違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2012→2013」を観て思ったこと。
2013-01-01 Tue 02:00
さてこちらは、同じく2012年大晦日の夜~元旦深夜にかけて放送された
「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2012→2013」を観て感じたことを書きます。

これは、、どうしても書きたかったこと!

※この記事は過去日付でUpしますが…実際に書いてるのは1/10です。

               ***

この特別番組「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2012→2013」は、
2012年12月31日23:45~ 翌朝5時までの放送予定。

帰省予定だった自分は、リアルタイムで視聴できるかどうか微妙だったので、いちおう自宅で録画予約をして、、
ま 実際には
年を越して、一旦仮眠を取ってから、
夜中に再度目を覚まして、、視聴しちゃいました(^^;

               ***

事前に、午前3時過ぎの登場…っていう裏情報が出回ったけれど、
実際に三浦大知くんが出てきたのは
ちょうど 4amをまわるかどうかって辺り

仮眠を取ってた私ですら
途中、、眠くて意識が遠のきそうになった。
TVの前でずっと待機していたみんなは
つらかったんだろうなあ!!!

               ***

そして、、その、午前4時頃
ようやくTVの画面に、三浦大知くんの姿が現れました!
生放送会場の、トーク・エリアに!!

エリアの中央部分には、三代目 J Soul Brothersさんが、ぞろぞろと。
そして左側にナオト・インティライミさん、
さらに左端に、三浦さんがちょ~~ん、と。
(後で知ったけど、後ろの段にはシドさんがぞろぞろと。)

で、まず 三代目さんのトーク。
三代目さんが「…ではライヴの準備を…」と画面から消えたとき、
司会の中居くんがティライミさんに声をかけて。
ええと、細かいことは覚えてないんだけど、
「紅白初出場、どうだった~?」的なこと。
ティライミさん、席を移動しながら会話したんだけど、
そこですかさず
「三浦くんも、おいでおいで~」
って声かけて、
あ、三浦さん 席動いてなかったんだな~~ と知る。

ティライミさんも、振りかえって大知くんを大きく手招き
ってか、背中に手をかけて引き寄せる感じ
中居くんのひとことで、
すごいあったかいムードになりましたね。


そして、ティライミさんのトーク→ライヴときて、、
今度は大知くんかな?
と思ったら、、

なんと、トーク・エリアの真ん中はシドのみなさんw
またしても三浦さんは端っこ…

この流れは、三浦ファン的には 
(また隅っこに追いやられた~) 的なイメージで
なんとなくカチンときたわけですが…

そもそも トークやライヴの順番は
ティライミ → シド → 三浦さん
と決まっていただろうから、
三浦さんも、ティライミさんのあとにはシドが入るだろうと
敢えて席をつめなかったかと。
…そう考えると、
中居くんの「おいでおいで」が、段取り失敗だったかもしれないのねw
だから、、冷静に考えて
怒るところじゃないのねww

もうみんな眠いからさ。怒りっぽくて怒りっぽくてww

しかし、、長椅子の隅っこに
ちょ~~んって座ってる三浦さんは 可愛かったww

               ***

また、ステージがすごく狭くて ダンスが大変そうだった件
カメラワークが 全然ダンスのツボを押さえてなかった件
楽曲の短縮アレンジが強引だった件

これはね
ファンの皆さんの言う通りだと思います。

だけど…よく考えてみてください。
TVの制作スタッフやお偉いさんなんて、
もともと 三浦大知のファンでも何でもないわけですよ。

彼らにとって
”有名アーティスト”とは、
TVにしょっちゅう出演して 自分達と沢山仕事をしてくる
そういう芸能人のことを言うんですよね。

TV人間の中には
「アイドルとは、そもそもTVが育ててやるもんだ」
くらいに思ってる人も 多いんだと思います。

もしそういう考え方のTV人間なら
TVに媚びないで、TVのチカラも借りずに有名になった”実力派”アーティストなんて、
むしろ…生意気な奴~
くらいに思ってしまうかもね。

そして
おれたちのフィールドにきて、その”実力”とやらを
出せるんなら出してみろ
くらいの気持ちで… ついつい冷たい扱いをしてしまうかもしれません。


しかし実際にはどうですか?
あんな 強引なアレンジをほどこされた楽曲で
あんな 狭いステージで
普段と変わらないクオリティで 踊ってくれたサポートダンサー達
笑顔で唄って がっつり踊りきった三浦さん

素晴らしいパフォーマンスだったじゃないですか!

あんな格好いいパフォーマンスを きちんと撮影できなかったなんて
カメラマン馬鹿な奴
単に下手なだけかもしれないけど、、
いずれにせよ恥ずかしい行為だよね~

だけど、、
これもちょっと考えてみてください。
これまで 日本の芸能界に、
三浦さんくらい 高度なスキルで踊れるアーティストが
どれだけいたでしょう?
芸能カメラマンが、、あの世界レベルのダンスのスピードについていけなかったとして
まぁ、仕方ないっちゃ仕方ありません。


思ったんですが、
三浦さんがやってるような
高いレベルのダンス・パフォーマンスの魅力を
充分に伝えるには、、
逆に、現在のTV制作側に そのスキルや体制が整ってないと思うんです。

センターで唄ってる人の顔を アップで撮ればいいわけじゃないからねw

こういう現状は、、いずれ変わってくるんじゃないかな。
これだけ世間がダンス、ダンスと騒いでるんだから、
あっち側の体制が 変わらざるを得なくなると思うね。


ということで、
私は、、あの放送について 怒りとかは全く感じてません。

CDTVさん、よく三浦さんを出してくれたな~と感謝したいし
中居くんの気遣いも嬉しかったし
パフォーマンスは格好よかった!!!


まぁ、、中居くん、
できれば 三浦さんが子供の頃から芸能活動してたってこと
まったく知りませ~ん みたいなトークは
アレだと思いますけどね。ご愛嬌。

中居くん、正直あまり頭脳明晰な方ではないように見受けますけど、
芸能界の中心にいながら、
自分自身の才能であるとか、他の芸能人の才能であるとか、
そういう…ものの見方、価値観のバランスが
すごく まっとうな人だと思うんですね。

コメントの内容も偏ってなくて 好印象です。

ま…今はまだ現役の仕事で鬼のようにお忙しいだろうとは思うけど、
もっと勉強してくれたら
すごくいい司会者になると思うんですよね~

期待してます。


あ。
最後、、めずらしく三浦さんの話じゃなくなったww
この辺りで閉めますwww
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<やあやあやあ | 社会参加の実際 | 「COUNTDOWN JAPAN 12/13」にて思ったこと。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。