違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ラーゼフォン』
2010-01-28 Thu 22:44
パック販売がなくなるとゆうので、取りあえず全26話を一気に再視聴。

この作品は、エヴァンゲリオンの直後というタイミングもあって、
パクリ疑惑で散々だったわけで、
で、ま、実際に
パクリと呼ばれても仕方ない演出がちらほら見られたりするわけで、

しかしまぁ、エヴァは
うっかり演出が似ちゃっても仕方ないくらいの
すげーインパクトがあったわけで

インパクトのある作品に影響されちゃうのは 無理もない

逆に あの時期エヴァの影響を排除して制作したとすれば
ものすごい不自然な作品になっただろうしね

重箱の隅をつついて、上げ足取るやつは バカだ
すなおに楽しめばいいのになぁ、、、と

             ***

さて、それはともかくとして、
この作品、オリジナルアニメとして、なかなか優秀な作品だと思うわけよ。

ボンズ品質 と言いましょうか

絵と音楽とが すごいよねー、、、!

Rahxephon_02 Rahxephon_01 山田章博さんの絵を、素晴らしく見事に動かしてくれた。

なにしろ、男の子の筋肉の線が、、、リアルで色っぽいデス
細マッチョ~~~

(それに反して、女性のボディはリアル過ぎて、逆に色っぽさを欠く気がする、、、)


Rahxephon_03 Rahxephon_04 Rahxephon_05 あと。
以前に見たときあんまし気にしてなかったんだけど、、、

ブチいいね。 ブチ

あ 三枚目は ブチじゃないけどw


そして。
音楽も、悪くない 
作品の世界観にけっこう会ってたし イイ曲も沢山あった

ちょっと個性が強すぎなので 好き嫌いがあるやもしれず
(実際、、、その後、橋本一子さんがアニメのサントラ手がけたとゆー話をきかない、、、)

うーん
まー強いていえば、、、
橋本さんご自身の Vocalチューンが、私的には苦手かなーw

自分で歌わなきゃいいのにーーーー

とか思た。
スポンサーサイト
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SCORPIONS 活動終了によせて
2010-01-26 Tue 20:13
SCORPIONS が活動終了する らしい

むかーしむかし、とても熱中していたバンドだったけど

あんまりノリが好きじゃなくなってきて
いつのまにか興味が途絶えて久しかった彼ら


たとえば10年くらい前に、トリビュート・アルバムが出たとゆう
その存在は知ってたけど
なんとなく入手しそびれて


この 活動終了ニュースにあたって
改めて彼らの古い曲を聴いたりなんかして

改めて トリビュート・アルバムを入手しようかなー なんて思ったら

絶盤ですた



ま そーいうこともあるさ

しかし、よくしたもので
YouTube には音源が落ちていたりするのだった

             ***

PARADOX - "Dynamite" - Scorpions Cover
悪くはないが、、、、、、「ツー・バスだなぁ」、と


PROLOPOWER - Dampflockfüher (Steamrock Fever) - Scorpions cover
わー ドイツ語だw なに言ってるかワカラナ~イww


Judas Priest - Blackout - Scorpions Cover
メタル・ゴッドもスコピをカバー. アレンジは同じなのに、もはや違う歌だw


HELLOWEEN - He's a woman, she's a man - Scorpions Cover
、、、音、多い!(千秋真一風w)


DISBELIEF - Coast to coast - Scorpions Cover
、、、何の曲だ?(千秋真一風w)


ROUGH SILK - Is there anybody there - Scorpions Cover
ここまでオリジナルと違うアレンジだと新鮮. Rainbow とか初期の Bonjovi とか?



別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『花咲ける青少年』(第36話・永遠に)
2010-01-26 Tue 19:01
hanasake_36 え~第36話は、、、なんたってクインザ。
子安さんも、ここまでフィーチャーされたら文句の言いようはあるまい、、、という程の VIP扱いだ。

まー ストーリィ的には原作通りなんだけれども、
赤いビー玉とか、
取りすがるナジェイラとか、
オリジナルのガジェットが散りばめられて、、、
クインザとゆー悪役を、クローズアップしてくれているのです。

それで? 、、、とゆーことはないのだろうが、
この時点で、まだ玲莉ちゃんが出てきません!

次回予告を見ると、一応、立人との婚約はあるらしーのだけど、、、
まるで 雑魚キャラ扱いするらしーw

全39話完結っていうわけなので、残り3話で決着をつけるための配慮ではあるのだろうが
玲莉ちゃん、割と楽しいキャラなのに
ここまで冷たく扱われるのは残念だ

だいたい、、、このアニメは、
原作のコメディ要素の醍醐味を軽視し過ぎる

樹ファンとしては、、、樹作品の全部の要素を楽しみたいのに

こういう脚色は いかがなものか?

制作者が原作のファンでないことが
こんなにハッキリわかるのもなぁ

この監督さんてさ
『のだめカンタービレ』では、原作のニュアンスを忠実に再現するだけでなく、よりわかりやすく表現してくれてるのに、

あまりに扱いが違い過ぎて
むかつくなあ


脚本も演出も構成も
何もかも気に入りません

絵もキタナイし

このアニメで優れているのは
何度もいうけど、声優さんの演技だけ


NHKだからダメなのか?
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 ~第二話
2010-01-16 Sat 13:30
女の子ばっかし出てくるアニメには、基本、ほとんど食指がうごかないのだけど、
この作品は、ちょっと趣が違うっぽいので割と楽しんでいるのだが、、、




第二話からのOP動画が、まんまクリムトなんで、おどろいた

歓喜・接吻 どうして”ベートーベン・フリーズ”なのだ??

作品の世界観も、キャラ設定も、ぜんぜん関連ないのに
女の子たちのポーズまでパクっていて、少々キモチワルイ

これは、、、”天使たちの歓喜のコーラス”とゆー部分ですね

そしてアニメ動画では、ナゼかお花が回ってるのが少々、、、ヘンw

ティフォン あのゴリラの化け物(”ティフォン”という名前らしー)も
パクってます

作中では、伝説の1場面として語られるシーンで登場したのだけど、
作中の伝承は”翼の生えた悪魔”であって、、、ゴリラではなかったような(^ ^;

きっと
OP動画の作画監督が、クリムトファンだったのでしょうな

金魚 金魚も入ってます☆
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「のだめカンタービレ フィナーレ」 第一話
2010-01-16 Sat 10:54
nodame_f1 え~、映画公開とシンクロしての第三シリーズ開始であります。
まぁ、巴里編に入ってからもそうだったのだが、
コメディ中心の第一シリーズから、ふたりの悩みが徐々にシリアスになってくる、、、
だんだん見てるのがツラくなる展開です。

まぁ、、、作品自体は、いちおうハッピーエンディングということで無事完結したので、いまさら心配しなくてもイイのだけど、
痛いんだよなぁ、、、この設定は

アーティスト同士のパートナーって
やはり、通常の人間関係とは大きく異なるから
いつも同じところに留まっていては成長できないから、常に新しいところにチャレンジしなければいけないし
そして、人間的成長とともに必然、アーティスティックな指向は変わってくるだろうし
持って生まれた芸術的な感性だけの世界じゃないから、、、

などなど
フィクションとはいえ、ついつい、このカップルの前途多難な未来を懸念してしまいます

やはり、アーティスト同士の人間関係は
付かず離れず といった距離感が 長続きするのかも、、、と想像します

いや それでも続かないことは多々あるだろうなぁ、と
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
COBRA THE ANIMATION
2010-01-14 Thu 00:36
COBRA THE ANIMATION 今クールスタートのTVアニメシリーズで、、、
即効で、視聴する気が失せたのがこの作品。

あの、時代を先行していたスタイリッシュな原作の絵が、
単なる、昔ながらの二次元な輪郭線アニメ絵に!!!

し・か・も
あの チャラいオヤジ声はいったい何?

野沢那智さんでさえも軽い?と思ったのに

こんな声のコブラなんて 厭だ~~~


う~ん、、、

許されんでしょうこれは!!!
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ふたつのスピカ」
2010-01-14 Thu 00:25
ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 16」 (2009/10/23) 著:柳沼 行

最終巻が電子書籍化されたので、ようやく全巻読了できた☆

とにかく
巻末に付いている「もうひとつのスピカ」が、、、なんかすごくイタくて辛かったなー、と。

で 本編はといえば、、、
確かにヒロインであるアスミのストーリィは完結してます


他のキャラクター達が、なんというか、あんまし幸せになってない気がする

とくに ふっちー。

ふっちーはシアワセにしてあげたかったよなぁ実際。


う~んなんだか、、、やっぱしイタイ作品だったかも。
別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。