違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DAICHI MIURA SUMMER SEMINAR'10 ~The Answer? 参戦リポ (その2)
2010-08-26 Thu 11:22
詳細いきます。
、、、っていっても私、大知くんのワンマン参戦初めてだし、
あまりに情報量が多すぎて、ぜんぜん細かいこと覚えてません~~~(> <)

、、、なので、覚えてる部分だけね! ごめん、、、

               ***

1. MAGIC
2. Hypnotized
3. 声をかさねて…4. Delete My Memories
5. Free Style
6. You'll be mine
7. Drama


ステージ上にはパラソルと海の遊具。
浜辺を思わせる波打ち際の効果音に始まり、、、まずはMAGICからのライヴ開始。

しょっぱなから、テンションMAXです。

そこから、ずっと、がっつりダンス・ナンバーが続き、、、
もう、どのナンバーでも観客は盛り上がり、歓声をあげて踊るわけですよ。
ほんとに休む間もなく楽曲が続くんですよ。

ダンサーENDoくんもブログで「お気に入り」と評してますが、
この選曲、、じつにじつに絶妙です。

途中で1回くらいMCが入ったような気もしますが、まるで覚えてません(^ ^;)

で、こないだのWorldWideでも書いたけど、
私はこの「Drama」という曲が、かな~りお気に入りです。
楽曲にインパクトがあると思うし、ダンスもかな~り格好イイ!
正直、The Answerの2倍以上は好き。

早くシングル出してくれないかな~~~!

               ===

MC
8. 僕らの夏の夢 feat.GAKUSHI (山下達郎cover, 映画「サマーウォーズ」主題歌)
9. You&Me


MCで大知くんが何しゃべってたか、、、もう詳細はまるで覚えてないんで、かなり記憶にフィルターがかかってえると思いますが、

夏はたくさんの思い出ができる特別な季節
このライヴを、みなさんの最高の夏の思い出を共有したい ...そういう想いでステージを作りました。


、、というような話を。

そして、ステージ奥のチェアに座って「僕らの夏の夢」を熱唱。
GAKUSHIさんピアノによる、弾き語りです。
これは、、、いい曲なんだよね~。

そして三連曲だ!!(T _ T)
すみません私は三連フェチです。
、、3拍子というリズムには、人間を揺さぶるリズムの波動があると思うんですね。
2で割り切れないバランスの不安定さが、、そう、人の感情を大きく揺るがすんですよ。
(山下達郎さんの曲は、このノリのバラードがすごく多い、、、)

それを、、、大知声でやられてしまいました。
私は、、、まじで呼吸するのを忘れそうになり、気付いたら自分の胸を掴んでたよ。
胸が苦しすぎて。

、、あとで皆の話もきいたけど、おなじように胸に手を当てて聴いている人が多数だったみたい。
、、、、あるいは号泣?

大知くん自身が、「この曲をきいて号泣して、、」と語っていたけれど、
それを大知声で聴かされた、いや聴かせてもらった我々の衝撃の大きさは、
半端なかったっすよ実際ね。

、、、そして続けて「You&Me」
この曲は、フルコーラス唄いきって、もちろんその時点でもまた皆が更に感動したんだけど、、、
その後でアカペラでも唄ってくれた!!!
これまた全員が鳥肌、あるいは号泣で、、、。

本当に、なんて人なんだ三浦大知

神がかってる
ナニかが彼に降りている

と表現している人がいたけれど
、、私自身は、そういう表現があまり好きじゃない

ただ 彼の歌声
あふれるオーラは 尋常じゃない 凄まじい

う~ん、、どう表現すればいいか 悩む
どんなに絶賛しても とうてい言葉が足りないから

               ===

Dance Corner
  Dancer Solo
   SHOTA
   kazuki
   ENDo
   PURI
  Keybord + DJ Session
   Key: Gakushi, DJ:大自然
  Dance team
   DAICHI,4 dancers, with 小春 (DEVIL))
10. Gotta Make You Mine
11. Human Nature


切れ目がなくスムースな流れだったんで、取りまとめて1コーナーにしちゃってます。

You&Meアカペラで大知くん退場したあと、ステージには、
ダンサーがひとりずつ登場して、ソロ・ダンスを披露してくれました。

これ、、、東京では、ダンサーさんたちみんな前のコーナーで来てた青シャツだったのに、
大阪公演では、全員が私服っぽいそれぞれ衣装で決めてた。

ダンス素人なので(泣)細かく表現できないけど、、
それぞれの個性が出ていて、すごく楽しかった!
東京公演ではほっとんどなにも見えなかったんだけど、大阪は結構みられたから嬉しかったな~~~♪

(、、、でも、PURIさんはフロアが多いので、ごめんなさい! 余り見えませんでした~~~)


そして、4名のソロ・ダンスが終了したあと、
ステージ下手奥のブースにスポットがあたり、、、Keybordist GAKUSHIさんのソロ・パフォーマンス。
ピアノの音色で、まず Knock Knock Knockのアレンジから導入し、
次々と大知曲をメドレーして演奏していくのだけど、、
このアレンジが、すごく格好イイんだよね!!!
コードワークにJazzyなムードとか入ってたりさ、
逆に、Crazyなんかがさっぱりめのアレンジですか~っと演奏されたりさ、

すげ~~~っ!
興奮したっ!!

でも、、、何の曲が入ってたか覚えてない(> <)
うわ~~ん、、、かなしひ。

そして、、、その後で DJ大自然さんが加わり、、、
Key+DJのアドリヴ・セッション!!

これも大興奮っ!!


そしてその後は、、、
再びステージに大知くん登場です。

ふわぁぁぁ~っとアクビ・ポーズして、ステージ奥のチェアに腰かけ、
右ひじを膝について頭を支えるポーズで、うとうとと居眠り
Zzzzzz Zzzzzz って効果音が流れて、どうやら寝入ってしまった、、、という演技。

そこに、4名の Dancersが登場。
楽しげに踊る様子に、寝ぼけまなこで起き上がる大知、、、
やがて、4人のダンスに参加して、がっつりと踊る

そこになんと、女の子ダンサーが登場!
大知くんと、かっちり絡んでのダンスを披露してくれました!!

そうそう。MVみたいに、側で踊ってるとかじゃなく。
大知が女性ダンサーの腰をしっかりささえたり、手をつないだり、顔が大接近してたり、
女性ダンサーが、大知くんの頬や首筋、胸をなぞるしぐさがあったり、
(じっさいに触れてたか否かは定かではないが)

これはねぇ、、、東京公演の会場では、まじで悲鳴があがりまくりでした。
私の周囲には、比較的年配のファンが多かったせいでしょうかね?
「っきゃ~~~」「イヤ~~~」

、、、イヤってねぇ貴女(^ ^;) ダンスなんだからさぁ、、、ww
ダンス的にはあの程度なら、社交ダンスのペアより接触が少ないでしょ?

ちなみに、私が若いファンのエリアにいた大阪公演では、真逆の意味で
「っきゃぁ~~~~~っ(はぁと)」というコーフンの歓声がww

大知、、、オトナになったねぇ! うんうん。
おばさんは嬉しいよ。 わはははは。


そして、、「Gotta Make You Mine」と「Human Nature」が続けて披露された。

GMYMは、、、イントロなしで、いきなし歌に入るの!
タイミング絶妙で鳥肌!!
そして、、、あのルーズな曲調で、かな~りかっちり振りのあるダンス!
う~ん、、、大知くんって、「その曲で踊れるの?」的な微妙なノリの曲に、振りをつけるの好きなのかな??

これが、三浦大知品質なのね。

Human Natureは、、うんまぁ、このカラオケ版は割と何度も聴いてるので、
安心して聴ける感じでしたね。



、、、以下、リポ(その3)へ
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<DAICHI MIURA SUMMER SEMINAR'10 ~The Answer? 参戦リポ (その3) | 社会参加の実際 | DAICHI MIURA SUMMER SEMINAR'10 ~The Answer? 参戦リポ (その1)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。