違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Shiina Ringo - Shun / John Legend - Ordinary Poeple
2010-11-22 Mon 11:59
さてさて。
まずは Gravity 福岡 →名古屋公演のカヴァー曲について。

               ***

11/20 福岡公演のカヴァーは、椎名林檎さんの『
、、、知らなかた(^ ^;) ま、いつものことですが(^ ^;;)



この人の歌
声質それだけを取ってみると、、実は、そんなに好きな声質じゃない

けれど、この人の曲は まず歌詞の世界観がものすごい深くて
その世界観を、、たとえばフェイク1声でも表現できる人

こういう人を 天性のシンガーって言うんだと思う

好き嫌いの範疇じゃなく とにかく凄い人


で この人の曲は、たいていすっごく難しいですが、、
とくにこの曲は難しいって気がする

にゃ~
聴きたかったなぁ、、、大知くんバージョン!!

こんな 女っぽさ全開の曲を男性の大知くんがカヴァーしちゃうって辺りが、、、
ちょっと変態的ではあるけど 大知的

               ===

それとこの MV(公式じゃないのでいずれ消えちゃうかもだけど、、)
えろいですね。

以前、ブラックいちみが話題にした、、、あの女性アーティストの MVより
はるかに えろいです。

でも素晴らしく美しい
こういう、、、ヴィジュアル的な方向においても 椎名林檎さんって
すさまじく個性が出てる人だ

               ***

そして
11/21 名古屋公演のカヴァー曲、John LegendOrdinary People



私は、この曲が入ったアルバムしか聴いたことないんですが、、
ハスキーで渋い声の人ですね。
そして、ピアノが上手い!!

 We're just ordinary people
 We don't know which way to go
 Cuz we're ordinary people
 Maybe we should take it slow


  僕たちは ありふれた人間
  どっちの方向へ進むべきかなんて わからない
  だって 僕たちは ありふれた人間だから
  たぶん ゆっくりとやっていくしかないんだ


MVの映像からもイメージできるんだけど、この曲は、、、
(おそらく)熱烈な恋をして結ばれた(結婚した?)はずの男女が
時間の経過とともに魔力の薄れた恋
現実に追われて、いつしかケンカを繰り返す日々

現実の恋は映画やファンタジーじゃない
厭なことやケンカもあるけれど
ありふれた人間として、、一緒に歩いて行こう

、、といったことを唄ってる


この曲を弾き語りでカヴァーした大知くん、おそらく19歳か20歳くらい
、、ワカモノがカヴァーするには、渋すぎる世界観の選曲ですよね(^ ^;)

               ***

で 皆さま御承知の通り、、、こちらはその、20歳くらいの頃のカヴァー音源ね。

名古屋ライヴでは だいちくん
「以前は僕の 拙いピアノでしたが、今日は素晴らしい演奏とともに」
なぞと謙遜の MCしつつ 唄ってくれましたが

大知くんの ピアノのセンスは凄いですよ

そりゃ 大人になってから始めたピアノなんで、、
細かいテクニック的な問題は どうしようもないんですが、、

なんたってあの 天性のリズム感!

ピアノは、、打楽器なんです!
クラシックで何十年ピアノを学ぼうが、そこんとこ判ってない人のプレイは、、、
ポピュラー音楽においては、「ノリが悪い」としか言いようが無い

その点
大知くんの凄まじいリズム感にもとづくプレイ
たとえそのプレイが、技術的にはシンプルなものではあっても

彼のダンスと同じように
彼の歌を充分に盛りたてるに余りある

だいちは、もっともっとピアノを弾くべきだ!!
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そろそろ | 社会参加の実際 | 雨、、、。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。