違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
スキマスイッチ @NHKホール♪
2012-04-15 Sun 23:14
DSC_1115_s.jpg そして金曜日は、、スキマスイッチさんを見に行きました♪

もともと、TVで頻繁に見かける彼らの歌は、
いいな~と思っていて。

…といっても、ちゃんとDL購入して聴いてるのは
おもにアニメの主題歌だけだったりしたぬるい自分だったのだけど。

昨年、J-WAVEのライヴで生声聴いてから、、
こりゃあ一度、じっくり聴いてみなあかん!
と思って。

念願のワンマンライヴに…ようやく参戦できたというわけです!

チケットとってくれたKさん☆ 本当にありがとうでした!!
(自力でチケ取ろうとしたけど、ことごとく落選しまくったのです…)

               ***

さてさて。
スキマさんのヴォーカル担当さんは、大橋くんという人です。
(まだ新参者なので、偉そうに呼べないww)

わずか数曲で
「ワンマンライブを聴きたいっ」
と思わせた、スゴイ声の持ち主ですが、、、

ワンマンは もっと凄かった!

とにかくね~ 声が強い
そして
音程が正しい

彼の とんでもない声の強さは
どんなにシャウトしても MCで喋りまくっても
ライヴの終盤まで まったくパワー衰えない

そして
決してブレない音程!

これはね~~ 驚異ですよ!!!


レコーディングで上手いシンガーなら いくらでもいる
(と思う)
しかししかし
ステージ上で あんなに声を張り上げて あのクオリティ

まじで驚異です

持って生まれた声量もさながら
きっと 絶対音感もあるんだろうな~?

ほんっとうにズレないよ~音程


比較してはいけないんだけれど、、
あれだけ唄が上手いとされてる 三浦大知くんも
ライヴのステージ上では 音圧も音程もぶれてます

(もっとも 彼の為に言い訳しておくと、、
 三浦くんも物凄く耳がいいので
 正しく唄おうとすれば きちんと唄えます
 ただ 彼は恐らく絶対音感を持ってないので
 すごい努力して そういう歌唱を身に付けた… と思ってます
 それと
 なんたって フルで踊るし ←これは物凄いことだ
 そして最近は 正確に唄うことに重きを置いてないようだし)


スキマさんの話に戻りますw

…っていう感じで、凄いVocalistだと思ってた大橋くんが
とんでもなく凄いVocalistだということを思い知った訳ですが、、、


彼らのパフォーマンスの凄いとこは、それだけじゃない!!!

               ***

今回のバンド構成は、
Dr、Per、B、G、Key +ホーン(Sax、Tr)

それに、、晋太郎くんが常にピアノを弾いていて
大橋くんがギターを弾いたりする訳なので、

音の厚みが半端ないっす。


実は ライヴ前半の曲では
バックバンドの皆さんのプレイは 申し訳ないけど
「器用だけど無難な感じ」
っていう印象しかなくて

とくに Keyの人は
(本当は上手いのかもしれないけど)音色もプレイもかなりシンプルで

う~んまぁ、これはきっと
スキマの二人のオーダー通りの音色+アレンジで
演ってるんだろうなぁ~ と感じました。


うん、その印象は
最初から最後まで変わらなかったんだけど、、、


そう前半はね
いわゆるJ-POP的な弾き語りに
ちょっとロック・テイストとか入っちゃったりとか
シャッフルノリが入るとか
その程度の雰囲気だったのが…


後半に行くに従って、曲のアレンジが、
どんどんマニアックになって行くんですよね

…まぁ私もあんま詳しくないから
間違ってるかもしんないけど
それこそ モータウンから
ラテンからレゲエまで

なんじゃこりゃ~~ な世界!!

MCでは、「N.Y.をイメージしたけどやっぱり六本木で」
なんて笑いを取っていたけれども、、
N.Y.どころか、南米まで連れていかれた感じでしたよww


それまでは、「器用な大人のプレイ」に終始していたバンドの皆さんも
中盤以降では、思い切りあばれられる見せ場があってね

う~ん
J-POPのアーティストが こんなん演っていいのん??

とw


いやいやいやいや
物凄い楽しかったっすよ!!


もちろん、サポートプレイヤーさん達の技量は凄いんだけど、
単に、上手なプレイヤーにサポート”してもらってる”んじゃなく、

完全に、、スキマさんが仕切ってる
という印象でね~


その、、音楽性の広さと深さに
改めて感動したっていう訳ですよ!



まぁね 唯一 辛口コメを言っちゃうとしたら、、
晋太郎くんの、(純粋に)テクニック的な問題ですが、
あとで友人にきいたら、、、彼は、もともとピアノ弾く人じゃなかったらしいんですね。

そんなことより
彼の アレンジ力 プロデュース力
半端ないです。

いや彼の って
ひとりひとりバラには出来ないみたいらしいんですけどね…


その辺りは 私もまだ
ちゃんと彼らの音楽を 聴き込んでないので…

CDも改めて ちゃんと聴いて見るし
ライヴ映像なんかも 確認して

しっかり復習しようと思ってます!!!


是非また行きたい!!!





P.S.
その後、別の友人からきいた話。
スキマさんって、元々はPhonesと同時期に出てきたユニットなんだって。
う~ん、あの音楽性ならすごく判る話!

そして、なぜPhonesの方は駄目だったのか。
…すんごい謎です。

竹本さんちのきゅんいちくんも 凄いのにな~~~

謎だ。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<坂道のアポロン | 社会参加の実際 | KREVA CONCERT 2012 "GO" @国際フォーラム>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-05-05 Sat 22:56
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。