違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ナマオト vol.3 観戦リポ -総括
2010-09-30 Thu 19:40
っというわけで。
この秋、United以上に期待していたナマオトvol3

期待を上回る、素晴らしいライヴで、、、もうすっかり堪能しちゃいました。
以下、各記事へのリンクです:
「ナマオト vol.3 観戦リポ・その1(プロローグ)」
「ナマオト vol.3 観戦リポ・その2」
「ナマオト vol.3 観戦リポ・その3 -三浦大知」


三浦大知は、ライヴがいい 、、、っていうことは、
充分にわかっていたつもりだったのだけれど

私、、少々、彼の実力を、見くびり過ぎていたかもしれません。


めざクラや、映像で見たPossibilityの、、遠慮がちな彼の控えめな態度はみじんもなく
また、、ゲスト・ライヴで見せる、アウェイならではの負けん気もなく、

昨夜の三浦大知は、、、あのイベント全体を仕切って
まさに、君臨していた
といえましょう。

自身のパフォーマンスにおける

絶対的なプライドと自信

そんなオーラが、全身から放射されまくってましたねぇ

それは、、
これまでについやした努力と汗であり、
これまでのライヴでつちかってきた経験であり、

決して簡単に 手に入れたものではない筈


昨夜は、大知くんのワンマンではなかったけれども、
完全に、、、三浦大知の空間になっていた。

すごいパワーでしたよ。


、、なんというか私、
彼のあの 圧倒的なオーラを目の当たりにして、、
大知くん とか「くん」づけで呼びにくくなってしまった。

自分より遥かに年少な彼だけれども
アーティストとして

心から尊敬します。

               ***

10.01追記:
え~、ここにくっつけるのもどうかと思いましたが、、
出演アーティストRSPのブログに、打ち上げ時の大知くんお写真ありました。
「にゃん@ナマオト」 (2010-10-01 01:45:18)

、、そういや、他の人との記念撮影は「にゃん」ポーズなのに、大知くんだけピースってww


ちなみに、、ステージ上から客席をとった記念撮影「右にゃん」「左にゃん」のうち、
「左にゃん」のほうに、、いちみが映っとりますなww
右から4番目です。さらに右隣が exxxxちゃん、ピンボケでもきゃわいいですww
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
ナマオト vol.3 観戦リポ・その3 -三浦大知
2010-09-30 Thu 12:03
さてさて。いよいよトリですよ~
三浦大知くん登場ですよ~
準備はいいっすか? 、、、私、あましよくありません。
記憶とんでます。

でも、、、一所懸命 思い出します。
Remember My Memories~~~♪

               ***

CLIFF EDGEさんが退場したあと、
ステージ上のDJスタンドやらのセットが片づけられます。

こーいう、次アーティストの準備も、さほど照明を落とさず迅速に行われてるので、、、
とくに最前列の我々的には、興味津々で見守っているわけです。

さて次は、いよいよ本日のトリ 三浦大知くんのステージ! っていうことで、
ステージ上に、、、1客の椅子が運ばれてきました。

ナニ、椅子~!?
(、、とそこで、皆はすかさず例のあの曲をイメージした筈ですw)
黒くて、、背もたれ部分がちょっとカーブのデザイン入ったやつです。
パイプ椅子じゃないです。

あとは、、マイクスタンドとか? が用意されてます。

               ***

バンドのメンバーは、ず~~っと出ずっぱ。
ステージの準備が進む中、ドラムがリズムを叩き出し、、
それにベース、ギター、そしてKeyが、順々に絡んでく感じで、、、
即興的な入りで、シャッフル乗りのインストゥルメンタル曲になってく。

このバンドの傾向ですが、、
メンバーは皆、割と若いけど、、比較的オールマイティなジャンルをカバーできそうなメンツ。
ま、、、基本はタテ乗りで、リズム的に若干単調なとこはありますけど、
なかなかしっかりした演奏してます。
(なぁんて、、、プロの人たちに向かって、なんて偉そうなコメント吐く私ww)

とくにドラムの子がイケメンで、、、(って、演奏に関係ねーだろw)
にこにこしながら、何度も見つめちゃいました(←アホ)
、、もっともドラムとゆう楽器は忙しいので、滅多に見つめ返してくれることはありませんでしたがw

即興風のインスト曲が、けっこうな盛り上がりを見せて終わると、客席からは小さくない歓声と拍手。
そしていよいよ、、、!
いよいよ!!
               ***

ドラムスが、4つ打ちのビートを繰り出してきました。

そして、、大知くん!
会場中に響き渡る悲鳴的歓呼の中、、、
軽やかなステップで、マイクを持って登場です。

クリフの時も相当盛り上がってましたが、、、
皆さん、そんな大声どこに隠してたんですか? ってくらいの大音響声援でしたなw


衣装は、ダークグレーのナポレオンジャケット。
黒い紐飾りと、ポケット。ポケットのふちとお袖には金ボタンの装飾が。
色はコレと似てますが、全然違う型です。
もっと裾の作りとかがスッキリしたデザインで、、、ややマット加工な平たい金ボタンが控えめにきらきら。

アンダーは、白シャツに黒ラメのリボン・タイをルーズに結んで。
前身ごろに細~いピンタックが何本も入った、ドレスシャツでした。

ジーンズは普通の型で、濃いインディゴか、、ひょっとして黒。
綿素材なんで、光線の具合もあり、、色がよく判りませんでした。
靴は、すっきりした形の白スニーカーです。

               ===

さてさて。
4つ打ちのイントロと言えば、、、あれですよね! The Answer!!

っつうことで、打ち込み系とはまた、ちょっと違う感じのシンセによるイントロから、
サマセミ等で披露されたときの、、、
ダンスなし、おひとりバージョンによる歌唱です。

ま でも唄いながら、ちょっとした仕草が素敵なダンスになってるのは
言うまでもありません。

オリジナル版と一番違うのは、、
何といっても、ドラムス&ベースという、生のリズム隊の存在です。
リズム・パートの音圧が、、も~半端ないっ!!

で、、言ったら何ですが、今回のドラマーさん、
Emotionのときの人より上手いです(あはは)

ちょっとシンプル過ぎる縦ノリ気味な傾向ではあったものの、、
タイトでがっつり、固いリズム・キープはすっごい安心感ありましたね。
それとベース。指弾きチョッパー系、、なかなかの巧者です。
このリズム隊、なかなかイイッっす。

そして!
大知くんの声 絶好調でした!!

あの、素敵なリズム隊の音圧に、まったく負けてない
どころか、むしろ圧倒するくらいの、、、すごい声

なんでしょうね、、、大知くんの声
ただ声量が多いというだけじゃないのです。

その、あまりにも豊かな声の響きは、、、たったひとりで唄っているにもかかわらず、

6人編成のバックバンドの音を 凌駕してしまうんです。
その迫力ときたら!!

これまで同じバンドをバックに、同じように唄ってきた4組のアーティストと
まるで次元の異なる とんでもない声ですよ。

それまでのアーティストのバックでは、
割と楽しそうにプレイしていた バックバンドの面々、、表情が真剣そのものでした。
、、、激・マジモードのプレイだよね。
たったひとりのヴォーカリストに、圧倒されてらんないもんって感じの。
(でも、圧倒され気味だったけど)

コーラス、、女声2人でしたが、、 こっちは完全に圧倒されてました。
下手すると、居ても居なくても状態になってたかも?
もうちょっと強い声のコーラスが、3人くらいいてもよかったかもね。

とにかく。
凄い凄いとは思ってた大知くんの生声。

ここまで凄いとは、、、びっくりですよね。

本人、あとでMCでも言ってましたが、
背後からくるバンドの音圧に、、かな~り刺激されてたみたいで、、、

しかしそのバックバンドのすごい音圧を
たったひとりで制してしまう、、、それって尋常じゃないよ!!!

本人的にも、、無茶苦茶テンションあがってるし、
もちろん楽しそうだったし、

とにかく声がすごかった!
ラストの最後部分に、、これまで聞いたことないフェイクまで入ってた!

(あそこって、、、いつもはちょっと苦しそうに声張り上げてるとこなのに!!)

               ===

軽い自己紹介と短いMC入って、、、お次は SHINE

割と、原曲に近いアレンジだった。
う~ん、、最近のライヴでは、けっこう演奏されることの多いSHINE。
バンド・アレンジでもかな~りイイ感じだ。
やっぱ、名曲ってことなんだね?

途中から、ダンサーSHOTAさん、ENDoくんが登場。
あの狭いスペースで、まさかの、がちダンス・バージョン! 嬉し~~っ!!


え~、ところで。
最前列センターの私の視線の高さは、、、大知くんの腹の辺りです。
ご尊顔を仰ぐには、、割と上向かないといけなくて、、、

まっすぐ見ると、むしろ大知くんの少し後方で踊ってる
SHOTAさん、ENDoくんとばかり目が合いやすいのですね(^ ^;)
1メートルの先で、王子様が踊ってるのになぁ!!
ははははは。


ちなみに、ダンサーさんの衣装はね、
(これ、前にも視たけど、、)グレンチェックのパンツに黒スニーカー、
フラットなデザインの長袖白シャツ(アンダーに黒T着てるっぽかった)、モノトーンの柄いり蝶ネクタイ
そして、黒いお帽子、、、でした。

SHOTAさんのスルドイ胸ヒットも、ENDoくんの首折れそうなカクッという動きも、
ぜんぶ、がちで見えたよぉ~~~
ビバ最前列

この曲もね、、、(ま一応、女声コーラスは入ってたけど)
大知くんの、普段のコーラス・トラックがなかったら、割と迫力に欠けるんじゃないかって、ちょっとだけ懸念してたのだけど、、、
まるでそんなことないの!!

大知くん、、、、マジで声強い!!
もう、、、シングル・ヴォイスであの豊かな響きは、ほんと尋常じゃないよ。

ダンサーおふたりも、いつも以上に活き活きと踊っていて、、、
ん~~~、すごい迫力だったよ。

               ===

そして、、、MCコーナー。
改めて自己紹介
そして、、生バンドと一緒に演奏することへの期待と、楽しさについて
ひとしきり語ったあと
「、、僕はトークがあんまり上手くないので、さっさと曲にいきます
「前の、、CLIFF EDGEさんが、すっごく会場を盛り上げてくれてたんで、、
 僕は、今日はしっとりとこう沈~んだ感じで いきます」


(※注意:セリフの詳細はうろおぼえなので、意訳と思ってください、、、)

で 観客が、?? となっているうちに、、、
ステージのちょっと奥に置かれてた例の椅子を引っ張り出してきて、
ステージ真ん中に設置。
ここで、会場の皆も、、次に何が起こるかをほぼ悟ったという感じで、、、

               ===

Damn
Emotionのときのようなシット・ダンスではなく、ただ、椅子に座った状態でしっとりと、、
ひとりで唄いあげる感じでした。
ま、、もちろん、ところどころに手足の動作は入るんですけど、基本的にはね。

靜めヴァージョンということで、、
歌そのものも、しっとり歌いあげ系でしたが、
殺人的なWhisper Voiceに、、、場内の女性ファンは皆、即死寸前だったはず。

観客席のそこらここらから、、、
「やばい! やばいやばいやばいっ」
という、悲鳴のような囁き声がw

あ 私も言ってたかな?ww

曲の後半では、椅子から立ち上がり、、、
しかし、あくまでも歌はしっとりと。
ふだんより静かなアクションがまた、、、何度だって気絶できそうなセクシーさ、、、。

おくち 半開き状態で ただ ただ 呆然と眺めていたので、、、
我に返るたびに 唇がカサカサに乾いてしまってる自分に気づくのでした。

ステージ上の大知くんからは、、、
さぞかし阿呆に見えたに違いないぜ

               ===

そして。
Damnのフィニッシュで、立ちあがったまま、、

次にマイクスタンド(確か、ブームスタンドだったかと)を、自ら用意して、、、
高さとか角度とか、もそもそと調整しつつ、、、

ううむ、、この流れはあの曲だな? とにおわせつつ、

しかし
アコースティック・ギターが、シンプルなリフを刻み初めて

おお! なんとアコギ1本の、、、Human Natureですよ!!

ちょっと、、テンポ緩めですが。
大知くんの声、、、冴えわたり過ぎ。

なんでこの子は、、、生唄なほどに、素敵に歌ってくれちゃうんでしょうか??

これまた新鮮~♪

2コーラス目あたりから、テンポをとっていたドラムス、
そしてベースが、小さい音から加わり、、、
やがて、ギターやキーも加わって、、、

後半は、フルバンドのバックにより、
ロックぽいアレンジで盛り上がり
(そうそう、、基本的にロック系の縦ノリなんだよねこの人らは、、、)

やがて最後には、、
キーはおなじみのあのフレーズを演奏しつつも、
また、ガットギターによる鋭いリフが強調されたアレンジで、

う~ん、若々しくて、悪くないなぁ! って思った。
このアレンジ。

               ===

そして、、、ふたたびMCコーナー。

「時間が経つのは早いもので、、、 自分でも5秒くらいしか経ってない気がするんですが」
「次がラストの曲になってしまいます」


とMCを始めた大知くん。

これまでのアーティストもそうだったけど、
会場からは抜群の音量で
「え~~~っ」
というブーイングが沸き起こる。

「ラストの曲なんですが、、、
 え~ もっと僕の歌を聞きたいと思われたら
 全国ツアーがありますので


とツアーの告知に。

「で、最後は、、、皆さんがクラップして、楽しめるような曲を、唄います
 、、Open Your Heart


ってなわけで、ラストの1曲は、、、これでした。

おなじみのイントロから入り、
Aメロ終了後に、ダンサーSYOTAさん&ENDoくんも再登場!

またまた、3人でがっつりと、
ダンスを踊りながらのパフォーマンスを見せてくれました。

Open Your Heart、、私すきなんですよね~これ。
曲だけ聴いてると、あまり踊りそうな曲じゃないように感じるんですが、、、

いやもう、、、彼ら3人は、見てるだけで眼福ってやつですよ。

素敵すぎて 理性壊れる、、、

というか、、SHOTAさんもENDoくんも視たいし、
大知くんも視たいし、、
どこ見ていいか困る、、、!

で、視線キョドキョドしながら、、あやしい目つきで
けっきょく大知くんを視ているという

ほんっとにあやしい自分 恥~~


それにしても。
SHOTAさんもENDoくんも、いつもよりノリがイイ感じ
やっぱり、、、生ドラムというのは、彼らダンサーにとっても刺激的なんすかね?

大盛り上がりの内に曲は終了し、、、

いちばん最後に、大知くんが、
ダンサー二人に続き
バンドのメンバーをひとりずつ紹介して、、、
(いちど限りのセッションなのに、しっかり名前を覚えて
 きっちり紹介してあげるところが、、、すっごく大知くんっぽいね)

そして、客席に向かって深々と一礼して、、退場してゆきました。

               ===

つまり、、セトリは:

1.The Answer
2.SHINE
 ~MC
3.Damn
4.Human Nature
 ~MC
5.Open Your Heart


となります。
結構、、沢山演奏してくれたね(^ ^)
アーティスト、人組減った分、、持ち時間が延長されたのかな?
それとも、、、トリなので元々長かったのかな?

いずれにせよ、、、堪能した~

               ***

え~~~。
終わります。
なんだかまだ、、、すっごい中途な気分っていうか。
まるで思考にまとまりがないっていうか。

何というんですかね。

ワタクシとにかく、最前列と言うとんでもねー立ち位置から、
ステージガン見しちゃいまして。

なんかもう、、記憶の大部分がすっ飛んでおります。

なが~い 夢 みてたみたい、、、。

そして、、
もっと もっと もっと長い時間、、夢をみていたかった、、、。


ありがとう 大知くん。
ありがとう
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
ナマオト vol.3 観戦リポ・その2
2010-09-30 Thu 10:13
当初の企画では、出演アーティスト6組の予定が、、、お1組様欠場で、計5組のアーティストが出演しました。
詳細 →「ナマオト vol.3」

これ、、チケットの名前順が
出演アーティストの知名度順ってコトなんでしょうかね?
ヌクモリでは大知くんラストの方だったので、、、トップ嬉しす。

イベント全体の構成:
イントロダクション (本日のバックバンドによる演奏と、メンバー紹介)
Ⅰ.吉田山田
Ⅱ.唄人羽
Ⅲ.RSP
Ⅳ.CLIFF EDGE
Ⅴ.三浦大知


今回、、司会進行的な役割のスタッフはおらず、
冒頭の、バックバンドによる演奏に続いて、
特別な休憩もはさまずに、各アーティストの演奏が、次々と行われました。
MCも、各アーティストが、それぞれのコーナーで行った。
、、ラストの〆もアンコールもなく、構成的にはちょっとあっけ?な終わり方でしたが。

最近のライヴとゆうのは、、〆ってのを余り重視しないのだろうか?

               ***

んでは、、各コーナー行きます。

イントロダクション (本日のバックバンドによる演奏と、メンバー紹介)
... 開演時間ほぼちょうど。
まずは、本日のバックバンドをつとめるプレイヤーの皆さんが、ステージ上に登場し、
続いてコーラスを担当する女性2名が登場。
(曲名は知らないけど、)ノリのよいナンバーで会場を盛り上げます。そしてメンバー紹介。

バンドの構成は、D、B、G×2、K×2、Cho×2 という、、かなり豪勢なもの。
どういう素姓の人々か知らないのですが、、上述のリンク先にメンバー名が記されてます。

WGのひとりはアコギ系、もう一人はエレキ系と、、ガチな役割分担。
WKも、ひとりがピアノ&オルガン系、もうひとりがシンセ系担当です。

どうでもいいけど、、ピアノ男子と、ドラム男子が、けっこうイケメン。
ドラム男子は、、「ごくせん」第一シリーズに出ていた頃の小栗旬くんみたいなのね(細かい?w)
シンセの女子もほっそりして美女。

後の人は、、、まぁ、そこそこ普通でしたww
ま演奏はルックスでするもんじゃない! うんうんwww


Ⅰ.吉田山田  →公式サイト
<公式ブログより、ライヴ関連記事>
「ナマオト【音楽がかり】山田」 (9/25 15:46:11)
「ナマオトVol.3【音楽がかり】山田」 (9/25 21:08:17)


... 男の子DUOです。ふつ~の格好をしてGuitar持ってる吉田くんと、派手な格好の山田くん。
デビュー半年くらいと言ってたかな? シングル3枚出ていて、1stアルバムの告知をしてました。

まだ若そうなのに落ち着いたMCも中々絶妙で、地道に笑いを取っていた吉田くんに比較して、
同じことばかりしゃべり続け、ひたすら走り回って大はしゃぎしていた山田くん。
、、あなたバ○ですか? 的なww
でも、、会場からは、「カワイ~」というコールが満載。
冒頭1曲目にして、タンバリンの皮が破ける、、っつうハプニングがあったりしましたが、
とにかく、ものすごく楽しいステージでしたww

ハジケまくりで3曲うたい、、惜しまれながら退場。

あっそうだ。どうでもいいんだけど、、Guitar持ってる吉田くんのほう、
割と好みのタイプですた。
、、、ダメかな?ww
(私って昔から「面食いじゃない」と言われるので、、自分の審美眼がいまいち信用できません)


Ⅱ.唄人羽(うたいびと はね)  →公式サイト... こちらも男性DUO。正式なユニット名は、”人”の字の右上にテンテンがついてますw
福岡出身のユニットだそうで、、みっしりこっくり弾き語り系ていうんでしょうか?
Guitar掻き鳴らして、熱く熱く歌いあげ系です。
ひとりが主に作詞・作曲+コーラスを担当、もうひとりが主にVocal担当っぽい。
Vocal担当さん、イイお声してはります。

、、ぜんぜん関係ないですが、
昔出演してた小さなライブハウスでは、、こういうタイプの音楽やる人たち、、よく居ました(^ ^;)
、、ちょっとJazz&Blues系入ってた、私らのバンドのノリはちょっと異質で、やた~ら浮いてたっけ(^ ^;;)

ごめん、話それた。

え~、、この、唄人(うたいびと)さんはね、デビュー10周年だそうです!
でも、、お互いソロ活動とかもしてて、この日のライヴは、なんと8ヶ月ぶりだったのだって!

「、、みなさん今日は、三浦大知さんを見に来られたんでしょうが」
って、MCで2回も言った(^ ^;)

いやまぁ、、ハッキリ言ってそうだけど、そんな2回も自虐ネタ言わなくてもいいじゃんね。

「、、ひとくちに10年といっても、売れてる10年と、売れてない10年の差には、、、壮絶なものがあります」
、、と、痛いMCを繰り広げる、ギター・コーラス担当の方。
、、、、自虐ネタ多いと思ったら、この人AB型だよww

まぁ、、不快なほどの自虐ネタではないのですが、少々痛かったかなMCは(^ ^;;)

あなた方は知らないかもしれないけど、、、
会場のみなさんが見に来た、三浦大知さんはね、デビュー13年で、
しかも、、、決して順風満帆な芸能生活を送ってこなかったんだよ?

今この場所でようやく、誰よりも声援を集めてるトリのアーティストとして登場してるけど、、、
あなた方がうらやむような存在ではないんだよ?

と、教えてあげたかったな。


ん~~それで、楽曲は。
たぶん、10年のキャリアに伴う、長年のファンの人々というのもいるんだろうが、、
ごめん。
私的には、このジャンル、、、ほとんど興味ないんだね。
ほんとごめん!

世界中の万人がまず始める、、、ギター弾き語りっていうジャンルの音楽は、、、
歌詞や歌に 相当な力がないと

ありふれ過ぎていて 人を説得できるパワーがないんだね。

頑張ってください、、、としか言いようがありません(_ _;)


Ⅲ.RSP  →公式サイト
... 続いて、女子二人組の登場!
プロフをみたら、オーディションで選ばれた子で結成したユニットなんだってね。
関西出身の女の子たちで、ひとりは可愛い系、もうひとりはキレイ系のWヴォーカルです。

どっちがどっちか名前とか判らないんですが、、、
可愛い子の方が、ややハスキーな低音、キレイ系っ子の方が、やや高音でしょうか。
衣装も、元気系(ショートヘア、ルーズT、ショーパン、タイツ)とキレイ系(ドレッシーなワンピにロングヘア)、まるで違うコンセプトの二人で、、見ててなんか楽しかった。
まったく声質の違う2人なので、ソロったり、ハモったり、バラエティに富んだヴォーカル+コーラスをみせてくれました。

しょっぱなの1曲は、三木道三の「Lifetime Respect」、、へのアンサー・ソングである「Lifetime Respect -女編-」
これ、、多分かなり盛り上がる曲なんだけど、
ごめん!
個人的にあまり、、このリズム好きじゃないんだ(≧ ≦)

ってなところに、盛り上がりまくったアーティストから、
いきなしマイクを向けられた!!
ごめん! 超・反応できんくて思わず避けちゃった!!

え~ん、、、他のノリだったら、一所懸命うたってあげたのに
このノリは苦手なんだよう~~
ほんとごめん!
と、、、ステージ上のお二人に、仕草で詫びをいれましたww

この、レゲエ的なノリにはワタクシ、なんというか個人的なトラウマがありまして。
ダメなんだよなぁ、、、。

でも、このお二人はこういうノリがお好きらしく、
バラードナンバー2曲以外は、結局、レゲエ乗りの曲を3曲うたいました。

で (名前わかんないけど)可愛い子の方が、

彼女らは、デビュー2年で、、、
昨日が2nd アルバムのリリース日だったそうなのだけど、
関西から東京に出てきて、芸能活動をしてきて、、
がむしゃらにお仕事をしてきた日々を 振り返って、、、

というようなMCをしたあと
「今回のライヴに参加できて 本当に嬉しい」って、
ステージ上で感極まって泣き出しちゃった。

もう一人の子が「大丈夫? うたえる?」って聴くと
「大丈夫!」って答えるんだけど、
とまらずに頬をつたった幾筋もの涙が、ライトできらきら光ってた。

会場内も、彼女らにおもわず共感してしんみり。

最期は ステージ上から記念撮影して終了
、、、その写真は、彼女らのブログに掲載される予定だそうです(^ ^;)


Ⅳ.CLIFF EDGE  →公式サイト
... え~、CLIFF EDGEさんは、Joy Liveにも出てたから、、私、なんか彼らのこと書いてたよね?
あ 書いてなかった!ははは、、(^ ^;)

公式に書いてあるけど、MC×2+DJのユニットで、、、横浜BLITZでも、なかなか熱~い盛り上がりを見せてくれてた彼らが、、、
大知くん以外で、今回唯一しってたユニットなのでしたw

さて横浜BLITZでは3人だけのステージでも、がんがんに上げていた彼らでしたが、
今回は、さらに、プラス6名+2名編成の生バンドっということで、
ステージ上が、ものすごい豪華な事に!!

も~一曲目からアゲアゲで、すさまじいノリ!
熱狂的な彼らのファンも駆けつけてきてたらしく、客席一部のエリアからは、黄色い声援が飛ぶ

とくに人気あるのが、、DJ GEORGIAくんのようで、
(自分はJUNくんも割とイケメンな方と思うのだが)JUNくんが彼を紹介すると、ファンからの
「イケメ~ン」とゆう絶叫がww

そして、、そんなコールを引き継いで、まるっとした体型のSHINくんが
「まぁはっきり言って俺ら イケメン・パラダイスなわけですが~」
などとゆうMCを繰り広げつつ、
どうやら、私の傍らに居た可愛い exxxxちゃんに目を付けたらしく

「、、、お前もオレの虜だろ?」
「!」(いきなり振られて、超・焦るexxxxちゃん)
「、、虜だろ? 虜だろ?」
「え、、と 虜です~~」

などとゆう、最前列ならではの茶番劇がありww

爆発的盛り上がりの中、、
JUNくんの、「フリースタイル」って振りでの、、バンドメンバーへのソロ廻し。
上手いね!

本来は、、あんまし生バンドとセッションすることがなさげな人々なのに、
実に、盛り上げ方が上手い!!
さすがだね~。

そして、、更に彼ら、ステージ上に、、、
さきほど退場したRSPのお二人さんを呼び戻して 1曲のセッション。

すげー大人数!!
圧倒される

そんなこんなで、
ものすごい盛り上がりで終えたクリフエッジのステージ。

大知くん目当てで来てることを ひょっとして忘れてもいいかも?
と一瞬おもってしまったくらい

大盛り上がり、大満足なステージでした。


、、、つづくよ!
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ナマオト vol.3 観戦リポ・その1(プロローグ)
2010-09-30 Thu 09:34
まずは、記念写真からww

DVC00266_e.jpg

え~、これまでのライヴで、予約チケットと言うのを買ったことのなかった自分。

予約 っつうたら、やっぱ申し込み順に番号が割り当てられたりすんのかな??
と思ってたのですが、
窓口に問い合わせてみたら、、

予約時に番号の割り振りはなく、予約者に割り当てられてるチケットを、当日窓口で先着順で売る

ときいたので、

販売開始前に会場につくよう、、早めに家を出ました。

会場18:00、開演19:00
チケット持っていれば、18:00ちょっと前に着けば充分なのに、、、
チケット交換は17:30開始ということなので、、、
仕方ねえ それよりちょっと早めに行くか、、、(ぶつぶつ)

とか思いながら、、、たぶん17:20分近くに会場に着いた。
既に列が出来、チケット売り始めていたので「え 遅かった?」と一瞬あせったが、、、
最初に出来てた列は”唄人羽”さんという出演アーティストの予約専用窓口で。

隣に用意されてた窓口は、、やはり17:30にならないと受付開始しないとのことで。
そっち側に並んでた子たちに聞いてみたら、、
当日券目当ての子ばっかりで、、、なんとなく列の1番を譲られた感じ。
(予約と当日は開始番号が違うので、、順番を譲ってもらう必要もなかったんだけど)

え~ っということは? 私、、列の1番!?

と、、、どきどきしながらチケット交換したら、
3番4番という驚愕のチケ番号で。

そりゃもうビックリしました。
チケット持つ手が震えて、、、心の中で

  え~っ え~っ え~っ え~っ え~っ、、、

と、何度もリピートしていましたことです。

               ***

ま そんなこんなで
会場前にて、、今回の同行者を待つ。

2枚予約してたチケットのうち、
行けなくなった友人の分、電話キャンセルするつもりだったのだが、、
またしてもTwitterで、同行者をみつけてしまった。

ナマオト行きたいけど、チケットまだ持って無さそうだった exxxxちゃん。
声掛けたらすぐに返信をくれて、予約チケを引き取ってもらうことに。

ん~~、exxxxちゃん。
まだ大学生の、、これまた22歳の女の子でした。
いまどきの若い子とゆうので、ま、話がまるで合わんだろうなぁ、、と覚悟して行ったのですが、
若いのに珍しいくらい、固くて礼儀正しい子で、

しかも、、、かな~り可愛い子だった♪ (←重要ww)


そして開演前の時間帯に
あらかじめ連絡をとっていた rxxxxちゃんとも、無事に会えました♪

他にも誰かに会えないものかと キョドキョドしてたんですが、、

今回、確実にくると知ってる nxxxxちゃんも、遅れ気味のようで
他の人には会えずに、、とりあえず開場時間に

               ***

今回チケ番のよかった我々は、
もちろんトップグループで入って、、、1時間近く待つことになる。

最前列の、ほぼセンターです。
隣の人と、私とで、センターだったと思う。
(隣の人、、多分こないだ会ってご紹介をうけた bxxxxさんだと思ったのだけど、
一度しか、しかもご挨拶しただけだったので確信が持てず、、
けっきょく話しかけられなかった~)


ねぇねぇ
ステージ、、すぐそこ!なんすけど(^ ^;)

手摺からステージまで、、下手すると1メートル強。
驚愕の近さです。

弩ビックリよ~!!

               ***

ライヴの模様は、、リポ2~にてお届けします。

               ***

さて~、、、
ライヴ終了後は、、
ちょっと後ろに居た rxxxxさん、彼女のマイミク mxxxxさんらと共に、
ドリンク交換して少々おしゃべり。

その時間帯に、、 おなじみ yxxxxさんや、めざクラ友の cxxxxちゃんと会ったり、
exxxxちゃんと仲良しっぽい fxxxxさんとも会えて、

あとTwitterで位置確認して、
nxxxxちゃん、dxxxxちゃんと同行している fxxxxちゃんと初対面!!
これは嬉しかったな~

不思議なんだけど、、、Twitterって、しばしばGPS替わりになるんですよww
メールとTLと
使い分けると、、こんなシチュエーションですごい便利

けっきょく何人会ったのか?
今日きてる予定の知り合いは、、、ほとんど会えたのかな?

渋谷DUOは、キャパ1100人という、、比較的こぢんまりした作りなので、
あと 出入り口が狭いのが幸か不幸かわかんないけど

な~んとなく、誰かに会える率が高い気がする


とはいえ。
唯一あえなかったのが、、、ぐるっぽ繋がりの yxxxxさん。
やはり、、、服装とか、詳細に打ち合わせ(?)しておかなかったのが敗因ね。

前回の失敗を活かせなかった、、、(> <)

狭い会場なのでぜったい会えると 侮ってた~
すみません! 次回は必ず
、、次回っていつだろ?

               ***

もし yxxxxさんと会えたら、打ちあがりたかったなぁ~~と考えてたのだけど、
会えなかったので、
帰ろうかな~どうしようかな~ と迷っていたところ

rxxxxちゃんが声をかけてくれたので、
彼女のお友達の、、mixiオフ会繋がり?のみなさんの会に、イイ気になって乱入し
お食事をして帰った。


家 着いたの、、、25時過ぎてました。

途中からTELしたんだけど、ダンナ、
「オレ先に寝てるから」
、、、いつもならそんくらいの時間まで起きてる癖に。いぢわる。


、、、つづく。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おはようございます。
2010-09-30 Thu 08:08
ゆうべ夜更かししちゃったので、、、ねもいです。

いやぁ、、、ゆうべは、とんでもねーチケットを買えて、ビックリしました。

今年のラッキーを、、、全部つかいはたしてしまったんじゃなかろうか?
これから先の人生、アンラッキーばかりだったらどうするんだ自分??

とさえ思ったよ。

               ***

でも。
ま 考えてみたら、今回のは偶然でも何でもなく、


チケットをいちはやく予約したのは自分だし
窓口に問い合わせて、、、「予約者分に確保してあるチケットは、先着順で引き換えです」つー情報を聞いておいたので、、
当日、販売開始前に窓口に並んで、、あのチケットをゲットしたのだから、

とくに奇跡でもなんでもなく、
しかるべき行動をした結果、しかるべき結果になった、、とゆうことで。

Unitedの奇跡の3列目とは、ちょっと事情が違いました(^ ^;)


、、、それにしても、最前列センターという位置は、、、
なかなか
いろんな意味で
エクセレントでした。

もう、、余りのことに、理性も記憶も記憶がとんでますが、、、

なんとか がんばってリポ書きます。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今日は、、
2010-09-29 Wed 09:05
おはようございます。

いやぁ~~、昨日は。
スタブロに、久々の大知くんお写真Up! とゆーことで、
「K-MIXにて10月よりレギュラーが決定!!」

し・か・も
そのお写真が、相当に相当だったもんで、、、蕩けちゃいましたよ。

んっとにもう、ヴィジュアル指向でなかったはずの私なのに、
一体どうしたことでしょうね?ww

               ***

さて今夜は、渋谷でナマオトです。
ナマオト vol3

このライヴは、、、
私的には、ある意味、Unitedより楽しみにしているライヴです。

複数の出演アーティストが、生バンドで演奏する、、、という試みで、
というか、わざわざそれを銘打つということは、
普段あまり生バンドでは歌わないアーティストが、生バンドで! という企画なわけですね。

他のアーティストは余り知らんけど、
(あ、CLIFF EDGE さんは、JoyLiveで視たっけか)
ふだん、打ち込み系の大知くんが、
生演奏で唄うのは、、ほんと楽しみよ!

さて、、打ち込み系と最大に異なるのは、リズム(いわゆるノリってやつ?)
それでもワンマンライヴなら、コントローラブルだろうけれど、
アウェイのプレイヤーが繰り出す、生のリズムで、
大知くんは、、、どんなパフォーマンスを見せてくれるんでしょう?

ダンスは踊るのかな?
(ま、、これは、会場の様子からいっても、、たぶんないかと)

これまでのライヴで、私が知ってるだけでも、
アンコントローラブルなトラックに乗せて歌う大知くんというのは、皆無だったわけじゃない。
めざましクラシックスのHuman Natureとか
BOAちゃんライヴにおけるPossibilityとか

ま めざクラは、かなり特殊なシチュエーションだったのでアレだけど、
Possibilityのライヴ演奏(映像的には3パターンくらいあったかな?)をみる限り、、

やはり、、生バンドのライヴには、戸惑うカンジもあるっぽい大知くん。

ほんっとに楽しみです!!


でも、、期待し過ぎてこけるとやなので、(←失礼だな~私w)
とりあえず
頭を真っ白にして 出掛けて行くつもりだよ。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
『心霊探偵八雲』
2010-09-29 Wed 00:35
10月3日より、ついにアニメ・シリーズのスタートでございますな。
NHK公式

PR映像ながれてる(つうか、勝手に録られてる)けど、、
小野Dの声きいたら、

  またかよ

という気分になった。

ん~~、別に嫌いじゃないのだが、小野Dの声
、、、ちょっと飽きたな。

アニメのスタートということで、
コミックスの3巻とか、文庫の6巻(上下巻)とか一気に出てた。

とんだ散財だよ、ぶつぶつ、、、。
(つまり全部買ったw)
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
潜行中
2010-09-28 Tue 16:48
今日は。

前クール、いや前前クールのを含め、、
未視聴で溜まりにたまってしまった、アニメとかを視ています。

ま 俗に言う 典型的引き籠り生活 とゆーやつよ(笑)


世界が滅びそうになって 救われて

アニメとか、ま ラノベの世界って、要するに

、、、そんな話ばっかなんだよな(^ ^;)


何回でも 滅亡しそうな世界!

こんなんばっか見てたら、現実もゲーム感覚で
乗り切れそうな気がしてくるんだろうか?


私には ムリだな~~~(^ ^;;)

といいつつ、もういっちょ。
、、滅びゆく世界でもみてくるか。


潜、、、、、。
別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
UNITED vol.3 最終リハの裏側、、、
2010-09-28 Tue 00:36
ん~~これ、動画、あがってたね♪
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
United vol3 ~Rising Dance Festival -総括
2010-09-27 Mon 10:44
昨夜、gdgdの頭で一気に書き上げた、United観戦リポですが、
少々の補足とフライヤーの画像を加えて、、、いちおう完成とします。

観戦リポ・各記事へのリンク:
「United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その1」
「United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その2」
「United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その3」

               ***

あと、、、United に関しては、他にもうちょっと書いておきたいことがあるんです。

が。
ただいま、VISIONさんより、ダイジェスト映像が公開されましたんで、まずはそちらのリンクを貼っときます♪
UNITED Vol.3~ライジング ダンスフェスティバル~ダイジェスト映像
イベント公式
YouTube

               ***

、、、やっぱ続き 公開するのやめた、、、
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おはようございます。
2010-09-27 Mon 09:15
、、といっても、既に起きてから2時間以上経過してますが(^ ^;)

不在中の、、、他だいちゃーさん達のブログやら、読み切れなかったTLを遡ったりしつつ、
こんな時間が経過してしまった(^ ^;;)

今日は、、ま実務的にいろいろやることもあるんですが、
まずは
Unitedの観戦リポ等々を仕上げて (まだ完成してないんです実はww)

今後の行動計画を整理する予定っす!
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その3
2010-09-26 Sun 23:36
さて、最後のLIVEコーナーに関しては、、、
動画ありマス→「UNITED vol.3~RISING DANCE FESTIVAL~」

               ***

IMG_100927_03s.jpg そうそう、そういやぁフライヤーの内側はイベント・グッズの紹介でした。
ワタクシ今回も、イベント・グッズまるで購入しませんでしたが、、
会場内では、それぞれお目当てのアーティスト・カラーのTシャツに着替えたファンが、、、
、、、まぁ、ちらほらですけど、見かけられました。

ま、私とaxxxxちゃんは、イベントTでこそなかったけど、
お揃で、大知ブルーだったけどさ (しつこいってww)

会場内、応援グッズは持ち込み禁止だったのですが、、、キラキラの手作りボードとか持ってて、注意されてた人とか居ましたなぁ!
あれは、、見ていてウラヤマシイような気もするけど、禁止ならやはり持ち込んじゃダメよねw
RAINくんのコンサートなんかだと、、、そういうのむっちゃ派手なので、
思い出し笑いしてしまった、、、!

まぁ、スタンディングのライブスポットだと邪魔ってのはあるけど、
こういう大きなホールでの開催なら、派手な応援グッズ。
、、、そんなに目くじら立てて禁止しなくっても、よさげな気がします。

話がそれたww
               ===

Ⅲ.LIVE(各アーティストのコラボレーション)
...で実は、ダンス・コーナー最期の部分から、間髪をいれずに、
ステージには、ISSA x SoulJa登場します。

曲目。
1.Breathe
2.Destiny
3.Speachless
4.The Answer
5.New World
6.If
 ~MC Corner
7.We Can’t Stop the Music


               ===

1.Breathe ~2.Destiny
さてISSA x SoulJaは、ユニットとしては初舞台ということですが、、、

SoulJa格好イイっす。
MVや音源きいた限りでは、実際ラップ以外どこを担当してるかよく判らんかったのだけど、
ラップの低音以外にも、サビで複雑なコーラスつけるわ
ISSAの高音パートでもハモるわと、、、
えらく器用なんすね、あの人。

私 思ったんだけど、、、しかし、
アーティスト、とくにヴォーカリストというのは、
器用なだけでは駄目で。

SoulJa氏は、すごい器用で低音から高音まで声域広くて、ラップも出来て、、、
それでもきっと、じぶん一人で音楽作ったら、案外平凡な出来になるのかもしれない。

それに比べると、ISSA兄ちゃんは、あまり器用じゃないタイプの歌い手だ。
同じ声しか出ないし、、、ちょっぴり音程は不安定だし。

でも、ISSAくんの声には、何というかこう、、、
キラキラした、なんともいえない輝きがあるんだね。
なんかこう、、スコーンと突き抜けるカンジの煌めきが。

それだもんで、、、ISSA兄の声が加わると、曲がなんとも華やかになるんだよね。

で 彼のもうひとつイイところは
やっぱり声が強いってこと。
ISSAくんも、若い頃から踊りながら唄う人なので、、、
リズム感いいし、激しく踊りながら唄っても、声量は変わらないんだね
(音程は、もともとちょっとだけ危いから、、、)

そういうISSAくんをパートナーに選んだ SoulJa氏は、
やっぱり、なかなかセンスのある、器用なアーティストなんでないかって思った。


3.Speachless
そして、、ファンに大人気のLead登場!
曲名は、、、あとで動画みて確認しました(汗)

最初の、ダンス・コーナーのところでも書いたけど、
とにかくこの子らは、皆、すごくプロポーションが良いのね。
そして、、、歌もそこそこ頑張ってるので、まぁ人気も出るよなぁってカンジ。

少なくとも、Jxxxx事務所のタレントにしっかり対抗できるだけの、
スキルを持った子たちなんじゃないか、って気がする。

で、、Leadのメンバーでこの曲を1コーラス演奏したあと、
大知くん登場~~!!
黒ラメのブルゾンを、、、上だけジッパーとめて
(上だけしっかりとめるの、大知くんの最近のブームみたいだねw)

下は、、
あ 今、動画みて確認しましたww

この 黒ラインの入ったシャツは、、、
多分 JoyLiveのときに着てた半袖シャツと思われます。
(※訂正:JoyLive映像確認しました! 半袖じゃなく、、長袖を五分丈にきっちり巻きあげてた)

、、それに黒パンツねw


大知くん、すげ~楽しそうにこの歌 歌ってたね♪

Leadの4名が、割とアイドル乗りで一所懸命歌って踊ってたのに比べると
ダンスも歌も余裕綽々って感じで、、、
ひとりだけ

 レベルが違う~~♪ ってカンジww

ま そこは芸歴長いので、レベルに差があり過ぎて当然なのだけれども、、、

実は、、、年齢はいっしょなんだよねぇ~w
(敬多くんが年下で、23日お誕生日だった伸也くんがタメ年、残る二人は年上!)


4.The Answer
続いて、Leadメンバーをダンサーとして残したままの、The Answer!

これも1コーラス目は、大知くんが唄い切り、、、
2コーラス目かそこらで、慶太くん音声が入る。会場内の慶太ファン絶叫~~
そして彼の姿は、、、ステージ奥のセットの2階から登場!

ええと、、、言っちゃ何ですけど
なんでw-inds.だけ、やたら演出凝ってるんだろ?(^ ^;)

ま とにかく
大知くん&慶太くんのコラボは、相変わらずむっちゃ盛り上がる!!

っということで、
割と交互に、譲り合って歌う感じではあるものの、、、
慶太くんが、The Answerの、サビの美味しいところを担当する感じで、、、

ま いっちゃん最後のサビも慶太くんが担当して

音がフラットしている上に、ほとんど伸びてなかった、、、(^ ^;)
(もしこのパートだけとってみたら、慶太サイコーというのは、、ちょっと褒め過ぎ)

ええと、慶太くんの悪口言うつもりではなくって、
たぶん、、、慶太くん的に、あの音域って、いちばん歌いづらい高さだったのじゃないかな?
と思われます。

歌を歌う時には、誰しも、どうしても苦しい1音というのがあったりして、
どうも、、、その1音があのサビの音だったのじゃないか、、、て気がした。

それにThe Answerって、
メロディーはシンプルだけど、低音から高音までけっこう広い声域を必要とする曲だしね、、、

やっぱり、持ち歌以外の歌をうたうのは大変ってことだよ!


5.New World
そして、慶太くんがステージに残り、New Worldです!
やた~! これ聴きたかったんだマジで!!

う~ん、、、実は、The Answerのときの大知くんは、全然ちかくに来てくれなかったんだけど(涙)
いや、来るには来るのだけど、、、
なぜか大知くんって、、、近くに来た時は、すぐ前の観客を見てくれないのだ!!
(確か、、目が悪い、ときいたことがある、、、)

そこいくと慶太くんは、、、
むっちゃ近くに来て、むっちゃこっち見て歌ってくれたんだよねぇ!!
お客の煽り方も上手い!

ちょっと童顔な笑顔もいいし、、、あれは、近くで観たらファンになっちゃうよね~~
(、、もし私がヴィジュアル指向ならねw)

そして慶太くん。
ほっそり見えて、やっぱりマッチョだということも、よく判りましたよww


え~ 慶太くん。
彼のヴォーカルは、、、なんとなく苦しそうに聴こえる って前、書いたんだけど、

ま それが彼のスタイルなんだよね。
ISSA兄のところでも書いたように、
あの苦しげな切なげな声が 慶太くんのVocalの魅力であり、

やはり、あの個性が w-inds.というサウンドを特徴づけているポイントなので、、、
他のVocalistでは w-inds.にならないんだね!

後半では ISSA兄が登場し、、サビを唄いましたが、、、
全然ちがう歌になってた!ww


6.If
そして、、、懐かしいこの曲!
前回は Corasonを唄って、それも懐かしいや~~って思ったけど、
やはり、この曲は超・有名だかんね!

で、この曲を唄ってるISSAは、、、やはり生き生きしとる!
持ち歌だもんなぁ~~~!


MC ~7.We Can’t Stop the Music
その後、、、
各色のイベントTに着替えたLead、w-inds.、そして大知くんがステージに登場。
あ 延山くんも?(気付かなかった)

そして、みんなで楽しくMCコーナーのあと、、、

恒例の大合唱~~♪

               ===

かな~り記憶が飛んでるので、もう、ほっとんどうろおぼえなんですが、、、

MC1回目は、
・延山くんの自己紹介コーナー:
 前回も出たけど、、、始めましての人も多いだろうから「はじめまして!」
 なんと呼ばれたいですか?「”トシ”と呼ばれたいです」
 じゃ皆で呼んであげましょう「トシ~!」

・KEITAかぶってる:
 慶太くん→敬多くんへ「名前がかぶってるんだよね、お前、改名しろよ~~」
 敬多くん「ムリですよ、、、お母さんに言ってください!」 (、、これ、2回目のネタだったかな?)
 ...ねぇ、DAICHIもかぶってるんだけど、そこは誰も突っ込まないの?

MC2回目は、
・延山くんの自己紹介コーナー:
 いきなし「こんにちは! トシで~す!」 ...前振りなしかよww
 でも昼の部からきている会場内の観客からは失笑が

・KEITAかぶってる: (ちょっと思い出したので追加)
 1回目とまるで同じような会話、、、
 慶太くん「おまえ改名しろよ~、ショータとかさ?」
 敬多くん「えええ~、ショータですか、、」
 他の誰かからツッコミ「、、ショータだと、別の人とかぶるじゃん」
 ねぇねぇ! DAICHIもかぶってるのに、、、2回目なのに、なぜ誰も突っ込まないの?
 大知くんもスルー、、、orz

・え、ジoニーズJrって!?:
 イベント最後の〆で、、ISSA兄が「、、以上、ジoニーズJrでしたぁ~」って挨拶したのね。
 その瞬間、、ステージ上も会場も、一瞬でシ~ン、、、となって
 ISSA兄「、、いやこれにはネタがあるんですよ」と
 「、、ウチの事務所の、二番目に偉い人のミドル・ネームが”ジョニー”て言うんです
 だから僕らは、ジョニーズJrなの!」
 ... そ、そうなの!?(^ ^;)

いや、もっと沢山話題はあったと思いますが、、、

きれいサッパリ、忘れました(_ _;)

そうそう。
vol2のときもそうだったんだけど、大知くんは、、、
MCで誰かがしゃべると、必ず突っ込みを入れるんですよね。
(ときどきスルーされちゃってたけど、汗)

「ライブB♪」のトーク・コーナーでも言ってたように、
こうして、、皆でワイワイとMCを繰り広げる、、ってシチュエーションが
楽しくてしょうがないんだろうね。

もう、、、実年齢よか幼い、男子高校生的なノリで、
まさにワイワイと、、、突っ込み入れまくってました♪
(でも、自分の話題はぜんぜん話さないのね。、、そーいうとこが”謙虚”って言われる所以なのだ)

               ***

ええと、、、 実は、Twitterでライヴリポを呟いてくれた方のテキストを、
いちぶ保存しておいたんですが、、、

それをチラ見しても、やっぱり思い出せない部分満載です(^ ^;)

連続して 2回も視てるのに!!
ひどい記憶力であります、、、。


あとで、、、思い出して、どうしても書きたくなったら、
また追記するかもしれません♪
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その2
2010-09-26 Sun 22:25
続けま~す!

               ***

Ⅱ.「Dance with my red balloon」 ... United参加ダンサー&アーティストに、ゲスト・ダンサーを加えた、スペシャル・コーナー
IMG_100927_02s.jpg このコーナーは、、、黒須さんが演出を担当された部分です。

United Select Dancersっということで、
各アーティストや、バック・ダンサーズ、そして、、、このコーナーのためだけに招かれたダンサー達が、
アーティスト・クルーの枠を超えて、、、ダンス・コラボ

右画像は、フライヤーの4ページ目。
こちらに、、、スペシャル・コーナーの内容が細かく紹介されてます。

ここでは、細かいショウケース?みたいなナンバーを、幾つか組み合わせた形で演じられたのだけど、、
女の子と、仮面をつけた謎の男が、、、各ショウケースの繋ぎ役として、コーナーを進めてゆきます。

コーナー全体の構成は、以下のとおり。
(フライヤーのテキスト部だけ拡大してみました)

IMG_100927_02t.jpg

               ===

とにかくこのコーナー、、、メンバーも凄いけど、構成や衣装、演出凄い!!
さすがプロの演出が入ってるだけのことはある!!!

詳細に書きたいけど、、、あまりの素晴らしさに、
とても正確に書ける自信がありませんっ(> <)

それに、、、上述したように、アーティストやダンサーは、
それぞれのダンスに、何度か顔を出すので、

大知くんの登場シーンだけでも、何度衣装替えしたか、何番目のショーだったか
正確には覚えとらん!!

うろおぼえながら、、、
とにかく、大知くん登場シーンを中心に、書いてみるね。

フライヤーにのってる構成のうち、

#3.bar というパートが、、大知くん、最初の登場シーンだったと思う。
ここでは、ステージ全体がムーディーなbarの雰囲気にしつらえられていて、
まず中央に、かな~り豊満な体型の女性ダンサー(JunGLEさん)が、大きく胸の開いた色っぽいワンピ衣装で、
そして、両サイドの奥に、男性ダンサー二人がスタンディングでポーズ。
あっち側は不明だけど、、、こっち側はENDoくん!
黒っぽいジャケットに別珍風のハーパン姿でカコイイ!!

曲はもちろん、細かいダンスも構成もまるで覚えてないんだけど、
やがて他の男性ダンサー達も登場し、女性ダンサーを囲んでアダルトなダンスを繰り広げる、、、というカンジ。

黒っぽい、、、と書いたけど、
近くで観たら、、、
男性ダンサーは、みな、光沢のあるチャコールグレーのジャケットを着用。
アンダーやボトムはまちまちです。

とこのパートの後半で、
同じくジャケット着用した大知くんも登場!
アンダーは深いVネックの、緑のシャツ。
ぎぇぇぇ~っ、色っぽいっ!!!

ボトムは、、、マットな黒パンツで、靴は白だった。

 ※追記:
 だいちくん、昼の部では帽子をかぶってなかった気がする
 でも夜の部では、黒のお帽子をかぶってた気がする
 、、、昼・夜が混乱してちゃんと覚えてな~い(> <) 誰か教えて~~!!

ジャケット・プレイ(←何ですのん?それww)満載の、、、
そりゃもう色っぽい、アダルトなダンスを、、、

私の目の前まで来て (←超・重要!!!)

パフォーマンスしてくれましたんです(ううう、、、堪能、、、)

ま このパートで、
女性ダンサーとの絡みが噂されてたんですが、
ちょっと向き合って踊ったり、触れるか触れないかくらいの接触だったので、、、

サマセミの比ではなかったことですよ!
ご安心をww

、、てゆうか、、、絡みなんかなくても、悶絶するほど色っぽかったんだよう!!

、、、、、ホクロは見えなかったけどね
(というか、ホクロよりダンス全体を見るのに忙しくて、、それどこじゃなかった!!)

               ===

で、次に登場したのが多分、、、大知くん自身が振り付けを担当したという
#6.calavan palace のパート

これはまず、、、舞台奥に組まれた、2階建てのセットの2階部分で、、、
おっそろしく可愛い衣装をきた大知くんが、ひょこ、ひょこって顔出すのね。

柄がピンストだったかチェックだったか既に忘れてるのだが、、(^ ^;)
ま とにかく明るい茶系の柄の入ったスーツ。

ところがそのスーツ
ジャケットはタイトなシルエットで、
パンツが、、、ハイウェストで、腰回り以上にだぼっとした、、、

ま実際には違うんだけど、チャップリンを連想させるような、ひょうきんなシルエット
黒い丸帽子には、真っ赤なリボンつきというラヴリーな!!

でまた、、この衣装がむっちゃくちゃ似あうんだよ王子!!


このパートに登場した、その他のダンサーさんも、ほぼ同じ衣装だったのだけど、
王子だけが赤リボンつき帽子。

え~、、、
vol2の大知くんコーナーとか、Worldwideのとき、
こうした、チャップリン的なコミカルな動きのダンスを
試みとしてやっていた大知くんですが、

今回のダンス・パートでは、その雰囲気が、
しかも、遥かに高い完成度で展開されてた感じでしょうかね?

あの、、大好きな右手(笑)の動きも絶妙!!
とおくの人はよく見られなかったろうけど、、、
表情も抜群でした!! さいっこーに楽しそうに踊ってた☆

こういうの
心底やりたかったんだろうなぁ! 大知くんは!!


チャップリン的ダンス(よく知らないけど、勝手に命名)を、ひとしきり展開したあと、
ステージ上には、キャスターつきの、2つの大きなBOXが運ばれてくる。

そして、、、その2つのBOXの扉を開くと、
大きなBOXには2名、小さなBOXには1名のダンサーさんが、、、
それぞれ、機械人形のようにポーズして止まってる。
(大きなBOXのうちひとりは、SHOTAさん)

ま、、このポーズから概ね想像ついたんだけど、
そこから先は、3名のダンサーが、それぞれ
ソロや、絡み、そしてフォーメーション組んで、
Poppin’大会ですよ~~♪

いやぁ、、、Poppin’って、ひとりずつバラでやっても格好イイけど、
揃って踊ると、更に格好イイっすよね!!
私、、すごい好きですこのジャンル。

そして、、、パート終了後に3名は、それぞれまたBOXに戻り、

ふたたびチャップリン的衣装の大知チームが登場、
BOXをお片づけして終了! 、、、というカンジ

(あ、、ここのパートが #7.toy box というところだったのかな?)

               ===

その後、もう一度、大知くんの登場したパートがあったんだけど、、、
そのパートは、ちょっと私には説明できない。
沢山のダンサーが、次々登場し、次々踊って退場してった、、、という印象。

大知くんは、黒パンツ、白シャツに、黒ラメのベスト、、、といういでたちで、
そこそこ目立つ動きで
がっつり踊ったけど、割と短い時間で退場してしまった印象。

でした。

               ===

それから、、、
このコーナーの途中で、Blue Tokyoの登場するパートあったんだけど、
シルク・ドゥ・ソレイユみたいに、リボン使うダンサーとか登場して、、
なかなか印象的なシーンだったと、割と評判でした!!

男子新体操のタンブリングは、やっぱり、すごく見栄えがするし、
それにプラスしてリボン、、、かな~りファンタスティックな舞台だった♪

               ===
もう一個。
どの順番で出てきたかまったく覚えてないんだけど、、、
忍者っぽい、ちと和風テイストな衣装をつけた男女ダンサーが
津軽三味線に合わせてLockin’を踊る!

これも中々印象的だったな~~

誰が出てたか、JuNGLE姐さん以外ほっとんど判らなかったけど、
最後にDuoで踊ったのは、ISSA兄だった。
ISSAくん、Lockin’得意だよね☆

               ===

あと
自分的に印象に残ったのは、、、コーナー最期の
#10.Rain というパート。
これ、、、タップ・ダンスを中心に構成されてるパートなのだけど、

タップとピアノ、そして生ヴァイオリンという、、、
むちゃ格好イイ音楽にのせて ダンス・パフォーマンスが繰り広げられました。

これまでのUnitedで、タップなんて、、、想像つかなかったと思う!
これはもう完全に、黒須さんならではの演出だよね!!

タップ・ダンスって、普段あまり目にする機会がないので、
ダンスに詳しくない若い観客さんたちも、これには魅了されちゃったんじゃないかな~?

               ===

いやぁこのコーナー、、
もっとちゃんと バッチリ紹介したいんですよ!!

しかし、、、いかんせん私、ダンス素人過ぎて、まるで説明できないのと、
記憶が飛んでるのとで、、、どうしようもありません(> <)

もう、、、Vision Castの配信と、
出来るならDVDの発売を待つしかない!っつう感じよ。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
United vol3 ~Rising Dance Festival 観戦リポ・その1
2010-09-26 Sun 20:21
さてさて。
世間のだいちゃーさん的には、Unitedはとっくに終了し、土曜日のミニライヴ~握手会のフェイズまで終了しているところでしょうが、、、
自分は土曜日のイベントには参加できなかったし、

とにかくコレ書いておかないと、、、次に進めませんので。

いきます。

               ***

以前に何度か書いてる部分もちょっと含まれてますが、
United vol3。
vol2で、昼の部しか見れなくて痛く後悔したので、、今回は昼・夜、両方のチケットを取りました☆

残念ながら、、当初予定していた友人は来れなくなってしまいましたが、
今回、昼・夜、それぞれチケットを引き取って同行してくださる方が見つかり、かな~り楽しい感じで参戦できました☆

昼の部の同行者は、Twitter友の axxxxちゃん。
22歳になったばかりの、モデルさんみたいにすご~く綺麗な女の子で、、
日本人離れした美貌の持ち主なのだ。
(あれだけ美人さんだと、一緒にいても、引き立て役とかそういう次元じゃないのよもう、、)

あ それと私、、当日はネイビーブルーのサマーセーター着てったのだけど
axxxxちゃんもネイビーブルーのワンピを着ていて、
示し合わせたわけじゃないのに、、、
大知カラーのお揃 でしたww
、、、私達、やるでしょ?(爆)

彼女は午前中お仕事だったので、東京駅で待ち合わせてそのままホールに向かうことにした。
今回は指定席なので、ぜんぜん焦る必要はなかったんだけど、、
一応13:00近くに合流して、、、コンビニでパンや水を買って軽~く会場前のロビーを下見。

ま、やっぱり入場焦る必要なさげだったので、その場でパンを食べて、、13:30頃までにゆっくり入場しました。

昼の部のお席は、、、何度も書いてるけど
1F3列という、ステージから激・近のお席!
1列目は座席として使用していなかったので、、、事実上2列目なわけですよ!!

ま、端っこではあったけどね(^ ^;)

詳細は、続きのリポに書きます☆

               ===

夜の部の同行者は、、、アメブロの”ぐるっぽ”で募集して、連絡をくださった Mxxxxさん。
この方は初対面でしたが、、
メールでやり取りして座席位置も確認してたので、昼の部の開始前におめにかかって、
チケットをお渡しすることができました☆

彼女とは、後の再開を約していったんのお別れ、、、。

               ===

さて、昼の部公演、、、大興奮のうちに終了し、
一旦、axxxxちゃんと一緒に会場を後に。
このあと axxxxちゃんは、お友達と待ち合わせて夜の部のチケットを受け取る予定だったが、

まずは、ちょっと一休みして腹ごしらえ~~~
って感じで、フォーラム1Fのカフェへ!
、、すげ~混んでると思ったら、意外と入れたのでびっくり。

軽食も食べられるこのカフェは、フォーラムでイベントやるときによく入ってたんだけど、
みんな、、、余り会場のこと知らなかったのかな?
どこで時間つぶしてたんだろ??

、、ケーキとお茶しながら、
ふたりとも、イベントの話をず~~~っとしてたんだけど、

、、、何を話したか ぜんぜん覚えてないっww

大知ライヴの後の ガールズトークには、
絶賛ありがちなシチュエーションなのであったwww

axxxxちゃんの、幸せそうにぼ~~っとしたうっとり顔を、ケータイで撮影しようと思ったら、
、、、逃げられた。
あんな美人さんなのに、どーしてそんなに恥ずかしがるかなぁっ!!

私の記念にしようと思ったのに!! (←何の記念だ?)

               ===

さてさて。
axxxxちゃんも、お友達と待ち合わせがあるということで、
名残惜しくもお別れし、、、

今度は、夜の部の同行者 Mxxxxさんと連絡を取り、ホール前で合流♪

夜のお席は、39列目という後方の、、しかも右奥でしたが、、
最後部ブロックでは最前列ということで、遠くとも解放感のあるお席。

お席につくなり、始めましてのご挨拶から、、、スグに大知くん話で超・盛り上がり~~~♪
もともと私は 彼女のブログを訪問させていただいたことがあったりしたので、
大知くんへの熱狂ぶりが半端ナイことは、よ~~~く知ってたのよねw

Mxxxxさんは、
やっぱり、、、ほっそりした 日本的な美人さんで、
う~ん、、、大知くんファンは、美人さんばっかりなのかしらん?
と思いそうなほど

あんまり正体を公開して欲しくないとのことだったので、、、
彼女からきいたプロフィールは、書かないでおきます♪

Mxxxxさんは、比較的最近、大知くんにハマったということで、
今回のUnitedが、初の生・大知くんなのだって!!

残念ながら、(彼女は)昼・夜とも余り近くでは見られなかったそうですが、
すごく楽しいイベントだったので、、、
きっと 楽しい気持ちで帰られたに違いない!!

お互い、当日は早めに帰りたいモードだったので、
こんどは寄り道などせず解散することに。

でも、、、1か月後のオーチャートホールでは、お互いに参戦することが判ったので、
そのときの再開を約して、、、お別れしました。

               ***

いやぁ、、、なかなかイベント本編の話にならなくて、申し訳ない!!
とりあえず、端から書いとかないと忘れるからさ、、、(^ ^;)

んじゃ、、、いよいよ本編いきます。

               ***

ご存じの通り、
今回のイベントは昼・夜、、それぞれ同内容の2公演ということで。

各回の全体構成は、、、

Ⅰ.各アーティスト・クルーによるダンス・コーナー
Ⅱ.United参加ダンサー&アーティストに、ゲスト・ダンサーを加えた、スペシャル・コーナー
Ⅲ.LIVE(各アーティストのコラボレーション)


という、、大きく3部からなる構成。


ちなみにUnited vol2のときは、上の分類でいえばⅠとⅢだけで構成されてたが、、
各アーティストのコーナーが、歌やダンスがごっちゃづめになっていて、
それぞれがバラバラだったし、
時間的なバランスもいまいち?? な印象だった。

それが今回、
Ⅱにあたる、スペシャル・ダンス・コーナーの配分が、、、充分な時間を使ってみせてくれていたにも関わらず、
その他のコーナーも無茶苦茶充実していた!!

これはひとえに、、、
スペシャルコーナーの演出を担当された黒須さんなど、経験のあるプロのスタッフが加わったことによる
クオリティの向上だと思われる。


いやまったく、、、今回のvol3は、
vol2の2倍も3倍も、クオリティーの高いステージだったと言えましょう!!

前回会場であるZeppTokyoを遥かに上回るキャパでも
のべ8,000人を動員したのもうなずける。

それに、、会場の音響も、Zeppより遥かに素晴らしかった!
(、、、残念ながら、2Fはいまいちだったようだけど、、><)

               ***

Ⅰ.各アーティスト・クルーによるダンス・コーナー
IMG_100927_01s.jpg さて~、、、詳細いきます♪
(右画像は、、会場で配られたフライヤーの表紙です)

このコーナーの細かい構成は、次のとおり。
1.延山信弘クルー
2.Leadクルー
3.w-inds.クルー
4.三浦大知クルー
5.DA Pumpクルー


...vol2では、各アーティストの歌ものライヴもあったんだけど、今回は、歌ぜんぜんなし!
各クルーのコーナー、、、すべてがっつりダンスOnly! でありました!!


1.延山信弘クルー
vol2と同じく、3名のバックダンサーを引き連れてのコーナー!
なんか、、、延山くんて、こんなにダンス上手だったかな~?
前回も、若い割にはやるなぁ!と思ったけど、もっと上達してる気がした!
それに、、、前に比べてすっごく逞しくなった~~!
(気がするだけ?)

、、、なにしろ、3列目で見るダンスときたら、
筋肉の細かい動きまで、そりゃもうバッチリ見えるんよぉ~~~ (←変態か私は、、、)

ジャンル的にはLockin’とかPoppin’的なカンジなのでしょうか?
長身の割には、手や腕の動きがかなりしなやかで、、、
見栄えのするダンスでしたね☆

あれで19歳かぁ! 格好よかったな~~


2.Leadクルー
え~、、相変わらず、タンブリングに出ていた中土居くん以外、
顔も名前も覚えとらんのよね(^ ^;)
(慌てて公式サイトの写真とか視たけど、、、やっぱりわからんっ!!)

ただ、、この子らは、4人が白系の服装で、
Guest Dancersが別の衣装だったので、、、全部で何人いたかは記憶にないけど、
取りあえず、どの子がメンバーか! というのダケは判った (なんじゃそりゃ?)

あ そうそう。
この子らのファンは、前回より確実に増えていて、、、
パープルのイベントT着てたファン達が、黄色い悲鳴をあげてました。

間近でみたメンバー達は、、、4人とも皆、むっちゃ細くて顔ちっちゃ!!
○ャニーズ・タレントですか!?って感じの、抜群のプロポーション
こりゃあまさにアイドルだよねぇ、、、ってカンジの人々でした。

あんな細いのに、よく踊れるよね?
ま、、、ステージ自体も、がちダンスっていうよか、アイドルっぽい動きだった気がします。


3.w-inds.クルー
さて~、、黄色い矯正といえば、やっぱり w-inds.です!
w-inds.ファンは多かったよね! ま当然だけど、、、。
それに、会場内でも赤Tは目立つよね!
ま、それ以上に、、、やっぱしw-inds.ファンの絶叫は音量半端ナイww

あ、ステージ。

彼らは、、、ステージ上に組まれたセットを活用した
男の子っぽい、むっちゃ格好イイDanceパフォーマンスを展開してくれました。

御承知の通り、彼ら、本来のメンバーは3名なわけですが、
Guest Dancerとの絡みで、2名→4名と、フォーメーションを変更し、、、
その、フォーメンションとか、ダンス全体の構成がすごくプロっぽい!

しかし歌なしだもんだから、、、
3列目で見てる自分らにも、どれがメンバーだか、にわかには判らない!!
いやさすがに、長身の慶太くんは判るのよ
あと、龍一くんと亮平くんも、、判るには判るんだけど、、、ふたりのどっちがどっちだか判らない(^ ^;)
あっはっは、、、(^ ^;;)

3列目でみてても判らないのに、、、
なぜ後ろの方で見ているファンも、メンバーの名前を絶叫できるのだ!?
すごいな~、、、。


4.三浦大知クルー
この順番には、何か意味があるんですかねぇ?
ま、、細かいところは気にせんとこう、、、。

大知クルーは、、、
いつもの3名(SHOTA、ENDo、PURI)に加えて s**t kingzの4名!
すごい豪華なフルメンバー!!

その大人数が、、、全員、赤ブルゾンはおって舞台につぎつぎ登場です。
(登場順わすれたが、、、大知くんは最後に中央から、斜に構えたちょっとワイルドな雰囲気の登場だった、、筈)

そして、、ブルゾンの色は赤?それともピンク?という議論が持ち上がってますが、、、
ま ライティングの関係で、色はなかなか見えづらかったと思うけど、、、
すくなくとも3列目からは赤に見えたよ?

大知くん、、ブルゾンの下は、たぶん白Tで、
ボトムはライトブルーのジーンズ系だった気がする。(うろおぼえ、、、)
足元は更にうろおぼえだけど、、、白スニーカー系だった気が、、。

いやぁもう、、、
ダンス素人なんで、まるで表現できないのが悲しくてたまらないんだけど、
凄まじく格好よいダンスでした!!

これ、、ハウス系っていうのかな?
(嘘かも知れないので信じないように!)
とにかく、手足の動きがむっちゃ早い!
前に踊ってた人々の、倍速くらいの手数じゃないの??

そうだなぁ、、、大知くん動画でいったら、
ちゃんぷる~の Chris Brownの前で踊った回の、、、あの、眼にもとまらないスピードのダンスを想像してみてください!

あれみたいな高速なダンスをね! 、、、大知くん他、バックの皆が、
一糸乱れず、凄まじいスピードで踊ったと想像してみてください!!

すごいでしょ?

Twitter友の kxxxxさんに教えてもらったのだけど、
使われてたのはこの曲だそうです。

もう、、、息継ぎを忘れるほど、ず~っと踊りっぱなしの時間でしたね~

7,8月のWorldwideでも、いわゆるハウス?(と友達が言ってた)
の、高速なダンス・パフォーマンスはあったけど、、、
あれが、更に洗練されたっつう感じでしょうかね?

s**t kingzの皆さんも、(ごめん、個々の区別がついてないんだけど、、、)
素晴らしかったです~~~

いやほんと、素人がみても、すごいレベルの高いパフォーマンスでした。

「男のエナジー」サクレツww


5.DA Pumpクルー
え~そして。
ま しんがりは当然ながら DA Pumpクルーということになります。

前回のvol2、、、「チョット長スギマセンカ~?」という印象だった、彼らのコーナーでしたが、
今回はさすがに長すぎるということもなく、、、
でもまぁ、、それなりにがっつりダンスを見せてくれてた と思います。

え~、、細かいことは余り覚えてないんですが、
前回同様、がちでBreakin’とかやってた気がするなあ!

いや~、なんか。
そもそも彼らって、人数、多すぎるんじゃないの?
全員の見せ場を作ろうとしたら、、、ま当然、時間は長くなるのが仕方ないと思うんだけれども、

ま ま
いずれにせよ、、、
今回は、すっきりと格好よく終わりました。

このチームは、、、
なんというか、言ったらいけないのかもしれないけど、
いまいち皆がアマチュアっぽいんだよなぁ(^ ^;)


その1はここまで。
続く、、、。
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ただいま~~~~
2010-09-26 Sun 19:34
鳥取から戻りました。
、、つうか、もう1時間以上前に自宅に戻ってるんですが、、

くた~~~っと脱力ちう。

、、、なにもしてないのにね(^ ^;)

あ、いや。
ナンカご馳走食べ過ぎて、、、太ったかもよ?(^ ^;;)

また 痩せねば、、、、、、、、、。

               ***

東京→鳥取、そして鳥取→東京

ず~~~っと暇だったので、助手席で
Twitterで実況中継しちゃったよ。

お目汚し すみませんでしたね(わはははは)

それぞれの地方を通りかかるたびに、
Twitter友のみなさんが、反応して絡んでくださったのが、、、スゲー楽しかったで~す♪
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 社会参加の実際 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。