違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「IRIS」 、、久しぶりのリアルタイム試聴
2010-08-19 Thu 00:03
ええと、、、予定していたラジオのネタは、また後で。
まず、久しぶりに視た「IRIS」ネタをちょっと。

               ***

iris_gallery16_12s.jpg IRISの記事を書くのは随分久しぶりですが、
とりあえず、リアルタイムには視るの忘れちゃったりしてても録画だけは一応チェックしてたんすよね。
(画像リンクは公式サイトへ)

どこまで書いたか忘れましたが、、、まぁ、テキトーにこれまでのあらすじを
・NSSに裏切られ、韓国に捨てられた、、と感じた主人公ヒョンジュンは、一時はすべての勢力から追われる身となるが、
北朝鮮の女性工作員ソンファを介して、彼女の上司スンウと密会。北朝鮮の秘密工作チームに協力することになる
・その一方で、個人的に”IRIS”の秘密を追及し、、、北側のスンウもまた、IRISに利用されたことを知る
・NSS内で”IRIS”の指令を遂行していた局長ペク・サンとチン・サウは、彼らの行動に疑念を抱く同僚をスパイ容疑で次々と拘束し事を納めようとするが、、、
 ヒョンジュンの父の友人が残した連絡経路を通して、大統領と接触したヒョンジュンは、IRISの陰謀を大統領に告げる。
 それは、、ソウル市内で核爆弾を爆発、南北戦争を勃発させ北朝鮮で軍事クーデターを起こす、、というもの
・陰謀は暴かれ、ペク・サンとチン・サウ、そして北側の有力者も逮捕された。

、、そして、ここからが本日のお話。

・ヒョンジュンはソンファ、スンヒらと協力し、苦闘のすえIRISの核爆弾テロを未然に防ぐ
・大統領より、IRISリストの徹底解明を命じられるヒョンジュン
 家族を失ったソンファを慰留するが、ソンファは北朝鮮への帰還を希望
・誤解(?)のとけたヒョンジュンはふたたびNSSに顔をだす

、、ってなわけで、ひとまずストーリィは一旦、小休止。

久しぶりに、愛するスンヒと安らかなひとときを過ごすヒョンジュン、、という画像なのでありますが、


iris_gallery15_10.jpg 今回、、、自分がどうしても書きたかったのが、
北への帰還を望んだソンファとの別れのシーン。
(セリフの内容は記憶に頼ってるので、かなり不正確な恐れがあります、ごめん)

最後にひとつだけお願いがある、、、とヒョンジュンに言うソンファ。
長い間一緒にいたのに、、、そういえば名前を呼んでもらったことがない

名前を呼んで欲しい、、というソンファを優しく、きゅーっと抱きしめて
お前がいなかったら ここまで来れなかった ありがとう 、、、ソンファ
と  耳元でささやくヒョンジュン

その、、「ソンファ」という囁き声が

もう、、、むっちゃセクシーだったっすよ!
ビョンホンシ~、、!

、、ううう、この回、リアルタイムで見られてよかった~!!

共に行動するうちに、スンヒという恋人がいるのを知りながらヒョンジュンに心惹かれていったソンファ。
彼女の気持ちに気付きつつ、その気持ちには答えてやれず、でも最大限の感謝と友愛の気持ちで彼女を見送るしかないヒョンジュン。
っという、、、情感あふれるこんなシーンは、韓国ドラマならでは。
いくら突っ込みどころが満載でも、これだから止められない韓ドラってやつよね!

ここはまた、録画で、藤原竜也声で再チェックだぜ!!!


、、、と、ただ このシーンを書きたいがため
それだけのために、こんな長い記事を書いてしまうワタクシなのだった!!

おしまいww

               ***

追記であります。
今、、、吹き替え版みました。

ソンファに囁くあのシーン、、、セリフは大体あってたみたい。
クール&ソフトに囁いてたビョンホンさんと比較して、
藤原竜也くんは、、、喘ぐような、ちょっと熱のこもった囁き声でした。

こういうシーンの演技が、ちょっとパターン違うんですね。
ビョンホン氏と藤原くん。

でも、、、どっちの声もセクシーだなぁぁ(*^ ^*)
スポンサーサイト
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そして、、、ラジオ(^ ^;) ただいまお脳が混乱中 | 社会参加の実際 | 「TOKYO FM Blue Ocean」 8:30~11:00 (工事中)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。