違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
"Beat Connection 2013"参戦リポ・その5
2013-01-28 Mon 19:30
いよいよリポート第5部。
これで終わり!…になるといいな(^▽^;

               ***

長~いお食事休憩から会場に戻った私たちは、
スタンディング・エリアではなく、、椅子のあるスタンド席にて観戦することにしました。

見え方としてはアレなんですが、
比較的ステージに近い、Eブロックの前方辺りです。

ステージでは、、TIME TABLEラスト・ブロックの直前のパフォーマンスが始まっていました。


Serena
01. You&I

むう…この方は、存じ上げないでございます!
あまりお化粧の厚くない若い方。
…まぁ、一曲だけのパフォーマンスなので、いろいろ考える余地もない観覧になりました。


UL
01. 寄り添う
02. ByBlowByeByeBlow

で、この方々は。
不勉強な私は 直前まで知らなかったんですけど(スミマセン)

KICK THE CAN CREWの、、KREVAさん以外のお二人ね。
…というか、KICK THE CAN CREWじたい、名前しか知らない方々だったのです。
客席にはものすごく盛り上がってる方が
そりゃもう
沢山 沢山いらっしゃったのですが、

わたし的には
う~ん…すみません! としかwww


KREVA
01. OH YEAH!
02. 基準
03. ストロングスタイル
04. 蜃気楼 feat. 三浦大知
   MC
05. 王者の休日
06. 音色
07. C’mon, Let’s go
08. NA NA NA

そしてきました! KREVAさん!!
そこまで座ってたスタンド席の観客も、
…とくに正面側ではかなりの数が立ちあがってます。

……しかしながら、自分たちの居たブロックでは、
あれ? 立ち上がってるの私たち3人だけ?www
(いえじっさいには、後ろを振り返ったら、
 スタンド後方通路付近には
 スタンディングで盛り上がってる人がずらりと並んでました☆)

OH YEAH!~基準、ストロングスタイルと、
最近のKREさんライヴではお馴染みのナンバーが続きます。

KREさんから「DJ 大自然~」って紹介があったのは、
2曲目くらいだったかな?
そのまえに、Keyboard Boothに Gakushiさんの姿を発見して
ぶちあがっていた自分ですが!!

途中、休憩していたので当日は定かではなかったのですが、、
KREVAさんから、またバックにフル・バンドが揃いました!

そのバンド・メンバーとして、
DJ 大自然さん、Gakushiさんが ステージ上にいらしたわけです♪

さてさて、ストロングスタイルが終わり、
MCに入る?…って言うタイミングで、

テンポよいベードラのキックが始まりました。
おおおおおおおおっこれはまさか!!!
ここから私の大絶叫TIMEがはじまりました
周りのみなさん本当すみませんでした。

そう…そうです! 蜃気楼イントロのキックですよ!!!

ひょっとしたらこの時点ではまだ、状況を把握できてなかった大知ファンも
ひょっとしたらいたかもしれません…
しかし、KREさん。
煽りのネ申!!

もうね~ ちょっとセリフのまんまを覚えてないのが口惜しいんですが、
こればっかりはセリフ違うとダサいので書きません(ー ー;)
もんのすごく格好いいセリフで、観客を煽りに煽って、、、

ステージに呼び入れました 三浦大知!!!

…いや~KREさん。
908フェスのときも、このときも、
本当に…本当に 煽ってくれますよ!!

最高の雰囲気で呼び入れられた三浦さん
最高の唄声を聴かせてくれました!!

…っていうかさ。
生バンドの蜃気楼 格好いいな~~~~~
(武道館では、D.M. バンドは演奏してなかったと記憶)

あ、いや
生バンドの蜃気楼といえば。
お友達のおかげで見られた 大阪 billboardの蜃気楼は
白根さんドラムスの生バンド演奏だったのですが、

いやいやいやいや
この…横浜アリーナの音量は、凄まじいんですよ!
自分が立っている床から、脊髄を下から上にかけあがるような、
轟音ともいうべきキック音ね!!
(これは、ドラマーさんのパワーにもよるかもしれません)


…ひょっとして
この後に、、MAGICとかいかないかな~ なんて虫のいい考えも頭をよぎりましたが、
さすがに 大知くんは1曲で袖に引きまして、
あとはまた KREVAさんのワンマンステージでした。

う~ん… 風格ですねえ!

彼のステージは、言葉で語るのは難しいです。
圧巻です。


久保田利伸
01. 流星のサドル
02. LA・LA・LA LOVE SONG
03. Tick Tock
04. Cymbals
05. Bring me up!
06. LOVE RAIN ~恋の雨~

さて~~ お待ちかねの久保田さん!
じっさいこの Beat Connectionというイベントで、
自分が最高に楽しみにしてたのは、、この久保田さんのステージです!!
(いやもちろん大知くんもだけど…)

え~~~と。
久保田さんのステージ。
楽しみ過ぎて、興奮しすぎて。
ごめんなさい。
夢中になりすぎて…細かいところはほとんど何も覚えてないです!!o(> <)o
…かすかな記憶をたぐりながら、
がんばって 断片的な感想をつらねてみます。

01. 流星のサドル
とにかく久保田さんの生ライヴ初めてなんで、
どんな感じでくるか全然予想がつかなかったんですが…
ここから来るとは!! って感じでした。
もちろん オリジナルは死ぬほど聴いている超・有名曲ですが、、
この日のアレンジは、
ばっきばきにタイトなリズム、それに分厚いシンセ音(Gakushiさんね)が印象的。

後でバンド・メンバーの名前が紹介されたんだけど、、
ドラマーの名前を聴きそびれました(; ;)
…ゆうか、聴き取れても覚えられない私の記憶力致死レベル
巨漢の黒人で、Jay Stixxではない人 ←おい

彼のキックが、、とにかく クソ重いんです。
重くてタイトで、床割れそう。
身体の中心に響くキック音です。
くくぅ~~~~っ!

そこにGakushiさんのブラスっぽい鬼厚のシンセがかぶさって、、
なんとなく Gravityの Jayとの掛け合いを連想しちゃいました♪

02. LA・LA・LA LOVE SONG ~03. Tick Tock
LA・LA・LAはどんなアレンジだったかな?
あれ~~記憶がないo(> <)o わ~ん(涙)
原曲よりは、ややミディアムにテンポを落としてのグルーヴだった気がします。
メロディも、頭をはずして大人っぽい唄い方。
すこしけだるい感じが…違う曲みたいです。
う~~ん素敵♪

久保田さんの歌は、まさに変幻自在なんですねえ
もちろん予想できていたことだけど。


04. Cymbals
この曲も、オリジナルとは相当に違うアレンジ入っていて、
まぁ、コード進行的には間違えようがなかったんですけれども。

三浦大知ファン的には、2010 ”Gravity" Tourの、
広島公演で披露された cover曲として知られる名曲であります。
もちろん、それ以前に、久保田さんの名バラードとして名高い曲なんですけれども!

いやいや…この辺りも、
なんかもうとにかく夢中になって聴いていたので、こまかい記憶がまったくありません。

こういう、スローな曲を、
タイトにメロウに唄いあげることのできる日本人シンガーは、
久保田さんをおいて あり得ないと思ってます!!

久保田さんのステージは、
彼の唄う曲目が変わるたびに、まったく別の空気で
会場全体が塗り替えられるかのようです。

その場の空気を一瞬で染めあげるパフォーマンス!
素晴らしすぎる…!!


05. Bring me up!
ここで言ってたトークではないのですが、
「…さいきん、街でよく声をかけられるんですよね
 『あんた、”プンプンプ~ン”の人だろ?』って
 ”プンプンプ~ン”じゃなくて、ちゃんと曲名を覚えてください(笑)」

説明されていた… VWのCM曲である Binrg me up!
ビーコネのTV放映でも、この曲のライヴ演奏シーンがよくかかりますよね。

いかにも久保田!
って感じの… ご機嫌にUPな曲です♪

この曲については、実は音源を聴き込んでないので
オリジナルがどうとか、、よくわかりませんww


06. LOVE RAIN ~恋の雨~
久保田さんパートのラストはこの曲!

キムタクが特に好きではないので(笑)、ドラマ自体はときどきしか見てなかったんですが、
やっぱり、劇中にこの曲がかかると上がりましたよね↑↑↑

久保田さんの楽曲には、やっぱり、
場の雰囲気をつくりあげるパワーがあるってことですよね(^^)

彼の、アップテンポな曲は、
細かい説明は抜きにして、とにかく Happyな気持ちになれるって感じ。

…てゆうか、盛り上がりまくって、
要するに 細かいことを考えられなくなるんだけど
(記憶力のなさを言い訳…)

               ***

どんどん長くなってきたので、やっぱり続きは分けることにしました。
今度こそ最後!
リポート・その6に続く…
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<"Beat Connection 2013"参戦リポ・その6 | 社会参加の実際 | "Beat Connection 2013"参戦リポ・その4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。