違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
KREVA CONCERT 2013 "SPACE TOUR"♪@国際フォーラム(Day 2) (続くかも?)
2013-05-28 Tue 01:23
130527_Kreva SpaceTour_ss KREVA CONCERT 2013 "SPACE TOUR"
国際フォーラム!

2 days公演の、、二日目に行って参りました。
もともと同行する予定だった友人が来られなくなったけど、
別の友人Aちゃん(若くてしかも美女)が同行してくれることになり、、
かなり楽しく盛り上がりました♪

               ***

ちょっと… ライヴの迫力で魂ぬけてて
だめだめなんだけど
記憶がなくならないうちに、軽く感想書いときますよ


予想よりいい席だった!
先月ドタ参戦した神奈川公演は二階席だったけど、、今回はPAエリアのほど近く。
ものすごい音が良かった(°◇°;) びっくりした!!

いや、、神奈川公演が不満とかはぜんぜんなかったんですよ
後ろの方の席だったけど
キック音とかベース音とか ごりごりごんごん響いて
ものすごい迫力あったし
半生バンドすげいっ!
…って思ってたよ

けど…けど。
この公演の席では、
ド迫力の重低音はもちろんのこと、
高域中域の音も はっきりくっきり聴こえるから
KREVAの声も
白根さんのドラム、ハットやスネアの細かいニュアンスや いつものオカズまで
あと、キーボードのフレーズまで
ブーストされてるのに
すぐそこで演ってるようなクリアな音が
下から上までのダイナミックレンジで

ものすごい音圧で 押し寄せてきました!!!!
ううううう、そうなの
神奈川が駄目とか全然そうじゃなくて、、
ただ
ただ 今回の音響が 余りにも凄過ぎて!!
感動的でした!!!!

うん
決して前の方の席じゃないんだけどね

会場内でもほぼ中ほどの場所(PAの右隣付近ね)
KREさんの表情も 細かい動作も かなりばっちり見えて
…ま さすがに白根さんはステージの奥なので ライティングによっては見えないけど
それでも、神奈川より全然見えた~


あ でもね
バルコニー席にはバルコニー席の良さがあるんですよね

なんたって、ステージ全体を俯瞰できる視点ね
今回のKREさんステージは、
ライティングなど、舞台の演出が
曲ごとに凝っていて すごく素敵なんだ
その、、素晴らしい凝った舞台を
俯瞰して楽しめたのは、、やっぱり神奈川公演のバルコニー席だったな

そういう意味で 今回の公演
違う視点で見られたのが幸せだったな~

あとは かぶりつきで見られればもっと最高だったかもしれないけど、、
ま~私的に
今回の公演が 自分史上、もっともKREさんに近い席だったんですねw
(「GO」のときは、銀テープ拾える場所だったけど、、
  端っこ過ぎて「近い」って印象がなかった)


「背中を押されるっていうけど」
あと、、これだけは 忘れないうちに書いておきたい。
いや、
もとより細かい部分は覚えてないんで、
KREさんの言葉そのものっていうより、トークのニュアンスと思ってほしいのだけど、、
これね
すごくいい言葉だったんだ~

たぶん…ライブ最後の方のMCで言った言葉(のニュアンス)。
「よく、"俺の曲に背中を押される"ってみんな言ってくれるけど、そうじゃないと思うんだよね。 俺の手はみんなの背中を押すんじゃなく、こう…背中に添えてるだけ。もしかしたら触れてさえいないかもしれない。
「みんなが前に進めるのは、俺の手に押されてるからじゃなくて、みんながその一歩を自分自身の力で踏み出すからなんだよ。
「でも、ちょっとよろけちゃったりしたときに、俺の手がその背中を支えてあげるとか。 なかなか最初の一歩を踏み出せないときに、俺の手から、あったかさとか…時には冷たさ?とかのパワーみたいのを送れたら。
「そういう手であるような…音楽を、みんなに届けていきたいと思ってます。

KREさんのトークは、出だしがすごくラフなことが多いんだよね。
こっちが、KREさん好き好き~ってすり寄っていったら
いきなり トンッと胸をどつかれて 軽く突き放されるような言葉

だけど、そのちょっと突き放したような言葉の理由を
必ずKREさんは、丁寧に説明してくれて
最後はかならず、ファン(観客)への感謝の言葉で終わるんです。
ですます調で終わるんです。

そういうスタイルが格好いいんだよね。


ライヴの愉悦
あと、ま これもトークの話といったらそうなんだけど。

以前、大自然さんだったかな? がツイートされてた
”ライヴ”と”コンサート”の違い

確か、観客のレスポンスを必要とするのが”ライヴ”で
それ以外を”コンサート”って定義してた気がします
(細かいことはわすれました)

ま…ま
ひとりのアーティストのツアーに複数回行くってこと自体
三浦大知さんとKREVAしか経験ないから、
あんまり比較してないわけだけど、、

KREVAさんのライヴは
ツアーが進むにつれて どんどんライヴの内容が変わってきます

いや… セトリとかは基本的に変わらないし
そのとき初めて来た観客を意識して
前から引き摺った話は少ないんだけれども…
それにしても
まずMCが変わるし
多分、、構成もちょっとずつ変わってる

というか
探りながらやってるライヴが… 段々固まってくる
と言う感じ

2組のアーティストだけで言うのは乱暴かもしれないけど、、

これがライヴって奴なんだな~

思いますよね

1つのツアーの中で変わってゆくのは勿論なんだけど

たとえば、、前の節でかきおこした
「背中を押す音楽」ってフレーズは
三浦さんもよく使うよね

KREさんを信奉してる三浦さんのことだから、
もともと そのフレーズは、三浦さんオリジナルというより
多分KREさんのフレーズだったのかもしれないけど

そういう…過去のフレーズを
新しいトークでは 打ち壊してまた新しくしている

みたいなところも

すっごく ライヴだな~って感じがして
いいんですよね

…なんとなく 意味わかりづらい文章になってしまった。
すません。


KREVAの音楽は唯一無二
そして。
三浦大知くんやKEITAくんに対しても 何度か書いてるけど、、
KREVAもまた、唯一無二のアーティストだと思ってます。

そもそも私は、ラップやHipHopというジャンルの音楽には特に思い入れがありません。
私…音楽は、まずメロディから入りたい方なのね。
(…まぁ稀にリズムから入ることもありますが)

歌詞とか聴かないですねw
まず メロディが入って
繰り返し聴いてるうちに 歌詞もいいじゃんってことが多い

そのせいかわかんないけど
ラップは… どちらかというと苦手よね
メロディがあまり感じられないし
曲全体のリズムは単調に感じられるし

うん
わたしが偏ってるんだと思うけど
やっぱり
ラップは 全般的に苦手かな

だがしか~し!! (←いちおうKREさん風にw)
KREVAのラップには、
私はメロディを感じる
めいっぱい音楽を感じる

そう思わせてくれる… (おそらく私的には 唯一の)ラッパーなんだよね

いや、ラップ苦手といっても
イベントでラッパーさん出てきたら
みんなと一緒に盛り上がるよ
ただ… そればっかりだと飽きちゃうのね
あんまり歌詞きいてないからwww

でも
KREさんの楽曲は
音楽として聴いてるから
歌詞を聴き取れてなくても 楽しいんです♪

で 聴きこむと 歌詞も入ってきて
より一層楽しくなるんですね

それが
私がKREさんにはまった理由なんだと思います♪


最近… 周囲のファン友さんが
ラップ系アーティストを評価してることが多くて
個人的に ぜんぜん話についてけなくて戸惑ったりもするんだけど(苦笑)
まぁ…それは仕方ないっすよね(笑笑笑)




…とりあえず、忘れたくないことだけメモっときました。
また追記するかも…かも。
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<頭痛の話。 | 社会参加の実際 | "Nu Soul annex ~竹本健一×Nao Yoshioka~" @Loop Annex>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。