違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「坂道のアポロン」について。
2012-07-20 Fri 15:03
坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス) いろんな意味で、いささか旬をはずしまくっているネタですが、
このたびコミックス第8巻を読了したものだから。

ノイタミナ枠のアニメは、1クールで終わってしまい、
既に結末は知ってたわけですが、
原作コミックスは電子書籍で読んでいるので、、
やっとクライマックスまで追いつきました。

→「坂道のアポロン (8) (フラワーコミックス)」 (2011/11/10) 小玉 ユキ

               ***

う~んなんだろう。
この作品、評価っていうか人気がすごく高いわけなんですが、、

自分的には、正直、さほどピンとくる処がありませんw

おそらく、、既に自分は
甘酸っぱい初恋の切なさ
そういうナイーヴな感性に対する感覚が
鈍っているお年頃なんだと思いますww

アニメのシリーズは、
知っての通り、、菅野サウンドが冴えまくって、
間違いない音楽が
がっつりと物語をサポートしており

(自分的には)感動の薄い物語を
切なく盛り上げてくれてます

年若い友人などは、
最終話 落涙するほど感動したらしい!

素敵なことですね~


まぁ
自分に、そういった感性が薄れてしまったことは
少々 寂しくはあるのですがね、、


ああ でも
若い頃の恋愛の 切ない想い出とかは

そうとう長い期間 引き摺ってきた気はするんですけど、、
やはり
昇華しきってしまったんですかね?
もはや

むむう…(ー ー;)
スポンサーサイト
別窓 | IO-COMICS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<lecca Live 2012 Jammin' the Empire @ 日本武道館 | 社会参加の実際 | しらねさん>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。