違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
"Beat Connection 2013"参戦リポ・その3
2013-01-28 Mon 18:38
リポートその3です。
ここでは、三浦大知くんのステージについて。…それで終わりそうww

               ***

規模の大きなライヴ・イベントである"Beat Connection"
自由席参戦っていうのも初めてで、勝手がわからなかったんだけど、、
1日目に参加したファン友さんが、沢山情報をツイートしてくれたので、かなり安心してライヴに臨むことができました。

27日の出演者の出演順では、
超新星などK-POPアーティストのファン達が、どういう動きをするのかがカギと思われ、、
早めの出演順であった三浦大知ファンのうち、スタンディング・エリアを目指す人々は、
早めに入場して好ポジションを確保しようという考えの人が多かった筈。

私が会場についた時間では、恐らく200~300人が既に入場待ち列をつくって待機していましたが、
超新星ファンらしい人を沢山みかけました。
(…もちろん、大知ファンの知り合いにも沢山お会いできたんですけどw)

…ま。それ以外のアーティストのファンもいらしたかもしれませんが、
大知ファンの皆さん、けっこう気合い入れて頑張ってたと思います!

さて会場内は、
前日リポートしてくれた方の情報どおり、
最初の2,3組では スタンディング・エリアの観客は
まったく移動を行いません。

入場したときのままの立ち位置で、
我々は、、、三浦大知のステージを迎えることになります。

               ***

三浦大知
01. Touch Me
02. RUN WAY
03. 4am
04. Voice
05. SHOUT IT
06. Right Now

01. Touch Me
会場が暗くなると、おもむろに流れる Touch Meのイントロ!
既に三浦大知の出番であることは判っているので、ファンの声援が物凄いことになっています!

Twitterでも呟いたんですが、
自分の横並びとか、前方、後方列に
大知のツアータオルを巻いたファン達が あっちにもこっちにも沢山!
さすがに最前付近の様子はうかがえませんが、、
スタンディング・エリアで数名のファン友さんに出会えたし、
大知ファンの席捲、半端ないっす。
会場内でも、かなり大きめの派閥だったんじゃないでしょうか?

…もっとも、とにかくスタンディング・エリアでぎゃーぎゃー騒いでいた自分らは
全体像を客観的になんか ぜんぜん把握できてないです。
お許しください…。


ここで、バンドについて書きます。
これは、、三浦さんステージ開始時にわかったのですが、
BENIちゃん~Ms.OOJA~三浦大知まで、
ステージ上のバンド・ミュージシャンは、動いていません。

すべて、スペシャル・バンドによる演奏となっています。
Dr., B, G, Key *2, Cho(女声)*2
という編成で、
しかし、三浦さんの舞台になって女声コーラス2人が抜けました。

DJは、、ステージ上には居なかったように見えました。
(映像をみたら確認できるかもですが)


さて、、Touch Meのシンセ音が流れて…
続くイントロのリズムが、いきなりの生ドラム音!
これには…ぶちあがりました!!

そして、舞台には、黒っぽい衣装のダンサーズが登場、
サポートダンサーは、PURI, SHOTA, Kazuki, NOPPOという
安定の大知クルー4名。
そして…そして!
登場した三浦大知!!

自分の位置からは足元までは確認できなかったんですが、
シンプルな襟付きテーラード、グレーのジャケットスーツに、インナーは黒のVネックT。
ジャケットは肘まで腕まくり。
うおおおおお 何なの? あのイケメンは!?
大知ファンどよめき!!!

…自分のポジショニングは、
おそらく前から数えると10列目を越えてたと思うけど、
ステージ上の大知くんのお顔まで くっきり見える距離でした♪

あいにく、私のすぐ前には男性がいたのですが、
ステージがとても高いので、
通常のライヴハウスよりも、かなりくっきり全身が見えるんです。
男性の頭に遮られても、膝くらいまでは見える感じです。

ステージ背面の巨大モニターも、正面から見えるので
足元部分は、、カメラがそこを映すと、ばっちり見えましたね~

登場時、Touch Meのイントロが終わる直前で
「みなさん、盛り上がる準備はできてますか~
 三浦大知といいます
 今日は楽しんで行きましょう~」
的なことを
(後半はかなりうろ覚えです。間違ってたらごめん)

言ってですね。
その、、短いMCが終わるのとほぼ同時に、
イントロの DA・I・CHI コールの部分に突入して、、
そのリズムが
おそろしく絶妙なタイミングだったんですよね~

いや~上がった上がった!!


02. RUN WAY
Touch Meに続いては、
自分的には…ちょっと予想外の RUN WAY
これ、、後でファン友のyさんに教えていただいたんですが、
RUN WAYのオリジナル音源でGuitar弾いてらっしゃる石成正人さんが、
今回のサポートバンドのギタリストとして参加されていて、、
そういう理由からの選曲だったかもしれない ということでした。

→石成正人のblog:「連日のリハーサル
石成さんのブログに、ステージで使用されたギターが並んでる写真が掲載されてますが、
RUN WAYのときに使用されたギターは、左端の白いフライングVです。

三浦さんのワンマンツアーでは、上條頌くんが、テレキャス(石成さんの写真では、種類でいえば左から3本目のクリーム色のやつ。たしか、頌くんのギターもクリーム色で似たような型だったと記憶)を使ってディストーション・ギターを弾いてましたけど、
テレキャスって綺麗なクリアな音は出せるけど、切ったない歪んだ音は出にくいん印象の楽器なんですね。
やはり、、RUN WAYみたいなロックな曲では、
Vやレスポール(左から2番目の赤いやつ)などで
思きし歪ませた音色で弾きまくるのが似つかわしい気がします(笑)
これは、、別に、プレイスタイルの好き嫌いでなしにねww

ここに並べているように、もちろんこの方は、
演奏する楽曲によって違うギターを使い分けてらっしゃるのですが。
やはり…プロフェッショナルという感じがしましたね。

残念ながら、ドラマーとベーシスト、キーボーディストの名前が判らないのですが、
みなさん、プロのセッション・ミュージシャン っていう印象です。
ものすごく上手いです。安定してます。

ええと…別に、D.M. Bandの皆さんの悪口を言うつもりではないんですが、
やはり、D.M. Bandのミュージシャンは、どちらかというと”若手”に属するミュージシャンだと思うんですね。
(まあ、、Gakushiさんに関しては、そろそろスキル的に”若手”の肩書きがはずれる頃合いだと思いますが)

それに比べると、やはり、
いわゆる大物アーティストに選ばれるミュージシャンは、
スキル的にも経験的にも
”プロフェッショナル”というべき人々なんだろうって思います。

ただし、、 D.M. Bandの若手ミュージシャンは、
おそらく マルチジャンルのプロフェッショナルになることを
必ずしも目指してないと思うので

単純に どっちが凄いとか そういう問題ではないと思います。

Smooth Jazzというジャンルにおいては、
本当に素晴らしい演奏をする人達ですし!!!


03. 4am
RUN WAYではけたダンサーが、椅子を抱えて登場したステージ!
exTimeツアーで見せてくれた、あの 4amを、、
なんと 平面のステージで再現しようとしてくれる 試みだったようです!!

ステージが暗めなのと、ダンサーズの衣装が真っ黒だったので、
椅子ダンスの詳細は、、余りよく見えなかったですo(> <)o

…まぁ。
既に exTimeの映像を穴があくほどリピして見ている自分らには、
その映像が脳内で勝手に重なって再現されてしまっていたわけですけどねww

exTimeの 4amは、基本的にGakushiさんのピアノ1本 +音源トラック少々
という形で演奏されましたが
このステージでは、フルバンドの演奏によるアレンジでした。
それに合わせたのか、、
大知くんのVocalも、
exTimeと D.M.の中間くらいの感じかな?

途中の「Hooooooh!」って 力いっぱい叫ぶあれw
…個人的には いかがなものかと思ってたら
exTimeではなくなっててほっとしたら
やっぱり 力いっぱいやっていてw

う~ん やっぱり大知くん…これ好きなのねええ
とか思ったwwww

(すごい素敵なパフォーマンスなのに
 こんな突っ込み感想でごめんなさいwww)


04. Voice
続いてのVoiceも、ピアノ1本ではないんだけど、、Unpluggedなアコースティック・アレンジ。

(実は Twitterで
 誰かがGakushiさんが演奏してる…って呟いてたけど、
 ステージ上で弾いてたのはGakushiさんじゃなかったと思うんだよなぁ
 私の眼がおかしいかなぁ…)

…っていうかこれ、実際の演奏者が誰だったかはともかく
基本的に、J-Waveの公録で演奏された
Gakushiさんのアレンジを基にしていると思います!

私が涙ちょちょ切らせて感動した
あの大サビの神コード進行!!!

…そして。ピアノだけでなく、アコースティックなギターの音色も加わって、
素晴らしい演奏になっていました(TTT▽TTT)
…あたくし大泣き。

がっつり踊る Touch Meからロックな RUN WAYという
アップな曲を続けて、、
芸術的なダンスを伴う いかにもR&B的なアツいスローバラード

そして、、この
シンプルで美しい 大知の声が満喫できる Unpluggedのバラード

この、楽曲とパフォーマンスの多彩さだけでも
誰にも真似のできないエンターテインメントを
表現してくれたと思う 大知くん

彼のファンになってよかった!
彼のファンであることが誇らしい!!

心からそう思った 素晴らしいパフォーマンスでした。

※追記:バンドメンバー判明しました!
  ビーコネ両日とも、前半のミュージシャンをサポートしたバンドで
  Keyboard担当されてた方のブログを発見♪
  →千葉純治のブログ:「Beat Connection 2013 @横浜アリーナ
Keyboards,BandMaster:飯野竜彦
Keyboards:千葉純治
Guitar:石成正人
Bass:大神田智彦
Drums:波多江健
Chorus:MEG
Chorus:CAN'NO


05. SHOUT IT
さてさて。
しかしながら、、まだまだ大知くんのステージは終わらない!
ここで一気に SHOUT ITです!

この曲は、多分、初めて聴いても盛り上がれる楽曲。
スタンディング・エリアにも多数いた大知ファンのノリ具合を
素直にみてくれる音楽ファンの人なら、
きっと、素直に一緒に盛り上がってくれた筈です♪

もっとも… とにかく自分らは
盛り上がるのに夢中で 客観的に客席を見回す余裕なんて
微塵もなかったんですけどねwww

仕方ないwwww


06. Right Now
最後の1曲は、、もちろんこれ!!

基本はオリジナル音源なのだけど、
加えて、バンドの皆さんも、すごい楽しそうにおかずを入れてました♪
ダンス・チューンって、演奏するのも楽しいんでしょうかね?

Elevator演奏するときの、D.M. Bandのノリノリの演奏を思い出したりしました♪

自分は、そんなこと考えながら自分の世界に浸っていたので
周囲の様子をまったく見てなかったんだけど、
この曲になったときの会場全体の盛り上がりは
ものすごかったそうです!
(おもに、スタンド席からみてた人のリポートによる)

やっぱり、、”神技スキルのダンス”で話題になった曲ですもんね☆
他の曲は知らなくても、
三浦大知を最近知った人の中には、、このダンス映像をみて知った人が
そんなにも多くいたんだな~って話ですよ!!

既にこの曲は、
年末のCDJ(WOWOW)や、CDTV(TBS)、MJ(NHK)などでライブ映像が流れるわけですが、
CDJはともかく、フル・バージョンで生のパフォーマンスを見る人は
かなり 度肝を抜かれた筈!

映像と同じダンスを踊りながら、、唄ってますからねええ

個人的に、この Right Nowの Vocalは
ライヴでは まだ
ちょっと声だしが安定してないように感じてます。

しかしながら、、思い起こせば
The Answerも Turn Off The Lightも
出た当初は Vocalがちょっとだけ苦しそうに感じたものでした。
きっとこの曲も
ステージを重ねるにつれて どんどん磨きがかかって
ごく近い将来
揺るぎないVocalになってゆくと確信してます。

ところで、最近、大知のライヴをみながら
唄ってるファンが多くなったように思うんですが。

とくに、ライヴ・パフォーマンスで大知が唄わないところを
まるで補うかのように唄うというね
Right Nowでは、ライヴで唄ってない

 All night long, babe
 All night long, babe

のとことかねw

あれ、何なんでしょうね?
皆で示し合わせて練習したわけでもないのに、、
いつのまにか 皆で一緒に唄っていると言う
大知ファンの連携ねwww


そうそう 話はそれるんですが
ファンの連携っていえば
会場移動する際に、連れのHがiPhoneをうっかり落としてしまって。
後ろの後ろの列くらいの人が それを拾って
前へ前へと送って届けてくれたんだけど、、

たぶん 声援のあげ方から
みんな大知ファンだって 無言のうちに互いに認識し合っていて
無言のうちにすごい連携して
眼と眼で合図しあって
ばばっと届けてくれたのが…印象的でしたww

               ***

PAGE
01. MY NAME(仮題)
02. エクスペクト

休憩をはさんで、ステージには PAGEくんが登場しました。
17歳なんだって!? 可愛い~っす♡

特徴的な声で、う~ん、、、なんかやっぱり可愛いな♪
他に感想がない…( ̄▽ ̄;)
※ →公式サイト
  オフィシャルブログに三浦大知くんとの2ショット写真あり♪
  →「初アリーナ
  前も、ご飯おごってもらった~とか書いてたよね確かw

               ***

長くなってきたので、続きは別の記事で。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<"Beat Connection 2013"参戦リポ・その4 | 社会参加の実際 | "Beat Connection 2013"参戦リポ・その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。