違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
三浦大知 - Right Now/ Voice …ジャケ写!
2012-11-12 Mon 10:46
Right Now/Voice [SINGLE+DVD: MUSIC VIDEO盤] ニューシングルのジャケ写!
え~ほんとうは、ジャケ写自体は先週水曜日に公開されてるんですが、
週末旅行に行ったりしていて、、アップが遅くなりました。

※画像リンクは、「Right Now/Voice [SINGLE+DVD: MUSIC VIDEO盤](外付け特典なし)」に貼ってます。
特典付きを注文されたい方は、以下からどうぞ♪(特典の有無でお値段違うのでご注意です)
→「Right Now/Voice (SINGLE+DVD) (MUSIC VIDEO盤) (外付け特典:カードカレンダー amazon ver.あり)


               ***

さて。
この情報も、ジャケ写とともに先週水曜日に解禁されてるんですが、、

先月末に書いた「言いたいけど言えない事」とは、、
三浦さんの、L.A.でのMV撮影の件でした。

PURIさん関係者からの情報だったのでかなり精度が高く、ちょっと公開でけんな~~と。
ま、、たまたま耳にする機会があったとだけ申し上げておきます。


昨日のラジオ「Music Freaks」では、
その、、L.A.におけるMV撮影の裏話というか、
今回のプロジェクトを実現させる立役者となったDance Producer PURIさんとのなれそめとか、
、、うん、いろんな話がきけましたよね。

自分は、ダンスに関しては全くの素人でして
(そしてこれからもずっと素人のままでしょうが)
三浦さんの、ダンスへの熱い想い
…その部分に関しては、
ま…傍観者でいるしかないわけですが。

20代半ばの今の彼は
ダンサーとしては、身体がピークの時期なんだと思います。
ここから先、
ダンサー三浦大知は どんな方向にむかってゆくんだろう?

今回の、世界レベルで敬愛するダンサー達との仕事は、
そういう意味でも、
彼にとって、かなり大きな出来事だった筈。

クラシック・ダンスならともかく、
ストリート系のダンスって、、表現の深みとかよりも
純粋に肉体の身体能力をとわれる印象ですから

プロのダンサーは、ああいう年齢になれば、
純粋なダンサーっていうよりは
そろそろ指導者やコレオ、プロデュースの仕事なんかにシフトしていく感じなのかな

以前TV出演していた s**t kingzさんは、
「ダンスでブロードウェイに看板出せるような!」的な発言をされていたように記憶してるけど、
ダンスのみでエンターテインメントとして成功させる興業って
やはり…大変な気がするしね

うん、、そう考えると
三浦さんがビッグネームになってゆくことは、
いろんな意味で 日本のエンターテインメントに
影響を与える出来事なんじゃないかって思われる

               ***

じっさいに海外に在住したことがないので、あくまでも想像と印象でしかないんだけど、
日本の芸能界は、一般的なショービジネスとは隔離された場所にあるよね
ま…一応、ショービジネスとしてビッグな興業は
ニュースとして紹介はされるんだけれども

ライヴで大会場を満杯にするアーティストが
TVに出演して唄ったりしない”芸能界”って場所は
本当に…謎。

それを言っちゃうと
アニメ関係のイベントが、大きな会場をあっつうまに満杯にする実力を持ってること
その世界に関わってない一般の日本人たちは、どれだけ理解してるかな?

ま…TVにがんがん出てくるアイドルは
もちろんライヴでも成功しているから、それはそれでいいんだろうけど


音楽は音楽で、、もちろん
ものすごく裾野が広い訳で。

いい曲を書いて 歌や演奏の才能がある人でも
売れなければ
プロのアーティストとは言えない世界


う~ん、、、
話を広げ過ぎて、収拾つかなくなりました。



えっと!(話を変える)
昨日のラジオでは、
新曲の C/Wである "Far Away"が解禁されました!
録音できない自分の環境では、1回しか聴けなかったんだけど、、

ちょっと、VOICEほどは強い印象が残ってないですね。
・イントロが80'sのプログレっぽい壮大なシンセだった
・意外とアップテンポで、疾走感のあるサウンドだった
…くらいかな?
……ん~~全体にプログレっぽい感じだった。

プログレは昔よく聴いてましたけど、
まぁ、お勉強として聴いていたので、
実は…正直言うと…とくにプログレが好きというわけではなかった。
(いやもちろん中には”名曲”や”好きな曲”も沢山あります)

や、1回聴いただけでプログレと決めつけてはいけないが
三浦さんのオリジナル曲、
新しさよりも、割と古さを感じることが多いな~わたくし

昔の曲やジャンルへのオマージュは
忌避することではないんだけど
むしろ
あの若さで これだけ多くのオールディーなジャンルの音楽を
嗜好としてカヴァーしているという
音楽性の高さには 驚くばかりなんだけど

作家としての三浦さんには
いろんな意味で
まだまだ経験が必要かもしれませんね
…なんちて。


さいごは辛口ですいません。
いつもながら。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<竹本建一ワンマンライヴ@代官山Loop (11/06) | 社会参加の実際 | 掲示板は悪意の垂れ流し…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。