違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
SOUL POWER SUMMIT 2012 @東京国際フォーラム ホールA♪ リポ・その2
2012-07-15 Sun 22:33
続きです!

               ***

それじゃあ、「リポ・その1」で省略した、、
三浦大知さんのステージから行きますね。

セトリは、、ってまぁ、3曲だけなんすけどね。

01. Touch Me
02. 4am
  ~MC
03. Two Hearts


               ===

アーティストと、次のアーティストの繋ぎの時間は、
ステージの照明が落とされます。
(遠かったので詳細は違ってるかもですが、)
ただ その間、バンドのメンバーはポジショニングしたままです。

ここで サポートバンドについて書いておきます。
ステージ上は、中央奥にドラムが2セット、下手と上手にキーボードが沢山設置してあり、
中央の中ほどの位置に、ベースとギターが並ぶカンジの配置です。

ドラマーは2人で、
いつ どのタイミングで入れ替わってるのか記憶にありません(^^;
三浦くんの時は、客席右側(上手)のセットを使うドラマーさんが担当でした。

ベース、ギターはひとりずつ。
キーボードは、、なんと3人!
(うち1名は、Skoop Of..のメンバーですけど)

それから、ホーン・セクションが3名
Tennor Sax, Trumpet, Tronboneは、上手奥に

あと、、本番中は気付かなかったんだけど、chorus担当の方(男性)もいたっぽい


では三浦さんのステージ描写に戻ります

ステージが暗くなり、
中央上部に設置された、「SOUL POWER」ってロゴの書かれた大きなセット(照明)が光りながら、
次のアーティストが紹介されます。

「Next Artist ... 三浦大知!」
ってアナウンスに
会場内の歓声が!!

う~ん、、ゴスさんファンが多いと思った今回のイベントですが、
この歓声は…会場全体から響きました!
そして大知コールも!!


01. Touch Me
そして暗いままのステージから、
あの、、シンセのイントロが流れます。

おもわず、ダンサーさんの姿を探したのですが、
暗いステージには人影が移動する様子は見てとれず、、

照明が On! になると、
ステージ中央には、既に大知の姿が!

黒地に白っぽい幾何学模様のスーツ
インナーは多分黒
(…なにぶん、2階中ほどの遠方だったので、どんなに目を凝らしても
 自分の視力でスーツの柄までは判明しませんでした
 が、
 双眼鏡で確認されたファン友さん情報によれば、
 VMAJでだかひーが着ていた
 ♡柄とおそろだったらしいwww)

ダンサーさんはついに現れず、ソロで Touch Meを唄いました。
自分はあまり認識してなかったんだけど、、ショート versionだったらしい

ダンスなしの三浦さん
いつものように、、エネルギーが余りまくってるよなパワフルさ!
とくにこの曲は
普段は激しく踊る曲なので、、
チカラ入ってます!!!

いつも思うんですが、
この曲は、初めて聴いても盛り上がれる曲なので、、
セトリのトップに持ってくるのはつくづく正解だなあ、と。

でね
いちおう Drummerと Keyboardの方が生演奏してるのは見えたんだけど、
基本的にこの曲は、オリジナルのトラックを多用してました。

でね
バンド・アレンジっていうと、、
昨年の Blues Alley Japanで、後の D.M. Bandと演奏したときみたいは
あーいう演奏を ちょっと期待したんだけど、
ホーン部隊は参加してなくて。

BAJの Touch Meでは、
間奏部分が Saxのソロで、、それはそれでよかったんだけど、

今回は
ひとりでランニングマンを始めたよ!

そして、、途中からは、
ジャケットの裾を美しくたなびかせて
素晴らしいターン
…そしてフリーダンス

ぬお~~~綺麗!!

あの美しいターンでは、
会場内の観客が どよめいた!!!


そうそう それとね
前の席に座って(いやほとんど立って)いた二人組の女子
あきらかにゴスさんのファンなんだけど、
冒頭の部分で、、「だ・い・ち」ってコールしてくれた♪

わ~い 嬉しかったよ~~~


02. 4am
そして、続けて 4amのイントロ
…これも、生演奏じゃなくオリジナル音源のトラックでした。

バンドのサポート・ミュージシャンは、、控えめに演奏に参加してるって感じですね。

大知、、すんごい声量で、
音が割れそうでした。

こーいうイベントでよく思うんだけど、、
アーティストの声量に合わせた音響調整 して欲しいっすね。

まぁ 先程のリポにも書いた通り、
特に自分の席が2階の奥だったから、、
とりわけ音響のバランスが酷かったのかもしれません。

せっかくの素晴らしいバラードでしたが、
近所の席に座って大人しく鑑賞していた幼児がむずがって
お母さんが抱っこして聴いてたのが、、ちょっと印象的でした(^^;)
いやいや…

でもまぁ
大人の人々は、三浦さんの素晴らしい唄声に圧倒され

隣の女子たちなどは
ぐっと身を乗り出して 大知の唄に聴き入ってました。


2曲終わったところで、、短いMC
例によって MCの詳細は覚えてないんですが、

「このイベントで、素晴らしい大先輩の皆さんと一緒のステージで唄えるのが
 本当にうれしい」

というようなことを
言ってた気がします…(記憶力なくてサーセン…)


03. Two Hearts
そして、最後の曲(涙)
イントロのピアノ、、、生演奏でした(嬉嬉嬉嬉嬉嬉)
うお~このイントロ
生演奏で聴きたかったんだ!!

弾いてたのは誰かな?
ひょっとして、、S.O.S.の方かな?

もちろん、オリジナルのリフをコピーはしてたんだけど、
ちゃんと自分の演奏をされてて、
すんごい良かったんです~

沁みたよ~

まぁ、カラオケでもいいんですが、

大知のバラードは、
本当に
生演奏をバックに弾き語り調が似合います

このバージョンは、、是非是非
またライヴでも再現して欲しいなあ
でも
ピアニストのスタイルによるからなぁ

そういや
平泉でも… いちおう Gakushiさんバッキングだったんだ

でも
この曲に関してだけは、
Gakushiさんより、このピアニストの演奏が 好きでした♪


そんな感じで、
三浦大知のステージは、わずか3曲で終わりました。

May J.ちゃんは、コラボ企画ということで、ソロ以外にも唄うコーナーあったんですが、、
三浦さんは、そーいうのには参加しませんでしたねえ

やっぱり 今はすんげい忙しい時期だから
他のアーティストと一緒のリハなんかには
参加できなかったんだと思われます


9月の J-WAVE LIVEでは
コラボ企画とか、、ないのかね~?

つっても、こちらも
とてもじゃないがリハしてる時間とか なさげですが…(+ +;)

               ***
               ***

でね。
アンコールの頃には、、既に3時間近くなっていたわけですよ。
しかし、これだけ盛り上がっておいて、まさかアンコール無しということはあるまい!

ということでね。

まぁ、、お初参戦の自分はともかく、
常連さんの多いらしいこのイベントでは、アンコールも、なんというか予定のパティーンっていう雰囲気でね。

あまり長い待ち時間もなく、
ステージ上には、正方形のサブステージが設置されました。

えええ
アンコールなのに、新しい舞台セットかよwww

               ***

Encore GOSPE★RATS, May J., ゴスペラーズ, Skoop On Somebody, DANCE☆MAN
アンコール、最初に登場したのは GOSPE★RATSの方々。

ユニット名からも推測できるとおり…
ゴスペラーズのメンバーと、ラッツ・スターのメンバーによって構成された
このイベントならではのスペシャル・ユニットらしーです。
→詳しくは、Wikipediaの説明を参照

…細かくてよく見えなかったけど、
メンバーさんたちが、ラッツ&スター的な扮装で唄ってました♪

MC面白かった~ww
「…え~ GOSPE★RATSです
 SOUL POWER奇数年には 必ず現れるってゆうね」(たぶん鈴木さん)
「え? それじゃあ…10周年には出ないんですか?」(他の誰か)


それと、May J.ちゃんが出てきてソロで唄ったり
…何の曲だったかな?
たぶん超・有名な曲の筈 無知でゴメンwww

Skoop…のヴォーカルの人が、Stevie Wonderの「迷信」を唄ったり
↑これは素晴らしくよかった!
オリジナルみたいな…クラビネット音色のリフもしっかり入っててね

前述の通り、このヴォーカルの人 すんごい唄上手くて
リフの部分をユニゾンでフェイクするとか… かなり盛り上がった!!

でね
「迷信」っていったら、、昔、大知くんがちょっとだけダンスしている映像あったでしょう?
あれを、、ものすごく見たくなってね

大知~ 踊って踊って踊って!
と 心の中でものすごく念じたけど…出てきませんでした
残念無念

このアンコールでは、10名くらいのダンサーさん(…なんだよね一応)が出てきて
踊ってたのですが、、
私の脳裏には
大知くんのあの、、四つ打ちを 敢えてエイトでカウントして
優雅に ものすごい距離移動してるダンスのイメージが…

ぬおおお…


しかし
一番最後には、出演者が全員ステージに登場し
全員で2曲くらい 唄いました

ラス2の曲では 大知くんが唄うパートも ちょっとあったよ

ここでは、大知くんはお着替えしてきて
黒の…かなり光沢ある素材の上下スーツに
インナーはやはり黒かったような
そしてシューズは白かったような

うむ~~ 適当ですまそん(^^;

ゴスさんの衣装が玉虫なら
カブトムシの外羽根みたいな つややかなジャケット
(↑おい)


本当は 表情の細かい部分まではちゃんと見えなかったんだけど、、
とにかく楽しそうに ず~っと
周囲の人々に気を遣いながら
ニコニコしてるのだけは判った

そして、、全員で踊ってるボックスステップも
簡単な腕の動きも
いちいち綺麗~~~


今回のステージでは、Touch Meの間奏以外
踊りを押さえていた三浦さん

隣の女子達が
「…もっと踊る人だってきいてたけど…」と
ちょっと囁き合ってたけど

恐らく
イベントの雰囲気とか 出演する先輩アーティストとか
いろいろ考えて
こーいう選曲・構成にしたんだと思う

たとえ演奏曲少なくても
ダンサー呼んで唄うこともできたはずだもんね


アンコール終了して
ステージ袖に吐けるときは
(恐らく観客の声援にこたえて)ニコニコと客席に手を振りながら
踊るように歩いてった

そして
いつものように、、袖に引っ込む直前に
深々と一礼

揺るぎないですね~~

               ***

今回、、あまり出演時間はなさそうだと予想してましたが、
ほんのちょっとの出演でも
満足感があるイベントでした。

そして、、観客に与えた印象も、、なかなかのものだったと思う!
客層は、小さな子から高齢者まで、まさに、老若男女ってカンジ
(とはいえ、、見た感じ女性が多かったけど)

ええと、、自分 個人的に
ソウルと R&Bの区別が よく判ってないんだけどさ

まぁ ひとつ言えることは
このイベントを見に来るお客さんは、、音楽好きな人が多いってことで
本当に唄の上手い歌手には
惜しみなく称賛を送り リズムに乗るのが大好き
って感じた

だから 多分、三浦さんを余り知らなかった人も
彼の唄に 大歓声を送ったんだと思う!


今回、、広い会場の後ろの方ってことで
音響が残念なライヴ参戦ではあったけど、
いいイベントに参加しました。


…まとまったかな?www
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<どうもです。 | 社会参加の実際 | SOUL POWER SUMMIT 2012 @東京国際フォーラム ホールA♪ リポ・その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。