違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.1.27 "MARISA ~CD リリース記念LIVE"@Blues Alley Japan
2014-01-28 Tue 23:01
140127_BAJ01_ss.jpg 昨年、大知ともだちのTさんに誘われていった、
GospelシンガーのMARISAさん

12月にCDがリリースされ、その記念ライヴが
またBAJであるというので、、
ふたたび彼女と、行って参りました♪

今回は、いろいろ思うとこあったりして文章支離滅裂で
あんまりライヴリポの体になってないかも(すいません)

               ***

当日になって、Tさんと仲良しのMさんも来られることになったということで、、
急遽合流して、3人で楽しくライヴに参加できました♪♪

つい先日、
ライヴでぎゃーぎゃー騒ぐのはどうたらこうたら…
などと書いたばかりですが、
まーじっさい
私のスタイルとして、、
きゃーきゃー騒いで盛り上がりたいというのが
正直なところですwww

楽しかったなぁぁ!!!

140127_BAJ02_ss.jpg お写真は、本日のカクテルとオリーヴ
このお店で、初めてTさんと出会ったFTFのライヴで、
一緒のテーブルでオリーヴをシェアしたのがお付き合いの始まりだったので、、
Tさんも、ニヨニヨしながら
このメニューをオーダーしてくれましたw

このあと、合流したMさんと
食べまくり飲みまくり
(といってもわたしは1杯だけだったけど…
 実は、ここに来る前にコーヒー飲んできてて
 割とお腹がタプタプだったのでしたwww)


MARISA ~CD発売記念LIVE~
(Vo)MARISA (Pf)吉弘千鶴子 (Ds)白根佳尚 (B)滝元堅志 (G)朝田拓馬
(Per)木村徳行 (Cho)charlie深見、みちよ (Horns)S.S.Horns

MARISAさんのステージは、通常通りの二部制
ほぼぜんぜん覚えてないのですが(大汗)
2ndは CDからの曲
1stでは、それ以外の曲
がセトリだった気がします。
(違ってたらすません…)

1stの最初の曲は、かなりノリのよい曲で、、
2曲目、
ボサ・ノヴァ調の知らない曲…
…と思ったら、何故かサビをしっかり唄えるというわたし

あれ?なぜ??
と思ったら、知ってる曲だった
というか、去年の発表会で唄った曲というwwww
←いくらアレンジ違うからって
 サビまで気付かないアフォ

When I Think About The Lord
証拠 ※どこにいるかは判らないでしょ?www

あのアレンジ良かったなぁ!!


Gospel Songは、MARISAさんも言われてたように
本来「唄う」ではなくて、、「賛美する」がただしいんですね

なんか世間では、Gospel Songのような歌唱とか強烈なクワイアのコーラスを
「ゴスペル風」とか言ったりする方いらっしゃいますが、、

神様への愛を「賛美する」のがゴスペルなのであって、
それ以外の唄は ゴスペルではないです。
表現方法の問題じゃないです。
ですので個人的に、「ゴスペル風」って表現には…かなり違和感があります。

かくいう自分は
全然クリスチャンではないので、、
ゴスペルを唄ったり 楽しんだりする自分自身に、
実は
かなり違和感があったりします…

困ってます(笑)

素直にクリスチャンになれたら
楽になるんでしょうけどね(^^;)

ほんとに、、ゴスペルを唄うことについては、
自分なりに、勉強しなおしたんですよ

単純頭の割に
ものすごく疑り深い人間なので
かんたんに
「信じる」

言い切ることができないんですよね


話が 超それてしまったので
戻りますww

               ===

(個人的な変なひっかかりは置いておくとして、笑)

ゴスペルは
その 多様な音楽性だけでも
シンプルに聴いて楽しめる音楽だと思います。

で、MARISAさんは、スペイン出身ということで、
英語だけでなく、スペイン語でも唄われるんですよね
(たしか、前回のMCでは
 ブラジルにいらした、、と言われてた気がします
 ブラジルならスペイン語というよりポルトガル語だと思うので、、
 勘違いかも?)

歌詞の音の響きも違うし、
アレンジもラテン色がつよくて、、そんな辺りも
MARISAさんライヴの魅力かと思います♪

え~ 個人的には
ラテン系のリズムを演奏される白根さんは
あまり他できく機会が無いので
レアで萌えます♪♪ ←結局そこw

えへへへ♡

最近つくづくおもうんですが、
ゴスペルは、前述の通り、、
基本的に神様を「賛美する」音楽で、
つまり賛美の内容…歌詞が重要なので
ぎゃくにいえば
演奏スタイルは 何でもありです

ゴスペルは、Spiritual(黒人霊歌)が由来
というのは、音楽の時間に習いますが。
まぁ、、雑にいえば
元がアカペラなので、アレンジ・スタイルは自由ということでしょうか(雑すぎ)

で、何でもありということは、
演奏するミュージシャンには、さまざまなアレンジ・スタイルに対応できるスキルが必要
っていうことになります。

だからこそ、
FTFのみなさんは、マルチなジャンルの音楽に対応できる
スキルフルな方々なんですね!!

…と、強引な結論をwww

               ===

さて、あんまし記憶の無い 1stに対して、
2nd Stageは、主にアルバムからの曲で構成されていました。

アルバム冒頭で がっつり聴かせてくれた
Negro Spiritualも、、
なんと、生アカペラで!
痺れました

MARISAさんは、実際にクワイアのディレクターをされてる方なので、
たぶん、直接教えられてるクワイアの皆さんなのでしょうが、
CDにも参加されてたという方々が
何名か登壇して唄う、、という場面もありました。

(まぁ、、そもそも
 ミュージシャン目当てで行ってる我々が
 かなりアウェイな存在で
 観客のほとんどは、、MARISAさんのクワイア関連の
 皆さんだったのだとは思います、笑)

               ***

大盛り上がりに盛りあがったライヴは、
通常よりも遅めの時間に終了。

ライヴ終了後は、比較的あっさり引き上げる雰囲気に、、、
なったのですがw
その後、Kenshiさんと話がはずみまくって、
(自分にしては)かなり遅い時間まで
話しこんでしまいましたw

まぁ、わたし自身は、いつも早めに失礼してしまうし、
ミュージシャンの方とは、ひとことふたこと挨拶できれば充分
ということですが、

Tさんは、まじでKenshiさんと仲良しだし
Mさんも超OPENな方なので、、
便乗させて頂いてしまったという感じですかね(^-^)

今だから言えるドアツア裏話、、みたいのもきけて楽しかったっす
(あ、ちなみに ツアー裏話といっても、、
 一般的な三浦ファンの方には
 まず興味のなさげな
 ミュージシャンのサポートスタッフさん
 の話しだったりしますwww)

で、
わたしが死ぬほど固辞してたんですけれど、
やっぱり 最後に
白根さんと ほんのちょっとだけ
お話させられてしまいました(笑)
もう 片付けも支度もしっかり終えられて
帰り際だったので、、プチ迷惑そうでしたけど(ごめんなさい)

う~ん
でもほんとにわたし
白根さんに話しかけるセリフを 思いつかないんだもん!!!
仕方ないじゃんwwww



、、、あ。
今 想い出した。
三浦追加公演のこと、、きけばよかった(涙)
ききたかったこと あったんだった(涙涙)

駄目だ きんちょーして
そんなことぶっ飛んでた

う~ん、、、
でもさ きいてもそれどうすんの?って話しだしね
まぁいいや

プレゼントとか全く用意してないうかつな私でしたが、
はぴばもお伝えできたことだし。

…………。
…………。
…………。

超チキン野郎
それはわたし…。



ああ、最後はやっぱり
白根さん話で終わってしまったwww

週末はドラマティックデジル!!
超・超・超楽しみ!!!
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<"DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown-" みたっ!! | 社会参加の実際 | 2014.1.25 "TSUTAYA × 三浦大知スペシャルイベント"第二部に行って来た。その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。