違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
(ネタバレ注意!)8/10 三浦大知 2013夏ツアー"Door to the unknown"@福岡サンパレスホテル&ホール (Day1)♪
2013-08-17 Sat 17:10
130810_Hotel_ss.jpg 三浦大知 LIVE TOUR 2013 ”Door to the unknown”
今年初の遠征となる、福岡公演に行って参りました♪

知っての通り、今年のツアーの福岡公演は 2daysだったのですが、
我々は、1泊のゆったり日程で初日のみ参戦しました。

もうツアーも終盤に差し掛かってますが、いちおう本記事はネタバレ注意です。


※ お写真は、宿泊したホテル『イル・パラッツォ』のエントランス。
イタリアの建築家による施設だそうで、こじんまりしたホテルなのに、建物の隅々までオシャレなデザインでした。


               ***

ということで、1泊2日の遠征は、公演当日の早朝に東京を出発。新幹線で博多を目指します。
(なにしろお盆の時期で、飛行機はえらい高かったので新幹線のパックツアーにしました)
今回、お友達がツアーを手配してくれたので(”ので”って理由にはならないけど)、じぶんでは何も計画を立てず成り行きまかせ。
往路で、友人のひとりが時間を間違えて予定の電車に乗れないというトラブルはあったけど、
無事に博多で合流し遅めのランチ。
そして、ホテルにチェックインして少し休憩して、、、会場へ。
なんだか、、ちょっと行きづらい会場だったかな。

(次回の公演は、ちゃんと交通手段調べておきます。
 頼りっきりでごめんなさいでした!)


会場となる福岡サンパレスホテル&ホールは、昨年の exTimeツアーでも会場になった場所。
昨年はあっという間にチケットが完売して満杯になり、
今年も、、あとできいた話によれば、初日は完売。2日目も残り僅かまで迫ったとか。

さすが九州! アツイですね!!

バスで会場に着いたのは、30分前くらいだったかな?
既に開場時間は過ぎており、ロビーには人が溢れてました。
その中でも、会いたかった九州住みのファン友さん何人かに会えて、
ちょっとお話した後に会場内に入場。

ただ、、ぱっと見て、やはりファン友さんの知り合いが少ないのは、遠征ならではの光景(笑)

               ***

セトリは神奈川公演から変わっていません。

今回の感想文は、いや今回もか。
セトリ順ではなく、思いつき順に書いていきます。
とくに印象に残った部分は Twitterで呟いていたので、それにも沿って行きます。


全体的な印象

東京は国際フォーラムから始まり、神奈川、名古屋、八王子、新潟と
東日本を中心に回っていたツアーがいよいよ九州に!
ということで、
今回の福岡公演から、初めてツアーに参加するファンもかなりいたらしい。
また、
(九州に限らずかもしれないけど)地元住みの方は、夫婦や親子など、家族連れで参加されてるらしき客をみかけました。

ということで!
観客の反応が、ま~新鮮!!
既に何度かツアー公演に参加しているファンには、何度目かのシーンでも、
いちいち お客さんの「おお~~~っ!!!」というどよめきと歓声が
遠征組のファンの心にも、新鮮な感動をもたらしてくれたと思います。

それに、九州の方は、
全体的に、反応がとっても素直だな~という印象もあります。
彼女や奥さんや友達やに連れて来られて、
おそらく、、この場所で初めて 三浦大知というアーティストのライヴを見た人も
きっと 多かったのでしょう
その 驚きの歓声は 見事なものでした。


新曲披露
三浦大知くん、これまでもワンマンツアーで新曲を披露することは多かったけれど、
今回は 特に多いですよね
ツアー開始してからリリースになったシングルに含む曲を覗いても、
未発表曲が3曲(未リリース曲の Baby Just Timeを含めて4曲)。
これはなんか凄いっす!!

ツアーのライヴに参加しながら、段々曲を覚えて行くのってたのしいですが、、
これ…ちょっと大変ねwww

それにしても、今回 初披露となる曲、
とくに冒頭の曲と バラードナンバーは
比較的キャッチーなメロディと わかりやすい構成が特徴なのかな…と思います。

(これ以前にも書いたかしれないけど)
冒頭のダンス・ナンバーは、とくに、、誰が唄ってもカッコイイ的な曲。

しかしですね。
三浦大知といえば、他の誰にも唄えない 変態的な曲を唄いこなす天才
(例:Black Hole, Baby Just Timeなど)
あるいは
他の誰かが唄ったら 実はインパクト少ないかもしれない曲を かっこよく唄う天才
(例:Lullaby, The Answer)

そういうシンガーである大知くんが、
誰が唄ってもカッコイイと聴こえそうな曲を唄ったら、、、
もう じつのところ
手に負えないですね。
などと感じました。


覚書から

覚書① アンコール1曲目のおわりかたは、何時からああなったの? 新潟から? 今日から?
posted at 02:41:59
アンコール1曲目の Your Loveは、八王子公演では、普通の終わり方(さいごに「Hoo~」って入る version)でしたが、
この日の公演では、普通versionのように終わらなかったばかりか、2小説くらい余計演奏してフェイドアウト…という、
なんだか中途半端に見えた終わり方だったので、これが仕様変更なのかどうか!?
というのを疑問に思ったわけです。

ファン友さんに尋ねてみたところ、
「間違えて終われなかった」という意見と「新潟公演から変わってた」という意見と、、
いくつかの意見が存在したのですが、
翌日も参加した友達に確認してもらったところ、やはり、
・ 終わり方は普通バージョンとは違う
・ この終わり方は福岡初日から
というのが真相みたいでした。

次の公演では、自分自身でも確認してみます(^▽^)♪

覚書② あの曲のあれ…すごい良かった。やっぱ努力の人なんだな~
posted at 02:45:51
12曲目のカバー、Make You Feel My Loveです。
ギター弾き語りで、頌くんがサポートに入ってリフを奏でているところは変わりませんが、
大知くん自身のギター演奏が、すごく上達しているように感じました。

これは、彼の性格を察するに、もちろん予想していたことですが、、
カッティングのキメもばっちりで、
大知くんの見せ場の部分は、頌くんも自分の演奏を控えめにするなど、
さすがのチームワークです。

多分、、本当に、
ここでは 大知くんがギターをちゃんと弾いていようが カタチだけであろうが
観客にとっては あまり重要ではないシーンのように思えますけれど、

大知くんは しっかり練習して 上達している

いずれ…後半の公演では
大知くんのギターが主になるパフォーマンスに
変わるかもしれませんね

ライヴを重ねながら、ツアー中にも どんどん成長する彼
予想してはいたけれど
素晴らしいことです。


覚書③ そういえば緑だった!
posted at 12:20:59
Bruno Mars - It Will Rainを使った、大知くんのソロ・ダンス・ナンバーです。
これまでの公演では、紺っぽい色の傘を使っていましたが、、
この公演では、緑の傘だったね。

…そんだけです(笑)

覚書④ 最初の衣装の上着、背中の部分があーいうデザインになってたのを初めて知った11列目。 2番目の衣装の上着、襟のデザインがあーなってたことも初めて知った。
posted at 02:13:45
そして、どうしてそんなことが気になったかと言うと、、
この福岡公演、わたし的には最もステージに近い 11列目のほぼセンター辺りの席で、
非常に見やすい座席からライヴを観戦できたので、
…まぁ、さすがに神席の方々ほど細かい部分は見えないにせよ、
これまでの公演でわからなかった
衣装の細かい部分のデザインにも 目が行きました♪

最初の衣装は、、QJ公演のとき「デザイン一緒」くらいのテキトーなこと書いてましたが、全然違いますwww
確かにまぁ、濃い目の地色に金の縁取りっていう意味で、コンセプトは近かったものの、
…とにかく 全然違うデザインでしたwwwww

2番目の緑の衣装は、ちょっと中世ヨーロッパの貴族ぽい衣装
という雰囲気に感じてたのが、、もっと意外とお洒落なデザインだった(笑)

あれ? わたしって失礼?www

覚書⑤ そして、ダンサーS氏の笑顔はラ・・・・・そのものであると知った11列目。
posted at 02:14:59
神奈川公演の21列目も、大知くんの顔は判別できるくらいによく見えたんですが、
11列目まで近づくと、表情の変化がよく見えますね~!

大知くんだけでなく、ダンサーさんが、実に表情豊かに踊っている姿が見えて 嬉しかった♪

逆にいうと、こうした光景は、近くの席でないと観られないんですよね。
遠くからみても、ダンサーさんの卓越したスキルはよくわかりますが、
こんな豊かな表情で、腕や足の細かい動きまで見えて初めて
ダンス・パフォーマンスを最大に楽しめるんだと思います。

モニター・スクリーンのない舞台では、
おそらく、、1/3程度の人しか こういう光景を楽しめない。
じつに残念なことです。
なんとかならないものだろうか???

覚書⑥ 3曲目か4曲目の照明が、八王子までとまたちょっと変わってた…気がする。 稲光のような、めっちゃ印象的なライティングがあった。
…んだけど、どの曲か想い出せないwwww

posted at 02:18:32
覚書⑥つづき …それでその稲光のとき、三浦さんの髪が金髪みたいに見えて、なんか超絶イケメンだった。(でもなんの曲かおぼえてない…)
posted at 02:24:47
あとで確認したら、稲光のような照明は、3曲目 Elevatorの所だったようです。
2曲目 Right Nowから Elevatorの所は、たぶん八王子から、
モノトーン+赤の衝撃的な照明に変わったのですが、
さらに、グリーン+赤が瞬時に光る照明、
そして稲光

ここの照明の演出は、かなり凝ってますね。
また後半にかけて 変わったりするのかな?

そういえば、exTimeのときも
Elevatorの照明が ツアーが進むにつれて段々変わって行った気がします。

Upな曲でリズムがシンプルだから、デザインしやすいのかな?

覚書⑦ ツアー参戦4戦目にして初めて、あばれんぼうさんの雄姿をじっくりたっぷり見られた(嬉)
posted at 02:29:05
これはね~ほんとにwwww
このツアー、いつもながらに 座席の端っこ率半端なくてw

下手側の奥の方に陣取ってる ドラムのヨシオさんの姿が、、見えにくいんですよねwww
11列目という距離の、ほぼセンターにして
やっと あらぶるヨシオさんが じっくり見られましたwww

覚書⑧ ジョージのことすごい書きたいけどネタバレなしに書けないので諦める
posted at 02:33:41
本ツアーにおける D.M. Bandの演奏は、
比較的Funkyな、ソロまわしのナンバーになっています。
あばれんぼうヨシオさんだけでなく、
exTimeでもその片鱗のあった Kenshiさんは、躊躇することなくバッキバキのスラップ・ベースをかましてくれてますし、
頌くんも、たぶん本来のスタイルと違うロック気味のフレーズでぎゅんぎゅんきてます。

そして Gakushiさん!
たしか、、ツアー前半では、単純に TalkBoxのソロ っていう雰囲気の演奏スタイルだったのが、
この公演では、完全に、頌くんのギターソロに挑戦するスタイルwww
FTFのステージでは、Kenshiさんのスラッピングに挑戦するベース音だったし、、

実はひそかに 超ウケてましたwwwww

覚書⑨ だいたい N ≧ K=P ≧ S くらいの割合で見ちゃうことが多いんだけど、実はS氏がどストライクだ。 ←いらない情報
posted at 02:38:33
これはダンサーさん情報ね。
友人の話しをきいたり、Twitterでフォロワさんの情報を見ていると、
今ツアーのダンサーズでは、Kazukiさん PURIさんが 人気って感じですが、、、

やっぱりわたしは
NOPPOさんのユニークな動きと表情に 目を奪われてしまいます♪

そして、Kazukiさんかっこいー PURIさん面白い~
ときて

はっ、、またSHOTAさん観てなかったスンマセンってなりますwww
なんでだろう?
SHOTAさん、笑顔なんか超キュートなのにwwww
男性のタイプとしては どストライクなのに!wwwww

覚書⑩ こんどこそ新曲バラードナンバーを覚えようと思ってたのに、Bメロ~サビが繋がったくらいで、全部は無理でした。 その代わり新曲1曲目の大部分(イントロ~AメロOK、Bメロちょっと自信ないサビはOK)を覚えました。
posted at 02:42:56
八王子公演で、やっとサビ部分のアタマがすっと記憶できて、、
ここにきて、かなりメロディーが入ってきました。
(もちろん歌詞は全然ですw)

あと、Aメロ後半Bメロあたりを覚えれば、だいたいマスターできそうなんだけど、、、
あと2公演じゃ無理かなあwww

(広島公演は、けっきょく諦めることにしました)

覚書⑪ 歌詞は間違えたんじゃないです。即興つまりアドリヴの作詞です。
突っ込んでるように見えるかもしれませんが、ああいうの好きです♡かなり好きです♡♡

posted at 02:47:47
他にもあるかもしれないけど、あからさまに歌詞を間違えたのが2個所ありましたw

もう1曲何だったか忘れちゃったけど
ひとつは The Answerで、、なんか、即興で作詞してました。
字足らずだったけど、だいたい合ってた! 素晴らしい!!

ええと、
7月後半から8月にかけて、ものすごいスケジュールの込んでいる大知くん。

(8/5の a-nationのときに 既にお疲れに見えたという話がありましたが)
今回の公演では、
お疲れというよりは、それを更に通り越して

チカラ入れられない…くらいの様子に見えました。

神奈川・八王子が
気力とパワーに満ち満ちていた姿を記憶しているだけに
ううむ パワー120%ではないなぁ…という感じ?
90%くらいかなあ?

ま 個人的な好みをいうと
少し 隙があり過ぎるくらいの時の方が
なんだか魅力を感じてしまう 彼

即興歌詞もふくめて
なんだか愛おしく感じたりしましたwwww

覚書⑫ 照明で想い出した! 7曲目の冒頭は、八王子までは、上手側からじわじわきてたのが、福岡では下手側からだった。これも新潟公演からなのかしらん?
流れと配置的に、下手側からくるほうが自然な感じだな~と思った。

posted at 03:09:38
7曲目の Hypnotized
Lullabyで眠りに尽き、ダンス・ナンバーで夜通し踊った後、
お目ざめのシーンから始まるこの曲

すごくどうでもいいことだけど、
八王子公演までは、上手側の背後から じわじわ明るくなってきてたけど、
福岡公演では、下手側の背後からじわじわきてました。

じっさいに大知くんが待機してるのは 下手側のセットの上なので、
こちらのほうが自然な感じだなあ と思っただけ。


Twitter覚書からの感想は、こんなところ。

               ***

ライヴの終了後は、九州住みのファン友さんと待ち合わせてお食事に。

ところで、会場を出るときに、
別の九州住みファン友さん達6,7人のグループから
思いっきり叫び声で声をかけていただきました!

まず 声をかけていただいたこと自体 ものすごく嬉しかった!

6,7人のうち、たぶんちゃんとお名前と顔を知ってるのは2,3人だったと思うので、
できれば ちゃんとご挨拶したかったのだけれど、、

いろいろ 気持ちに余裕がなくて
叫び合っただけで終わってしまったのが 心残りではあります。

(じつは、、この日は 乙女Daysの直前という体調で
 ライヴ中も ライヴ終わってからも とにかく
 ものすごく…ものすごく眠かったんです
 すごい反応が鈍くて まっとうな会話もできず
 本当にごめんなさい!!!)

あと
心残りといえば、、

九州までくれば絶対にお会いできると思ってた ファン友Cさんに
ついに会えなかった事。
彼女は、わたしたちが遠征してることは知ってたけど、2days参戦と思って、
初日は早めに帰宅してしまったのだそう。

はじめて三浦大知くんのファンになった時期から
ずっと いつかはおめにかかりたいと願っていた人だったけど、
また今年も会えなかった、、、

いつか絶対に会いたい!!


ライヴ後のお食事は、時間も遅かったので天神界隈の居酒屋さんへ。
めっちゃ美味しいお魚系料理を沢山いただきながら、いろんな話に花を咲かせました。
ものすごく楽しかった~~~!!!

               ===

130811_朝食_ss 翌日は、昼食に天ぷら、おやつにラーメンを食ってから帰路に就こうという無謀な計画をたて、、、
とりあえず朝食はアイス(笑)

なんでアイスかは判らないけど、暑いからOKwwww

130811_天ぷらひらお_ss
天ぷら~! うみゃ~>゜))彡~い!! 完食。
posted at 11:17:14

…そんな感じの朝食だったので、目的の
天ぷら ひらお
には、昼前11時過ぎに到着して がっつり定食をいただきました。
さくさく ジューシーな天ぷら最高(TTT▽TTT)ノ

店内で、ファン友さんにも遭遇www

その後は、ふたたび九州乙女のファン友さん2名+それぞれのお子様と再会し、
お茶しているうちに、、、ラーメン食べる時間なくなったというwwwww

なんだか、
ライヴそのものよりも、食べたり、おしゃべりした想い出ばかりが残る遠征になりました。

楽しかった!
また 福岡行きたい…。


終わります(^o^)
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2013.08.18 ”J-WAVE LIVE 2000+13" Day3 @国立代々木競技場第一体育館♪ | 社会参加の実際 | つれづれ…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。