違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『フラクタル』
2011-06-21 Tue 19:42
フラクタル第1巻Blu-ray【初回限定生産版】 世間では、第2クールもそろそろ終わろうかという今日この頃、
ようやく今年第1クールの<ノイタミナ>作品を、整理しはじめております。
(…といいつつ、実はまだ『屍鬼』が手つかずなんですが、、)

まぁ、、ノイタミナ枠のアニメは、何たって絵が綺麗なのがいいですよね。

ペアとなる『放浪息子』は、自分の苦手な系列だったので挫折しちゃったけど、
…これはまぁ何か 大丈夫でした。

発展し尽くした文明が頂点から引き返し、崩壊へと向かう近未来世界。
そんな物語世界を舞台にくりひろげられる、Boy meets Girlなお話。

、、ま 言っては何ですけど、

  すばらしく ジブリ的

って つい端的に表現したくなるようなパターンのお話。

日本の作家さんは、
ほんっとうにこの、ボーイ・ミーツ・ガールなお話が好きですよね。

やっぱり こういうストーリィ

つまり、運命の女の子と巡り合って、
非力ではあっても、彼女のために全力をつくす少年でありたいって

、、、男性にとっては 永遠の夢 なんですかねぇ。

そして、日本的アニメ世界観では、
14歳の少年というのは、、もれなく子供声で表現されるキャラ なんですよね。

うん確かに 14歳という年齢は特別で
そう確かに 大人から見たら 14歳の男の子はほんの子供に過ぎないとは思うんだけれど

けど、もし子供の世界からいったら、、
14歳って、既に完全なる子供ではないよね?

その、、子供と大人の中間で、いちばん悩む世代だと思うんだけど、

どうしてか 日本のアニメ界では、
14歳の少年って、、、設定が子供過ぎる気がしてなりません。


まぁ 日本はお子様たてまつり文化の国だからねぇ、、。


それはそうと、
主人公、クレインのCVを担当した、小林ゆう って結構すきです。

少年声や、男子っぽい女子の声をあてる声優さんだけど、ルックスは美人系なんだよね。


こないだ仕事で知り合った生徒の中に、小林とゆう生徒が居て、
お姉ちゃんの名前は「こばやしゆう」なのだって言ってたな。

、、まぁ どうでもいいんですがww


この作品、
OPの動画と曲が けっこう好きだったです♪
スポンサーサイト
別窓 | IO-アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『C』 | 社会参加の実際 | おはようございます。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。