違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
SOUL POWER SUMMIT 2012 @東京国際フォーラム ホールA♪ リポ・その1
2012-07-15 Sun 16:03
120714_sps_s.jpg 行ってキマシタ♪

今回は、、周囲に相方が見つけられず
けっきょくチケットを知らない方にお譲りすることになったんですが、
当日は、その方もとうとう姿を見せず、、ぼっち参戦でした。

本日も二日目がありますが、、、
ま~このブログを見ていただいてる方の中に、2日目だけ行かれる方はいないだろうっていうことでね。

               ***

はい、そしてこちらが全体の構成です。

● 7/14(土) SetList ●
Ⅰ. 鈴木雅之 feat.鈴木聖美, 内田勘太郎, キヨサク
Ⅱ. May J.
Ⅲ. 三浦大知
Ⅳ. ゴスペラーズ feat.May J.
Ⅴ. Skoop On Somebody feat.DEEP

Encore GOSPE★RATS, May J., ゴスペラーズ, Skoop On Somebody, DANCE☆MAN


チケットには、"Bro.KONE"の名前が印刷されたままですが、、
ま~知っての通りああいうわけで、出演はありませんでしたよ。

ダンス☆マンさんが、おそらく彼の代役っていうことでしたかね?

あと、May J.ちゃんも、たしか公演間際に出演が追加発表
…された割には、かなり活躍してました☆

17:30開演。
アンコール含めて、なんと3時間半に渡る、、
長時間のライブ・イベントでありました!

               ***

Ⅰ. 鈴木雅之 feat.鈴木聖美, 内田勘太郎, キヨサク
さて。
オープニングは、、いきなりの鈴木雅之さんから。
大ベテランがトップ・バッターとは、、なかなかゴイスであります。

この人は、本当に唄がうまいですね~

ブラック・ミュージックの格好よさを邦楽に取り入れたといえば、は久保田利伸さんかもしれないけれど、
邦楽メジャーシーンで最初に広めたのは、シャネルズなんだと思います。
まぁ、、好きとか嫌いとか
そういうレベルじゃないっすよねえ実際

曲目は、割と有名な曲ばっかりかな?
でもちゃんと覚えてないのでセトリは書けません(すまんw)

ソロで1曲唄ったあとに、
「おねえちゃん」こと、鈴木聖美さんを呼び入れて、
その後は、おもに2人で唄ったかな?

ま、、鈴木聖美さんについても、
自分ごときが感想を述べる領域じゃないので、控えておきますけれど。

…とりあえず。
”CDを買おうと思ったことは一度もない”
とだけ述べておきますwww

すごい上手いとは思うんですけどww


そして featuringアーティストのひとりめ。
ギタリストの内田勘太郎さんです!

…ってか、私、、実はこの人の名前まったくおぼえてなくて。
それなのに、この人のギターの音色を聴いた途端に
憂歌団の曲を イメージしてた!

すげえ! びびった!!

ボトルネック渋い!!

憂歌団は、、学生時代~就職してからも続けてたアマチュア・バンドで
コピーしてました。
友人の結婚式で唄ったこともあるよ♪

ところで。
内田さんのボトルネックが、、カルピス瓶のボトルだったというエピソードは
そういやあきいたことあったのに、忘れてて
思い切り笑わせていただきました。
解説:ボトルネック奏法 (参考→Wikipedia)
ギターの奏法のひとつで、弦の上で指とかをすべらせるように弾く。
指でもいいんだけど、特にガラス瓶の上の方を切り取って使うのをボトルネック奏法と呼びます。
…まぁもちろん通常は、わざわざガラス瓶を加工しないで、金属制の器具を使います。

そして、もうお一方の featuring artist
キヨサクさん

この人は、、なんかあんまりよくワカラナイでした。
鈴木雅之さんが、昨年のTV番組でご一緒した縁だと紹介されてました。

…でも、今回の席(2階17列目)
ステージから超遠いしさあ
全然みえないし。

この人、、あまり声量なかったので、
唄がよく聴こえませんでした。

つるかめつるかめ


本人みずから「オープニング・アクト!」
と力いっぱい自己紹介していたにもかかわらず

鈴木さんのステージは、ほとんど1時間近かったよ
…そんな長い前座があるかい!www


Ⅱ. May J.
鈴木雅之さん(他)の長い長~いステージの後は、
May J.ちゃんでした。

そういやあなにげに、May J.ちゃんの生唄って初めてだった。

銀色のスパンコがキラキラ光る衣装で、、
、、、てゆか
銀色のスパンコの光しか見えないってゆうね(^^;

この後の三浦くんもそうなんだけど、
ソロで唄ったからか、
ずっと スポット照明が当たった状態だったので

、、まじで スパンコしか見えなかった ←しつこいw


May J.ちゃんの持ち時間は、短いMC挟んで3曲分でした。
曲ぜんぜん知らない。
すいません。

このとき、、
(きっと三浦さんも 3曲なんだろうな~)
って確信しました。

まぁ、今回の三浦さんは
曲数 少ないだろうとは予想してたけどねー



Ⅲ. 三浦大知
三番手の三浦さん、
予想通り、、持ち時間は May J.ちゃんと同じく
3曲でした。

詳しくは、リポ・その2で書きます♪


Ⅳ. ゴスペラーズ feat.May J.
そして続きまして、ゴスペラーズです!
まー非常に有名な ごすぺらーずさんですが、
生でステージを見るのは 初めてです!!

…えっと。
この方々も、すんごい有名なので、、
いまさら自分が感想とか言うのは とっても失礼なんですが、、

えっと。
この方々のCDも… 買ったことは無いですね(^^;

唯一買ったのが、
アニメ「のだめカンタービレ」の主題歌になった曲。
すごくいい曲です♪
…てゆか、主旋律がチャイコフスキーのピアノ協奏曲なのねww

話がそれましたw

っていうことで、、この超有名なゴスペラーズさんですが、
やっぱり私は ほとんど曲を知らず。
…ファンの皆さま、本当ごめんなさいって感じです。

でもね~ 良かったですよステージ!

唄はともかく、
5名とも 基本的に軽く踊りながら唄うので、
見晴らしの良い2階席からは とっても素敵に見えました。

そうそう 5名なんだけど、
そして、、踊りがそんなにうまいとかっていうんじゃないけれど、
なんというか、5名よりもっと沢山いる感じがするというか

空間を広~く使ってる感じで
豪華な印象でしたよ?
衣装は、5名揃いの光沢のある緑のスーツで、
バッタとか
玉虫とか
散々な言われようでしたが、、

綺麗でした。

あ、唄はともかくって言ったのはね
実は、、ゴスさんのステージのとき
音響のバランスが酷くて
マイクの音量でかすぎて せっかくのヴォーカルが すごい聴きづらかったんです

2曲目は May J.ちゃんを featuringしたアカペラで
これはすんごい良かったです!
(…つまり マイクがハウってなかったから…)

2階席だったからかもしれません。
アカペラ以外の曲も、ハモリの美しさを堪能したかったのに、、
じつに残念です(_ _;)


この人たちは、、各々が けっこう個性的な声で
全員メイン・ヴォーカルってくらいなのに
ハモりが美しいっていうのが…ほんと凄いですよね!

(欲を言えば、低音担当の方もソロで唄ってみてほしかったかな~
 お名前忘れてごめんなさい…)


そうそう。
May J.ちゃんのソロのときも
音量でかくって、、 唄が上手いんだかどうなんだか
ぜんぜん判らない状態でした(涙)

いや 下手な訳はないんですけどね~
音量あげすぎて 本人の声が認識できないって感じですよ~

かなし~~


はい。
この時点で、、2時間以上余裕で経過しておりますww


Ⅴ. Skoop On Somebody feat.DEEP
トリは、Skoop On Somebodyさん。
結成15周年のベテラン・ユニットだそうです。

上手いです!

Wikipediaで調べたところ…
元々は Vo., Dr., Keyの3名ユニットだったのが、Dr.の方が抜けて
いまは2名で活動されているようです。

Voの方は、すごい芸達者で
どんなジャンルの曲でも しっかり聴かせて唄える巧者って感じですね~

登場シーンでは、ラッパーを従えての Hip-Hop曲から
しかしその後の 曲調のバラエティといったら!

メロウなバラードは、もちろん聴かせてくれるんですが、
ファンクな曲はファンキーに
Hip-Hopは ばっちりリズムを表現

すごいです。
これはね~ ちょっと感動した。


しかししかし
featuring artistが、、ちょっとペケですw

近頃、三浦さんと並んでイベント出演することの多い DEEPさん

今年の Valentain Liveで初めてみたとき
2曲と我慢できずに会場を出てしまいましたが(笑)
今回は、、ちょっと出にくい座席だったので (←おい)
いや、
今度こそ ちゃんと聴いてやるべし と思って

聴いたんですが、、、

やはり 音程が微妙です 彼ら(^^;


う~ん、なんでしょうねえ?

たとえばさ。
素人さんは、よく唄を唄ってて 音程が♭したりするじゃないですか。
でもまぁ、それは
音程が全体的に♭していて、唄ってる本人がそれに気付かないっていうノリで、、

いや素人さんじゃなく、
一部の(プロの)ミュージシャンにも、割といるパターンなのですが、、

この
DEEPさんの音程の不確かさといったら

おお 大体あってるかな~ と思いきや
とつぜん何音か 音程を外すというフリーダムっぷり

…キモチワルイです(^^;

更に今回は
S.O.S のヴォーカルの人と ハモるっていうシーンがあったんですが…

……ぜんぜん音が合ってない( ̄◇ ̄;)
超…キモチワルかったです。

絶対音感のない私が、これだけキモチワルイんだから、
絶対音感のある方が聴いたら、さぞかし気分悪くなるだろうな~~~って

つくづく思いました。

辛口いちみで ごめんなさい。

でも、、本当に あの人たちは 揃いもそろって
音程が合ってないです

激やばい………

自分たちの唄… ちゃんと聴いたことあるのかな?



DEEPさんが引っ込んだ後、
S.O.S.の方が、何曲か唄ってくれて、、

やっと耳が正常に戻りました。



長文になったので、アンコールは「リポ・その2」に書きます。

つづく。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<SOUL POWER SUMMIT 2012 @東京国際フォーラム ホールA♪ リポ・その2 | 社会参加の実際 | CIMBA - LAST MAN ♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。