違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
UNITED ~RISING DANCE FESTIVAL~ vol.5 - ライヴリポ・その4
2011-06-12 Sun 10:36
おはようございます。
一晩眠ったら、多少落ち着きました。

昨日書いたリポは相当崩壊してましたが、、まぁ書いちゃったものは仕方ないので、そのまま残しときます。

それはそれとして。
やっぱり、、性格的に、時系列順にリポを書きたくなってしまったので、、、書きます(*^ ^*)


まずは、今更ながら第一部から。

               ***

<第一部> CREW DANCE CORNER
・延山CREW
・三浦大知CREW
・w-inds.CREW
・DA PUMP CREW
・Lead CREW


リポそのゼロ? に書いたとおり、
全体の構成それ自体は、前回までと余り変わってません。

で第一部。
CREW DANCEのコーナーは、、前回までの Unitedよりも、持ち時間が少なめでした。
各アーティスト、およそ7~8分前後くらいじゃなかろうか。

               ***

Opening Act~
これまでの Unitedでは、Kids Dancers(おもに女子)が主体となって行われたオープニング・アクトですが、
今回のダンサーは、あまり小さい子はいなさげで、
まぁそれでも Kidsといっていい年齢の女子はいたけれど、

振り付け自体、ちょっとワイルド・セクシーめな振りのダンスでした。
むっちゃクールでしたね

友人にきいたら、前回、前々回に出ていた女子ダンサー
沢山でてたそうです。

、、、ぜんぜん顔覚えてない私 だめだめ~(> <)


・延山CREW

さて本番。
最初に登場したのは、、いつものように延山CREWです。

暗いステージに、まずサポート・ダンサーが、ダークな色調の衣装でスタンバイ
そこに、、ひとりだけ白Tの延山くんが加わり、

、、確か、いつもの4名フォーメーションで パフォーマンスを繰り広げてくれます。

ダンスの印象は、いつもと同じようなジャンルだと思いますが、
だんだん上手くなってきてる気がします (素人なので、あくまでも”気がする”って感想ですみません)

全体に、ダークなライティングで、
白Tの延山くんが、いつもより際立ってました。

延山くん、、見るたびごとに男の子っぽくなってきますねぇ~
ルックスも素敵だし、
彼は、、売り出し方まちがえなければ、結構いけると思うんだよねえ


・三浦大知CREW

Pursuit (W/Dvd) (Dlx) 三浦大知CREWは2番手。
ま感想については、既に崩壊リポを書いてしまってるんですが(わはは)

Jamie Cullumの Coolでアップテンポな Jazzナンバー "You And Me Are Gone" に載せて
洒脱でアダルトなダンスを披露。

何度も書いてますが、、私はこの、Shuffleというリズムが大好きなので、
音楽聴いてるだけでもアガルんですが、、
その、音楽を体現してくれる三浦さんのシャープなキレのある動き

速いテンポのダンスなのに
その指先まで美しくコントロールされた仕草

ただ ただ 見惚れてしまいます。


シャープでありながら、ユーモラスな動きも豊かに表現できるっていう意味で
やはり PURIさんというパートナーが必須なんだと思いますね。

ふたりの個性はぶつからず、それぞれのパフォーマンスを展開しつつも、
見事に融合するっという、、

素人目にも、恐ろしくレベルの高いダンスかと思います。

前回までの Unitedでも、
こうした、他のアーティストとはちょっと目線の違うパフォーマンスを目指してきた彼ですが、

逆に、ちょっと浮いていたかな~?って気味だった前回までのダンスと比較すると

より、プロフェッショナルな印象が強くなり、
他のアーティスト目当てのファン達も、
ただ 素直に魅入られてしまう程の 高度な演技だったかと。

個人的に
金曜日は上手の後方で、、細かい部分まで余り見えなかったんですが、
土曜日の昼公演では、下手側の好位置につけることができて
かなり細かいところまでしっかり観られて 感動しました。

…っていうか、ただ視線釘付けで、見惚れてただけなんですけどね


★追記:
あっそうだ! 書くの忘れてた!
投げキッスのコーナーは こちらでしたYO

ニコ生のときみたいに、照れ混じりじゃなく、
満面の笑顔の口元に右掌をあて、、会場に向けておおきくスローっ!

まぁ、あれも振付の一環だったかもしれませぬ。
ワンマンでもやってくらさいお願い~~♪


※最後にご注意:
この、、満面の笑顔ってとこと、本文の萌え描写に
若干の矛盾を感じられる方がいらさるかもしれませんが、、
本文の描写はいちみの主観でございますので、平にご容赦くださいまし。


・w-inds.CREW

そして w-inds. CREW。
この人らのコンセプトは、いつもと余り変わらないかな?

Cool! ひたすら Coolです。
今回は、、サポート・ダンサー達のコーナーが長めで、
ひとしきり、ダンサー達のパフォーマンスをじっくり堪能した後で
メンバーがひとりずつ舞台に登場し、Dancersと絡んでゆく、、という感じの構成。

ハイ。
もう私、、龍一くんと涼平くん、
どんな衣装で登場したって、、決して間違えたりしません!ww

龍一くん、涼平くん、そして慶太くんの順に ステージに登場し、、

今回、龍一くんの衣装をハッキリ覚えてないんですが(サーセン)
CREWと一体になってフォーメーション・ダンスを繰り広げてたかと

千葉さんは、やっぱりパーカーで完全に顔まで覆った着込み王子w
んでやっぱりクール!
彼のコーナーでは、彼が中心となる構成のダンス、、なんですね。

そして何たって慶太くんでしょう!
舞台に登場した彼の衣装は、、、なんと。
パーカー1枚羽織っただけで、半裸です!!

もう、、客席大絶叫!!
半裸にはぜんぜん興味のないわたくしも、ついつられて絶叫してみました(^ ^;)

やってくれます慶太氏ww

、、そうそう。
あの、、Yahoo等でも話題になった 激マッチョ写真に比べると
案外筋肉おちてまして

マッチョとゆうより、細マッチョ的肉体に見えました。

Twitterで筋肉筋肉いってるわりに
、、実はたいして筋肉に興味なかったりしてw
あまり適切なコメント書けなくてすみませんww


・DA PUMP CREW

DA PUMP CREWは、、先日のあずわんで、
全員すうつで、がっつり踊ってくれたイメージが残ってたのでありますが、、、

今回の Unitedでは、
慶太氏に触発されてなのか?

全員! 半裸にジャケット羽織ったワイルドな出で立ち。

…裸祭ですかっ(^ ^;) ←そうだったらしいです。

うん以前は、人数多すぎて区別のついてなかった DPさんですが、
最近、、ひとりひとりの区別が、段々つくようになってきました。

特に注目しちゃうのが、、やっぱ AFROISMにも入ってる YORIくんですね。

YORIくん、、元々は、
Unitedアカウントからの呟きのノリが面白くて、そっち方面でファンになっちゃったんですが、
ダンスもやばいです。

やっぱり、、Poppin'格好いいっすな!


で、DPのダンスっていえば KENZOくんなんでしょうが、、
ごめん私、
やっぱり何度見ても どれが KENZOくんか判別出来ていません。

HipHop系のダンス・スタイルって、、
素人にはちょっと どれがどんだけ上手いのか 理解しづらい部分があると

勝手に思ってるのは私だけかもしれませんが、、


・Lead CREW

CREW DANCE の最後を飾ったのは、Lead CREW。

う~ん、Leadさんのダンス・コーナーは、
元気! 弾ける!!
って印象がこれまでだったんだけど、

今回は、、やはりまず Dancersから入って、
彼らにしては、相当 Cool目な構成だったかと思います。

サポート・ダンサーズも、
(名前知らなくて申し訳ないんですが)
いつもの Blue Tokyoさんの他、普通のプロ・ダンサーさんが加わってたかと。

彼らにしては、アダルトなパフォーマンスでした。

ま、、もちろんジャンプとバク転は、随所に盛り込まれてましたけどねww


これまでの Unitedでは、
いっちゃんアイドル乗りのイメージが強かったかれらのパフォーマンス、
今回は しっかりダンスを魅せる って構成になってたかと。

               ***

え~、そうですね。
持ち時間は短くなったものの、
第一部の各クルーのダンス、、、それぞれにまとまりのある、練られた演出だったように感じられました。

最初の頃(、、といっても私は vol.2からしか知りませんが)と比べて、
全員、パフォーマンスのレベルがかなり上がっていて

ますます ファンならずとも
魅了されてしまうようなダンス・イベントになってたかと。


→リポート・その5に続きます。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<UNITED ~RISING DANCE FESTIVAL~ vol.5 - ライヴリポ・その5 | 社会参加の実際 | UNITED ~RISING DANCE FESTIVAL~ vol.5 - ライヴリポ・その3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。