違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」ライヴ参戦リポ。
2011-12-26 Mon 00:00
「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」
代々木第一体育館。
とにかく三浦大知くんの出演が決まったときには、既に各ファンクラブ先行が終わったところで、、
一般発売チケットはあっつう間にSoldOut。

どうしたもんかな~と思っていたところ。
それでも、、大きなアリーナ会場で唄う大知くんを一目見たい!っていう一心で、、
チケ買ってぼっち参戦してみたのでした。


あ、
私のどうでもええ感想より、素晴らしいリポートがあるので、一応リンク貼っときます♪

● MTV BLOG→「12月25日(日)LAWSON presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE supported by スカパー!」

               ***

イベントの模様は、BSスカパー!で、(キャンペーン期間中につき)無料で視聴&録画できるということで、、
1日目~2日目の模様も、録画してチェックしてみたり。

長時間にわたるイベントなので、
1アーティスト辺りの持ち時間は、約30分。
MCなんかで相当引っ張っても大丈夫な感じでした。

…とゆうことで、ドタ参戦を決めた自分の選択は、、けっこう正しかったなと思いつつ、
わくわくと代々木に向かった最終日。

アーティストの登場順は、次のとおり。

Opening Act: BREATHE
Ⅰ. SHINee
Ⅱ. SPYAIR
Ⅲ. NICO Touches the Walls
Ⅳ. flumpool
Ⅴ. JAY'ED
Ⅵ. 三浦大知
Ⅶ. Hilcrhyme
Ⅷ. FTISLAND


               ***

それでは、、既に朦朧としてる記憶を
Twitterの自分つぶやきログ&上述の構成を主体に、再現してみましょう!

代々木体育館にゃう♪ 予想より見えるかも~(嬉)
posted at 14:33:53
今回の座席、、ネットで入手した2階席でした。
先日、MJ TORIBUTE LIVEでアリーナ席から見上げた2階席は、随分遠いな~と感じたものですが、
やはりスタンド席は見やすい!
まぁちっさいけど 見やすいことは確か
そして何しろ、、大モニターが3つあるので、
いちばん近くのモニターは、かなりよく見えました。

Opening Act: BREATHE
え~、開演15分前、
自分は、反対側スタンドにいるはずの友人の席に向かっていて、
あとちょっとで着くか …ってときに、彼らのオープニング・アクトが始まってしまいました。
友人たちは1階席、自分は反対側スタンドの2階席なんで、、
あわてて引き返したけど、
けっきょく、、彼らのステージはほとんど見られなかった(^ ^;)

ごめんしゃいww


Ⅰ. SHINee
しゃいにさん、歌うま~い!
posted at 15:29:11
…そして、会場内しゃいにファン多過ぎw
posted at 15:30:15
ものすごくアウェーな気分…(´~`;)
posted at 15:31:31
この日のトップバッターがしゃいにさんであることは、
どっかで情報あったらしく、
ファンは既に、彼ら専用の応援色(なんとかアクアグリーン)のサイリウムで、
万全の応援体制。

その数やすさまじいもので、、
会場全体を見渡したら、半数以上のひとが、なんとかアクアグリーンのサイリウムを
降っているではないか!!!

あとで、しゃいにクラスタで参戦していた友人にきいたところ、
実際にアリーナや1Fスタンドは、
ほとんど先行枠で埋まっていららしいのだった。

この、、しゃいにさんと、最後のFTなんとかさんが、
K-POPアーティストなわけだが、
ジャンル全然違うと思うのに、、ファンの大多数が、
緑と黄色(FTさんの応援色)のサイリウム両方持ってるようなのだった( ̄ ▽  ̄;)

意味わからないぞ K-POPファンの皆さん…

ということで、
Twitterで呟いたように、
思った以上に安定していたシャイニさんのパフォーマンスを評価すると同時に
この時点で、、ぼっち参戦の自分は、果てしないアウェー感を抱いていたのでした。


Ⅱ. SPYAIR
…次はバンドだな。楽器類セッティングちう
posted at 15:33:32
二組めさん、バンド名読み方ワカランかったがリズム隊きもち~♪ あと声好き系…♪
posted at 16:08:29
両隣は、意外と純しゃいにクラスタではなく… 単にノリ良すぎな女子ぽ
posted at 16:10:24
1アーティストの演奏が終わって、次の組のパフォーマンスへの準備時間
かなり時間をとってます。
まぁ、、楽器を必要としないアーティストなんかは、準備も簡単だけど、
バンドはやはり、セッティングや音響チェックに時間かかるので、、
10分~12,3分は
待たされ状態になります。

この、2組目のバンド。
読み方がなんかよく判らないんだけど、、まぁ、ちょっとピーキーなロック系。
リズムセクションがタイトで、なかなか格好よかった。

リズムに強いバンドは、単なるタテノリじゃなくて、
必ずシャッフルしてんのね。

Vocalも声が強くて、いい感じでした。
自分のいたブロックの最前列に、かなり熱狂的なファンの1団がいて、
メンバー名を叫んでたな。


Ⅲ. NICO Touches the Walls
…次のアーティストも、ディストーションギター系
posted at 16:11:44
すまぬ…これはちと苦手系…(*_*)
posted at 16:26:21
会場もゎっとしてる~ 暑い~(´Д`)
posted at 17:02:19
3組目もロック系バンド。
この人らも、、そこそこ人気あるっぽかった。
とゆうか、周囲の女子達にとっては、、全部同じクラスタ…っていう扱いのように見える。

∑( ̄Д ̄;)なんで?
全然ノリ違うじゃん…

この人らは、純粋なタテノリで、
つまり、、単純に手拍子打ってたら合うという感じ

ようするに、、リズムが単調なタテノリなので、
自分がそのリズムにのれなくなると
心地よさをまったく感じられないと言う

(自分的に)悲惨な感じ

もっと 横揺れとかしたいですわ…

途中でなんともしんどくなって
演奏中に、、お手洗い休憩いきました。
サーセン……
…今日はロック系のアーティスト多い日?
posted at 17:04:56
…大丈夫! 天神地下街でもしゃうれた私達だもん! アウェイムードに負けるもんかっ★
posted at 17:06:42


Ⅳ. flumpool
後ノリのドラムスきっついな~…酔うかと思った…
posted at 17:45:58
しかし、周囲の女子たちの大半がこのクラスタだったので…いちみも頑張って立っておうえんしましたあご~
posted at 17:48:04
4組目のバンドは、、紅白出るって言ってたし
なんか名前きいたことあるので、
かなり有名なバンドなんだと思います。

ヴォーカルをはじめ、曲のアレンジとか演奏とか
さすがに上手いなと思いました。

ただ、、ドラムスがかなりの後ノリなのね。

それだけが、、生理的にツラかった。
これは、どっちかつうとリズムの好みの問題かと思います。

後ノリだと、
手拍子とかやってて、乗り遅れることが絶対ないので、
修正しながら合わせてけば、きっと快感を得られるのかもしれませんが、、

自分はやっぱりリズムは鋭い方が好きなので、
ここまで後ノリのリズムだと
文字通り、気持ち悪くなってしまって…

…乗り物酔い気分でした。
あ… 前と隣は退場してしましました(T-T)
posted at 17:48:43
しましましま…
posted at 17:49:04
あなた方は、人生損してるんだったら~(;´д`)
posted at 17:53:24
とここで、
自分の前と左隣の女子達が、、会場を引き上げてしまいました!
なんでや!!
これからいい所やのに!!!!
あり得ない………

               ===
気を取り直して後半です。

Ⅴ. JAY'ED
JAY'EDさん、
MJ TORIBUTE LIVEんときは、、ちょっと選曲いまいちだったかな? と思ったけど、
1週間前のニコファーレと同様
このステージはバッチリでした!

ニコファーレのR-Festaでは、ラッパーともコラボしてノリノリな曲も入れてたけれど、
このステージでは、DJ+Key+Guitarという構成で、
割としっとり系の曲を4曲
(セトリわかりません! …まぁ、録画でチェックしようと思えばできるけど)

相変わらず素晴らしい美声
前のパフォーマンスが自分的に………だっただけに、

ようやく 音楽らしい音楽を聴いた
…というのが、正直な感想です。

邦楽ロック
なにが苦手といって、
ひたすら単調なタテノリに、地声で叫ぶVocal

これは、民族的な限界というのもあるかもしれませんが、
ごく一般的な日本人の声質というのが
自分は、、余り好きではないです。 というか苦手です。

持って生まれた声質は 本人の努力だけでどうにもならないことってあるけれど、
倍音の少ない平べったい声が 苦手

しかも声量がなくて、なんだか叫んでるだけっていう感じ

何度も書いてるけど、
ハスキーでも そうでなくても
外国人シンガーの声質は、基本的に 倍音が太いですよ

JAY'EDさんの声は
本当に美しい


Ⅵ. 三浦大知
椅子!? RT @kxxxxxx やべ!椅子来た!
posted at 18:22:40
パフォーマンス合間の時間、照明の具合でか…
自分の場所からは、
ちょうどステージが陰になって、何も見えないのです。

そこにこの、(1F席で視ている)ファン友のツイートがありまして
椅子!なに椅子!?と。

三浦さんのステージだけは、いちおうセトリも書いときましょう。
1. Lullaby
2. Black Hole
3. WHOUT IT
4. White Christmas
5. Only You

冒頭にリンクを貼った、MTVさんのリポに詳しく書いてあるし、
スカパーで録画した人も多そうだから、
リポート的な内容は、あまり細かく書かなくていい鴨なぁ と思います。

違うクラスタの皆さんが、三浦さんの唄に圧倒されてどよめくのが快感…
posted at 18:48:42
さっき「帰ろうか~?」って言ってた右隣のカップルの女子。「すごい唄上手いね~!」って。 おめでとう♪あなたは勝ち組デス
posted at 18:52:12
印象的だったのは、
あからさまにロック系クラスターだった女子グループが、
三浦さんの歌声に、どよめいていたこと。

とくに、ノリノリの SHOUT ITから
いきなりアカペラの White Christmas

すさまじい息切れを抑えつつ
1フレーズずつ 1フレーズずつ 区切っての
…まぁ本来の彼の歌唱からはかけはなれた

ファン目線では、かなり苦しげなアカペラだったのだけれど…

その1フレーズ 彼が唄いあげるごとに

会場からは
おお~~~っ!
というどよめきが

本当に
なんという誇らしい気分であったことでしょう!

いくらアウェーといえども
MCをまったく入れないステージは、
ファン的に、少々さびしい気持ちがなくはなかったのだけれど、、

その20分少々のパフォーマンスは、
充分に観客にアピールしたようです。


Ⅶ. Hilcrhyme
…そして(前後左右)誰もいなくなった…
posted at 19:30:54
ええと…
この人たちについて、余り語ることがありません。

DJさんとラッパー(シンガー?)さんの二人組。
大知くんの後っていうだけで、既に無理なんですが、、、

ええと
ええと
それをさておいたとしてもですねぇ、、

この人、、
かなり…音痴でした。

ざんねん…


Ⅷ. FTISLAND
…これも無理…
posted at 19:50:16
…私もいなくなった…
posted at 20:07:10
…ごめんしゃい
posted at 20:07:48
唄は上手いんだよなぁ~ ただ、私ホントに後ノリのロック系が苦手で…
posted at 20:13:38
さて本日の大トリ、FTさん
この方々も、ものっそいファンが多くて、
冒頭で会場を緑のライトで埋め尽くしたサイリウム

この人らが登場すると黄色の輝きに…
(まぁ、、若干緑より少なかったような気がしないでもないですが)

疲労がピークに達していた自分は、
ちょっと彼らの演奏に耐えられませんでした。

邦楽系のロックバンドと異なっているのは、
Vocalistがすごく声量あって、歌もうまいこと
その点は素晴らしいと思うんですが、、

ただ、、
私は、、、
やっぱりこの 単調なタテノリってやつがすごい苦手で、
もうしわけないんだけど聴く気が失せてしまって

ついに 途中で退場してしまいました。

これはね~ 本当に好みの問題でね
こういうシンプルなノリが好きな人は

別に日本やアジアに限らず
全人類的に ものすごく多いと思います。

ノリやすいしね。

ただ、、、
自分はやっぱり苦手です。

…飽きちゃうのね


本来は
シンプルなビート、シンプルなリズムってのに
人間は生理的に 快感を覚えるんだと思うけれど、

自分はそこに ちょっとしたスリル感みたいのが 欲しいんだと思う

たとえばさ、
重金属系のロックは好きなわけで、
あのジャンルは、、リズム的には
超後ノリだし、超単調なリズムなわけで、

自分が上述した「苦手」と ことごとく合致しておかしいじゃん?
ってことになると思うんだけど、

これ以上ないくらいに後ノリ
破壊的に単調

っていう極端さが… 逆に好きだったりするのだ



なんかまとまってないけど、、取りあえず終わります。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<PARCO グランバザール 冬 | 社会参加の実際 | Ben l'Oncle Soul - Live Paris: Deluxe>>
この記事のコメント
いつもこまめなレポートありがとう~~!!
いちみんは、一組一組のアーティストを凄く真剣に聴いてるよね。その上で好みが合わないなら仕方ないもんなー。
長時間の参戦お疲れ様!

大知君の圧巻ぶりは画面からも伝わってきたよ。
録画で見てアウェーぶりに驚いたけど、
がっちり他アーのファンに印象づけた仕事ぶりは流石。
でも『魅せてやる』っていうよりも、
本人が一番あの空間を楽しんでるのが何より魅力的だった♪
White Christmasのあの笑顔が忘れられないよ(#^.^#)
2011-12-30 Fri 11:46 | URL | トモックス #-[ 内容変更] | top↑
超・超・亀レスすんそん!
このライヴは、、スカパーでも放送されたけど、
来月は、4つの放送局で、別編集で放送されるんだよね。
楽しみだよね!!
2012-01-30 Mon 22:29 | URL | いちみ #uwfcZnw2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。