違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Lady Gaga - Born This Way
2011-06-14 Tue 11:38
ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD)) 閑話休題。

加齢のせいか、、新しい音楽に疎くなりがちな自分ですが、
最低限の流行りものもチェックしないといけないかなあ

な~んて発想のもと
ガガさん 聴いてみたんですけど、、

う~ん、、正直。
流行ってるうちはともかく 一定時期が過ぎたら、二度と聴かなくなるタイプの音楽
かと思いましたね。

MVもサウンドも、ものっそいインパクトあるんですけど、、
奇をてらってる割には
面白みを感じないんですよね

たしかに耳に残るフレーズはあるが、繰り返し聴きたいとおもわない
感じ?


これはね
客観的な評価というより
個人的な背景も大きいと思います。

たぶん、、、自分が10代とか20代とか、
まだ余り、多くの音楽を聴いてない頃に聴いたとしたら、

最初の衝撃としては すごいインパクトあるし、
ず~っと心に残るんだと思います。


音楽って、、そういうところあるよね?


ある程度のバックグラウンドがあると、
ああ、、このサウンドは、あの年代のあのジャンルの辺りからキテるなぁぁ~とか

つい余計な事まで感じてしまって

音の持つパワーを 純粋に受け止められなくなるんだと思う


まぁ、そう考えると
サウンド面の古い部分とかに気を取られて
GagaさんのパワフルなVocalを素直に「すげ~っ」って受け止められない自分が

ちょっと寂しい気がします。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<UNITED!!! vol.5 | 社会参加の実際 | Daichi Miura Tour 2011 に関して。。。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。