違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DAICHI MIURA "exTime Tour 2012" @東京国際フォーラム・リポ中編 (絶賛工事中)
2012-09-24 Mon 12:45
リポ続編いきます。
今回は、、箇条書きじゃなく、たらたらと書いていきます。

タイトルはリポ後編、、にしようかと思ったけど、
終わらなそうなので一応中編としますw

               ***

そして、自分たちの座席は、、
一階の後方。後ろから5列目くらい?…の、ほぼセンターでした。
とにかく奥行きの深いホールなので、
一階席は49列(センターブロックは47列)まであります。

最前ブロックは20列。
…通常のホールなら、20列いったらけっこう後ろの方ですが、、
ここ国際フォーラム ホールAでは、、
20列目でも最前ブロックなのです!


120924_国フォイメージ_merge 国際フォーラム。
さすがに、本ツアー屈指の大会場。
おそらく舞台のサイズも大きい筈ですが、
その両脇の壁も面積が広くて、
実の所、、暗闇に浮かびあがる舞台の様子は、
いつもより、かなり小さい長方形に見えました。
(右図。下手だけどイメージ)

21列目のセンター付近には、音響がずらりと並び、
モニター画面の淡い光が、ちろちろと揺れています。
(このモニターの光は、バラードなど照明を暗くする舞台のときは消してたようです
 ちゃんと客席に配慮してるんですね~)

前方付近は、どんなに目を凝らしてもさすがに見えなかったんですが、、
最前3列をつぶして、移動式カメラのレールが設置されてたようです。
さらに、(これも自分は確認できなかったけど)20列目の中央付近、
そして1階最後部45列目の中央部にも、
大きな固定カメラがスタッフつきで待機していました。

開演時のアナウンス。
「本日は、DVD撮影用の機材が入っております。ご協力お願いいたします。」

もちろん、その他、
最前ブロックの両端エリアにもカメラが沢山。
…ただしこのエリアは取材席なので、DVD撮影とかに関係なく、
いつもカメラが沢山並んでいます。

               ***

さて本編。
仙台公演の後にも載せましたが、一部間違ってたようなので、、
ふたたびセトリを載せます。
そして、、その後で、各ナンバーを総括した個々の感想を。


● SetList ●
01. Black Hole
02. Turn Off The Light
03. Drama
04. Love is like a base line
  ~MC
05. Gotta Make You Mine
06. Magic
07. Magic Word
  ~MC
08. 4am
09. 熱帯夜
  ~MC

~Instrumental Number; by D.M. Band
~Dancer's Solo Number; SHINGO, SHOTA, PURI, AKIHIRO
~Dance Corner; Daichi Miura with Dancers

10. Virtual Insanity ~Jamiroquai cover~
  ~MC
11. Inside Your Head
12. Delete My Memories
13. Flag
14. The Answer
15. Your Love
  ~MC
16. Lullaby
17. Burning Weakness
18. No Limit
  ~MC
19. Touch Me
20. Elevator

~Encore
E1. Two Hearts
E2. SHOUT IT


               ***

では、細かい感想を総括的に書いてゆきます。

Opening~
先に下手なイラストを載せたように、
開演前のステージには幕がありません。
黒い幕に覆われたセット。天井から大きなミラーボール。
ダークパープルに光る背景のスクリーンは、、ツアー初期には何もなかったと記憶してますが、
中盤辺りから、この、星空のようなライティングが加わりました。


01. Black Hole
開演のアナウンスからしばらくして、
(おそらく音が先だったと思うんですが)Black Holeのイントロが流れます。
いつもよりかなり長めに続くイントロ。
それとともに、セットの上方からドライアイスが噴出され、
ステージ上は徐々に、スモークに覆われてゆきます。

この時点で、セットは黒い幕に覆われていますが、、
オリジナルの音源だけでなく、生楽器の音が聴こえる。
生のドラムと、
アナログっぽいスリリングなシンセ音、そして歪んでかき鳴らされるギター音。
(このシンセやギターのソロ演奏も、ツアー中盤から目立ってた気がします)

セットの方は、中央の上部が蓋のように持ち上がって、、
中から光が溢れる。
輝く四角い光の中に、やがてゆっくりと
光の向こう側から階段を上って
三浦大知の姿が現れる! 大歓声!!

そして完全にセットの上部に降り立った彼が、
ゆっくりと唄いはじめる…

という、
かなり衝撃的なオープニング。

このイントロの間、
稲光のように 白光が鋭く瞬くライティングの演出がありますが、
これも、ツアー中盤以降で変わった点です。

初期は、単に赤っぽい照明できらきらしていたと思った。

1コーラスくらいソロで唄ったあと、
セットの4か所から、ダンサー4名が飛びあがって登場。
これ、武道館の大知の登場と同様の演出ですね。

その後、ダンサーズは
セットの下の舞台まで降りて
これまでのBHでは見られなかった 立体的な構成で
スモークの中を踊りまくる


02. Turn Off The Light
この辺りまできて、やっと衣装とかを観る気持ちの余裕が出てくる
(余裕がないこともあるw)
2曲目。TOTL。

大知の衣装が黒ベースであることは分るのだけど、
ダンサーズの衣装、玉虫色にチカチカして何色か判明しない。
大知のベストとダンサーズのスーツの上下が、、
とにかく七色にチカチカします。

(衣装については、八王子リポに細かくかいたのでそちらを参照してください。)

ええと、、
この曲は、とにかく盛り上がってるので、細かい処を覚えてないんだけど、、
本ツアーの特徴として、

 みえなくなるっ ほっどっにっ
 しょーめいおとっしっ てぇ~~いぇ~~~

とゆう(イメージw)、大知くんの
一語一語 区切りながら
半ばSHOUTするようなVocalスタイルが
印象に残りましたね~~


03. Drama
(わたしがワンマン参戦するようになってから)欠かさず演奏されてきて
シナスタでも印象的なオープニングを飾ったけれど、
D.M. Tourではお預けだった Drama
この曲… やはり大知くん、かなり好きなんだと思います。

そして最後のフレーズで、ダンサーズがセット方面にはけて、、
舞台中央前方の大知を残し、
白い幕が上から落とされてステージ後方を覆う


04. Love is like a base line
Dramaのエンディングは盛り上がって終わり、、
ドラムスの奏でるリズムが続く。
そして、、クライマックスで、
白い幕がまた 上からざっと下に落ちる

すると、黒幕におおわれていたセットのバンドブースがあらわになり、
そこには D.M. Bandが!!

「D.M. Band 集結~~!!」
という大知の叫び声とともに、
base lineのイントロが始まる

このイントロ
ベースのフレーズを受けて
「YES!!」
って叫んだ部分があった

多分 国際フォーラム以外では 言ってなかった気がする
格好よかった!!!


  ~MC
MCは余り覚えてないん方なんだけどw
さすがに10公演も行けば…あらすじは覚えますなww

ここでは、
ツアータイトルをコールする場面。

「みうらだいち exTime Tour!
 イン………
 東京国際フォーラムへ ようこそ!!

このタイトルコールは、
普通に言ってみたり、小さい声で言ってみたり
幾つかのパターンありましたが、、
ファイナルのここ、国際フォーラムでは…普通に叫んでました。
…そういえば、
タイトルコールで、会場名をちゃんと言う場所と
地名を言う場所とあるんだけど、、
その地名も 県名か都市名かの違いがあるよね

名古屋とか福岡は、たぶん都市名。←行ってないので不明だけど多分
その他の地方都市は県名?
市川公演を「in 千葉」って言ったのが、、すごい違和感ありました(^^;
なんとなく…
県名じゃなく都市名でコールして欲しいな~
どうでもいい話なんだけどね




まだまだ続きますよ~
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おおっ、 | 社会参加の実際 | DAICHI MIURA "exTime Tour 2012" @東京国際フォーラム・リポ前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。