違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Yoko Kanno (feat. Aoi Teshima): 「Because」
2010-05-31 Mon 21:55
7月7日にサントラ発売というのだが、、、まだ Amazonに商品情報が掲載されてないんだよねぇ。
忘れちゃったらどうしてくれんだよーーー!!



SURELY SOMEDAY
映画の出来にはまったく期待してませんが、、、サントラ目当てで観に行きますw

、、、今日は、ぐーぜんですが映画ネタ続くな。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Everlasting Love ~English version (P.K.G mix)~
2010-05-31 Mon 20:25
先週末の土日、とにかく体調が悪くて、、、起きてても意識モーローって感じだった。
(その割にはブログの更新率が普段と変わらないとゆう説もありますが、、、ワタシの友人のブロガーさんも、40度熱あっても記事は更新するそうですから、ブロガーとはそんなもんらしいです、言い訳言い訳)

               ***

え。
なかなか目的のネタを入手できなくて残念なのですが、そういえば「7 Soul」の中で、このトラックだけUPしてなかったなぁ、と。

このミックスは、なんというか 原曲の良さを割と台無しにしてる気がしてあんまし好きじゃなかったので放置してた。
UPするにせよ他の曲と同様に、音声+ジャケ絵だけの地味動画でもよかったのだが、、、
体調不良のイキオイで、ついつい動画を追加しちゃってみたり。



で、すげー尺が長いのが、このトラックの欠点でもあります。
おおう、動画が足りない!!

・MVの映像はフルでブチ込みました。
どうせEnglish versionで歌詞と口パク合わないと思ったので、合わせる努力は最初から放棄。
一番、2番、サビ~、、くらい超テキトーに配置したら、
、、、しかし、それでもたま~に瞬間的に合うから不思議なのです(^ ^;)

・長い長いイントロには、超ちびっこ大知の映像を採用。
ちび大知の「こんにちわ~っ!」が余りにもキュート過ぎて、
、、、ついつい音源に重ねて音声を残してしまう(^ ^;;)

・中間部で尺が余ってる部分はもう、何を挿入したらいいかわからず、ほんとにテキトー
一応、Folderで踊ってる大知というテーマ。

最後の20秒だけは、けっこう真剣に作りました。
この部分つくるのに30分位かかりました。(←その程度の真剣か?)


しかしそれにしても、、、画質も音質もヒドイですね。
つくづく、編集ツールの限界を感じましたよ。

冷静にみてみると、わりと恥ずかしい出来栄えなので、、、検索ページでかかりにくいよう、あましタグを追加せずに公開しました。
(まぁ、曲名で検索すればヒットしちゃいますが、汗)

この次、もし何か動画を作るとしたら、、、まず編集ツールの入れ替えを検討することにします。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「GANTZ」 TVCM
2010-05-31 Mon 12:44
っていうわけで「GANTZ」。
おお~、、、BGMが 「GIRL」 by BoomBoomSatellites だ♪



               ***

おまけ:「ヤンキー君とメガネちゃん」番宣特番より。
... 「ほろ苦い青春の思い出は?」という質問に、、、
No:「僕は合理的に生きているので、そんなにないです」(2:53 頃)



あ。
、、、やっぱし毎週みてたよ、奏多くん、、、(^ ^;)
、、、、、、まるで気付いてませんでした(^ ^;;)
別窓 | IO-映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
舞台・銀河英雄伝説
2010-05-31 Mon 10:25
この記事を、どのカテゴリに入れたらいいか悩むところではありますが、、、

最近、(って単に私が知らないだけでそう最近の流行でもないのかもですが、)
ラノベやマンガ原作の、男ばっかしの”舞台”が流行ってるみたいですね。
こおいう舞台には、美少年マニアの、幅広い年代の女性ファン(腐女子・貴腐人を含む??)が殺到するのだそうで。

や、ほんとに知らなくてテキトーに言ってるんですが、これってテニミュあたりからの流れでしょうか?

「あの伝説が、遂に舞台化決定」
、、、って、今年一月からの公式サイトだったのか (、、、知るの遅すぎw)

100531_04ss.jpg 公演は来年1月らしーのですが、
ここへきて、主要キャストが小出しに紹介されているらしい。

、、、もちろん、ワタクシの全く知らない男の子ばっかりだ。
が、
最近では、こーいう所を経てから、TVドラマに出るようなメジャーにあがってく美少年が多いらしー。

で、もちろん、、、基本的にヴィジュアルに興味のない私が、明日のイケメン・スターをわざわざチェックしてる、なんつーわけはなく。
美青年ラインハルトのコスプレは、割と女の子ばっかりな印象だから、、、男の子がコスプレしてるのを観てみたいなぁっという。

、、、割と、そっち方面の興味だけなのだった、、、。


カオやスタイルの整った男の子が、本気でコスプレやったら、、、すごく見栄えがすると思うのよ。
うんうん。
(単なるヴィジュアルには興味ないが、コスプレにだけはむっちゃ興味がある、、、)


、、、でも、ラインハルト役はやっぱ、長身の欧米人美形じゃないとなぁ、、、。

少なくともワールドワイドのトップモデル・クラスじゃないと、、、ワタシは”美形”とは認めませんww

               ***

おまけ:
... 美形度このくらいのレベルのキャスティングでやってくれるなら、許してやってもいいw



おまけ2:
... 別バージョン。だが、キャスティングにだぶりが多いなぁ。
おお、”日本”担当は本郷奏多くんだっ! そして、、なぜだか”ギリシア”が城田優w
、、、テニミュだ、、、。
う~ん、奏多くん。この子、カオは抜群にいいのだが、、、けっきょく身長があんまし伸びなかった。
でも、カオがいいので、、、もっとTVや映画にいっぱい出て欲しい。

※奏多くん: ... その後しらべたら、実写版「GANTZ」の主要キャストにキャスティングされてたんじゃんw
うお~ん、チェックしてなかったぜ!!

※※ ... 更にしらべたら、「ヤンキー君とメガネちゃん」にも出てるんだ。あはは、、、これ、毎週うちのダンナが見てるドラマなのに、全然きづかんかった(^ ^;)




ああ、、、こんなことやってて、ヴィジュアル系に興味ないといっても説得力ないかな~?ww

いやいや。
中途半端はよくないっ! と言うてるだけです。

イケメンとか美形とかとゆうセリフを安易に連発せず、
いうなら、、、最低でも、このくらい整ってる人々を美形と呼んでくださいwww
別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鋭意回復中
2010-05-31 Mon 08:59
いやぁ、昨日はホントにまじ体調不良で、
そんななかお出かけするなんて、どういう好きモノなんだ私? 的な状況でしたが、
実際、、、サイン会で並んでるときに足つったりして、ひそかに焦るシーンもあったりしましたが、

経験上、ああいうときは、ちょっぴり無理して動いた方が回復が早いんだよね。

っということで、今朝はかなり腹痛も治まり、、、うん、週末の絶不調からはかなり回復しつつあります。

まぁ、、、時間が経てば回復するこたぁ、判ってるんだけどさ(^ ^;)

               ***

100531_01ee.jpg それにしても昨日、、、(うちとこの辺境ブログにしては)アクセス・カウンターが、どさっと上がったのは、夏達さんというキーワードからなのでしょうかね?

、、、それじゃあ、せっかくなんで、
夏達さんに頂いたイラストつきサインのスキャン画像などなど。

プリンタのスキャン機能なんて初めて使ったので、使い方もよく判らず、
、、、いまいち画質の精度が悪いですなあ。
やり方次第で、もっとキレイにとれるような気もするんだけど。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夏達
2010-05-30 Sun 18:28
誰も知らない~子不語~ 2 (ヤングジャンプコミックス)誰も知らない~子不語~ 2 (ヤングジャンプコミックス)」 (2010/05/19) 著:夏達
今日は。
池袋ジュンク堂へ、夏達(Xià Dá)さんのサイン会に行ってきました。
美女で有名な、、、中国人のマンガ家さんなのです。

お店の人は「シャアタァ先生」と発音してましたが、、実際の発音はシャアダァに近いらしい。
う~ん、、、美女でした。

ワタシの順番が来たら、新刊本を手にするなり一心不乱にイラストを描いてくれて、そこにサインと私の名を入れてくれました。
あのイラスト、、、ひとりひとり全部描いてくれるんだなぁ! 大変そう、、、(^ ^;)

最後に、「謝謝」と面をあげたときの、そのおカオの、なんと小さくて可愛らしいこと!!
いっや~~~ まじで美女でした。
あのおカオ、、、きっと私の半分くらいしか表面積がないわね~、、、
とか思ったww


こーいうイベントにやってくるオバサンの姿は珍しいんでしょうか?
TBSの取材スタッフに声をかけられてしまった(^ ^;)

あああ、今日はすっごい体調悪くて、
「もう倒れてもいいでしょうか?」ってくらい体調悪かったのですが、
たとえ一瞬でも、あんな貧血顔がTVに流れたら、世間の皆様には申し訳ない。。。
と思いつつも、
取材カメラを断る気力がないほど、へろへろだったワタクシなのでした。。。

、、、万一、映っちゃったらゴメンナサイ。

               ***

100530_01.jpg これで28歳、、、、、!! 
(29歳でした、ごめん)

ワタシは作者のカオじゃなく、
あくまでも、作品の絵柄が美しくて好きなので彼女のマンガを読んでいるのですが、、、

それでも、間近でみた彼女の美貌にはおどろきました(^ ^;)

おなじ人間とは思えない、、、。
別窓 | IO-COMICS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日の天気は、、、?
2010-05-30 Sun 08:16
まいにち家に居るのに、どうしても週末に洗濯ものを溜めてしまう辺りが、
、、、家事の才能がない証拠なのであります。

まいにち家に居るのだから、曜日を気にせず小まめにやりゃあいいのだが。

家事が苦手過ぎて、それを誤魔化すためにフルタイムで仕事してたので、
この状況は、、、もう、ワタシの欠点を曝け出すような生活なのであります。

くく、、、はやくお仕事みつけなくては!
(、、、動機が不純すぎる?)
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『LOVE RAIN ~恋の雨~』 - 月9主題歌
2010-05-29 Sat 15:50
え~、、、。
やっぱしいやしくも日本国民なら、月9ドラマはチェックしておかないと、世間様の会話について行けないみたいで、、、
個人的にキムタクというアイドルさんに全く興味がないのだけど、一応、そういうわけで録画だけはしてた、
つもりだったんだけど、、、
先週の第3話なんて、、、録画予約すらされてなかった(^ ^;)

、、、っというか、その時間に家にいるのにTV見てない時点で、既に終わってるんですが、、、

しかし、そういうわけで、世間様では第2話のキス・シーンが話題になってるとゆうので、、、
録画の残っている第2話を、取りあえず最後まで視てみました。

               ***

おお、、、主題歌が久保田じゃないですか!
久しぶりにTVで久保田くん(って年上だけどさw)の歌声を聴いた気がする!!
やっぱ上手いよね~声イイよね~この人は。



、、、という感想しかありませんw

ドラマの方は、、、まぁ、わざわざ私が見なくても、
他のみんなが視聴率をあげてくれるからいいでしょうww

もしみんなの会話についていけんくても、
きっと、誰かがあらすじを教えてくれるよ。うんうん。

               ***

しかし、久保田さんって、最近は何やってたのかな?
この人こそ、ブラック・ミュージックにこだわり続けて、日本の歌謡曲に R&Bっていう概念を浸透させてしまった立役者なわけで。

まぁ、現在の J-POPチャートの上位にいる人たちを批判するつもりは別にない。
ただ、いわゆる R&B系と言われてる人気アーティストは沢山いても、、、
かつて久保田さんがやってたような、コダワリの音楽やってる人は少ない、と思う。

真の意味で久保田さんの後継って考えたら、三浦大知くんしかいないでしょ?(と、私は思う)
こういう有名な人こそが、正統派の後進を導いてくれないと、、、。
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
中国映画:「武俠梁祝 -Butterfly Lovers-」
2010-05-28 Fri 23:43
Madama Butterfly [DVD] [Import] [ Butterfly Lover (Standard Edition) DVD (2008) ]
今日は、例のDVDを焼き焼きする間のヒマつぶしにと、、、友人から借りた中国映画のDVDを観賞しました。

日本語では「梁山伯と祝英台」という題名で知られる、、、中国の有名な説話。ああそう、、韓国の「春香伝」みたいな感じでしょうか。

<オリジナルのあらすじ>
賢くて美しい娘の祝英台が、勉学のため男装して遊学。
そこで知り合った青年・梁山伯と意気投合し、義兄弟になるなどして親交を深めるが、やがて英台が遊学期間を終え故郷に帰ることになる。
そのとき初めて、女性であることを山伯に明かした英台は、結婚を約して彼と別れるが、、、両親は既に彼女の婚約を決めており、二人の仲は引き裂かれる。
英台は、富豪の御曹司である婚約者との結婚を一旦は承知するが、結局は、失意の余り命を落とした山伯の後を追う、、、。

悲しい恋人たちの魂は、二匹の蝶となって飛んでゆく、、、。
ということで、英語名は「Butterfly Lovers」となってます。

で。
タイトルに”武俠”なんて文字が入ってるように、、、
この映画は、ばりアクション映画なのです(^ ^;)
オリジナルの説話では、ヒロインが、学問を学ぶための私塾に入るのですが、、、この映画では、なんとヒロインが、マーシャル・アーツ(武術)を学ぶ場所に入塾してしまうという!!(^ ^;;)

ということで、ヒロインの Zhu Yanzhi(祝言之)は、花君のミズキやコヒプリのウンチャンさながらに、胸にサラシを巻き巻きして、武術修業のお山に入るのでした(^ ^;;;)
なんちゅー無茶な設定や!!
その、へっぴり腰たるや、、、どうしたって男の子には見えません。
、、、まぁ、ラブ・ストーリィだから別にいいのかw

ということで、主人公の Liang Zhongshan(梁仲山)は、武術塾における筆頭弟子的な存在で、孤児だけど強くて、おとうと弟子達から慕われるナイスガイ。
師匠(Yanzhiが女の子であることを知ってる)から、新人の弟子 Yanzhiの面倒を見るよう指示された Zhongshan(英語字幕では、単に Big Bro.と書かれてるが)は、
武術はまったくヘタレだけれど、弁が立って可愛らしい Yanzhiに、いつしか心惹かれてゆき思い悩む(お約束w)。
が、あるとき彼女が本当は女の子であると知って、それまで以上に、彼女への心遣いをみせるようになる。
師匠(字幕では、単に Teacherと書かれてるので名前が判らないw)の暖かいまなざしの元、二人は男女として初々しく心を通わせるようになるが、、、。

両親(父親?)の命ということで、Yanzhiが実家に戻ると、彼女と Ma Cheng'en(馬承恩)との婚礼が用意されていた。
この Maという人は、映画では物語の冒頭から登場し、Yanzhiの幼馴染で兄のように慕って育った、、という設定。
(字幕では Bro.Maと呼んでいたので、結婚の話が出てくるまで、実の兄かと思った。)

Yanzhiの父親の恩人か何からしい設定の Maは、長年 Yanzhiと結婚する気まんまんだったのだが、Yanzhiにとっては幼馴染の兄的存在。今は Zhongshanという恋人の存在もあり、「あなたと結婚する気はない」と一度は Maに結婚を断るのだが、
この Maという男が、イケメンのくせに恐ろしい奴で(と、この辺りが”武俠”)、、、やたら腕の立つ部下を大量に配して、Yanzhiの両親を監禁するわ、Zhongshanひとりに大勢で襲いかからせるわ、
もう、大変なアクション大会なわけよ。

両親と、愛する Zhongshanの身の危険を案じ、自分ひとりが犠牲になればと Maとの結婚を承知する Yanzhi。

だがそこに、二人の恋を心配した師匠登場!
ある一定期間だけ仮死状態になる秘密の薬を Yanzhiに手渡し、これを飲んで死んだふりをして結婚式をまぬがれて Zhongshanと逃げろ、と言うのだった。

、、、というわけで、おやおや、お話はロミジュリになるのであります(^ ^;)

ロミジュリときたら、、、もはや結末を書く必要もないんですけれども(泣)

               ***

う~ん、この映画はね、
主人公 Zhongshanを演じている呉尊くんという人に、むっちゃくちゃハマッている友人からお借りしたんですよ。
それで、、彼女が尊くんの魅力を死ぬほど語っても、割とスルー気味だったわたくしなのですが、、、

この映画をみて理解した。

なぜ彼女が、これほどまで尊くんにハマってるのか!
すっごい綺麗な子なんだよね~~~~~。
アップに耐える、とかのレベルじゃなくて 是非アップにしてください! といいたくなる位、おそろしく綺麗なカオしてるのだ、、、。

う~ん、、、ヴィジュアル重視じゃないワタクシですら、
ここまで美しい顔には、さすがに感動を覚えますね~~~。


、、、ちなみに、台湾のアイドル・グループに所属してるが、、、歌は下手だそうです、、、www

               ***

というわけで、Trailerです。
画質があまりに粗すぎて、尊くんが、どんだけ美形かってことが
まるで伝わらんとゆう気はしますが、、、(泣)



しっかし、アクション・シーンはさすがにカコイイよ!
1対1や少人数の戦いなら、日本の時代劇の殺陣もなかなかカコイイけど、、、
こういう、大量の人間の戦いのカッコツケは、中国系のアクションには叶わないよねぇ、、、

つまり、見栄えという意味でw
別窓 | IO-映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「IRIS」 (第6話)
2010-05-28 Fri 20:56
、、、そして、飽きた、いや秋田といえば「IRIS」。
舞台はまたしても秋田。
っていうか、、、今回のメイン・イベントは、なんたって なまはげ です。

そう、、、! あの、格好イイ英文字幕つきトレイラーにも登場した”なまはげ”ですよ、奥さん。



、、、つか、今回の目玉シーンって、ほとんどこのトレイラーに含まれてるんだよなぁ!!
ということに気付いた也。

               ***

え~それで、今回のあらすじですが、、、
ワタクシ体調不良で、なんか思考能力が低下してるので、、、今回はパス。
すみませんが、くわしく知りたい人は、公開サイトをご覧くださいまし。

うん、、、今回、印象に残ったといえば、、、

iris_06_03.jpg iris_06_02.jpg ヒョンジュン暗殺の命を受け彼を追い続ける、北朝鮮からの女工作員ソンファ。
その追跡行のなか、祖国の上司に電話をかけ家族の安否を確認するシーン、、、安否、ではなく、実は家族が死んだことを確認する、、、と言う設定で、
冷静さを保とうと努力しつつも、嗚咽をこらえた途切れ途切れの涙声になってしまう、、、という、ちょっと感動的なシーンだったのですが、

あとで吹き替え版を観たら、、、この吹き替え女優さんが超・棒読みで、、、
せっかくの演技が、なかなか台無しになってました(^ ^;)
映画でもドラマでもアニメでも、
とにかく声の演技ができないアイドル女優さんを吹き替えに使うのは、本当に、まじで、切に、止めて欲しい!

ただ、、ヒロイン、スンヒ役のキム・テヒさんは、どうやらあんまり演技が上手いとゆう感じのしない女優さんなので(ははは、言っちゃったw)、
黒木メイサちゃんの声でも、あんまり違和感なくなってきた。

そして、、、ヒョンジュンの吹き替えを担当する藤原竜也くんがスゴイ!!
イ・ビョンホン氏とは全然声質が違うのに、、、
回を重ねるごとに、どんどん違和感なく”ヒョンジュン”の声に聴こえてくるんだよねぇ!

それでも、、、やっぱり最初は字幕版で視る方がいいかも(^ ^;;)
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「I WANT YOU BACK」-シンクロ率改善版
2010-05-28 Fri 16:41
集中力も根気もある方だが、仕事じゃない作業だと、すげー諦めの早いワタクシ。
なにか問題が起きるたびに作業を放置してストレスから逃避、問題解決を先延ばしにしてきたが、、、
ついに、月曜からやってたDVD(全2巻)作成を、、、完成させましたっ!(^ ^;)

アスペクト比の問題とか、まー若干未解決の問題も残ってるけど、、、もう、ほんとに、まじで秋田、いや飽きた。
もう、これ以上検証するのはやめて、とっとと友人に送ってしまおう。

               ***

てなわけで、5日ぶりにこの作業から解放され、浮かれ気分なワタクシ、、、
イキオイで、こっちの動画も改善したりしました★



最初のバージョンを作った時は、編集ツールの使い方も試行錯誤でワケ判ってなかったんだけど、、、だいぶ慣れてきました。
まぁあのときも、シンクロ率をあげるには、オーバレイする動画の切り貼りを、もっと細切れにすればいいとは判ってたけど、、、面倒臭くてやってなかったんだよね。

もっともっと細切れにすれば、更にシンクロ率あがると思いますが、、、まぁ、こんなもんでしょ。

シンクロ率を高くして、あらためて気付いたんですが、、、
こーいう、2つのトラックの音声をシンクロさせるときって、割とベードラのアタマキック音を目安に合わせたりするんだけど、、、
大知くんの場合、ヴォーカルの唄い出しに合わせてもバッチリだったりする。、、、物凄くリズムが正確なんです!
2:41頃からのフェイク部分、、、ちびっこ大知とアダルト大知が、まったく同じリズムで唄ってるのわかりますか?
この部分は、単に唄いだしを揃えてるだけで、もちろん調整ナシですよ!?

感動のあまり、ちびっこ大知のヴォーカル、音量ゲインを思わず上げてしまった(^ ^;;)
(もっと上げてもヨカッタかも、、、)

つくづく、三浦大知の天性のリズム感を思い知る。
、、、背筋が凍りました。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いい天気だな~っ。
2010-05-28 Fri 08:42
おはようございます。
少々貧血気味ですが、これだけ晴れてくれると、さげテンションにあげテンションが勝つってカンジだ。

               ***

さて~、、、
今朝はこんな動画をみつけました。
タイトル説明によれば、昨年12月公演ライヴのファンカメ映像らしい。他の曲もあがってますが、お気に入りの「Who’s The Man」を。



4月の RAINくんファンカメもそうだったけど、
すごくいい場所で録って、、、いや観てたんだねーこの撮影者。
しかも、この品質で撮影できるって、最近のビデオカメラはあなどれないなー、、、。

先週金曜日、私を3時間以上釘づけにした(笑)映像より画像は鮮明ですが、、、やはりファンカメなので、足元が映らないのが残念。あと、撮影角度がず~っと同じ。

しかしこういう映像、このライヴに行ったファンが見たら、すげー盛り上がるんだろうなぁ!
こないだ RAINくんファンカメ映像を編集していて、つくづくそう思いました。

う~ん、、、ということは。
こないだのライヴ映像は、映像は粗かったものの、プロのアングルと技術で撮影されたものだったんだね。
ピンやズームもあって、真正面からの角度で映ってたもの。

、、、こういうときに、撮影を担当(?)するファンの人って、どういう心理なんだろうね。
すっごくボランティア精神に溢れる広いココロを持ってないと、ぜったい撮影なんかできないでしょう。

だって、、、せっかくいい席でライヴに来てるのに、純粋にパフォーマンスを楽しんだりできないし、なんたって声援も送れない。
、、、頼まれたって私には無理だなー!!

、、つか。
映像よくみたら、みんな思いっきり撮影してるんじゃんww
みんな、ライヴに何しに行ってるのさ~~~!? 撮影会?www

               ***

昨日再UPした「Ordinary People改」は、おかげさまで、ボチボチとアクセスいただいてるみたいです。
すごくいい曲だから、、、みんな曲が好きで観てくれてるんだろうな。

ところで YouTubeの検索エンジンは、タイトル→説明 の優先順位でキーワードを検索するっぽく、検索ワードのつもりでタグをつけても、あんまし意味がなさげだ。
たとえば自分の動画で、タグには漢字の「三浦大知」を入れてるけど、タイトルや説明には漢字名を入れてない。すると、、、漢字名の検索では、ヒットしないんだよね、、、(^ ^;)
何のためのタグなんだ?ww

まぁ、、、それでもワタシは、海外ユーザーへの印象を考え、タイトルや説明になるべく漢字を入れたくない。
なので、「daichi miura」で検索してる人だけが見てくれればいいです。

、、、なんでそれを知ったかというと、アスペクト比問題検証用にアップロードした、ひみつ動画の説明文に、うっかり Daichi Miura という単語を追加してしまったら、たちまち検索エンジンに引っ掛かり、どどっとアクセス・カウントがあがったので、、、
慌てて削除しました。

もう見つからないよ~~~ん(笑)

なかなか高画質だしそれなりに需要はあるでしょうが、つまり、DVDからクリッピングしただけの未加工動画なので、、、どうせ消されるってw
みなさん、DVDを買って観てくださいww

まぁ、、、DVDからのクリッピング動画をネタに加工するのも、実はNGなんですけどね、、、(^ ^;)
営利目的じゃないし、注意されたら消します。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「Ordinary People」 ... Update Version
2010-05-27 Thu 14:17
以前にUPした、John Legendさんのカヴァー曲「Ordinary People」動画。
音声トラックのみで、かなり寂しい雰囲気の動画(いや静止画?)だったのですが、
いつものように大知くん動画を見ていたら、
インストアライヴかなんかの映像に、ちょこっとだけこの曲を演奏する大知くんの姿を発見したので、、、

取りあえず、以前のショボ動画wに、ちょこっと小さい窓でムービーを追加し、、、バージョンアップしてみました。

とはいえ、この曲を演奏してるシーンはとっても短くて、尺がぜんぜんたりない。
仕方ないので、あとの時間は、大知くんにひたすら踊ってもらうことにしましたw

ピアノ弾き語りのバラード曲で、ダンスを踊りまくるって、、、いったいどういう映像になるんだろ?
、、と思ったら、案外、違和感ない気がする、、、。(、、、これが贔屓目とゆうやつか?)



どうですか?
え、別窓が小さい?
だって、、、ワタシのツールで加工すると画質劣化が激しすぎるんだもの(^ ^;)

まぁ、、、音楽のオマケ映像だとでも考えて、かるく聞き流しちゃってください。
作成者がテキトーな性格なので仕方ありません。


終わりのシーンだけは決めてましたが、
あとはもう節操無く、ダンスを中心に映像を詰め込みました。
踊る大知くん、語る大知くん、ポテト食べる大知くん、、、ん?
、、、マック・ポテト映像は、単なる私の趣味でしたw

う~ん、、、ダンスのシーンは、カットするのがほんと辛かった。
なんどもいうけど、彼のダンスはどの瞬間を切り取っても絵になるが、
その瞬間、瞬間の連鎖が、、、やっぱりアーティスティックなのです。

途中で切るのが勿体ないよ~~~!!
と、泣きながら編集しました。

音楽がなくても、その動作だけで限りなくふつくしい大知、、、。


カコイイ大知くんを集めたつもりが、案外キュートな仕上がりになってる気がします。

それにしても、オリジナル動画のUP主様たちには、心より感謝いたしますです!
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おはようございます。
2010-05-27 Thu 09:06
今日も、天気いまいちですね。
午後から歯医者の予約、入ってるんだよなぁ。、、、と。
朝からソワソワして落ち着きません。歯医者って、本当に苦手だ、、、(^ ^;)

               ***

ということで、今朝は朝食も食べずに朝っぱらからいきなり読書。
ずいぶん長いこと中断していた「オッド・トーマスの救済」を、一気に片付けました。

オッド・トーマスの救済 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-10) (ハヤカワ文庫NV)オッド・トーマスの救済 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-10)」 (2010/04/30) 著:ディーン・クーンツ
... シリーズ第3作の舞台は、雪深い山間の修道院。大切な恋人を亡くし、親友までも失いかけた主人公オッド・トーマスが、若くして人生に疲れて隠遁生活!?と思いきや、、、この静かな舞台でまた新たな冒険を繰り広げる、というお話。
修道院という舞台設定は、それだけでもミステリアスな雰囲気を醸し出してくれるし、まぁ過去にも『薔薇の名前』なんて超・名作ミステリィの存在が脳裏をよぎったりして、、、こうしたサスペンス物には格好の物語背景っていう気がするものだが、
解説によれば、意外にも、クーンツがこうした宗教的象徴を物語に取り入れたことは、今までなかったのらしい。真に敬虔な信仰をもっている人だからこそ、安易に宗教を描くことがなかったのかもしれない。

そしてこのシリーズは、何といっても主人公オッド・トーマスのキャラクターが魅力。
沈思黙考型ヒーロー、、、というか、ストレートにいって口下手。
よく考え、しかも行動力のある好青年だけれども、
常に正しい方向性で物事を考えたり、常に冷静で判断を誤らなかったり、持ち前の超常能力をここぞというときにばっちり駆使したり、、、というご都合主義的なヒーローとはちと違う。
よく考えるといっても、しばし見当違いの推理をしたり、ときには読者にもわかるヒントを見逃してたり、混乱したり、びびったり、ヘタレてたり、情にまかせて適切でないセリフを言ったり、、、。
完璧なヒーロー像とは、およそ程遠いキャラクター。

、、なのに彼は、人として限りなく繊細で優しい心を持っていて、
この物語では、そうした面が、幼児虐待を受け身体に障害を負った子供たちとの触れ合いの場面で描かれていて、、、それはもう、落涙必須という場面なのだ。
そしてオッドが、死後の世界へ旅立てない”死者”との対話(オッドは”死者”の姿が見えるが、彼らの声をきくことはできず、、彼らの姿からその想いを推測する)を通して、結果的に彼らを救済する役割を果たすようすは、やはり感動的だ。

う~ん、、、。
このシリーズ、本当に面白いのだが、私のお粗末な文章力では、とうていその魅力を語り尽くせません、、、。

               ***

、、、そろそろ朝食にしよう。
別窓 | IO-Books | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
このブログの”みどころガイド”
2010-05-26 Wed 16:19
ちょっと前に、blogramとゆうサービスに登録してみたのですが、
このサービスでは、ブログに書かれたキーワードから勝手に内容を解析してくれるという、興味深い機能を提供しています。

で、うちのブログの解析結果は、こんな感じ、、、

100526_01.jpg

三浦大知くんランキングで、なんと11位に入ってしまいました、、、(^ ^;)
登録当初は確か20位くらいだったのですが、今日みたらランクアップしてた(^ ^;;)

、、、恥ずかしいので、少々、書き込みを抑えた方がいいかもしんない、、、。
、、、、、、無理だけど、、、、、、。

しかし、このサービスに登録したおかげで、熱狂的な大知くんのファン・ブログさんに出会えました☆
おお、情報源が増えたぜ~☆☆

               ***

ところで、このブログは、リアルな友人には誰にも知らせずにこっそり運営している裏ブログなので、
書いてる自分自身以外、ほとんど見てる人はいない辺境地域でした。

で実際、コメントや、ましてTBをいただくことも滅多にないのですが、、、
拒否しているわけではなく、
コメントとか頂ければ、ただしく嬉しいです!

まぁ、、、あくまでもマイペースに書きなぐってる駄文ですが、
気が向いたら突っ込みを入れちゃってください。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 社会参加の実際 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。