違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.3.16 En渋谷校発表会『EnDLESS』
2014-03-18 Tue 19:15
140316_EnDLESS パンフとチケ_ss 友人が通っているダンス・スクール"En"の発表会を見にゆきました!

実は昨年9月にも発表会ありましたが、、そちらは「横浜校」で、今回は「渋谷校」の発表会です。
(ということで昨年の記録を探したけど、案の定ブログ書いてませんでしたね、++;
 昨年9月~11月は余裕Nothingでした、++;)

前回みた横浜校の発表会がものすごく良かったんで、
けど、期待はしすぎないようにフラットな気持ちでいったけど、、
期待を上回るどころか…
とんでもなく楽しい時間を過ごすことができました!!!

               ***

140316_日本青年館_ss 会場は、以前にも別の友人のダンス発表会でおとずれた日本青年館。
出演する友人のJ子からチケットを受け取ったら、軽くランチしてから入場…
なんて甘いコトを考えてたら、入口付近は到着(11時前後)時点でこのありさま!
まだ開場まで1時間半あるのに…わたしの前40人くらいいるじゃんwww
(前日の公演では立見が出たので、並んだほうがいい…とはききましたが…すごい人気だなーーー!)

計画は変更して、入場列で待機することにしましたw
…並んでたおかげで、6列目のセンターブロックに座れたけどww


               ***

プログラムはこんな感じ。
休憩をはさんだ2部構成で、進行役やコーナーの説明などは一切なく…進められました。
(他の発表会では、いわゆるダンス・イベントのりで、
 いちいちナンバーの説明写真がモニターに映ったりします)

● PROGRAM
ACT1
M1-1 HEaT OF FuSIoN イントラナンバー
M1-2 Robot Love Taabow / Money / TAK-YARD 
M1-3 This is my Style Ami
M1-4 Big Band Swing!! suzuyaka
M1-5 ウシミツビト Yuko Nakamura
M1-6 Here I am Chii
M1-7 "DOPE" never goes out of style AKIHIRO / Yoshio
M1-8 Eraser In My Mind Hige / Show-hey
M1-9 DO DID DONE Koharu Sugawara

 (~ break ~)

ACT2
M2-1 人間失格 Seishiro
M2-2 Adiction Akanen
M2-3 Femme MAYAKA+Sumi
M2-4 歩み ぺら
M2-5 MoVE iN wAvES イントラナンバー
M2-6 City of Glass Aya Sato
M2-7 LIVE UNO
M2-8 X-core "cross core" Shingo
M2-9 Tendresse MEDUSA
M2-10 MTG in the Dark s**tkingz
ENDING


ところで、イントラナンバーの”イントラ”って
ダンス業界では定着してる用語なのかな?

インストラクターを”イントラ”って略すの
英語ではあり得ない、、カタカナ語ならではの略だよね。
なんだか馴染がなくて、、
口語をそのまま書いたみたいな違和感あるwww

               ***

たぶん、記憶飛んでるところも多いでしょうが、、
できるだけ、ナンバーごとの印象を
ひとことずつ 書いてみようと思います♪

ACT1

M1-1 HEaT OF FuSIoN イントラナンバー
オープニングは、
14名のインストラクターが、コンセプトの揃った衣装で登場する豪華なステージ。
いきなりがっつり来たので、眼がちっとも着いてゆけず。
シンゴメンがバキバキにかっこいかったのと、
またしても、おぐりんの眼ヂカラに引き寄せられてしまった
という印象しか御座いません(笑)

あっそうだ!
そういえば…
(…ここじゃなくて第二部のイントラナンバーの時だったかもしれませんが、)
スーパーインストラクターの皆様が、
Rockin'とか Poppin'とか ハウスとか、
素人でもわかる、ベーシックなアクションを
まさにお手本みたいに
美しい動きで次々と紹介していく…みたいな構成が
ものすごくワクワク感をそそってくれました♪


M1-2 Robot Love Taabow / Money / TAK-YARD
"SAGGA FLIKKA"から、ENの講師をされてる3名のナンバー。
(といいつつ、Guestとして全員踊っていらしたんですね?)
ここには友人のJ子さんが出てました。
夏→冬のWorldwideに続いて、わたしが見るのももう3回目かなあ?

すみません。友人の姿を探すのに忙しくて、、
実は、ステージ全体を観る余裕がまったくありませんでした。 ←
全体もみなきゃ
全体もみなきゃ
って思うんだけど、、どうしても友人の姿を探しちゃうんだよね。
ほんとごめん!!!

2曲目は、Princeの”Head”でした♪ ←どうでもいい情報(笑)
ちょうどその曲の辺りで、、
J子が踊ってるのを正面角度で見られました。
いい表情だったよ~!!


M1-3 This is my Style Ami
"Queen of SWAG"のAmiさんナンバー。
もの凄~~くHipHopだなっ!!
ってお衣装で揃えてきたというのが第一印象。

わたし…ダンスの発表会なんかに行くと
割と、HipHopって言われるジャンルのダンスが苦手目なんです
(素人なので、明確にジャンルが示されてるときしか判りません)
が、
このナンバーは、、全然苦手とかじゃなかった!
確かにいわゆる…わたしが苦手目としてきたような
ゆらゆら~っていう動きはあるんですが、
音の取り方がものっそいシャープで、
素早い動きとゆら~っとした動き
緩急のグルーヴ感みたいのが とっても心地いい感じで

普通に かっこいいな~って思った♪


M1-4 Big Band Swing!! suzuyaka
suzuyakaさんのバーレスク調!
(合ってるのかな?)

女の子が、セクシーな衣装でダンスするのは…大好きです♪
女の子のダンスは、やっぱりセクシーでなくちゃ!!
って思います♪

揃ってセクシーなアクションを決める様子
観てるだけでワクワクします♪


ちょっと話はそれますが、
先日、、キッズのダンスコンテストの映像をTVで視まして。
やっぱり、Jazzや Jazz HipHop系のダンスだと、
キッズでもセクシーな衣装やメイクで
色っぽいダンスを踊ったりするわけですが、、
まぁ個人的に、大人っぽいだけのキッズは余り続けて見たくないわたしなので、そーいうのは見過ぎると食傷気味になったりします。
しかし、、

Enの発表会のいいなって思うところは、
キッズの子も出てくるんだけど、あくまでも、
キッズだからこそ っていうポジショニングで出てくるんですよね。

大人のダンサーに交じって スキルフルなキッズが踊ってると
純粋に可愛いな~って思う
このナンバーでも、2人くらいかな?
大人と同様にセクシーな衣装をつけたキッズが
ちゃんと踊ってるのは可愛らしかった♡

でも、、キッズばかりざくざく沢山出てくるステージは、正直、あまり興味ないんですよね。
他に目的がない限り… お金払って観なくてもいいかな。
わたし保護者じゃないしwww

まぁ…言っても発表会なのだし
違う考えの人はいると思いますが。


M1-5 ウシミツビト Yuko Nakamura
こちらも、友人J子が出演した Yuko Nakamuraさんナンバー。
さかいゆうさんの1曲づかいでした。
歌詞に合わせた振りのダンスがリリカルで…泣けました(涙)

どうにも言葉で
うまく説明できないんだけど、
ビート感の少ない曲で、エモーショナルな振りを
揃えて踊るって…美しかったです。

J子さん、「キス…」って歌詞のとこの手の振りと
あと表情が
ものすごい素敵だったよ~~♪
ほんとに見惚れた!!


M1-6 Here I am Chii
…………。

すみません、記憶飛びました(°∀°;;)
このナンバーについて、、、
まったく覚えてません(°∀°;;;)


M1-7 "DOPE" never goes out of style AKIHIRO / Yoshio
"S.A.S."のナンバーは、、これもまた
(わたし的には典型的な…とみえるスタイルの)HipHopナンバーでした。

ほんと素人なんで、全然ぴんと外れたこと言ってたら申し訳ないんですが、、
HipHopというと、右に左にゆら~ゆら~ってイメージが強くて、
そーいう感じで終始するダンスを観てると、なにが面白いんだろう??
と感じてしまうんですよね(笑)

ただ、、ENのダンスって、
ジャンルには"HipHop"って書いてあっても、
実に様々なスタイルのダンスをされるダンサーが多い気がしてます。

そんななかでも、AKIHIROさん達のスタイルは、
わたし的には いわゆるHipHop系 に見えるのですが、、
やんちゃなイメージもあり、
やっぱり「いわゆる」なんて言葉で片付けられるものではなく、
普通にかっこよかったです。

つまり、、世の中には
わたしがかっこよくない…と思う HipHop系が多過ぎるからいかんのだwww
と断言。

ENでレッスン受けられてる生徒さんは、やはり、
他のスクールの生徒さんより全体のレベル高いから、
途中で飽きたりせず
安心して「かっこいい」と思えるのかもなあ…。

言いたい放題。
ほんと素人だから…。
失礼な発言があっても、許して下さい。


M1-8 Eraser In My Mind Hige / Show-hey
HIGEさんと Show-heyさんは、ふだん同じチームでやられているわけではないのですね。
このナンバーは、ストーリー性のあるミュージカル仕立てで、
舞台セットやモニターも効果的に使用した演出で、
ショーとしての見栄えがありました。

(また話それるけど、EN横浜発表会では
 ミュージカルぽい演出のナンバー幾つかあったけど、
 今回のは、これ1つだったので、、際立ってた。)

実は、ストーリー自体はよく判らなんかったけど、 ←こらこら
こういうステージがあると、イベント全体にメリハリがついていいですよね♪


M1-9 DO DID DONE Koharu Sugawara
第一部のトリは、まさかの Koharuちゃんナンバー。
基本的にアメリカで活動されてるから、てっきりナンバーでの出演はないと思ってました。

このナンバーに出演された生徒さんは、全員、
Koharuちゃんのカラーをばっちり表現してくれてたと思う!
きっと皆さん、Koharuちゃんのダンスが大好きでたまらない皆さんなんだろうね。

女性はバッキバキで、そりゃもうかっこいいんだけど、
男性ダンサーだけ数名のパートもちょっとあって、それがまたかっこいい!
こはるちゃんの振りって、女性向きと思ってたけど、、
男性の筋肉(?)で踊ると、別のかっこよさが出てくる気がした!!

そして、、中盤以降に、本人も登場!
これはもう…すんごいオーラだったねえ!!

さすがです。

そしてどうでもいいけど、プログラムのお写真がラヴリー過ぎる♡


ACT2
M2-1 人間失格 Seishiro
プログラムでは”Seishiro”と記載されてましたが、
公式サイトなんかでは"S"は"$"と表記されてる方です。
同一人物だよね?
(どうでもいいんだろうけど、ちょっとだけ「?」と思いましたw)

全員同じ衣装なんですが、、
藍染の甚平みたいな衣装に… 頭を包帯で耳まで覆ってグルグル巻き。
白塗りのメイクがちょっと異様です。
ナンバーのタイトルにある通り、
太宰の「人間失格」の一節がナレーションで流れて
モニターに表示されたり
というS.E.が印象的なんだけれども、
やっぱり
もっともインパクトあるのはダンス

揃いの衣装(とメイク)も異様ですが、、
コンセプチュアルなダンスも
その衣装の効果で ぴったり揃って見えて
独特の雰囲気でした。

これは、、アートの世界ですねぇ。

ジャンルとしてはジャズって感じなのかなあ?
わからないけど。

ただ、、あれですよね。
あーいう衣装だと、、個人を見分けるの超大変だから、
応援の友達や家族は超大変だったかな~ と
どうでもいいこと考えましたwww

終演後、たまたま
インストラクターの$eishiroさんが近くにおられたんですが、、
瞳もほぼ真っ白という、、
超怖いコンタクトレンズつけられてた
怖い…www


M2-2 Adiction Akanen
えっと…このインストの方は、最近なんとなく名前を覚えた方です。
素人目線でみても、ジャズっぽいようなHipHopぽいような…という
割とわかりやすいタイプの女子のダンスという気がします。

申し訳ないんですが、、
あんまり印象に残ってません

失礼ながら、
わたしはきっと素人過ぎるからか、、
こういう、いかにも っぽいダンスを観て
あまりインパクトを感じないのかもしれません。

ていうか、きっと
他のナンバーが個性強すぎるんですよね。
いや、、この人に個性が無いって言ってる訳じゃ、、、
他の人がやってないんだから
これはこれで個性なんですよね。

う~ん、フォロー苦しいwww
たすけてwww


M2-3 Femme MAYAKA+Sumi
この方のナンバーも、ジャズHipHopっぽい感じ…ていうのかな。
全ナンバーの中では、7名という、少人数のステージ。
女子っぽいセクシーな衣装と男装ですが、、たぶんダンサー全員女子だったかと(男子もいたかな??)。
椅子を使用したムーディーなダンスで、
(おお、椅子?)
と、ちょっと身を乗り出したのですが、、

椅子を使用したダンス自体は、
既に、個人的にはあまりインパクトないというか

全般に、ちょっと大人しめのステージだったかな…という印象でした。
他のナンバーが大人数だったので、
迫力負け
といったら言い過ぎでしょうが、

あの人数で、他を圧倒する… までには至っていない
ということですかね。


M2-4 歩み ぺら
ジャズけっこう好きなので、
この方のナンバーは、いつも楽しみです。
今回の公演では、やや少女趣味な雰囲気で、ポエムな感じのステージでした。

曲知らないけど、邦楽の1曲づかい。
強いインパクトがあるわけじゃないんだけど、
がつがつくる曲の中で、こういうナンバーがあると…ホッとしますね♪

バランス的に、こういうナンバーは
ダンスイベントに無くてはならない雰囲気だと感じてます。


M2-5 MoVE iN wAvES イントラナンバー
詩的なジャズから一変。
舞台中央に浅くおりた半透明の幕に、、パルスが流れました!
このイントラナンバーは、、まさに衝撃的な一幕!!

ENの有名ダンサーが、次々に登場し、
それぞれの個性をばっちり出して
一瞬一瞬が アーティスト写真のようなかっこよさ
がっつり魅せつけてくれました

個人的には、
NOPPOさんの陰から おなじ背格好のTaabowさんが登場する辺り
面白かったっすw

きそ~ あのかっこよさを
言葉で表現することの なんて難しい事!!!


M2-6 City of Glass Aya Sato
そして
この方のナンバー、、手フェチのわたし的にはインパクトありました!
ちょっとセクシー目の衣装の女子が沢山登場したので、
また いわゆるセクシーなジャズ系の…と思ったんですが、

とにかく 手の動きがしなやかで印象的なんですよね~~♪

もちろん他のダンスも素晴らしいんだけど、
決め! ってところは…手なんですよね~

大勢のダンサーのしなる腕と
美しくひらめく指

ちょっと、、圧巻な眺めでした!!


M2-7 LIVE UNO
そして個性的なナンバーが続きます。
UNOさんのダンスって、、本当に独特!
リズムなんて全然ないようなスローな曲を使って、
ぴたっと音を合わせて踊ってくるんだけど、、
いったい皆さん、
どうやって音をとってるの!?

不思議不思議不思議!!

ゆったりした動きの中にも緩急があって、
不思議に素敵なダンスですね…!


M2-8 X-core "cross core" Shingo
筋トレ先生シンゴメンのキレッキレナンバー!!

ここでは、、KOHARUちゃんナンバーと真逆のことを感じたんだけど、
男子がキレッキレに踊るのカッコイイけど、
女子が踊ると、女子の身体から出てくるセクシーさが
また 違う魅力を表現してくれてて、、

かっこ良かったっす!!


M2-9 Tendresse MEDUSA
三浦大知くんのサポートにもときどき登場する
おなじみ大迫力のMEDUSAさんですが、
このナンバーも面白かった!

この方は、ENの教室では PUNKINGのレッスン…ということで担当されてるんですね。
PUNKINGって、なんつーか腕を振り回すとしか認知してなくて(素人ごめんなさい)
いったい何が面白いんだろう~?
って印象でみてたんすけど、

この MEDUSAさんナンバーでは、
アップな曲ありMidな曲あり… 
曲がかわるごとにまったく違う印象の振付
そんななかで
PUNKING独特の あのムチのような腕の動きを
(こーやって使うのよっ!!!)
って宣言されてるみたいに
かっこいい場面で入れてくるっていう感じで

う~む なるほどなるほど!
とてもわかりやすかったですMEDUSA先生
と…
感服してしまいました!

出演したダンサー全員パワフルで
エネルギーを感じました

やっぱあれですよね
パワフルな女性って 大好きです♡


M2-10 MTG in the Dark s**tkingz
これぞシッキン!! て感じの…ミュージカル仕立ての凝ったナンバー。
まず、主役級と思われる6名のダンサーが、ビジネススーツっぽい衣装に身を包み
舞台中央のホワイトボードをはさんだ会議室…といった体、
3名ずつのチームに分かれて喧々諤々の論争シーン
やがて、黒子の衣装をまとった大勢のダンサーが登場し、
中央の6名を取り囲んであれこれ… という構成。

これはですね…
仕方ないっちゃ仕方ないことなのかもしれませんが、

主役級の6名が… イマイチに見えました。
何がイマイチって、身体つきです。
別にダンサーは女子でもいいけど、、もうちょっと
男装の似合うスレンダーな体型の人であって欲しかった。

本当に失礼なこと 言ってると思うんだけど、、
シッキンのスタイルをそのまま表現するには
男子とか
せめて、、男子なみにスレンダーな体型でないと
まったく同じ雰囲気は 出せないように思うんです

本当に失礼だけど
女子っぽいぽっちゃりした体型の人は
同じダンスを踊っても 別物になってしまうと思う

そこで、、振付に負けないほど
体型の差を感じさせないほど
個性を出せる程の才能があればよかったのかもしれないけど、、

シッキン独特の 軽快でコミカルな感じが
どたどたもっさりして見えた。

それが、ひとりだけとかではなく、
目立ってた6名
体型はともかく、、なんというか
シッキン色を出せてないように思えた。

なんだかな~ って感じでした。

構成全体がとてもよかっただけに、、残念だったなあ。

ごめん わたしダンス素人だから
本当失礼なこと言ってるとは自覚してますが。


ENDING
エンディングは、まず舞台の高いセットのところで、
何人かのイントラダンサーがシルエットで登場。
短いパッセージを印象づけた後で、

公演に出演したダンサー達が、プログラム順に登場します。

ただ、ステージへの現れ方や アピールの仕方が
通常の公演よりも持ち時間長くて
各チームの個性を おさらいするようなアピールで
もういちど 各ナンバーのこと思い出せて
楽しかったっす♪

ラストは勿論
出演者全員がステージ上に集合してのカーテンコール

個々のナンバーでは、生徒さんにまぎれてたけど、
PURIさんとか S**tkingz、その他のおなじみのダンサーさんが
ステージに大集合してる様は
三浦ファン的にも圧巻!!

もちろん、友達のJ子にも熱い声援を送ったつもりですが、
残念ながら、、気付いてはもらえなかったようですwww
(名前を叫ばなかったからねw ごめんww)

               ***

特別な期待を抱き過ぎないよう
フラットな気持ちで観覧する ダンスイベントですが、、

本当に ENの発表会は
発表会ということを忘れるほど
クオリティの高いイベントですよね!

いや、、もちろん
通常のダンス・スクールでは 発表会といえば
イベントとしてのクオリティというよりは
より沢山の生徒さんを出演させようという主旨のところも
多いんだとは思います。
ですが、、
言っても、わたしは素人だし、お子さんの保護者ではないし、
有償チケットで観に来ている以上、
イベントとして品質が高いのは嬉しいですね。

そういう…通常の発表会事情は
いちおう想像できますよ、と断ったうえで
ですが、

なんというのか、、
ENのダンスって、やはり、
クオリティー高いんじゃないかな、て感じます。

もっとも旬なダンサーが
最高に旬なダンスを
最高のプロデュース力で
演出してくれてるように感じられます。

いいものを観ました。
ありがとうございました!!
スポンサーサイト
別窓 | Input - Output | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2014.3.19 "Dramatic Soul Vol.9" 2nd Mini Album Tour@渋谷 (取りあえずver.) | 社会参加の実際 | 三浦大知 - Covers EP>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。