違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
第十九回 世界遺産劇場 One Night Special Live "FREE YOUR SOUL" ライヴリポ・その1
2012-07-03 Tue 15:28
さてさて。
本番リポを書きます。

…とりあえず前半。福原美穂ちんのステージまで。

               ***

まずはセトリから。
ツーマンライヴなので、たっぷり唄ってくれるとは思いましたが…
本当にたっぷり唄ってくれました。

● Set List ●
Ⅰ. Opening
D01. Lullaby

Ⅱ. Miho Fukuhara live
M01. O2
M02. Bad Thing
M03. Don't take it away
M04. STARLIGHT
M05. 優しい赤
M06. Cinnamon Dreams
M07. LOVE-winter song-
M08. THANK YOU

Ⅲ. Daichi Miura live
D02. SHINE
D03. Your Love
D04. Touch Me
D05. The Answer
D06. Stay with me
D07. Burning Weakness
D08. 別れのベル
D09. True Colors ~cover~
D10. Two Hearts
D11. Magic Word

Ⅳ. Corabollation live
C01. Turn off the light
C02. Dream On
C03. 見上げてごらん夜の星を


               ***

それでは、時系列でリポと感想行きます。

Ⅰ. Opening
宵闇せまる17:00過ぎの会場。

ステージ下手奥には、朝から設置してあったドラムセット。
そしてその手前にキーボードが(多分)2台。ひとつはRhodesです。おお~♡
上手奥にもキーボードが沢山。
その手前にはコーラス用っぽいスタンドマイクが2本。
中央奥は、事前にちょっと見落としてたんだけどあとでDJブースだったと知りました。
その手前にキーボード。

…やたらキーボードが多いステージwww

客席では、
入場を済ませた観客たちが、まだ知り合いの席を訪れてお喋りしたり、自由に過ごしています。

小雨が降ったり止んだりという、不安定な空。
自分は、ナイロン製のアウターを羽織っていましたが、
「響」のときみたいな大雨になるといけないので、念の為、
使い捨てのビニール合羽を購入して羽織ったりしてました。

とそこに開演前のアナウンス。
ぜんぶを聴いてはいなかったのですが、、
アーティスト名をいうところ、「やまとだいち」って言ってたww

きっと アナウンス担当のスタッフさん
(やまとじゃなくてだいち やまとじゃなくてだいち…)
と心に念じているうちに

つい両方言ってしまったのではないでしょうかwww
あたらしいwwww


そして、開演時間をさほど過ぎてないころ。
上手奥の袖から、おもむろに三浦大知くんがひょっこり登場。
とことこと前方にあるいて、ぺこっと1度お辞儀。
そしてステージ中央付近にあるキーボードの前に座って、、

D01. Lullaby
ときたら勿論これです。
弾き語り Lullaby!

既にD.M. Tourや武道館公演で、
散々(って言い方失礼?)拝見したこの弾き語りバージョン。

ええと、、この日のサウンドは、ちょっとピアノの音色が籠ってました。
あと、アレンジが少々変わってたかな?
アレンジって言ってもコードワークですけれども。
テンポは変わらず。

マイクの音量、ちょっと高くてわれてました。
…冷静なリポで済みません。
この弾き語りバージョンは、、自分的にどうしても
もうちょっと頑張って欲しい感じなので。
冷静な目で見守ってしまいます(^ ^;)

でも 声は素晴らしいです。
調子はばっちりみたいです!!!


からの~
舞台中央に出てきて、しょっぱなのMC
ライヴのタイトルコールです。

途中、機材が雑音を出して妨げられて
MCやりなおし
…まぁ、そういうのもう大知ファンにはおなじみですよねw


…にしても、
バラードで始めるオープニングって、相当緊張する演出だと思うんですが、
よくやりますよね。
三浦さん、緊張しいだって言ってたのに、、チャレンジングだと思う。
本気で感心します。

服装は、白ジャケットに黒ボトム。
インナーは黒のVTだったような…気がする。
うろおぼえスミマセン
靴は見えません。前過ぎてww

               ***

そして、三浦さんからの美穂ちゃん紹介。
美穂ちんライヴのお時間です。

福原美穂ちんの楽曲は、正直、最新アルバム"The Best of Soul Extreme"に含まれてるの以外は
さくっと聴いててもちゃんと聴いてない曲がほとんどなので、、
(おもに自分のために)楽曲の出典情報なども含めてリポします。


Ⅱ. Miho Fukuhara live
さて、舞台袖に引っ込んだ三浦さんに変わって
姿を現した、福原美穂嬢。

鮮やかなエメラルドグリーンのチュニックで登場しました。
ブーツカットのブルージーンズにグリーンの組み合わせって、本当に爽やか!
薄手素材のチュニックは、アジアン風の白い柄が入っていた…かな?
余り細かいとこまで見なかったw

細かいスパイラルの入ってわ~っとボリューミィな茶髪に、
大きな金色のピアス。
頭の部分すんごいボリューミィなのに、、お顔そのものが小っさいから

んま~ 美人さんやわ~
っという印象ww

おくちはでかいwww
TV番組でてるときもそうだけど、
とにかく笑顔なんです彼女。

そして、、その大きな口をいっぱいに広げて
思いっきりのまっすぐな笑顔なので、、
彼女が笑顔を見せると
あたりが ぱーっと輝くような気がします。まじで。


M01. O2 from "The Soul Extreme EP"

一発目は、AIちゃんとのコラボ曲、O2

この日の美穂ちゃんバンドは、
Keyboard, Guitar, Chorus ×2 という Unpluggedな編成
もちろん AIちゃんはいないので、
リード・ヴォーカルはすべて美穂ちゃんで、
ハモり部分を女性 Chorusのお二人が補ったりします。

オリジナルも渋いアレンジですが、
リズムなしで演奏される O2も、けっこういいですね~

終盤の掛け合いフェイク、これもChorusの方が担当されましたが、アドりヴきいてて凄かったっす~


M02. Bad Thing from "The Soul Extreme EP 2"
これは、知らなかった曲。
調べてみたら、、アルバムには入ってないんですね~

リズム隊がいないので、ピアノとギターだけのサポートで演奏されましたが、Funkな曲!
原曲をちゃんと聴きたいので、、これはミニアルバム買ってしまいそうだな~( ̄▽ ̄;)


M03. Don't take it away from "The Best of Soul Extreme"
3曲目は、最新アルバムにも入ってる曲。
美穂ちゃんの低音が綺麗に響く曲。

この曲は、ソロで唄ってた…ような気がする。
ちょっと記憶が怪しいけど。


M04. STARLIGHT from "The Soul Extreme EP", "The Best of Soul Extreme"
こちらは弾き語りで。
自分はアルバムで初めて聴いた曲なんだけど、、
何かのタイアップになった有名曲っていうことです。

…さーせん。テキトーな書き方で(^^;

M05. 優しい赤 from "RAINBOW"
そして引き続き、弾き語りでこの曲。

この曲はわたし、動画で聴いたことあったんだけど、
先日放送された「Music Travel」でも、大切な10曲の最後の曲として唄われたんだよね。

歌手としてメジャーデビューするために、故郷を離れる心境を歌詞につづったという、、
きれいな曲です。


M06. Cinnamon Dreams from "The Best of Soul Extreme"
そして Rhodes出てきました! これ1曲のためにセッティングされていたんかっちう…
(他の曲でも使ったかしれないけど、忘れました)

これはね~
Chorusお二人と、3人体制で がっつり唄ってくれる曲なんだけど、、

なんと。
観客が、サビのダンスを強要されてしまったというねw

ま~ 歌詞に合わせて
サビの頭だけ一緒にやりましょうっていう たわいないコンセプトなのですが、
そのフリは、自分のような運動音痴人間には少々むずかしく、、

腰を ぐい~んと捻る動作があるんですが、
そこを説明する 美穂ちん
「腰を ぐい~んっと
 そうですね~ U字便座みたいな感じで?」

便座って何さ 便座ってwww
美穂ちん面白いwwwww

美穂ちんのMCには、相当笑かせてもらいましたが、、
なんたってこれが最強だったわwwwww


M07. LOVE-winter song- from "RAINBOW"
こちらも、ドラマのタイアップになった曲なんですね?
皆さん 知ってる人も多かったようで、
私ぜんぜん知りませんでした。スイマセン、、、。


M08. THANK YOU from "Music is My Life"
美穂ちんステージ最後の曲は、(これも知らなかったんだけど)2nd albumからの曲でした。
初聴きでもいい曲だな~と思った。

               ***

最初に書いたんだけど、福原美穂ちんライヴは、総じてUnpluggedな感じでした。
ビルボードでもこんな感じで唄ったのかな? と想像した。

美穂ちんの楽曲は、YouTubeで公式公開されてる動画なんかを中心に聴いてたんですが、
デビューアルバムからこっち、割とPopsな印象があって。
実際、、ライヴをみたら、Popsというか
むしろアコースティックな印象すらあって。

う~ん本当にこの子は、
たとえメジャーデビューしてなくても、
どんな小さな箱でも路上でも
こんなふうに唄っていたんだろうなぁって感じがした。

うん、、へんな意味じゃなく、
世界中日本中のいたるところで
すごい小さな箱で唄ってるアマチュア(もしくはセミプロ)ミュージシャンとかと 印象が同じ

ただ違うのは
彼女の声が 尋常じゃないってこと!
なにが違うのか よく判らないけど

とにかく 彼女が ただまっすぐに声を出すだけで
感動する

…そういう感じですね。


はっきり申し上げて 弾き語り的なジャンルの曲は
個人的に、、割とうんざりします。
とくに、ピアノの四つ打ちコードでバラードなんか唄われた日には、

しかし 福原美穂は
その、(自分的にかなり苦手な)四つ打ちバラードですら
感動的なんですよね~

これはびっくりです。


もう1つ。
最新アルバム"The Soul Extreme EP 2"では、
割と黒っぽいジャンルの曲を唄ってますが、
やはり シンガーソングライターとしての彼女は、
純粋に、弾き語りな人的なジャンルなのかもしれません。

(ごめんね苦手でww)

しかし、、なんというのかな
他の、弾き語り的ジャンルのシンガーさんと 彼女の違う点は
声の素晴らしさもあるけど
なんというか
彼女の唄には
大地の香りといいますか… 広々した空気を感じるのですね。

それが心地よくて
また 彼女の唄を聴きたくなるんだと 思われます。


ワンマンツアーでは、アルバムの曲が多めに演奏されるとは思うけど、
やはりCD音源を意識して、
バンド編成にリズム隊も加わるのかな?

今回見たいな小編成でも けっこうイイ気がします。

う~ん、楽しみだなぁ ワンマンライヴ♪



ってことで、リポートその1を終わります。
つづく!
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<第十九回 世界遺産劇場 One Night Special Live "FREE YOUR SOUL" ライヴリポ・その2 | 社会参加の実際 | 第十九回 世界遺産劇場 One Night Special Live "FREE YOUR SOUL" ライヴリポ・その0>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
-
管理人の承認後に表示されます…
2012-07-05 Thu 10:38
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。