違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
J-WAVE LIVE 2000+12 @代々木競技場第一体育館
2012-09-03 Mon 21:16
120902_j-wave live_s 行ってきましたよん♪

いやはや!
これはね~ 予想してた以上に豪華で、
盛り沢山な内容でしたよ!!
(所要時間も長かったけどな…)

え~このイベントについては、
公式なセトリや、各ニュースサイトでも記事が出てますので、今更私が書かなくても、、
って気もするわけですが、書きますw 書きたいからww

→イベント公式ページの「Photos & Setlists (9/2)」
→Excite Music:「J-WAVE LIVE 2000+12 リポート (9/2)」

               ***

待ちに待った J-WAVE LIVE 2000+12
なぜってこのイベント… かな~り前からチケットの先行発売を開始していて。
(一応)最速のタイミングでチケットをゲトっていたわたくし。

ゲトった座席は…アリーナ6列目 というもの。
ま 実際はね。
代々木のアリーナっていえば…めっちゃ広いわけですよ。
おまけにフロアはフラットで段差ないし…
最前付近でなければ、ほぼ見えない状態。

そもそも ステージからだって遠いしね。
アリーナ6列目っていうのが、どの程度の見え方か
ぜんぜんわかってなくて…

チケットを手にしたときも
喜んでいいのか、よくわかんなくて。
ふ~ん…っていう感じではありました。

ま ま。
実際の所は… アリーナの、右端ブロックの、ほぼ右端。
この右端ブロックとゆうのが、1~4列目がなくて、
5列目から始まっていたので、、つまり前から2列目でした。

おまけに 前列の人達(おそらく家族)が
お目当てのアーティスト以外
ほとんど座ってたので…
かなり見晴らしはよかったのです♪
らっき♪♪

               ***

さて。
それじゃあ、さっくり感想文いきます。
時系列順に書きます。


Ⅰ. 三浦大知
今回、、三浦さんがトップなんじゃないかってのは、
ほぼ予想してた人が多かったと思います。

ただまぁしかし、いちばんトップにお目当てがきてしまうと、
ちょっとその後があれかな~なんて心配もしてたりはしたんだけど、
……やっぱり三浦さんがトップバッターでした!


開演時間が迫り、幕のない舞台の上で準備が始まります。
暗い舞台に現れたのは、、まずバンドのメンバー。

自分は目が悪いので、ちょっと気付くのが遅れたんですが、
隣の同行友がまず気付いた。
おお、舞台の上に Gakushiさんと上條頌くん!

そこで、、トップバッターが三浦大知であることを知った我々です。

大知くんが、舞台中央に出てくる姿も、うっすらと見えました。
さすがはアリーナ最前付近!おいしい!!


1. Who's The Man
「君の理想通り Never Make You Feel Lonely~」
暗闇に響く、アカペラから
いきなりのパフォーマンスが始まります。

うぉ、これは…
D.M. Tourのパティ~~ン!
度肝を抜かれた!!

大知ファンである自分らのボルテージは、
いやがおうでもブチあがりましたが、、
おそらく
大知を知らない観客の皆も、
予想外のパフォーマンスに、少なからず衝撃を受けた筈

この曲こそ 三浦大知!


~2. Touch Me
~3. Black Hole

そして、、間髪をいれず
Touch Meから Black Holeへ
6名のダンサーズ、および D.M. Bandをひきつれて
現在のツアーというよりも、
武道館で、1万人のファンを熱狂させた
パフォーマンスを再現してみせてくれた三浦さん

この3曲のメドレーは、
とにかく
三浦大知&クルーの
楽曲の特異性
そして
ダンスの凄さをみせつけるパフォーマンス。

で もちろん
(自分視点だけど)
バンドの奏でる音色は、武道館のときより
格段に 素晴らしい!!

…実は
ちょうど Gakushiさんのポジションが、
舞台上、いちばん上手側にありまして、、、

恐らく、上手側でいちばん騒いでいた自分達は
いちはやく発見されてしまったもようですwww


4. Two Hearts
そして、短い MCを挟んでの Two Hearts

こちらは、、、逗子フェスのときと同じく
アカペラはじまりのパフォーマンスだったんですが、、

こちらも かなりの衝撃を
観客に与えた筈です。
…といっても、自分達は贔屓目ありありなので、
あまり 客観的な判断とはいえません。

ただ… 後日ラジオで放送された音源を
冷静に聴いても
やはり… 素晴らしい唄だったとしか。

(ただし、、2♡唄い出しの音程、
 逗子では合ってたけど
 このときは、オリジナルとは違ってました。
 まぁ、余り気にならないけどね…)


5. Your Love

ここで Your Loveなんだけど、、
これは確か、ダンサーなしのバージョンだったと思う。

今 ツアーでやってるのが
ちょっとアレンジ入ったバージョンなので、
混乱しないように ダンスはやめにしたのかな?
なんちて。


~6. Elevator
~7. SHOUT IT

え~…
あとは、MCなしで一気に最後まで…だった気がします。
あったかな?(記憶喪失)

Elevatorは、新曲といっても、
音源も映像も配信されたので、、
こういうイベントでも、どんどん出してきますね。

…もうね。
自分らが盛り上がるのに忙しくて、、
周囲とか視てる余裕ないんすよね。

なので、、すみません。
とにかく盛り上がった!!!
しか 感想が無いのです。

ごめんww


あ、ひとつだけ。
自分の隣の、、中央右寄りブロックにいた男性が、
すごく熱心にモニターを見ていてね

とくに、三浦さんが踊ってる時、
舞台も直接見える場所なのに、
巨大モニターのなかで踊る三浦さんを凝視していたのが
印象的でした。


うん実際ね。
私らの立ち位置は、
巨大モニターの正面だったんです。

なので…
舞台の上の三浦さんが見えるにも関わらず…
ついつい
モニターで どアップになる
三浦さんに目が行ってしまって…

どっちを見ていいかわからなくなるっていう
幸せな辛さを味わいましたw

いやいや
この日の三浦さんは、まじイケメンだったっす!!!

               ===

Ⅱ. THE BAWDIES

さて2組目は、
こちらもかなり期待していた THE BAWDIES

ダンサブル!
ロックンロール!!

TVやPCで動画をみるだけでも、かなりアガルんだけど、、
実際に生でパフォーマンスをみると、更にアガルね!!

そして、、大人気のROYくん
MCがめっちゃ面白いwww

叫んで 跳んで 大笑いして、、

パワーを全部使い果たしましたwwww


各アーティストの入れ替えは
バンドの楽器やなんかの入れ替えもあって
かなり時間をとってます。

なので…
ここは まじでぐったりしていたwww


Ⅲ. flumpool

さて、flumpoolさん。
この人らも、特にVoの人のルックスがよろしいためか
かなり人気があります。

ただし… 個人的にですね。
この人らのノリが、、私は割と駄目なの。

べつに苦手…とか嫌い、とかまではいかないんだけど、
ま はっきりいって
乗れない。踊れない。

ぼーでーずは、聴いていて自然に身体が揺れちゃうんんだけど、
この人らの音楽は
身体が全然動かないんだね

ロックなのにww

非常に厳しい言い方をすれば、、
”ノリがなくてつまらない”

メロディラインはキャッチーだし、
おそらく、
小音量で、たとえばラジオとかカーステとか
軽いオーディオで聴いてれば
それなりに軽快に聴ける音楽なんだと思いますが、、

リアルに聴いてしまうと
リズムのノリの単調さが、なんとなく
乗れないな~~~ って感じになってしまうというかね

下手っていうんじゃないんだけどね
むしろ上手いんだけどね

なんでだろうね??? 謎。


Ⅳ. 木村カエラ

カエラちゃん、生で歌を聴いたのは初めて。
まず… スタイルがよくて可愛いのは、
ま、TVであれだけ細くみえるんだから 当然ちゃ当然ですが、、

声が綺麗なのに驚いた!

だけど、ステージングはパワフルでね。
ずーっと跳び跳ねながら、元気に観客を煽りながら、
それでも、
バラードや 聴かせる部分では
しっかりその美声を聴かせてくれるっていう…

う~ん
この人の人気は 伊達じゃないんだなぁ!
…と
つくづく思いました。


白くて ふわふわの衣装が
ちょっと奇妙で まぁ可愛かったんだけど、、

なにかに似てると思って あとで気付いた

インテルの鳥
(てゆうか、ビッグバードの白い版?)

…いやいや
可愛ければ何でもいいのです。


ここで、かなり長い休憩が入った。
もともと休憩は長めなんだけど、、
ここは30分くらいはあったんじゃないかな?
座席があるので、しんどいってほどじゃないけど、

予想してたより長丁場になりそうで、う~んと思ったのもこの辺り


Ⅴ. 加藤ミリヤ

休憩はさんで、後半いっぱつめは
加藤ミリヤちゃん。

この人のパフォーマンスは、
イベント等で なんどか見ていたけれど、
バンドセットのステージは 初めてみたかも

そしてその 新しいバンドのバンマスが
Gakushiさんつうことで、、

Gakushiコールしちゃいましたよ!
(みりやのステージなのにwww)

今回のミリヤさん、
バックダンサーなし というかそもそもダンスなし
Gakushiさんのピアノ一本で唄うバラードとか
かなり ”聴かせる”ステージに
仕上がっていたのではないでしょうか


あと…セトリに慟哭があったじゃない。
工藤静香!!!

おお~ そういうことか!
そうだそうだ。
R&B系の女性シンガー

なんつうか…皆さん同じ唄い方 って思ってたけど
そうだよ 工藤静香!

そうかそうか
あの人がルーツだったのか!!!

…違うかも
……でも似てる 余りにも似てる 唄い方がwww


そして。
同行友は 誰一人
工藤静香のカバーだってことを知らないのであった。

ジェネレーション・ギャップ乙…


Ⅵ. スガ シカオ

6組目。
そろそろ疲労がたまって来た。
足が痛いとかじゃないんだけど、
なにしろ前半とばしまくっていたから、、

そんなあたりのシカオさん。

後付けできいた話によると、、
最近、事務所をやめて独立したんだそうですね。

すんごく有名な人だけど、
自分は、この人のこと そんなに知ってるわけじゃないので、、
もちろん 持ち歌とかもほとんど知らなくて

ただ
さすがにベテランなんですよね
盛り上げ上手!!
なんと… J-WAVE LIVEは20年目なんだって!!

確かに 盛り上がってたな~

この人の
ちょっと微妙な音程が、、生で聴くと さらに微妙な感じではあるんだけど
でもやっぱり

トータルで 安定してるんだよね
さすが… としかいいようがない。


あ 安定してるっていえば、、
曲は知らないけど、
なんか この人の曲
ベードラの音とか…落ち着くわぁ って思ってたら、、

ドラムスが D.M. Bandの岸田さんでしたw
う~~ん
最初はあまり ピンときてなかった岸田さんですが、
何度か書いているとおり

exTime Tourで
すっかり大好きになってます!

なんだろう?
岸田さんのドラムって、、
どっちかつうと後ノリぽくて
器用な感じでもないんだけど…

なんというか、独特の味=ノリ感があって
その感じが…段々なじんできて
心地よいって感じる今日この頃なんだよね


Ⅶ. Superfly

トリは Superfly
予想通り、、物凄い声ですこの人!

というか、、、生で聴くと
ちょっとウルサイくらいに声でかいw

あの声量で、
ステージ中 走り回って、
シャウトして、
なおかつ あの声量で、

ばけもんですか?あの人は!!!

う~ん
実際の所 本当に声がでかくて
でかすぎませんか?
って思ったんだけど、、

ライヴ音源をラジオで聴いたら
めりはりがあって
すごく美しい声だった…

不思議だね~

ライヴで聴く感じと
音源になった感じって

違うんだね~~~


と。
変な所に感心してしまいました!

               ***

DSC_1468_se.jpg いやいや
15:00に開始して、、22:00前後まで
6時間以上やってたわけですよ!

こりゃ~長いよね!
疲れるわけだwww
じっさい疲れたwwww

でも楽しかった~~~

※お写真は、終演後に食べたパンケーキw
 嬉しそうにピースしてるのはJ子です♪

               ***

このときの音源は、
9/7にダイジェストで放送されたんですが、
10月には、TV放送もある予定です。

楽しみだな~~~♪


疲れたけど、また行きたい!
また三浦さん出してね!!
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<DAICHI MIURA "exTime Tour 2012" @栃木県総合文化センター メインホール | 社会参加の実際 | そういえば…DAICHI MIURA LIVE 2012「D.M.」in BUDOKAN>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。