違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
TVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』いよいよ放映開始!
2013-01-23 Wed 23:07
Game of Thrones: The Complete First Season [Blu-ray] [Import] っていうことでね。
画像リンクは、既に発売しているBlu-rayに貼りましたけど、、
もちろんImport盤なので英語のままっす。

この海外ドラマが、、いよいよ
CS スターチャンネルにて 字幕+吹き替えで放送開始!!
ってゆーじゃありまへんか!!!

※画像リンク→「Game of Thrones: The Complete First Season [Blu-ray] [Import]」 (2012/07/24)

               ***

こちらが、ドラマの公式サイトです。
→スターチャンネル公式サイト:「ゲーム・オブ・スローンズ

冒頭に貼ったように、既に本国では
第2シーズンまで映像化され、第3シーズンの制作に入っているのだとか。
その、、第1シーズンが、日本でいよいよ放送開始になるっていうお話。

まぁ… とにかく壮大なスケールのファンタジィ大作です。
邦題の方がわかりやすいんですが、、
架空の大陸に存在する、7つの王家が、覇権を争う…というストーリィで、
物語の開始から、既に7王家の勢力はすごい格差のある状況になってます。

ま、サイトをじっくり見てもらえばわかりますけど、
七つの王家、スターク、バラシオン、ラニスター、ターガリエン、アリン、タリー、グレイジョイの中で、、
大陸の北側に領地を構える”スターク家”というのが…一応、標準的に注目すべき一族ということになるのかな。

第1部の開始時には、
大陸の南側ではげしく勢力を争っていたバラシオン家とラニスター家が政略結婚で結びつき、
アリン家と縁戚であるスターク家の領主エダード・スタークの協力を得て、
ロバート・バラシオンという領主が「七王国の王」を称して…大陸に君臨している状況。

しかしながら、先の戦争で負けてしまったターガリエンやグレイジョイは、
喜んで今の体制に甘んじているわけではなく…当然、勢力巻き返しをもくろんでいます。
また、バラシオンに準ずる勢力であるラニスターは、自ら覇権を得たいという野望を持っています。
そんな中央の勢力争いにはあまり関わらず、できれば北の大地で平和に暮らしたかったスタークが、「王の手」と呼ばれる重役に命じられたそのときから、、
大陸の勢力均衡は、少しずつ変化してゆくのでした…

ネタバレになりますが、物語の冒頭で主要な人物と思われた、
七王国の王ロバート・バラシオンや、"王の手"エダード・スタークは、意外と早めに舞台から姿を消し、、
物語の主役は、彼らの残された妻や子供たちの世代に映ります。

個人として力を持たない若者たちが、
壮大な覇権争いに巻き込まれて生きる様が…すさまじい大河ファンタジィです。

               ***

原作小説の翻訳版はこちらです。
《氷と炎の歌》シリーズ第一部「七王国の玉座」。
七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1) 七王国の玉座〔改訂新版〕 (下) (氷と炎の歌1) 最初は2002年、早川書房から単行本上下巻として翻訳出版され、その4年後に文庫版が出たのですが…これが5分冊で評判が悪かったためか、昨年、
あらためて上下巻に改版された文庫版が、発売開始されました。
わたしは分冊文庫版の方で読み始めたけど…これが面倒くさくて、結局再販の文庫版を買い直す羽目になりました。

え~と、、ただいま第3部まで出版されており、絶賛読み中です( ̄▽ ̄;)

               ***

TVドラマの第1シーズンでは、ちょうど原作の第1部にあたる部分が描かれているそうです。
登場人物が多くて、物語を把握するのが非常に面倒くさい原作小説でしたが、
ドラマ版では、なんたってビジュアルという強みがあるので、
よりわかりやすく、この世界観を楽しむことができる筈です!

あ、ちなみに、7つの王家は、旗印の動物で覚えると覚えやすいです。

問題は、、
スターチャンネルの契約料 高いんですよね…。
し・か・も
2月から、、スカパーじゃなく、スカパーHDで
プレミアム契約しないと観られないと言う!

プレミアム契約って、、専用のチューナー機器が必要なんだよね~~~
………これは、視聴するの無理かな( ̄▽ ̄;;)

貧乏だもんね~………。
スポンサーサイト
別窓 | IO-ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<…凹む。 | 社会参加の実際 | 「三浦大知君が好きな方にお勧めする洋楽 Part.1」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。