違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
RAIN CHARITY CONCERT in 日本武道館
2011-09-14 Wed 00:34
あぅ、、セトリ全然おぼえてないよ~
誰か教えて?

覚えてなさ過ぎて
何も書けない、、、

↑といいつつ、誰かがセトリあげてないかどうか探してみたけど、
そういやこのライヴは神戸でもあるから、、
ネタバレ控えてUPしてない人もいるのだった。

こちらのブログに来ていただいてる方は、
余り関係ないと思うので書いちゃいますが、、
観たくない方は展開しないように!!

★9.17追記:セトリほぼ完成しました~

               ***
RAIN CHARITY CONCERT @日本武道館 っというわけで、RAINくん。
入隊前(おそらく)最後の来日コンサートに行ってきました♪

私、、事前にあんまし調べてなかったんですが、
単なるライヴ・コンサートではなく、「LIVE & TALK」って
ちゃんとポスターにも書いてありますね(^ ^;)

…じっさいのところ TALKにはほとんど興味が無いので
もし内容知ってたら行くのやめてたかも(^ ^;;)


でもまぁ、、行ってよかったです!
LIVEのパフォーマンスはまじ凄かった!!

               ***

全体の構成はこんな感じ
Ⅰ. LIVE (2曲)
Ⅱ. 司会者を交えてのトーク・コーナー
Ⅲ. LIVE (3曲)
Ⅳ. 司会者を交えてのプチ・トーク・コーナー
Ⅴ. LIVE (MC交えて7曲)


でね。
Ⅱのトーク・コーナーがものっそい長かった!
たぶん、、このコーナーだけで45分以上は使ってたと思う。

事前に LIVE&TALKって情報をリサーチしてなかったので、、、とにかく長く感じた。
多分、ファンミーティングってこんな感じなんだろうね?
いったことないけど多分。

ライヴをみにきたのに~~~ってつい思ってしまった。

、、、いやね。
RAINくんひょうきんだし はっちゃけてるし
ものすごく楽しかったですよ このコーナー
RAINくんの表情も くるくる変わって素敵だった

ただ、、私は
たとえそれが三浦さんであっても
トーク・イベントのために わざわざ足を運ぼうとか
余り考えない方なので

トークの時間が長すぎるのには、、イラっとしました。

すみません。
普通のファンの人々にとっては、、
彼のトークが好きで好きで仕方ない人も 沢山いるのでしょうね。


うん、、、そうだよね。
私だって、、三浦さんのラジオ聴いて癒されたりするもんね。

ただ、、やっぱり
三浦さんですら
生で唄わない公開放送に わざわざ出掛けて行こうとは思わないんだけど。

…まぁ 人それぞれです。

               ***

セトリ、、、歯抜けが多過ぎて哀しい。
記憶力なさすぎです。

★9.17追記:セトリ補正しました。ふふふのふ。
かなり完璧になりましたが、、最後の曲名がちょっと不安。
でも、この曲やったと思うんですよ絶対。ただ、、どこでやったか覚えてないだけ!!


#01. Hip Song
#02. YOU

~トーク・コーナー (とても長い)

#03. 부산여자 (Busan Woman) ←当りですw
#04. WITH U
$05. Fresh Woman

~トーク・コーナー

#06. 悪い男
#07. 太陽を避ける方法
#08. It's Raining
#09. I'm Comming

#10. RAINISM

 ~ビデオ映像コーナー、流れたBGMは Friends

#11. 君を掴む歌
#12. さよならの代わりに ...(多分)
#13. Dance Number


               ***

#01. Hip Song ~ #02. YOU

どアタマはライヴ・コーナーで始まりました。

私の席は1Fスタンド西の、、
前から2列目ってことはけっこう近いんですけど、会場そのものが約半分しか使ってなくて
西コーナーは、ステージの真横って位置づけでした。

ってことで、舞台奥からRAINくんが登場するシーンは
舞台袖に遮られ肉眼ではまるで見えませんでした(T - T)

さて、舞台奥から登場する際のRAINくん
強い光線をバックに、シルエットで登場しました(モニタースクリーンで確認)

服装は、、シルバーグレイの三つ揃い!
白シャツは襟元を少し緩め、黒くて細いタイもルーズに着崩してます
靴は、ちょっと色不明なんですが、エナメルぽい光沢のある、、たぶんガンメタっぽいチャコール。
いきなしフォーマルです
くぅ、、スーツ似合うなぁ!RAINくん

頭小さいし、スタイルのバランスがまじモデル。

どアタマの1曲は、いきなしの Hip Song
イントロがかかって会場から大歓声!

え===っ、あの三つ揃いで Hip Song踊るデスカ!?

あ、いや
Zepp Tourのときもスーツっぽい衣装でしたけど、
この日の衣装は どフォーマルって感じのスーツだったからさ

続いて登場した男性ダンサーズ6名
こちらは黒の三つ揃いで、、膝から下が、光沢のある素材になってるデザイン
(ダンサーズはモニターに大写しにならないため、詳細はよく見えない)

これ、最近のライヴで三浦さんのはいてるパンツとコンセプト同じだよね? はやってるの??

さらに途中から 女性ダンサーズ4名も登場
こちらはいつもの プチゴシックな黒のセクシー系衣装

で で
スーツで踊ったからというのが理由じゃないだろうけれど
Hip Songのダンスは、若干ルーズな感じに見えました。

…てゆうほどオリジナルをチェックしてるわけじゃないし
そもそもこの曲は、しょっちゅう衣装やダンスのフォーメーション変えて
ぜんぜん違う雰囲気でパフォーマンスする傾向だし

ただ 今回のパフォーマンスは
全体にノーブルだった かな?


引き続き 2曲目 YOUなんですが、、
これ、、アレンジ相当変わってて何の曲か気付かなかった!

なんというか もろダンス・リミックスって感じの
ビートを強調したアレンジで、、
実は 舞台の袖付近に、、DJブースみたいのがあって。
MACと機材が置かれてた。
暗くてよく見えなかったんだけど、、
ギター弾いてた人が、ときどきそのDJブースにいって
トラックいじってたように見えた!

これは、、今までみたRAINくんのライヴではなかった構成!!
(今までは、普通に生バンド&生コーラスだった)

今までの彼のバック・ミュージシャン
…言ったらアレだけどセンスが割と歌謡曲で「…あれっ?」て感じだったけど、
今回のギタリストはすっごくいい感じ!

RAINくんの楽曲が、、ちゃ~んと現代のクラブでかかっても大丈夫な感じに、、聴こえましたww

、、、私ってすごく失礼なこと言ってる?www


~トーク・コーナー (とても長い)

ダンサーズ退場。
舞台には女性司会者と通訳が登場し、中央に小さなデスクと椅子が設置される

おおっ、、これはまさに ファンミーティングの様相。

トークのネタは、、、
用意された iPadの中に RAINくんのいろいろな写真が入っていて
その写真を彼自身がチョイスしてスクリーンに映し出し、、、自己ツッコミを入れるというもの

「カッコイイ」とか「髪型いまいち」とか

…いちいち彼のつっこみコメが笑えて大爆笑。
さらに会場の反応を窺って、それに対して喜んだり憮然としたり
さまざまな表情をみせてくれるのも

、、、恐らくこうしたファンミの醍醐味。
こういうサービスが好きで、韓流タレントのファンになる人は後を絶たないんだと思う。

う~ん、、日本のアーティストは、こういうファンサービスしないからね。


いずれにせよ、前述の通り、、
私個人的には、ルックスやキャラクターよりも
まず パフォーマンスを見たいって想いがあるので、、

こういうサービスしてくれるってだけの理由で
ファンになることはないですね。
(もちろんこういうサービスを否定してるわけじゃないです。すごく楽しいし、親近感持てるし)

…話それてすんません。


#03. 新曲 BUSAN WOMAN? (自信ない…)
#04.
$05. Fresh Woman


え~、長い長いトーク・コーナーがようやく終わり(自分視点ですスミマセン)、
ライヴ・コーナーです。

この日は、昼の部・夜の部という2部構成で、、
昼の部は空腹状態でライヴをして とてもお腹が減って、、
ラーメンやスシをいっぱいたべて
今はお腹いっぱいです

…って 日本語混じりでトークしてたRAINくん。

踊る前にそんなにお腹に入れて大丈夫なの?

ただ、、かなり大げさなこと言った後
「…チョウタンデス」
という一言がときどき入る

どこまで本気でどこから冗談なのか よくわかんないけどw

そういや~
日曜日の三浦さんは、ライヴ直前、リハ終わってから本番までの間にご飯食べたって言ってたよね
RAINくんもマジなのかこれ?

…強靭な消化器官だなぁ~


またまた話がそれました。

ええと、、2度目のライヴ・コーナー
1曲目はたしか 新曲の「釜山ウーマン」だったと思います。
…ちょっと自信なくなってきてます。

おうち帰って聞き直してみたら、、、ますます分らなくなりました(^ ^;)

ミディアム・テンポで、軽く踊れるノリの曲だったのは確かで
ただ ダンサーズは登場せず、スタンド・マイクでじっくり唄ってました。


ここからチェンジした衣装は ほとんど黒
黒ボトムに 前身ごろにゴージャスな金の模様の入った長袖の黒シャツ
て感じかな?

前ボタン2,3個あけてたけど、、露出は少なめ

1曲目を唄い終えると
マイク・スタンドを片付け、、ヘッドセットを着用。
(あ RAINくん、そういや基本はヘッドセットです)

2曲目~3曲目ではダンサーズも登場し、
またまたノリノリのダンス・チューンです!!

2曲目も絶対知ってる曲なんだが、、前述のように
かなりアゲアゲにトラックがリミックスされていて 原曲の雰囲気をとどめてない

…いや単におぼえてないだけかorz

3曲目が Fresh Womanであることは、、サビでわかったんだけど(^ ^;;)
う~ん、、くやしい、、、


印象なんだけど、
これまでみたライヴ・パフォーマンスでは割と、
全力で踊るから途中から息があがって 唄の方がおざなりになる傾向があったと思うんだけど、、

今回のライヴでは それをかなり意識して避ける努力をしてる気がした。

たとえば1曲のうちでも、
しっかり唄うところと がっつり踊るところを くっきり切り分けて
唄がおろそかにならないように気を配ってるとおもえた

なので、そのぶん
振り付けの印象も大分変わってみえたな

RAINくんが唄に集中してるときは ダンサーズが頑張って踊ってる感じ


~トーク・コーナー

そしてまたまたトーク・コーナー
…うわ~、今回何曲唄ってくれるつもりなんだろ!? コンサートじゃなかったのか~
と脳裏に一抹の不安がよぎった時間ww

このコーナーでは、
RAINくんが、あらかじめ(自分で)作成してきた質問に自分で答えると言う、、
自分大好きなコーナーでしたwww

内容は、、かすかな記憶に頼ってるのでまぁ大体ですが、

・女性が魅力的だな、と感じるところ
 第一位 よく笑うひと
 第二位 よい香りのするひと
 第三位 気配りのできるひと

・自分がいちばん格好イイと思う瞬間
 第一位 シャワーを浴びたあと
 第二位 ダンス~
 第三位 今!

ですって。

1番目の質問の答え、、 なんとなく三浦さんを連想させるところがありますなw 笑った。

2番目の質問の答え
自宅には等身大のミラーがあって、シャワーを浴びたあと全身をチェックするのが習慣
…そのときに「俺ってカッコイイ」と思える自意識過剰っぷりがいいすねw


#06. 太陽を避ける方法?
#07. It's Raining?
#08.
#09.


またまた衣装チェンジ。
今度は、、といっても、今度もアンダーとボトムが黒で、
上着だけ変えてきた感じにも?

上着はオレンジゴールド系の、、ええい、デザイン忘れた(^ ^;)


で、多分さいしょは「太陽を避ける方法」だったと思うんですが、、
半分くらいしか自信なす

ま もしかして曲順は違うかもですが、
とにかくこの曲では もちろん

ポケットからサングラスを撮りだして
ゆっくりと顔の前にかざして、、装着

っていう あの前振りがありまして~


そこまでは いつも通りの「太陽~」なんですが、

いつもより ダンスがかなり多めだった気がします。

この曲、基本的にはバラードなので、
いつもは割と軽く踊る感じだったと記憶してますが、

今回は、
スローテンポだけど それなりにがっつり踊ってました

そういえば、、PVでもがっつり踊ってたよねこの曲?


あと、#07~#08 は、フル尺じゃなく
ちょっと短めのアレンジでメドレーっぽい展開というか
リズム主体のリミックスで繋がってたっていうか

とにかく ばりばりのダンス・アレンジになってた

で、、どっちかが It's Rainingだった、、、筈


そして #09は、、ライヴでは必ずやる曲なんだけど、曲名を思い出せない!

ダンスがものっそい印象的で、、これまで私が見たライヴでは、すべて同じ印象のパフォーマンスだったのだけど、
今回は振り付けを全然変えてきてた。

これまでのは、少々凝った演出の振り付けだったのが、
シンプルにがっつりとダンスを見せる、、ってコンセプトの振り付けに変わってた。


ここで、、、ちょっぴりMCが入った気がする。
絶賛おぼえてないんだけど、、、

なんだか お別れの言葉っぽい 切ない系の言葉がおおく
(実際、、このステージを最後に、とうぶんRAINくんの来日公演は実現しないわけで)

これでライヴ終わり? みたいな雰囲気に

…しかしまだライヴそのものは終わってなくて


#10. RAINISM

そしてそれからの~ Rainismですよ!!
これも盛り上がった!!

うんこれも、、
がちダンス・トラックなリミックスになっててね
生ギターのリフやアドリブが、い~感じで入っててね

そしてやっぱり 振り付けも微妙に変わっててね

何というか、、ここんとこの 格闘系RAINくんっていうよりも
むしろ 25歳くらいの若い頃の、しなやかなダンスを思い出した。


ここで、またRAINくん、そして一同は、ステージから退場

今度こそラストなのかな~って
会場中から「チョン・ジフン!」の大歓声アンコール開始

、、、とまもなく
舞台奥のバックスクリーンに、ジフニの映像が映し出され、、
(またまた曲名が思い出せないのだが)
あの有名なバラードナンバーが流れる…(これは音源)


そして、フルコーラスで曲が流れたあと
ふたたびRAINくん登場

#11. 君を掴む歌
#12. (知らない曲)


君を掴む歌 は、なんと
ギター1本の伴奏で、、弾き語りに近いカタチで1コーラス

う~ん、、やっぱりRAINの声って素敵だ~
それにやっぱり上手いよ~


2コーラス目(3コーラス目だったかも?)からは ダンサーズも登場
ただ、、いつもの、半裸パフォーマンスはなしでww

とにかく誠心誠意で ダンスと歌に全力を尽くしてくれてたって感じ


その次の曲は 知らない曲だけど
うってかわってアップなダンス・ナンバー
これはVocalが入ってた。


続くライヴ最後の曲は、Vocalなしのアップ・ナンバー

もう、、Zeppのアンコールのときみたいな、
RAINくんもダンサーも、思い切りの踊りまくり状態で、、、

会場全員に腕ふりやジャンプを強要して、、

(といっても 周囲を見渡せば
 サイリウム振ってるおばさまばかりww
 ジャンプしたら足傷めそう、、)


とにかく ものっそい盛り上がりのうちにライヴが終了しました。

アンコールはなし。

最後の曲で踊ってるうちに、場内の照明は完全に明るくなって、、
ファン達のコールもむなしく 場内アナウンスが流れました。

               ***

うん。
最初にみた代々木とか埼玉アリーナでは、、
どちらかというとショー形式のダンス・エンターテインメントみたいな
まぁゴージャスで一般受けはするけど ノリはいまちょっと

な感じだったのだけれど

今回のステージは まさに Zepp Tokyoを彷彿とさせる
ダンス主体のノリ
しかも、、ダンスの内容が、奇をてらうんでなく、ダンスそのものをがっつり見せる感じ

それに
唄も がっつり聴かせる感じ


ものすごくよかったです!!
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あるばいと | 社会参加の実際 | 未だ伸び盛りの天才>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。