違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「Hellosmile Live 2011」ライヴリポ・その1
2011-04-10 Sun 16:28
それじゃ、公演リポいきます!
まずは全体から、、

そして、いち早くUpされた、BARKSさんの記事
→「子宮頸がん予防啓発プロジェクトで<Hellosmile Live 2011>開催

BARKSさん、仕事早い!
そして、、いつも三浦大知くんの情報をフォーカスしてくれて、本当にうれしい!!

きっと、ライターさんにファンの人がいらっしゃるのよね♥

               ***

全体の構成:

0. Cherie (pre-Stage)
 ~ Opening
Ⅰ.Marin&Riena (Opening Act)
Ⅱ. Juliet
Ⅲ. 傳田真央
 ~ Break
Ⅳ. 三浦大知 (Main Act)
 ~ Closing


               ***

それでは、各アーティストさんの出演順に、、、

               ***

0. Cherie →公式サイト
お写真 →BARKSさん記事の11番

1組目のアーティストは、オープニングの更に前、、ということで、
開演時間より前、17:40からのスタート。
真っ暗なステージにいきなり女の子登場! スポットが当たって、MC~唄開始!!
、、という感じだったかと。

会場のはしっこで固まっておしゃべりしていた自分達は、慌てて自席に着席。

あらかじめ知ってた自分達でさえそんな調子だったので、
開演前に彼女が唄うと知らなかったらしき大勢のお客さんが、同じようにあわてて席に着く感じでした。

公式サイトのBio欄を拝見すると、Cherieとしてのデビューは間もないけれど、
その前にも、多少キャリアのある歌い手さんらしい。
大知くんより2歳年下。

曲名はわからないけれど、比較的アップテンポで明るい曲を
2曲唄ってくれました。

ルックスもなかなかで、唄も上手いと思ったけれど、、
ざわめく客席を圧倒するだけのオーラは、まだ少々足らない鴨、と。

衣装も、割と普通目だった気がします。


~ Opening
Cherieさんが引いてから、少しして、
ステージには、主催者である TOKYO FMのナビゲータさん(名前わすれた)が、黒い衣装で登場し、
まず 東日本地震の被災者の死者、行方不明者の人数を告げ
その方々に向けて、、と、会場によびかけ
(多分、約3分間の)黙祷を捧げました。

そして、、Openingのご挨拶。


Ⅰ. Marin & Riena →公式サイト
お写真 →BARKSさん記事の5番10番

2組目のアーティストは Marin & Riena
どっかで見た名前、、、と思ったら、大知くんと一緒の VISION FACTORYのアーティストさんじゃないか!ww
、、気付かなかった自分阿呆や、、

そうそう。
今回のお席、、いちみは頑張って、C列を確保したのですっ!!
やや端っこではありましたが、ステージは激近い!
お顔の表情までバッチリ見える好位置で御座いました。

ということで、Marin & Rienaの話に戻りますが、、
この子らは、ふたりともモデル出身ということで、長身だし、恐ろしくスタイルがよろしい。
スタイルだけじゃなく、お顔もむっちゃ可愛い~! そして、お顔ちっちゃ!!

長すぎる足の細さは、私の腕くらいで、、、

どう考えても、自分と同じ人種のひとびととは思えない、、、
あり得ない八頭身美女、、、

女子たるもの、彼女らの隣には、断じて立ちたくないものです(^ ^;)

、、あ そして
彼女らのパフォーマンスですが、

ヴォーカル・デュオという形式ではなく、
ひとりがシンガー、もうひとりはラップ担当、、という分担でした。

2曲、、いや3曲だったっけ?
さすがはビゾさんなので、音程やリズム感に全然問題なかったかと記憶してますが、、
詳細ぜんぜん覚えてません。どうもすみません!!

あまりに細くて長すぎる足に、、見惚れてましたマジでww

いや~~ほんっとに可愛かったですよぉ、マジで!!


Ⅱ. Juliet →公式サイト
お写真 →BARKSさん記事の 3番9番

3組目のアーティストさんは、Juliet
こちらも、各々がモデルさん出身という3人組女性ユニット。
最初は覆面グループとしてデビューし、かなりの人気を得た方々のようで、、
開場でも、彼女らの男性ファンから、太い声援が飛んでました。
(まぁ、、大知くんファンに比べ少数派だったのは仕方ないかと)

うん、、そう、そんな感じで、
がっつり固定ファンを捕まえている彼女らでしたが、、、

ルックス的には
前のデュオが超絶だったし
ヴォーカルの実力も、、前の二人に比べて、正直ちょっと残念な感じ。

(なんだかんだいって、ビゾさん所属のアーティストは実力しっかりしているかな、と。)

ま 一般の方には、ほとんど気にならないレベルではありましたが、
3名とも、
微妙に音程フラットしていて、、

とくに右側の彼女が
自分的には、許容範囲の下限スレスレだったかと、、、

左端の彼女は、唄のよしあしより、、キャラが元気そうで好印象でした。

真ん中の彼女は、うまへた以前に
なんか完全に自分の世界に入り込んでてお疲れ様っす という感じ。


、、、ハイ。
すみません。
基準が厳しくて(^ ^;)

わたしって正直ものだからさ、ほらww

まぁ、、、固定ファンの方々がおられるので、
彼らがしっかり応援して差し上げればよいのかと思います♪

               ===

閑話休題ですが、
私の前の2席は、、幼稚園児くらいの男の子+そのママっていう親子連れさんでした。

きっとママさんが大知ファンなのだろうな~って予想してましたが、
とにかくその男の子くんが、
座席の上で身体をぐにゃぐにゃ動かしたり、ママの首にかじりついて話しかけてみたり、
、、退屈で退屈でしょうがないって感じなの。

、、まぁ正直、
せめて、アップテンポな曲でもあれば、リズム撮ったりして楽しめたんだろうけど

今回、なぜだか出演者の皆さん、
バラード系か、せいぜいミディアム・テンポの唄が多い気がするんですよね。

で、知らない曲ばかりで正直自分も、、、、、なところ、

その 男の子くんが、いかにも退屈そうにしてるのが
ものすごく共感できるっつうかねwww

(どさくさにまぎれて、すごく失礼なこと書いてるワタシ、、ww)

たまたま
その男子くんの左隣も右隣も、知り合いの大知ファン友さんだったんですが、
右隣のYさんなんて、、、完全に、その男子くんの遊び相手をしてあげてましたよねww

さすが男子2児のママ! 慣れとる!!


Ⅲ. 傳田真央 →公式サイト
お写真 →BARKSさん記事の8番

そして4組目!
実は今回、出演者欄に傳田真央ちゃんの名前が追加されたときは、本当に嬉しかった!

去年の夏も、たしか同じ横浜BLITZで彼女の生唄に痺れて、
(その割には、アルバムとか全然きいてないんだけど、、)

もう一度 生でライヴ・パフォーマンスを見られるって知って
楽しみにしてたんですよね♪

ひょっとしたら、大知くんとライヴでコラボしてくれたり!、、しないかな~
なんて
まぁないとは思ったけど、ちょっと想像してみたり

彼女のパワフルで澄んだ声と
大知くんの声がコラボしたら
それはそれで、なかなか素晴らしいコトになるんじゃないかってね!!


、、、まぁ妄想はおいといて。
彼女のパフォーマンスですが、、、
やはり、前のアーティストの人々とは、迫力が、パワーがぜんぜん違う!!

(曲名はおぼえてないんですが)
いきなりの唄からはじまり、、 独特のMC

そして2曲

え~~っ、たったの3曲!?
少ないっ!!

、、もっと聴きたかったです(涙)

いや、そんなら もっとがっつり
予習してこいよって感じですか? ごめん(^ ^;)

               ***

え~、、。
ここまでで、1時間くらいしか経過してません!

個人的には、傳田ちゃんのステージはもっと見たかった気もするんですが、
各アーティストさん、持ち時間みじかく、、3組で1時間ってすごいっすよね。


以降は、リポその2に続きます、、、
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「Hellosmile Live 2011」ライヴリポ・その2 | 社会参加の実際 | 「Hellosmile Live 2011」ライヴリポ・その0>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。