違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
R-Festa2011 -冬- @六本木ニコファーレ の参戦感想。
2011-12-20 Tue 00:22
Entrance 12/18(日) 「R-Festa 2011 -冬-」
小さな箱だし、とてもチケット取れる気がしなかったので、ニコ生で視聴する予定だったんだけど、、
どうしても行きたい! っていう友人に頼まれたので
頑張って入場チケットを取ったのであった。

ニコ生は、、なんたってコメント参加するのが楽しいんだけれど、
うん今回は、生でステージを見られたのは正解だったかも。


               ***

会場のニコファーレは、六本木のかなりいい場所にあります。
イナカモノな自分は、あまり都心に詳しくないので正しく解説できなくて恐縮だけど、
元々は確か、、かなり有名なスポットの跡地に建てられたイベントスペースなんだよね。

冒頭のお写真は、エントランスロビー内から、会場入り口をうつした写真。
まぁ、公式サイトの施設概要をみれば、お写真沢山載っているんだけれどもw

公式サイトに示してあるとおり、
収容人数は400名弱。4方の壁面がLEDモニターになっており、
任意の画像を、360度に映し出せる、、という仕組み。

…これはなかなか、アミューズメントなスポットでございます。

               ***

さて、ライヴの構成ですが、出演8組のアーティストは
こんな順番だったかと思う(もし間違ってたらごめんなさい!)

青山テルマ
清水翔太
Ms.OOJA
TERRY&ERIKA
加藤ミリヤ
JAY'ED
JAMOSA
三浦大知


各アーティストは、2~3曲ずつ
20:00から始まったイベントは22:45頃には終了してたかと。

どっかで一応 Breakが入って、イベントスポンサーの”日本工学院”の学生ダンサーが踊るコーナーとかあったけど、
どこだったかな
ミリヤちゃんの前だったかな? (う~ん、、記憶が定かでない…)

夏の R-Festaにも出演されてた DARTHREIDERさんという方がMCを担当されてて、、
最初、ちょっと登場してちょっとMC
あとは、、ところどころで出てくるけどほとんどしゃべらなくて、

ほとんど休みなしに パフォーマンスが続いた感じでしょうかな。

…いま、この記事を書くために調べたら、
DARTHREIDERさん、この日はかなり体調不良だったらしい。
イベントそのものが、予定時刻より大分早く終わったのは、
ひょっとして彼が余りしゃべれなかったから、、なのかも

体調不良でも、入院するような病気でなければ
なかなか欠席とはいかなそうなこういう世界
おつかれさまです…

               ***

さて。
自分が頑張ってGETしたチケットは100番ちょっとの整理番号。
ふだんのライヴスポットなら、そこそこいい場所に行けてもいい良番なんだけど、
なにしろ箱が狭いので、、どこまで行けるのか一抹の不安はあったけど、

前から5,6列目のセンター付近にポジショニングできました。
(同行したKちゃんは私より若干身長低いので、隣ではなく前後に並びました)

とにかく360度LEDのスクリーンが凄い迫力で!
ライヴ始まる前から、アゲアゲな気分でした!!

まぁ、箱が小さいってことは、
大きいハコに比べて入場にも余り時間がかからず、待ち時間も短いっていうメリットはあります^^

               ***

それではライヴの感想を、アーティストごとに簡単に。
(基本的に曲名とかわかりません。すまん!)


青山テルマ
トップバッターは、、なんと青山テルマちゃん!
いきなりビッグネームの登場ですか!!

彼女のパフォーマンスを初めて観たのは
たぶん去年の夏の Joy Liveだったかと思いますが、
そんときは、(生声すげーな)って印象しか残ってなくて
夏の R-Festaで、初めてじっくり歌やMCを聴いて

可愛いなぁ~~~と^^

物凄く細い身体で、
パワフルなVoice

なによりもその…キャラクターがいんですよね
元気系で
女子がいっぱつでファンになっちゃうタイプです。

曲とか ぜんぜん知らなくても
いつのまにかノッてしまって… ものすごく楽しい時間を過ごせる感じ

また見たいですね~ 彼女のライヴは♪


清水翔太
このイベントで、一番ファンが入ってるだろうな~~ と思ってたしみしょ~くん
意外にも2番手の登場でした。

まぁ、、最近では三浦くんのファンが増えてきたので、
ふたりの登場順は、前半と後半に分れるだろうなぁ、、とは予想してたのだが、

しみしょ~くんが前半早い時間の登場だったので、
こりゃ~三浦くんは後半かなって。

それにしても。
熱心な大知ファンのアツイ気持ちは分らんではないのですが、、
他アーティストが登場してるさなかに

「大知まだ~」
みたいなコメントは、本当に失礼な気がします。

…せめて、そういう書き込みはつなぎの時間にしようよ。

しみしょ~さんは、
Cuteなルックスと、軽やかでノリのいい曲調が素敵
ファンが多いのもうなずけます

ただ、、何度も書いてますが
自分自身の好みには個人的にヒットしないんだよね。てへ。

夏の R-Festaのときは、
彼の出番がきたらステージにどっと押し寄せて、パフォーマンス終わったらさ~~っと団体でひけて
しみしょ~ファンの人怖い…って印象があったけど、

やっぱり、彼が好きで好きで しょうがない人たちなんだなぁって
間近で見て思いました。

それにまぁ、、お目当てのアーティストが終わって
帰りたくなる気持ちは わからなくはない

別アーティスト目当ての人たちに
いい場所を譲るっていう気持ちもあるかもしれないしね

ちょっと考えを改めます。


あとで某所の動画みたら
最前付近は、しみしょ~タオルばっかりかかってましたね(^ ^;)

さすがアツイ!!


Ms.OOJA
この人のパフォーマンスも 何度か見てますね

いきなり、アカペラの唄いだしは
けっこう衝撃的だったようで…
大知ファンの友人にも 感銘を受けてる人がいたようです

名古屋方面のご出身だそうですが、
外国人の血が混血されてるのかな?
かなりの美人さんです。

ただ 唄い方は
いわゆる日本人の女性R&Bシンガーさんだな …て感じです

なんでしょうね~
多分、、太い声を出すために 喉を開いて発声してるんですが

ちょっと声楽っぽい発声の感じなのね

そういう発声だと
地声とファルセットの境目も美しいと思うし
実際、、美しい発声だと思うんです


本当に これも純粋に 好みの問題で

わたし個人は
もっと 強烈にパンチのある声が好きで

そういうのは、、素質の問題なので

仕方ないんですね


彼女も、すごく歌は上手いと思うんですが…
申し訳ないんですが
他の女性シンガーと 余り区別がつかないんですよね

ほんとう すみません…


TERRY&ERIKA
今回初めてみたアーティストです。
男性ラッパーと女性シンガーのユニットで、
3月に被災した地域のご出身らしいです。

KREVAさんがきっかけで
「H♡PE」も大好きになった自分
ラップの良さってのを 改めて知ってる感じの今日この頃

ラップ系の曲って、歌詞を聴くんだよねぇ…
ということで
この人らは、2曲しか唄わなかったんですが、
すごいよかった。

自然に身体がうごくリズムと、説得力のある歌詞

あと、女性シンガーさんの声が美しくてね
レベルとしては、もう少し…てとこかもなんですが、
一所懸命唄ってる美しい声も
なにかすごく感動的だったな~

音楽は理屈じゃないよね うんうん



多分この辺りで、、 Breakが入ったはず

夏もイベント・スポンサーを務めていた”日本工学院”さんの
学生ダンサーが8名登場して踊るという

夏のときは、完全に休憩時間という感じで
中座する人も多かったんですが、、
さすがに この小さなニコファーレでは、
身動きとれないほどのギューギュー詰めだったので
皆で 大人しくパフォーマンスを見ました。

感想は、、、う~ん。

自分たち、たぶん普段見てるパフォーマンスのレベルが高過ぎるんですね。
ははははは(^ ^;)


加藤ミリヤ
加藤ミリヤちゃんの出番になって、
左サイドから物凄い圧力がかかりました。

気付けば、、そこに居なかった人々が、めり込んできてます。
ミリヤちゃんファン専用なんですかね、
”M”の文字の形をしたサイリウムを手に
その場にいた人々を押しのけて、センター付近に寄ってくるファンの人々

まじで足場がなくなって
つい「おさないでください~」と叫んでしまった。

隣に居たのは(たぶん)大知ファンのカップルで、
別に彼らが押してきたんじゃなく、
彼らの向こうにいたミリヤちゃんファンが押して来たのはわかってたんだけど、、

カップルの男性の方が、すまなそうにこっちを見てきたので
「あ、大声出してごめんなさい」と

…本当にね
それこそ、好きなアーティストを間近でみたい
少しでも近くでみたいって
気持ちはわかるけど

それは誰もが同じ気持ち
それで頑張って、早くからチケット取ってるんじゃない

人を押しのけて
自分さえよければ っていう考え方
勘弁して欲しいな

せっかくの楽しいライヴが
しょぼぼ~んって気持ちになってしまった(_ _;)


私だって、ミリヤちゃんのステージ 楽しみたかったのになあ…

足場を確保するための闘いに 気持ちを費やしたくなんかなかったよ


それでも、大知ファンの友人たちは みんな
「加藤ミリヤちゃんとか、普段こんな小さなホールでライヴないから…
 きっとファンのみんなにとってはすごい貴重な機会なんだよね」
って

あの 凄まじいファン達の行動を
ポジティブに解釈してた

みんな偉いな~
やっぱり大知ファンは 素敵な人ばかりだって

ますます確信したのでした


JAY'ED
MJ Tribute Liveぶりの Jay'edさん♪

代々木では、ちょっと曲調と声が合ってないかな~ なんても感じた Jay'edさんでしたが、
この日の選曲はばっちり!!
やっぱり持ち歌は違うんだな~~

うん、彼の声は 細いわけじゃなくて、、
かなり声量はあるんだけど、ただ響きがあまり前面に出ない音域がある感じかな?

彼本来の声は 文句なしに美しいし

でも 今回の選曲は
ただ美しいだけの曲ではなく

格好いい曲もあって、、
すごくよいパフォーマンスでした!!

あと
彼ってMCも何気に面白い

関西出身なんだよねw
あの、バタ臭い顔立ちと
ちょっとぶきっちょなペースの関西弁

その…下手な芸人みたいなMCからの 圧倒的な美声

ふふ
彼も、典型的なギャップ・シンガーですよね


JAMOSA
人数数えながらみてたんですが、
すまん!
彼女の存在をわすれてた(^ ^;)

ええと、、 Ms.OOJaさんとこで書いたのと
同じことを書く感じになっちゃうんだけど、

なんだろうねぇ、、
声質がたしょう違っても

やはり… だいぶぶんの日本人女性R&Bシンガーって
加藤ミリヤちゃんを筆頭として
みんな 同じような唄い方してる気がして仕方ないんです (あくまでも当社比)

なんでだろ?

あと
名前がみんな、、なんかアルファベットというのも 紛らわしいよね
(自分だけかも?)


福岡R&B祭でみた 宏美なんかは
彼女と同じような いわゆる日本人的な声質でも
やはり 個性がある気がしたんだけど…

なんというか、こういう
異常に喉を開くような発声に ちょっと食傷気味…

上手いと思うんですよ
思うんだけどね~~…

               ***

三浦大知
さて。
大トリは、、三浦大知くん。

なんていうかね、MCダースレイダーさんの 冒頭のしゃべりに
実はちょっとヒントがあったりした気がするんだよね
「三浦大知のダンス・パフォーマンスを見たいか~?」
って

思わず言っちゃったでしょ彼?ww

あの瞬間に、
あ~大知くん、今日はトリなのかもって 割と思ったww

順当に行けば、会場に押し寄せるファンは
しみしょ~くんのファンが大多数で、
加藤ミリヤちゃんファンも検討するだろうけど、、追加出演だったから、最多数にはならないだろうかと
でも、この二人のファンがかなりの数占めるんだろうなって

予想してたけど

入場待ち列で、沢山のファン友さんに会って
入場後に耳に入るおしゃべりからも かなりの大知ファンが
会場に来ていることがわかりました

しみしょ~さんのファンが、最前列にざざっと陣取ってるという話を書きましたが、
3~5列目のセンター付近、、自分の周囲は、ほとんど明らかな大知ファンでした。


セトリは、ご承知の通り

- Black Hole
- SHOUT IT
- Lullaby


の3曲。
この3曲は、、そういやぁどれも「流派-r」のテーマ曲になってたので、
当然ちゃ当然の選曲だったのかな。

三浦さんのパフォーマンスは、既に某所にあがってるので、
ニコ生をリアルで見られなかった方も
恐らく目にしてるんだろうという前提で書きますが、、

いや~~
物凄い迫力でした!!

どアタマのBHで流れた映像
ひょっとすると、MV以上に Black Holeをイメージさせるような 360度映像!!
これは痺れた~

いや勿論、真の意味で痺れたのは大知くんのパフォーマンスだけどね

タワレコの感想でも書いたとおり、
この曲は、、大知くんの声域を知り尽くした Nao'ymtさんが書いただけあって
彼の声が いちばん美しく響く声域でかかれてる気がして

踊りながら唄ってるとは思えない 声の魔力

まぁね ダンスも美しいんだけど、、
やはり自分としては
歌の方に意識が強くとらわれてしまう傾向にあってね

そうそう そしてこの会場は、
音響も素晴らしいんですよ!
小さい箱だけに、PAのコントロールばっちりで

Jay'edさんときも思ったけど、
アーティストの声を最大限に活かす 抜群のPA

そこに映像技術の凄さも加わって そりゃもう

素晴らしいです♪


BHのパフォーマンスで すっかり持っていかれた自分たち
もう発狂しそうな程 騒いでたわけですが、、

そんな熱狂の中 はじまるSHOUT IT

もともと大知ファンでない観客も
つられてノリノリになってしまっていた!!

これはもう… ニコ生を通してご覧になられてた皆さんにも
じゅうぶんに伝わってた筈!!


そして 多くは語りますまいが、
さいごの Lullaby
アカペラ始まりのこの曲は 何度も生ライヴで聴いてる筈なのですが、

あの距離感で、
それまでマイクを通して聴いていた歌声が

いきなり生声になる

その声の響き

背筋が凍るような ゾクゾク感…

これも、、この会場ならではの 音響コントロールの実力なのかもしれませんが、
じつにすばらしい瞬間でした。

(私はこの翌日
 三浦さんの”生声”だけ っていう夢を見てしまいました
 …それほど印象に強く残る声 だったんですよね~)


ああ、あとですね~ 三浦さん
Lullabyは、ず~っと私の方を見て唄ってくれました

最初 その視線を余り意識してなかったんだけど
はっと気付いたら 私の方ばっかりガン見してるじゃありませんか!!


………Ψ( ̄ ▽  ̄;)Ψ


いや真面目な話
最近は、なんとなく自分、ファンの一員として顔を覚えてもらえた気が
なんとなくしてます。

それで、これは有名な話ですが、、
大知くんって、余り最前列付近のファンを見ないのね

だいたい、、4列目~6列目のセンターブロック辺りに
視線を定めて唄ってることが多いようです。

あと。
こういう、多数アーティストが出演するイベントでは、
やはり、自分のファンの方を見て唄う感じで、、

なので、
なんとなく顔を覚えてもらえたっぽい自分の方を
なんとなくみて唄ってくれてたのは本当だと思います。

私 に限ってじゃないだろうけどww
(もちろん 私のすぐ前にいたKちゃんは、自分を見て唄ってたと主張www)

               ***

しかしあれですね~
福岡R&B祭でもトリだったし、
三浦さんのイキオイ
凄いことになってますな。

この調子で、、あげあげで行って欲しいものです。

ひとまず
こちらのリポはこれで終了します。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おはようございます。 | 社会参加の実際 | おはようございます。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。