違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.1.27 "Jamie Cullum ~Japan Tour 2014"@オーチャードホール
2014-01-31 Fri 10:15
140129_JC_ss.jpg 去年の秋からチケット取って、ものすご~く楽しみにしていた
Jamie Cullumのライヴに行ってきました♪

凄い!
とにかく凄い!

あまりに凄過ぎて…2日経過した今日になっても
とてもまともな感想文を書ける気が全然しませんが、、
なにか、断片的にでも
メモを残しておこうと思って記事にしている次第です。

               ***

データをしらべたところ、今回の来日公演は、2010の来日から4年ぶり、ということでした。
29日東京公演をかわぎりに、本日は大阪
そして1日挟んで名古屋、広島、福岡の連日公演になります。

東京は初日の29が SoldOutで、翌1/30が追加公演…2daysになりました。

これは、後付けでつくづく思うんですが、
東京以外の会場はすべてライブハウスでオールスタンディング。
でも東京会場のオーチャードホールって座席数2,150なんです。
2,000なら、TDCHでアリーナスタンディングにして欲しかった…(涙)
(Zeppは後ろの方見づらいから嫌w)

さて、そんなわけで、
いちおう早いほうの先行で座席を取ったので、それでも1階席をゲトることができました。
無計画にチケを取って、最初は相方を誘ってみたんだけど、、
平日ど真ん中っていうことで即却下。
まぁ…仕方ないっすねw

そこで友達を誘ったら、運悪く、直前にインフルにかかってしまい、
Twitterでゆるく募集したら別の友達から連絡合って一緒に行けそうだったけど、、その友達も、前々日に足を痛めて歩けないと言う!

3度目の正直で、、けっきょく
Twitterで連絡をくれた、大知ファンの女の子が
同行してくれることになりました♪
どうもありがとう♪♪

               ***

さてそして、
噂の Jamieくんですが、、
冒頭の1曲目から、超Upテンポなナンバー(曲名忘れすません)
バンドメンバーに続いて、
まさに”飛び出す”みたいな軽やかなステップで
ステージに登場したジェイミーに、、
1階の観客は、たまらずに立ち上がり始め
いきなりの総立ち!
(さすがにバルコニー席のお客は立ってませんでしたが…)

いや~ ビックリしましたね!
ステージ上を暴れまわるパフォーマンスは、
動画サイトでもいくつか目にしたけれど、、
興にのってやるようなパフォーマンスかと思ってたからww
いきなり
元気いっぱいに
ステージ中を動き回って

あるときは、ステージ中央で
スネアドラムを叩いたり
もちろん
ピアノを弾いたり
キーボードを弾いたり
ピアノの上に飛び乗って(笑)唄ったり
あげくの果ては、、
ピアノを叩いて演奏したりwww

まさに、、暴れん坊ばくはつの
あっという間の2時間でした!!
(もちろん、本番ラストからアンコール前には
 いったん袖に引いた彼でしたが、
 そのひとときをのぞいて
 パフォーマンス中、休憩は一回たりともありませんでした!!)

なんというエネルギッシュなステージ!!

そして、、ただ エネルギッシュなだけでなく、
バラードナンバーでは、
繊細なピアノと
シーンと静まる会場に響き渡る
絞り出すようにハスキーな彼の低い豊かな声…

ピアノの音が鳴っていない瞬間
あるいは
彼の声が止む瞬間
その
あらゆる瞬間と
彼をとりまく空気感さえもが、、
すべて音楽だった


そんな
圧倒的な 音楽 を感じさせてくれるだけでなく、
とにかくやんちゃで
信じられなくくらいにチャーミングな彼

バンド紹介で、
サポート・ミュージシャンを端から紹介していって、、、
「...and, My name is JUSTIN BIEBER!!
 (そして僕が、ジャスティン・ビーバーです!)」

"When I Get Famous"を唄うときは
「(これは、有名になりたいな~という アーティストの歌です
 いっておくけど僕の友人の話だよ
 僕自身の話じゃないよ?)」

とかね。
英語あんまりわからないお客でも、
たぶん、彼の言ってる事は通じてたと思うw

わかりやすくて ユーモアたっぷりのMCに
めっちゃ笑いました。

それと
ステージ後半では、
「(みんな~
 前の方に来ちゃいなよ!!)」
と言ったもんだから、
後ろの席の観客が、ど~っと前に押し寄せて
通路やステージ前の空間は 人でいっぱい

オーチャードホールが
まるで
ライブハウスみたいになってしまったwww

本編終わってから、
係員の指示で、この人々は座席に戻るように言われて、、
アンコールは
仕方なく 皆さん本来の座席で観覧したのですが、、

さすがに これは
あとで注意を受けたらしいという噂で(笑)

東京公演 2日目は、、
こういう出来事はなかったそうですwwww

               ***

とにかく、
信じられない程パワフルで 圧倒的で
爆笑して きゅーんとして
感動に胸をふるわせる、、

こんな物凄いパフォーマンスを
たったひとりの
あんな小さな彼が 届けてくれるなんて!!!

ものすごいインパクトでした。


でね。
このステージを観ながら、すごく考えてた事は、

(三浦大知くんが これを観てればいいのに)

っていうことでした。
エンターテイナーとして、このステージを見逃してたら…本当に勿体ない!

ま実際に、後できいたろことろ、
しっかりこの日の客席に、三浦さんの姿があったようなので、
よかったな~
と思いました(^-^)


1階の中ほどにいたらしいので、、
たぶん わたしらのちょっと斜め後ろあたりだったのかな?
直接見られなかったのは
ちょっとだけ残念(笑)

でも、
2階バルコニーで観覧してたという
s**tkingzの皆様とは、
ちょうど ロビーに出た辺りで
かなり接近することができました。

ファン友さんは、握手とかしてもらったりしたらしい(^-^)


素晴らしいひとときでした!!!

また機会があったら
逃さずに行きたい!!!
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2014.1.31 "DRAMATIC DEZILLE"@JZ Brat | 社会参加の実際 | "DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013 -Door to the unknown-" みたっ!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。