違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「UPPER FIELD - STREET DANCE FESTIVAL-」イベントリポ・その2
2011-08-05 Fri 16:50
さ、それではようやく本編のリポート
、、つうか感想文行きます。

まずは第1部から!

いつも言ってますが、、あてくしダンスは全くの素人で知識も経験もゼロ。
思い込みで記述したりすることもあるので、もし記載内容に間違いがあったら申し訳ありません!!
予めご了承ねがいまする。

               ***

開演19:00にたいし、本番の開場は18:00の予定だったんですが、
初日は17:50~、2日目は17:45~くらいから自由席の番号順凄烈が始まりました。

ホールへの入場は5Fからだったのだけど、
まず呼び出し受けてから3Fに並んで、それから4Fに並んで、、5Fに移動ってゆう行脚w
係員が沢山いたのか知れませんが、やけに厳密に整理番号カウントしていて、、
そのおかげか、早い番号の私は、両日とも18:15くらいまでに入場完了してました。

2日目は、焦って買った600番台チケを他の方にお譲りするので、
一回列を離脱してロビーに戻ったりしてたんだけど、
係員の誘導が整然としてたので、まったく問題なし。

まぁスタンディングの、いけいけガンガンもよいけど、、、
ホールのアテンドは、やはりジェントリーですなぁ(^ ^)

               ***

さて、神奈川芸術劇場、Twitterでも散々呟いておりますが、
ホール全体がこじんまりした作りで、フロアの傾斜もきつく、、すごく見やすそうな感じです。
そして、ステージの奥行きがひろい!
(3階席から見てた人にきいたところでは、ほとんど正方形に近いほど奥行きのある舞台だったそう)

初日は3列目だったので、、ステージ後方が随分遠く感じました。

公演の開始前には、女性”影アナ”による場内アナウンスがあったんですが、
場内の注意事項なんかも、、いかにも劇場っぽいユーモアに溢れてて面白かった。

で、、自己紹介「ちぐさ」って言ってたけど、
たしかこの人、「響」のときもMC担当されてた方じゃなかったかと。
3日に友人に確認したら、その通りだったようです。

               ***

さて本番。
ステージ後方のスクリーンに映像が写り、いきなりのダンス・パフォーマンス開始です。

Ⅰ~Ⅵまでのパフォーマンスは、各チームおよそ10分強くらい。
これまでみたダンス・イベントと異なり、
DJによるMCみたいな繋ぎが全然なく、ノンストップでがんがん進行します。

KIDS Showcase by ZEAL STUDIOS (GOTO / YOCCI)
  →ZEAL STUDIOS:サイト
ステージ上に、、Kids Dancersがいっぱい登場してきて、
恐らく10分強の持ち時間の中で、めまぐるしくシーンを変えながら、迫力あるダンスを披露してくれた。
ジャンルはよく判らないんだけど、、まぁ広くいえば HipHopなんだろうと推測。

初日の3列目っていう位置は、、ほんっとにステージに近くて。
とくにセンターで踊ってる子たちは、一番レベルの高い子たちなんだろうと思うけど、
とても Kidsとは思えないような迫力!
文字通り、、度肝を抜かれた。

ZEAL STUDIOSって、、Worldwideの主催者さんとこのスタジオだと思われます。


College Student Showcase by 関東大学学生ダンス連盟Σ
  →関東大学学生ダンス連盟Σ:サイト
Kidsたちの元気なダンスのあと、暗いステージ上には、
白い衣装をつけた女性ダンサーが うつぶせの姿勢でスタンバイ。

バックスクリーンには、東日本大震災で津波の被害に合ったとおもわしき
崩壊した家屋、街並みの映像が映し出され、、
自宅が完全に倒壊したというある女子高校生のエピソード。
彼女は、高校のダンス部に所属しているという、、、。

…そんなエピソードの後、学生ダンサー達が登場。
全編ではないけど、ハウスっぽい動きが大目に入ってたと思います。
とくにフロントやセンターら辺で踊ってた数名は、かな~り格好よかった!!

あとで友人にきいたんだけど、
上手い子は相当レベルが高いというこのチーム、
実際に踊ってたダンサーにはレベルの差があったので、
恐らくその、高校生ダンサーも入っていたのではないかと。

と思ったら、
冒頭のエピソードに登場したらしき女子高生が、
被災についてのメッセージを読み上げるという演出。

初日はしっかり読み上げてたんだけど、2日目は
感極まって、泣きだしてしまった彼女。

、、、ちょっともらい泣き我慢できなかった。


Synergy Showcase with MICCHAN

え~と、、このチームに関するまとまった情報を見つけられなかったんですが。
多分、去年のWorldwideにもこの名前で出ていたと記憶。あやしいけど。
(あ、たぶんCHEMISTRYさんのバック・ダンサーチームとは別物…)

え~と、、!
申し訳ないんですが、ワタクシ
このチームと、次のチーム
どんなダンスだったか記憶がほとんど残ってません(^ ^;)

うう、、、呪うべきトリ頭、、、


Dance2Force by Dance2Peace
  →Dance2Peace:サイト
ホームページをみつけました。
“ダンスが、地球をつなぐ。”をテーマに活動してるチームだそうで、、

サポーター欄に名を連ねてるダンサーが凄い!
…とはいえ、このチームのパフォーマンス
前のチームと印象が混濁してしまって、、、

え~
女子ダンサーズのいろっぺ~パフォーマンスは ここだったでしょうか?
( ̄ ▽  ̄;;;)

うわ~ん、記憶用の増設HDDが欲しい也。


BUTTER × TATSUYA(Human Beat Box)
  →㈳日本ヒューマンビートボックス協会/ TATSUYA profile
リンクを貼ったのは、Human Beatboxを担当されてた TATSUYAさんという人が主催するという団体。
ダンサーさんについては、情報みつけられませんでした。

この人のパフォーマンスはほんっとに凄かった!
至近距離でみても、どうやって声(音?)出してんのか全然わからん!!
にんげんの声帯から、あんな音でるんだ~!?って感じ

その、、TATSUYAさんとゆう Human Beatboxerの繰り出す音だけで!
Kids Dancersが集団でダンスを
そして、ソロ・ダンス

、、、や・ば~い!!!

背筋ゾックゾクですわ(≧ ≦)


Kokopelli by CAPOEIRA JAPON, HIRO(ALMA)
  →CAPOEIRA JAPON関連記事
ステージの前方に薄い幕が、、下1mくらい残して下ろされ、、その前方スペースに。

不思議なカタチをした一本弦の弦楽器の奏者がひとりと
2人のダンサー? いや格闘家? みたいな人が現れてパフォーマンス開始

あれ? カポエラって、、格闘技じゃなかったんだっけ?
と、乏しい知識で謎を感じつつ見入る。
(後でちゃんと調べたら、、格闘だけじゃなく、踊りと音楽と全部一体となったパフォーマンスなのだそうです)

そう確かに、格闘技系のカポエラで見るような、、
床に手をついてよつばい姿勢でくるくる回るような動きで
ときどき逆立ちや蹴りあげっぽいアクションが入るんだけど、

全体に、動作がゆったりしたリズムで 優雅

そしてスクリーンがあがり、ダンサーは増え(たぶん6,7人)、
2本のパーカッションのリズムに合わせてパフォーマンス。

倒立、側転、足の回転、、的な動きが主体なのだけど、
そのスピードが独特で、不思議な浮遊感。

そこに、ハウスのダンサーズが登場し、
これまた驚異の身体能力で、重力を無視した浮遊感たっぷりのパフォーマンスを繰り広げる。

ええと、、自分
ハウスって、割と足だけの動きと誤解してたんですが、
あの身体の動きは、、物凄い筋力を必要とするのではないだろうか?

ガン見距離でまのあたりにする まっとうなハウス
迫力あり過ぎて 息止まった!!

あとね、、やっぱりハウスって、リズムのノリ自体気持ち~んだけど、
そのリズムを、パーカスだけで表現するの ほんっとやばい。

気持ちよすぎてどっか逝きそう

そしてクライマックスでは、
カポイエラのダンサーと、ハウスのダンサーと、
同じステップを踏み
絡み
そしてバトル、、、!

いっや~~
あのコーフンを、どうやって言葉にしたらいいか判らないよ!!

背筋凍りまくって、でも体温上昇した~~
みていただけなのに汗だく、、(^ ^;)

               ===

Vanilla Grotesques
  →牧宗孝(MIKEY)さんブログ
さて!
この方は、、(ワタシ知らなかったんですが)かな~り有名な方みたいです。

暗いステージの最奥に、簡易ビニールハウスみたいな装置が運び込まれ、、
前方では、たぶん女の子ダンサーがスタンバイ。
証明があたると、う~ん、何ていうんでしょうかね。

カンボジアの仏像?
的なコスチュームに身を包んだダンサー登場。

ボディにまとう、銀色のシャラシャラした金属的な衣装は、
なんと、、缶飲料のプルタブをつなげて出来ているそうだ!
(MIKEYさんのブログを丁寧に読むと、その準備過程がわかる!!)

不思議なアナウンスとともに、流れるエスニックな音楽。
スクリーンには、なにやら水墨の山水画みたいな絵が映し出され、、
同じ衣装を身に付けた 沢山のダンサーが登場!

遠くから見てると余りわからなかったかもしれないが、
Kidsの他、男性ダンサーも何名か踊ってた。


盛り上がってきたところで登場する MIKEYさん
ものすごい盛りヘアーに、ぎんぎら衣装。お手製の、、つうか破いて網になった網タイツ
グラサンかけて登場したシーンでは、
GAGAさんかと思ってしまいました(爆)

しかし、、ダンスは切れっ切れで
ものすごい!!!
うん
そうなの。

とにかく凄いの!! 切れ半端ナイの!!!

お唄もうたうの!
眼力(めぢから)半端ナイの!!

いや~~~ 魅入ってしまった。

素晴らしく豪華で、とっても楽しいステージでした!!
彼らのパフォーマンス、また観た~い

               ***

初日のパフォーマンス、最前ブロックのセンター付近を占めていたのは、
ほとんどが Leadさんのファンの人々のようだった。

、、そのためか判らないけど、
第一部、あんなすごいパフォーマンスが繰り広げられてたのに、
最前センターの客席は し~~ん としてて

手拍子うったり歓声あげたりしてたの
隣と前にいた大知ファン友、私を含む3人だけで、、、

寂しかった(; _ ;)

なんだろうね、マナー、、とまでは言わないけどさ、
せっかく最前ブロックのセンターという好位置にいるんだから、
知らない人のパフォーマンスでも、せいいっぱい楽しんで応援しようとか

考えたり しないのかな~?
みなさん。

                ===

しかし、2日目は
スタンディングこそないものの
第一部から、ノリノリで、いろんなコーナーで声援が飛んで

わいわい騒いで、楽しく過ごせた
やっぱり、、ライヴ・イベント。参加するからにはこうでなくっちゃね♪


さていよいよ、第二部は、、
リポート・その3に 続きます。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「UPPER FIELD - STREET DANCE FESTIVAL-」イベントリポ・その3 | 社会参加の実際 | 「UPPER FIELD」イベントリポ・その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。