雲雀雲雀」 著:佐藤 亜紀 (2004/03/24) 〈文藝春秋〉
... 1/3くらい進んだところで、また最初から読み直したくなった。速読するには勿体無い。ほんとは今日が図書館への返却日なんだけどなぁ、、、。まぁいっか。

戦闘妖精・雪風解析マニュアル 戦闘妖精・雪風解析マニュアル」 早川書房編集部 (2002/07) 〈早川書房〉
... 本日到着。文章の分量が多いので、とりあえず斜め読み。

DVD
EMOTION PLUS 戦闘妖精雪風 FAF航空戦史EMOTION PLUS 戦闘妖精雪風 FAF航空戦史」 飯田馬之介、山口宏 他 (2005/11/25) 〈バンダイビジュアル〉
... 宅配便で届く。ひとまずブックレットを一読。DVDはまだ見ていない。
別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
昨日からの経過
2006-07-29 Sat 00:16
昨日、第2回めの受診では、前回と同じ薬を処方いただく。
予想通り。
でも診断書はもらえない。これも予想通り。
会社の言い分はわかるけど、、、1度診察しただけで診断書って、そりゃないよねー?
私が医者でも、そんなテケトーなことはでけません。

ちゃんとしたお医者でよかったなぁ、と少し安心。
書棚に慶応マークのファイルが何冊かあったんで、恐らく慶応卒の方なんだろうな、と。

          *****

で、朝になっても眠気から覚めない点については、「薬を半分に切って飲みなさい」と。
そんな無茶な! mixiのコミュなんかを見ると、半分(0.5mg)の錠剤もあるらしーじゃん。立川にはないのか?

取り合えず昨夜は、デパスを半分に割って、、、といっても上手く割れなかったんで 2/3くらい飲んでみた。
でもやっぱり今朝は眠くて、9時半まで寝てしまった。09:30 にはスッキリ起きられたから、昨日までよりはマシなのかも?

でさっきは、やっぱり上手く割れなくて、2/5くらいしか飲めなかった。
まぁいいや。明日は休日だし。
(私は毎日休日だけどさ)


で昨日はクリニックの帰りにメガネ屋によって新しい眼鏡を作る、、、なんて寄り道をしてしまい、会社への報告をサボってしまった。
今日になって午後、健康管理室のYさんに電話をかける。以前なら、こんなささいなコトも憂鬱で仕方なかったんだけど、全く抵抗がない。これは前進か。

てゆうか私ってやっぱり鬱だったの!? と、かなりビックリ

ただ、、、私の気分が良くなったところで、同じペースで急速に事態を収集することまでは不可能。
産業医のO先生が、来週から夏休みに入ってしまい、休職の扱いを相談できないのだそうだ。

う~ん。これは明らかに私の手落ちなので、仕方がない。
あと一週間早く受診していれば、こんなことにはならなかったのだ。

、、、こんなポカについても、以前の私ならくよくよ悩んでヘタレていたもんだが、、、そのヘタレが来ない。


いやぁ~、、、ほんとヤバイですよ。
早く社会復帰して、薬やめないとって気がしてきてますほんと。
躁鬱合わせ持って、それで"私"という人格になるんだから、こんなに"躁"状態ばっかり続くのは、ほんとヤバイ。

お腹も、四六時中張っていて苦しい。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
そういえば
2006-07-27 Thu 11:40
週末、Wさんからお茶に誘われていたんだっけ。
何かんがえてるんだろうあの人? いやたぶん、純粋に私のことを心配してくれてるだけなのは明らかなんですけど。
今は他人のヨメになっている元カノを平然と誘う理由は、おそらく「今は他人のヨメだから」という安心感を持っているのだよなぁきっと。
どうしてそこで安心するんだろうなぁ?

はっきり予想してたものの、あまりにも予想通りなWさんの思考回路。

何も問題はないのだが、一抹の後ろめたさを感じてしまう、小心者の私。

週末までには彼の気が変わっていることを、、密かにお祈りしてたりして。
(それもまた、超ありがちな彼の思考回路なんだよね、、やれやれ)
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日は Inputの日、、、にしたい。
2006-07-27 Thu 11:27
mixiの日記とかブログとか、ここ2,3日やたらとコメントいただき率が高くなったのは、私のテンションの高さがみなさまに伝染してしまったのでしょうか? 不思議です。

文章を書いているときに、BGMで Escaflowneをヘヴィーローテしているうちに、Favorite Songの編集なんかを始めてしまい本末転倒。
仕方ないので BGMをハガレンに変えると、今度は YouTubeで Music Clipの収集なんかを始めてしまいますます泥沼。

この果てしない躁状態を、とにかく何とかしなければ。文章っていうか思考の垂れ流し状態で、何にも集中できません。

そろそろ Inputモードに切り替えないといけませんよ。
まぁいろいろと。

何も食べなくてもお腹が張っている気がするんだけど、やっぱりドグマチール効果なんでしょうか?
夕べも結局夕飯食べなかったけど、、、少しプチ絶食してみるか。


今日は3時からクリニックです。
この、、、ウルトラハイテンションについても相談すべきなんだろうなぁ。我ながら、、かなりヤバイもん。
あと、、、また 10時過ぎまで寝過ごしてしまった。ムリヤリ布団から出ても、身体を動かせないくらい眠い。なんでこんなに眠いのよ?
この状況もヤバイです。こんなんじゃ社会復帰できないし。
別窓 | 所感 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
寝過ごした。
2006-07-26 Wed 23:14
けっこう充分に睡眠時間を取っているはずなんだけど、薬のせいか、やたら眠い。
ついに昼過ぎまで寝てしまいました >>> 今日。

やばいなー。今夜寝れないかなー。
でも薬飲めば寝れるかなー。
ワクワクワク。

明日はまたクリニックに行く日。
そして診断書のお願いと、上司への事後報告。

いよいよ動き出さなくてはいけない。

というわけで、今日の午後は思いっ切りろくでなしなひっきー生活を。
もう、こんなバカヤローな日々とは、オサラバしなければならないのだよ。

どれだけバカヤローだったかというログを、少しだけ書いておく。
7月の有償動画視聴に使った金額、約 15,000円。仕事してないのに、こんなことに金を使っててよいのかって。
GyaOの無償視聴とか、YouTube分が入っていないから、、、もう本当に来る日も来る日も、アニメばっかり視てたんだよなぁ。

とくに YouTubeへのアクセスは、尋常じゃなかったと思う。

まぁこのまま仕事をしないでいると、自分で動画を編集しようとか考え始めるような気がするくらい、ハマっていたと思う。

現時点でこれ。
過去形で語っていいのかなー?
という一抹の不安はあるものの。


やはりドグマチール効果でしょうか。相変わらずのウルトラハイテンションな私です。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
事後ログ: さかのぼって感謝
2006-07-26 Wed 01:22
後付で書いてるんだけど、
クリニックに行った前日の 7/19。

まずは、根気よく連絡をくださった上司。
それからチャットをくれた CODE11 さん、なほこさん、なみさん。

上司には、どうしても言いたかった仕事のコトが、ようやく言えた。一部分だったけど。
そしてチャットをくれた同僚のみんな、3ヶ月も壊れている私に、すごく気を遣ってくれて、暖かかった。

すごく嬉しかった。
だから、とても嫌だったけど、クリニックに行く気になれた。

感謝してます。本当に!
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
事後ログ: 最初の処方と効果
2006-07-26 Wed 01:09
先週木曜日、つまり 7/20に、心療内科クリニックというを訪れた。
そもそも病院は嫌いだし、心療系の病院なんてもっての他、、、という主義の私だったんだけれども、3ヶ月も会社に行けないという今の状況は、、、異常だ。
これからどうするにせよ、とにかく何か行動を起こさないことには始まらない。

、、、と。1ヶ月前から動けなかったのも事実なんだけど。
とにかく、行って見た。すごく嫌だったけど。

結果:
行って良かった。

訪れたクリニックは、カウンセリングを行っていないということだったのだけれども、初診だというので 30分ほど、医師が話をきいてくれた。
「とにかく行くだけでいいんです。何を話せばいいのかわからなかったら、『会社に行けといわれたから来ました』と、それだけ言えばいいと思います」
上司はそんなふうに、私を説得してくれた。それを言ってみることにした。楽になった。

もともと感情的に鬱屈していたわけではない。これまでの私の簡単な経歴や、今回の原因になりそうな出来事を、なるべく簡潔に淡々と話すことができた。と思う。
相手の医師が何を考えているのだろうとか、余計なことを考えず、説明に徹した。

2種類の薬を処方された。予想通りの結果なので、特に傷つくとか驚くとかはなかった。
これらは、割と一般的に処方される、軽い抗精神病薬、、、らしい。

ドグマチール(50mg) ... 本来は胃潰瘍の薬だが、不安感を取り除く効果があり、広く処方されているらしい。副作用として生理不順があるとか。
朝晩1錠ずつ、、、ということだったが、自分ではそんなに重い症状じゃないと考えてるので、勝手に1錠に減らす。
デパス(1mg) ... 眠れる薬。すぐに効果が現れる薬で、分量によって、眠気をコントロールできるらしい。
これは夜に1錠。私の平日の睡眠は6時間なので、「では6時間眠れる薬を」ということで、この分量になる。


1晩にして効果が現れる。
最初の晩に、すぐに寝付くことができてぐっすり眠れた! すごい!
こんなに効果があるもんなのか!

、、、でもなんか食欲が旺盛になってしまった。これ、ドグマチールの副作用に書いてあったなぁ確か。
薬を飲み始めてから、なんだかウルトラハイテンションになってしまって、、、ブログとか mixiとか書きまくってるんだけど。

、、、私には1錠でも多過ぎるのかもしれない。

でも、効いているのは確かだ。
何よりも何よりも、夜スムースに寝付くことのできるのが、すっごく嬉しい!!!

ほんとに、毎晩毎晩、明け方まで目がくっつかない日々だったんだもの。

この、、、眠れるっていうだけで、社会復帰の日が近いような気がしてくる。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。