違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown@大宮 の想い出・その3
2013-11-24 Sun 16:27
続きます。

               ***

M11 The Answer

The Answerは、通常のDMバンドversionも相当よかったんですが、
ドラム音が強くなったことで、メリハリが強調され更によくなった気がします…!

ま…この曲に関しては、欲を言えば、
個人的には 初期の頃からのように
3人ずつとかでなく
ダンサー多い状態でシンクロで踊って欲しい感じではあるんですが、
ま…こういう演出もありっていうことで。

それに
ダンサーが2人ずつ踊るフォーメーションでは、
あっちこっちに眼が行かない分
それぞれのダンサーの動きに集中できるので、
ダンサーの個性をじっくり堪能できる嬉しさはありますね♪

それと、、後半のピアノ弾き語り部分
前半とのメリハリが よりくっきりして

良かったとおもいます(^▽^*)


M12 Make You Feel My Love(Bob Dylan Cover)

この曲における頌くんのアコギは、まったく神としかいいようにありません!

ただ、前にも書いたと思うけど、
三浦さんのカッティングも いいんですよね
頌くんに手伝ってもらうことでリラックスしてるのか
唄にも集中して
やるべきとこはきちんとプレイもして
いい感じのデュオになってるんじゃないでしょうか♪

ほんとに彼は努力家ですよね~

初日のソロの弾き語りは、、ほんとにレアだったんだな~
(あれ? 初日も頌くん弾いてたっけ? …すでに記憶が…)


M13 SHOUT IT
~M14 Touch Me


この辺りの流れは、、いつも通り最高潮に盛り上がってたので、
あまり細かい記憶がないんですが(笑)、、

たしか 夏ツアーでは、もっと渋いサウンドだった気がするんだけど、
ドラムのキック音が強烈なので、
いつも通りの強烈なサウンドになってた気がするww

ええと、、これはヨシオさんファンにはどう思われるか判らないんだけど、

白根さんみたく、キック音がタイトで強烈なリズムって、
ダンサーにとっては踊りやすいサウンドなのじゃないかな?
…なんとなくだけど。

ヨシオさんは あの荒ぶりが個性だけど、
やはり、リズムはタイト目のほうが踊りやすそうな気が…ちょっとします。

Touch Meは、どこかのイベントでも
白根さん版を聴いたことあったような(なかったかな?)気もします。

白根さん…楽しそうでしたな♪


M15 Love is like a bass line

さて、今度こそ多聞さんが主役!!
のベースラインですが、、

やっぱりドラムの音が大きくて ベース聴きづらいっていうねww

この曲で 目を剥いたのは、、
多聞さんのスラッピング、めっちゃ個性的だっていうこと!

普段のDMバンドでは、比較的地味目なプレイの Kenshiさんが
とにかくバッキバキにスラッピングしまくるこの曲ですが

なんかね、、多聞さんのスラッピング
普通とはじくタイミングがなんか違う!
う~ん、、

え、あ、、駄目そこじゃない、けどなんかイイ!!
みたいなwwww

実にエロいwwwww
なんなんあの方のベースはwwwwww

(↑おまえの着眼点が変なんだよ)


M16 Inside Your Head

この曲も、実は DTTUツアーでは、
ベーシストKenshiさんがバッキバキに目立つところでしたが、、
多聞さんの音はエロいけどややしなやかで
しなやか過ぎて、白根様のキック音に消されてました ←

いやもう 飽きるほど書いてますが、、
ほかの座席の方からは、ちゃんと聴こえてたらよかったのだが…と心配になります。

え~、そしてこの曲は、
わたしの知る限り、つまりわたしが三浦さんのファンになって以降は、
100%ツアーのセトリに入る超情連曲であります。

三浦さんも ダンサーズも
そりゃまぁ ツアーによって多少の構成の変更はありますが、、
安定感が違いますよね

三浦さんは、この曲に関しては
ず~~~っと笑顔で
唄って踊ってます

しかしあれですよ
あの 癒し系の笑顔で
しなやかに踊る彼って けっこう凄いですよ

見慣れちゃうと あれが普通のような気もしてくるんだけど、、

たとえば 他のイベントなどで見る
「唄って踊れる系」アーティストさんなどのダンスとは
ざっくり比較して
身体の可動範囲とかスピードとかが
ぜんぜん違います

近くで見てると
ものすごく動いてるのがわかります
ただ、、大知くんもダンサーズも
動きがしなやかなので、激しい動きに見えない気がするだけ

まぁ それにしても

季節が進んだからでしょうか
それとも慣れてきたからでしょうか

そういえば
三浦さんの汗だく度は
夏ツアーのときよりも 若干控えめな気がしました。


M17 Black Hole

このBHの無音のシンクロ・ダンス
遠くから観覧しても 全員の靴が床を擦るキュッキュッという音だけが響いて興奮したものですが、、

間近でみる迫力 半端なかった!!!!!

三浦さんの髪型、
そういや~ 夏ツアーの初日ではターンのたびに前髪ファサっとなって
素敵だったのに、
今回は、激しい高速ターンでもなびかなかった。
ケープでがっちり固めてんの?←

三浦さんの汗は 思ったより見えなかったけど、
無音ダンスで飛び散った PURIシャワー
バックシルエットに輝いて キレイでした~♪


M18 GO FOR IT

長いような短いような
妙なテンションのまま迎えたクライマックス

ああ、、もうこの神席での観覧も終わりなのねぇと
この曲では
思い切り盛り上がりました!!


話し変わりますけど、
わたくしの隣席は男子で、
その向こう側の女性2人がお連れさんのようでしたが、、
どうやら、お連れさんの女性陣がもともとのファンで、隣席の男性はツアー初参戦らしく

オープニングのあのシーンとか、
その他あのシーンとかあのシーンとか、
驚きの演出に
「おお」とか「わ~すげ~」とか
感嘆の叫びを漏らしていたわけですが、、

気付けば、途中…多分半分くらいから
あまり叫ばなくなっていて、
あれっどうしたのかな~と チラ見したら

両手でツアータオル(追加発売分・黄色)を握りしめて
というか しかも指組んで
完全に乙女ポーズで固まっている!!!

ぬおおお、やられてしまったのねあなたwwwww

…そのまま彼は
さいごまで 乙女ポーズのまま観覧を続けていました。
とさ(笑)


M19 Two Hearts
~M20 Listen To My Heartbeat


さてさて。
バラードです! アカペラです!!
これは…これこそは マジやばでした!!!

131118_テキトー 府中では完全にマイクをOffっていたそうですが、
大宮公演では、Offってまではいなかったと思います。

ただ、、マイクの角度は、確実に下方を向いていたので、
あの角度では、会場内に響く残響しか拾えなかった筈です。

三浦大知の生声!!
ホールの後ろの方からも 充分に聴こえるその声は、

最前付近にいる我々の耳を
ビリビリと振動させながら通り過ぎていきました。

その迫力…そうむしろ迫力です。
まじビビリました!!!!
判ってはいたんだけどねぇ…


それと、Listen to My Heartbeat
これは本当に泣けます。
わたしは泣ける…といいつつ実際には泣かないので
(泣きそうなほどの大感動)
と読み変えて欲しいのですが、、

このバラードは 心底素晴らしかったです。
毎回思うけど
今回が最高!!!

じっさいに号泣した方も多かった筈です。


M21 Your Love

Your Loveは、
府中参戦組の皆さんからのリポでも、やばいという評判でした。
…つまり、白根さんのドラムがね(笑)

いや別に、よぁらに限らないと思うけど
白根さんのヤバさはwww

でもやっぱり、
あんな神ポジションで白根さんの雄姿を目撃できるのも
今回限りかもしれないと思ったら、、

思わず、ついつい視線が白根さんに釘付けで、
間奏のとこ 初めて
ハートマーク作るタイミングがズレましたwww

三浦さんの目の前だったのに、、ごめんなさいwwww


M22 I'm on Fire

そういえば、最初で最後のMCタイム。
府中公演ではバンドの紹介…ってか、
白根さんだけ特別に紹介があったみたいなんで、めちゃ期待してたんだけど、

大宮公演ではありませんでした。残念w

まぁ、、そうだよね。
白根さんだけ紹介して、多聞さんやPennyさん無っていうのもねw
しかも、オリジナルDMバンドのメンバーですら、
ひとりひとりの紹介は されてなかったもんね

あれはやっぱり、
”KREバンドでサポート担当してた”って形容詞を
是非紹介したかった三浦さんのKREVA愛…だったのよねwww

まったくな~
それ以前にも 白根さんとは
何度も共演してるのに~~www

うん
そんなとこ…痒いところに まったくぜんぜん手の届かない
MCっぷりが
三浦さんの魅力ではあります
(褒めてるつもりなのか私?wwww)


あ、曲の話ぜんぜんしてなかったwwwwwww


I'm On Fire
三浦さん
夏ツアーのときと、なんとなくフェイクの感じ違うなーと思ってたんですが、
これ…たぶんオリジナル音源の唄い方に
近づけたのかな?
て感じました。

ちょうどアルバムも直後に(てか翌日に)
出たところでもあり…

全体的に、
アルバム音源に近い感じに
唄い方を変えてたような印象が、、あります。

冒頭曲の Can You See...も、
あとで音源を聴いて
やっぱりそうだな~と感じました。
…まぁ、どうでもいいけどねw

               ***

以上、非常に駆け足ではあるけど、
大宮-神席-観戦の感想文を書き連ねて見ました。

まぁ音響バランス悪かったのは 返す返すも残念でしたけど、
視界は幸せの絶頂だったので、、、
次回以降の公演で
音をじっくり聴けるといいな~と思います。


ちなみに次の公演、
1階席中ほどの座席が来ました。
しかし、安定の端っこで、、、しかも白根様見えない側(TTT △ TTT)

まぁでも、わたしは白根さんの顔のファンってわけじゃないので(爆)
お姿みえなくても、音がちゃんと聴こえればよし!

前回よりは、多少はバランスの良い音で聴こえると期待してます。
(できれば、、もうちょっと中央がよかったけどな~ぶつぶつ)

こんどこそ、新生DMバンドのサウンドを
ちゃんとリポートできるといいな!



滋賀公演は日帰り遠征です!!
いよいよ今週末…楽しみ!!!

終わります♪
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown@大宮 の想い出・おまけ | 社会参加の実際 | DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown@大宮 の想い出・その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。