違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
恋煩い
2014-01-09 Thu 14:37
またまた…どうでもいい話です(笑)

はてなキーワードによれば、「恋煩い」とは、
・ 医学の力では絶対に治らないとされている「病」のこと。
・ ある人を恋い慕う気持ちがつのったあまり、病気のようになること。「恋のやまい」ともいう。
だそうです。
恋煩い

               ***

それは日曜日のこと。
某アーティストの目撃情報にて、彼が、某観光地にて彼女+彼女の両親と同行!?
という元ネタから
某アーティストのファン一同がざわつきまくった

という事件がありました。

わたし自身も、その元ネタを確認しましたが、、
まぁ、目撃されたというその人が、
本当に本人だったかは確認できず
仮に本人だったとしても、同行していた人が彼女であったかどうか
それをどのように判断したのかも不明で
、、信憑性は五分五分といったところでしょうか。

               ***

まぁ、、真実が仮に噂通りのものだったとしてです。
アーティストといえどもひとりの人間。
ファンが見ている姿は、そういうひとりの人間の、、
ビジネスをしている一部の面に過ぎないわけです。

そんなひとりの人間が、
プライベートでどんな生活をしていようと、
ファンが応援するビジネスには
本来 まったく関係がないと思うのですが、、

それは まぁ建て前と言うか
綺麗事というか

やっぱり、、ファンの本音の心理として
穏やかならぬものはあるわけです(笑)


これは何だろう…?
と考えた時に、
やっぱり こういう気持ちを
「恋煩い」
と 言うのではないか、と(笑笑)

               ***

実際のところ、、噂の真実がどうであるかは
けっきょく本人サイドから正式な発表がない限り
いかんともしがたいところなのですが、

本当に、あの、いくつかの目撃ツイートだけで
ファンに与えた衝撃は尋常ではありません!!!
2ch方面の盛り上がり…半端ない!!!

               ***

そして、、そうした2ch方面に吐き出された
裏切られた?ファンの思いのたけ
を 時系列を追って
興味深くみているのだけれども、、

たぶん あの2chで
はげしく書き込みをしている人は
あまり多くはないな、、と
感じました。

数人、とまではいわないけど
まぁ、、せいぜい何十人レベルでしょうか?

感情の整理をつけられない人が
気持ちを押さえきれずに
何度も 何度も
書き込みに行っている

そんな印象を受けました。

2chの内容については
あからさまに悪意をもって 特定のひとを貶すような書き込みが 本当に嫌で
そういうのを見るのはつらいな~と思ってましたけれども

今回の件に関しての「愚痴スレ」は
嫌悪感よりも 憐みがつよいですね。
本当に ああいう書き込みをすることでしか 気持ちの処理ができない人が
必死に書き込みをしてるんだなぁ、、と。


いや 普段の 他人を攻撃するような書き込みは
やっぱり許せないと思いますけれども、、

じぶんの気持ちを処理できずに
言葉で暴れてしまうっていう感情には
哀れみを感じます。

               ***

というか。
自分自身も、同じような 痛い気持ちを覚える事がありますしね。

誰しも、むくわれない想いを抱いて
むくわれないのに
想いが溢れて 溢れて とめられなくて

どうしようもなくなる事ってあると思います。

そういう 行き場のない気持ちを
なにかにぶつけたい
吐き出したい

そういう衝動は

そりゃあ、、傍からみたら痛いし
格好悪いし
本人ですら、後から思えば恥ずかしい

でも
人の心って
そういうもんですよね。

頭では わかってる
割り切りたいけど
割り切らなくちゃいけないけれど
割り切れない。


じぶん自身が、、
感情のコントロールできないこと多々あるし
めっちゃ痛い人間なので

気持ちが押さえられない てこと
わかりすぎて痛い

               ***

それに関係して、
Twitterで、、ある事件を目撃しました。

冒頭に書いた、その目撃情報に関連して、
ある人が、「ファンとして××××な態度でいましょう」的な呟きをしたところ、
その人への直接のリプライではなく、
けど、その内容をかなり完全否定するようなツイートがあって。
その後、最初の呟きをした人が
完全沈黙してしまった。

これは、、傍でみていて
かなり衝撃的でした。

ある想い を抱くのは自由で
そうでない と考えるのも自由だ。

しかし
想い を完全否定されるのは、、ツライ。

しかも
普通にリプライして
「わたしはそうは思わない」という会話になるなら、、そこにコミュニケーションが生まれ、
最初の話者が傷つく、という結果にはならないと思う

単なるエアで 完全否定

これはツライな。


そして、多分
否定した人は、、自分のツイートが相手をものすごく傷つけた
という自覚はないと思う


客観的に見て
どちらも 自分の思ったことを呟いてるだけで
どちらが悪い とかではない

しいて言えば
自分の思ったことを そのままに言葉として呟くことに対する
自覚の問題かな

言葉を発するとき
「何か」を言い切ってしまうとき
その内容が何であれ
その言葉が投下されて人の目に触れたとき

その 想い に対する
何らかの感情が生まれます。

常にポジティブな言葉をつかっていればいい
というものでもない。

言葉の発言は自由だけれども
常に リスクを伴っています。


2chに集って 言いたい事を書き殴っている人々の中には
あるいは
自分の書いた言葉が 多くの人を傷つけるかもしれないということを
承知の上で書いてるひとも
もちろん無自覚な人もいるかもしれない

まぁ、2chについては
そういう性質のコミュニティなので、、
傷つきやすい人は 近寄らない方が賢明だけれども、、


Twitterなどは、
暗黙のルールがあるような ないような
曖昧なツールだからこそ
無自覚なまま 人を傷つける言葉を投下してしまうことも起きる


難しいな… と思います。

               ***

この問題には 結論は出ません。

なにかに対する想いが 強ければ
どこかに吐き出したい人が 必ずいる

どこかで締め出されたら
別の場所で 別の方法で 吐き出すことになる


 行き場のないこの想いは
 星にでもなったらいいの?


なんて訳にはいかないよね~(笑)


…どうでもいい話でした。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<恋煩い・その2 | 社会参加の実際 | 友人からのお年玉。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。