違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「響 -MUSIC FESTIVAL」ライヴリポ・その1
2011-05-30 Mon 14:29
おへようございます。
あ、いや、、午後のこの時間にいう挨拶じゃねっか、、(^ ^;)

お仕事終わり、gdgdだった週末のとっかかり、
しかし日曜日は何としても参戦するぞ~っという気合いの元!
参戦して参りましたお台場!!


でわでわ行きます。

               ***

それにしても昨日。

もうね、、、カッパ羽織っててもびそ濡れになるほどの
ものっそい雨でしたよ。
(当然だよねえ台風接近だもの)

ま、、、不幸中の幸いと言っていいのかどうかだけど、

気温はさほど低くなく、
風もそれほど強くなかったので、

あ、いや台風と比べてですよ?
豪雨だったのは間違いないです。

なので、、、とにかく観客は皆、カッパ着ようが傘さそうが、
全身ずぶ濡れになったので、
さすがに身体が冷えて、今日は風邪気味って人も多いようです。


会場で偶然あったファン友のCちゃん、彼女がいうには、、
(彼女は、ソロ・デビュー以来の年季入った大知ファンの人なのですが、)

大知ライヴ、野外だとむっちゃ荒天の経験があるとかで、
大知ライヴ、快晴か大荒れってジンクス
、、、本当だったのね~~

改めて(大汗)

               ***

あっ。
とりあえず、時系列順にもう一度さいしょからいきますね。

私は今回、なにも考えずチケ申し込みポチっちゃったんですが、
今回のフェスではグループチケットというのがあって、、
5人人組で申し込むと、チケ代が少し安かったんですよ。

でも、、そんなわけで、ファン友に声かけてもらったときは、すでにチケットポチった後の祭りで、
まぁなんたって野外フェスなので、
ひとりでぼそぼそ行くより、仲間と一緒にわいわい楽しむのが一番です。

ってことで、
グループチケ買ったファン友さん達の集合に混ぜてもらって、
お昼過ぎに待ち合わせて現地に向かいました。

何度も書いてるけど、朝からの雨。

ぜったいあがると信じてたけど、
信じる気持ちだけではどうにもならない天候。

会場入りしても、雨は一向に止む気配なく、、、
大知くんのステージまでは、まだ大分あるし、
既にびそ濡れになりつつも、DJ体験ブースを冷やかしたり、
激空腹だったんで、フードブースにいってタコライス食べたり、

濡れながらも、ゆるゆるな時間を過ごしました。

とちゅう、
朝4時から詰めてたっていう、Jさんともお話できましたが、
やはり、気合い入ってるファン達は、開場前から待って、しっかり場所取りしてたみたい。

               ***

で、
我らも、ステージの状況みにいこか? って感じで
ゆるゆるとステージに向かって行ったのだけど、


ステージは、思ったよりかなり高さのあるセットで、
そう、、、一般男性の身長を越えるくらいの高さでした。

なので、
けっこう後ろの方から見ても、足元までくっきり見える高さ!
こりゃあよく見えるね~~
っと、一気にボルテージあがっちゃって

けっきょくそのまま皆、ステージ前で盛り上がり体制に入っちゃったw

”奏”ステージでは、TARO SOUL& DJ威蔵 ~ TEE まで
4連発のパフォーマンスが始まるところで、、
いきなり、ぎゃおぎゃおと盛り上がりました。

フーズ・ブースから下手側に入ったんだけど、
観客はあまり詰めてる様子なくて、自分の観たい距離感でゆったり観てた感じ
(というか、傘さして観たい人は後ろの方に下がってるとかねw)

ま さすがに最前付近の10列くらいは割とぎっしり目ではあったけど、
屋内のスタンディングに比べたら 全然余裕があって

私らも たぶん、、6,7列目くらいまで寄れたんじゃないかと。

それに、、なにしろ高いステージは ほんっとによく見えました。
出演者の表情までばっちり!!


個人的に、
・TARO SOUL & DJ 威蔵
・KEN THE 390

はお初でしたが、
アーティストも、荒天のなかの盛り上がりっぷりに大興奮!
アツかったと思う~

とくに KEN THE 390さんて人、今回初めてパフォーマンスみましたが、
最初、比較的クールな感じだったのに、
「…バース以外の部分で声援もらえたらプロ って言われたことあって」
「おれ 今バース以外の部分でおもいきり声援もらえてる プロになったんだなーって 今 実感」
的なセリフ
(いやラップだったかな? なんか記憶テキトーで区別ついてないや)

かなり感動的でアツくなった!


そして、
・CLIF EDGE
何度かステージ観てますが、この人らは
アガルときと、静まるときと、
極端なんだよね。
アゲアゲでいく人が、バラード的な大真面目な曲を演るのって、雰囲気づくり大変だとは思うけど、、、
ごめん
この人らの真面目曲は、いつも、な~んとなく平静にやり過ごしてしまいます。

・TEE
この人のパフォーマンスも何度目かなんだけど、
初めて観たときから、大好きですww
「Baby, I love you」どマジなMCで、「そこ笑うとこやない~」なんて突っ込まれ、客はますます笑ってるけど、
でも皆、TEEの唄真剣に聴いてて、ほんと彼のステージは楽しい♪

               ***

4組のアーティストが終わったところで、
Dance Showcase

・なんかセクスィー系の女子軍団
・やたらマッチョを強調した男子軍団

のあと、

・PINO & SO-ICHIRO
というハウス・ユニットが!
…これもアガりました~~

ハウス、かっこいいなあ~
他ジャンルのダンスに比べると、あんまし派手な動きに見えなし
スキルの高い低いが素人目には全然わかんないんだけど、

とにかく とにかく格好いいの どうしてだろ?
(上手いからカコイイってこと?)


、、、リポ、その2に続く
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「響 -MUSIC FESTIVAL」ライヴリポ・その2 | 社会参加の実際 | Special>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。