違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「UNITED vol.4 ~RISING DANCE FESTIVAL~」イベントリポ・その2
2011-02-14 Mon 18:58
ハイッ、、!
そんじゃ、気を取り直して続き、いっきま~す。

               ***

●Ⅱ: DANCE SHOW

っていうことで、第2部は、DANCE SHOWコーナー。
まずは個人的な所感から。

このリポート、構成やセトリは後から確認して掲載してますが、、
当日現場にいる自分達には、プログラム的なのは配布されてませんでした。
(vol.3のときは、事前に配布されたブローシャに、第2部の簡単な構成が掲載されてた)

そう、、vol.3の、まるでミュージカルみたいなストーリィ仕立ての DANCE SHOWは、
セットも衣装も豪華で、とてもとても素晴らしいものだったんですが、
ダンスそのものを見るというより、うん、やっぱり(出演者が唄わない)ミュージカルみたいだった。

しかし、それに比べて vol.4のこの構成は、
いわゆるダンスのベーシックなジャンルごとにコーナーを分けられていて、
ダンス超素人な私が観ても、

(おお~、このダンスはいわゆる Lockin'、、じゃまいか!)

と容易に判別できるような、超オーソドックスな振り付け!

これ、、大知くんが事前のコメントでも言ってましたよね。
「ダンス本来の奥深さを知ってもらう」的な部分!!

実にわかりやすかったです。

               ***

Prologue...
冒頭は、おろされた幕前のエプロンステージに、ひとりのダンサー登場。
スポットライトの中で、ダンスを始めます。
アニメーション的な、Poppin'のダンス。

(例によって)細かいことは全く覚えてないんで超自信ないんですが、
お帽子に白シャツ、サロペットでつったパンツ? 蝶ネクタイ、、的な?
カオは白塗りで、ちょっと道化た衣装だった気がする。

第2部では、、vol.3のときのように、
この POPダンサーが、進行役的な位置づけで登場するんでしょうか?


#II-01. Lockin' ; ISSA, KENZO, 慶太, 敬多, 輝, Ricky
→※ご参考:Wikipedia「ロック(ダンス)」

さて第2部の冒頭は、、セーラールックに身を包んだ、慶太くん他のメンバーが登場!
ステージ上部のバック・モニターには、登場するダンサーの名前が流れます。
これ親切!

モバイル・サイトの生リポのおまけ写真で、皆さんも衣装確認してると思いますが、、
黒ボーダーのシャツに黒帽子、白いだぼパンツに、真っ赤なサッシュベルトとゆう、、かな~り可愛い衣装♥

前述しましたが、このダンスは、
超・ど素人の自分がみても、すごくオーソドックスな Lockin' スタイルのダンスと判る振り付けでした。

これまでに観たことのある、いわゆるダンス・フェスティバルではお馴染みな感じで、、
しかし、ダンス・スクールの生徒さんが踊ってるのよりは、各段にレベルが高い!

実際のところ、、どれが先生なのか判らないくらいです。
(まぁ、アーティストさん達は皆プロなので、当然ちゃ当然かもしれんですが、笑)

でね。
とにかく可愛いんですよこの衣装が!!

ISSAとか特に得意そうだし、これまでの Unitedでも、みんなが Lockin'踊る機会は沢山あったと思うけど、、
衣装が違うだけで、こんなにも CUTEなんだね Lockin'...!

特に、最後の方のね、、 これはまぁ、ジャンルとかそういう問題じゃないでしょうが、
全員で並列して、後ろ向きに Hipを斜めにクイクイっと揺するアクションが、、

たぶん、2,3回繰り返されて、
そのたびに、観客席から(たぶん多くは慶太ファンの)大絶叫が~
、、、もう、盛り上がるのなんのって!!


、、という最中に

  なぜここに大知くん(のHip)が居ないの~(涙)

、、などと妄想している痛い自分、、キモ杉でしたorz


#II-02. HIP HOP ; U-YEAH、TOMO、KIMI、DAICHI、龍一、宏宜、伸也、延山、STEZO
→※ご参考:Wikipedia「ヒップホップ(ダンス)」

お次は、これまたわっかりやすい Hip-Hopダンス!
青いパーカー、フードをかぶって登場した出演者たちが登場。
しかし、「揃ってる~」って感じだった Lockin'に比べて、どこかルーズなノリが、このジャンルの特徴かもしれませんね(素人考え)

登場にセンターに居た子は誰だろ?
えらく格好よかったんだけど、、、 うわぁん、まるで区別がつかないダメな自分、、、

途中はソロもあったり、パーカー脱いだり着たり肌けたり(?)、、

”らしい”Hip-Hopダンス。

うん、、、格好よかった!!

主観ですが、
Visionのメンズには、、このスタイルのダンスのイメージが、、すごくあります(当社比)


#II-03. Poppin' ; ISSA, YORI, KAZUHIRO, TATSU, YANAGI
→※ご参考:Wikipdeia「ポップ(ダンス)」

そして、、Poppin'です。私、、Poppin'大好き♪

でも、アマチュアさんのダンスだと、いまいち決まってないことが多くて、少うし残念なんだけど、
さすがにこの子たちは、頑張ってました(←素人のくせに偉そう、、)

勿論テクニックも大切とおもうけど、
ゴム紐を使った演出、ダンサーのアクションが効果的に見えて、わかりやすかったデス。

ちょっと話はそれるんですが、
最近 YORIくんって、なんとなく一瞬、大知っぽく見えることあります。
ちょっとした首や手のアクションとか。

もともと 大知くんのこと好きなんだろうなぁ、、って気がしてますが、
AFROISMつながりってこともあり、実は、かな~り大知くんをリスペクトしてるんじゃないかって

、、私見ですけど ( ´艸`)

あれ? AFROISMっちゃぁ、、
Poppin'なのに、このコーナーに SHOTAさん出演してなかっんだよね?
スペシャル・ダンサーは出演しないっつうコンセプトだったんかな??


#II-04. DAICHI + BLUE TOKYO ; 三浦大知 + BLUE TOKYO
→※ご参考:Wikipedia「新体操」

○×△□…
とてもトテモ美しいコーナーだったのに、見惚れ過ぎて、詳細すべて忘れてしまいました(≧ ≦)

とくに時系列の記憶がOutです。
ただ、、断片的に、蘇る美しいシーンの数々、、、。

舞台セット 2F部分で、エモーショナルで詩的なソロ・ダンスを踊る大知。
踊りの種類は違うけれど、同じくエモーショナルな振り付けで、
手具を持ちしなやかな群舞で宙を舞う、BLUE TOKYOのダンサー達。

大きなアクションで群舞を続ける BLUE TOKYOのメンバー達のセンターに、、
しなやかに滑り込む大知。
戸惑いがちな仕草で、手具のやり取りもあったり。

そして、群舞のセンターで、今度はスピーディーなソロ・ダンスを繰り広げる大知。
踊る大知の前と後ろの至近距離を、今にも衝突しそうな近さで、
右から左、そして左から右へと、、素晴らしいタンブリングで横切る BLUE TOKYOのメンバー!!

とても、生身の人間が現実に、目の前で踊っているとは信じられないような、、、
というか、余りにも凄すぎて、

  美しい

以外の言葉が出てこない感じ、、、

これは、、何というんでしょうね。
むしろ、日本舞踊とか、お能とか、そういう美しさだと思うんですね自分。

う~ん、、、感動しました。


あ そいえば、、、
コーナーの最後の部分

セットの階段の途中で、
BLUE TOKYOの誰かが、、、大知くんを眠らせる っていう演出のシーンがありまして。

彼らの手具の動きからして、
まぁ恐らく、BLUE TOKYOの役割は、大知くんを夢の世界にいざなう 魔法使いたち ってな感じだったと思うのだけど、

大知くんを横たわらせて、身体に覆いかぶさって寝かせる様は、、、
魔法をかけるというよりは、
完全に襲いかかってるように、、、えっとそのあの、ごにょごにょ、、、

むう
腐女子ゴコロをくすぐる演出 GJです!
(別に、そういう演出意図じゃなかったかもしれないが、、)

や 昼間っから Deepな変態ネタ、ほんっとすみません。
、、ま変態には夜も昼もありゃ~せん、、


そして、、そうそう。
きらきら光る素材の紫シャツのダンディー大知は、こちらのコーナーのお衣装で御座いました。


#II-05. Pole Dance ; PiPPi, KUMI
→※ご参考:Wikipdeia「ポールダンス」

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX O.S.T.+(プラス) 本日、イントロどんで曲名がわかった唯一の曲!!
そう、、菅野よう子氏の「Inner Universe」ですねっ♪

あ、いや、、。ダンスの話でした。ダンス、ダンス、、とね(汗)

このコーナーは、Pole Danceです!!
いやぁ自分、ポールダンスっつったら、映画とか(観たことないけど)ストリップ劇場とかで、
せくし~なお姉さんがくるくる回ってる印象しかなかったもんだから、

あんな、バカ高い空中で、シルク・ドゥ・ソレイユみたいなエアリアルを見せてくれる、、
ああいうのを Pole Danceと言っていいものかどうか、自信なかったんすけど、
Wikipediaの説明を読んだら、、、ああいう、アクロバティックなダンスも、
ちゃんと Pole Danceと呼ぶらしいっすね。
勉強になった~~

ということで、先に感想書いちゃったけど、
今回の舞台セットでは、用意されたポールは、舞台の1Fから2Fに繋がるだけでなく、、
2F部分から天井部分まで高く高~く伸びていたんです。

2Fの両そでから登場した、2名の女性ダンサーさん、
登場時は、長いジャケットを羽織っていたのだけれど、ジャケットを脱ぐと、
もんの凄い露出度、、、に見える、肌色のセクシーな衣装で、

(この時点で、会場から凄まじい歓声)

それぞれ2本のポールに身体を絡めてゆくわけです。

う~ん、こりはまさにセクシーなポール・ダンス!?
って思いきや、

その、けっこう高い場所にあるセットの2F部分から、
いろんな向きで、ポールを上ってゆくわけですよ!!

え~~~っ?

ほんっとに。
シルクとかで見る、エアリアルの動きそのもので、、

え~っ、落ちないの? あれで落ちないの? ってハラハラと、
(個人的には)inner universeでアゲアゲとで、

大興奮のステージでした。
いやぁ~~、、ポール・ダンスって凄いんですね!!


#II-06. Breakin' ; KENZO, KAZUMA, 涼平, 敬多, KAZUHIRO, KOUSKE
→※ご参考:Wikipdeia「ブレイクダンス」

はいっ、、そして Breakin'です。
VISION系の男子たちは、Hip-Hopとか Breakin'得意な子、ほんっとに多そうですね。

、、、、、、、、、、。
、、、、、、、、、、。
、、、、、、、、、、。

すみません!!
自分、、会場内では、真ん中よりやや後ろ、1段あがった3列目くらいには居たので、、
それまでのダンスは、予想してたよりよく見えてたんですが、、、

フロアばっかしの Breakin'
、、、ほっとんど見えませんでした~(> <)

そう、、足先しか!!

にゃ~~

こればっかしは、仕方ないっすね、、、。

前にいた方、、、見えましたか?
ステキでしたか?(^ ^;)


#II-07. New Jack Swing ; DA PUMP, w-inds., Lead, 大知, 延山, KAZU
→※ご参考:Wikipdeia「ニュージャックスウィング」

そして、ダンス・コーナーの最後は、、
きゃ~ 再び大知くん登場っす! (←そこしかチェクしねぇのか自分)

このコーナーでは、明るいチェック柄のシャツに、、ボトムは、ボトムは、、
なんとハーパンっす!! (注:ハーパンは大知だけ)

、、、でもね、ハーパンの下はハイソックスでね。
露出はゼロなのよ~、、、しくしくしく。 (←そこが問題と思う自分が問題だ、、)

にしても。
New Jack Swingって私、音楽のジャンルかと思ってました。
、、つうか、この辺りの音楽は、要するに
音楽とダンスとが、切り離せない感じの分野なのだろうなぁ!

つっても音楽的にも細かい定義は、私、余りよく判ってません。
聴いたときは、、単にシャッフル系だなぁ~としかww

そして、、シンプルな縦ノリじゃない音楽で踊る大知は、、最強!

このコーナーでは、続いて全員が同じコンセプトの衣装で次々と登場し、
すごい大人数のマス・フォーメーションで、、

ものすごく豪勢なエンディングでありました☆

それにしても、、このコーナーの大知くんは、左側ばっかり行ってた!
(勝手に)右側だと読んでたのに、、、しくしくしく。(←超・個人的都合)


               ***

、、、第3部につづく。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「UNITED vol.4 ~RISING DANCE FESTIVAL~」イベントリポ・その3 | 社会参加の実際 | 「UNITED vol.4 ~RISING DANCE FESTIVAL~」イベントリポ・その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。