違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.3.26 lecca Tour 2014 TOP JUNCTION @Zepp Tokyo
2014-03-28 Fri 01:43
140326_lecca1_ss.jpg つい先日、MIHIROさんワンマンで行ったお台場に、
またしても参上。

こちらは、、ずっと前から予定していたleccaちゃんツアーの東京公演です。
発表当時はツアーファイナルだったのですが、、確か途中で沖縄公演が追加になった…筈
(ちがったらすんません)

leccaちゃんワンマン参戦は、これで3戦目。
彼女のファンである友人Hに誘われて2年前の武道館に行ったのが初めてですが、
すっかり癖になってしまいました(笑)

               ***

今年は、残念なことに、
チケットをとってくれた友人Hが、体調不良のため泣く泣く参戦を断念。
わたしだけ行くのもなんだかな~ っていう寂しい気持ちはありましたが、
行けない彼女の為にも、そのぶんまで、
2倍盛り上がってこようと、、ぼっちで行って参りました!

昨年どの辺りだったか忘れちゃったけど(おい)
今年の整理番号は500番台半ばで、
(これは自分的にはかなり頑張れる番号w)
ということで、
最前ブロックに突っ込むのは断念したものの
最初のバーの辺りの弩センター
なかなかの盛り上がりゾーンに、ぼっちで突っ込みましたwww

               ***

さて。
昨年のZOOLANDERも、同じ Zepp Tokyo公演に参戦し、
そのときは、
巨大な舞台セットとカラフルな衣装が印象的でした。
幕が開くときから、
大きなイベントが始まるぞ~っていう
ワクワクな演出だった気がします。

そして今年は…?


昨年とは打って変わって、
シンプルなライトに軽く照らされて、ただ幕の閉じたステージ。

開幕前の、特別な演出的な物は…まったくありません。


しかし、観客のヴォルテージは
開演前からかなり盛り上がってます!
むしろ昨年よりも盛り上がってた… と感じたのは
わたしが 割と前方の中央付近に居たからなのかな?
(昨年は…確か、左サイドから前方に詰めたんだよね)

たぶん、周囲はガチで盛り上がる気満々の
ファンの人ばっかです

そして、、ほぼ10分押してのOpening!!!

照明ダウン
BGMオフ
そして、、幕が開くと
ステージの背後に、4枚の大きなモニター画面

最初に表示された映像は、ブルーと黒のストライプモチーフだったかな
なんてCOOLな!!!

バンド演奏によりはじまる RUNWAYのイントロ
そして
ステージ中央付近、
ドラムスの後側、、巨大モニターの隙間のエリアから leccaちゃん登場!

               ***

とまぁ、、オープニングまではやけに詳しく書いちゃったわけですが(笑)、
以下は省略して行きます(笑笑)

とにかく!
曲ごとに、バックモニターの映像が、全然違うコンセプトで
ものすごく素晴らしいんですよ!

1曲目はクールな感じだし、
美しい映像もあり、ホットな映像もあり、
ミステリアスなものも、サイケなものも、、
とにかく!!
あらゆる映像の可能性…みたいのを 見せつけてくれた感じでありました。

もちろん、照明も完璧に映像にシンクロしていて
その映像はもちろん、曲に完璧にシンクロしていて、、
どのナンバーをとっても、完成度の高いパフォーマンスでした!!

               ===

会えてキツイことを言わせてもらえば、
leccaちゃんは、音程がフラット気味 というか
完全にフラットしていて
とくにライヴ後半になると、、ほぼ半音
バックとズレてるのが、ちょっと厳しいんですが、

ミュージシャンの皆さんは、気にならないのかな(^^;)
単なる慣れの問題なのかな
まぁ、余計なお世話ですよね、、

あと
随分前に、わたしがかつて、レゲエという音楽が苦手だった
という話を書いたと思いますが、

leccaちゃんの音楽は、
あんまりレゲエじゃないような気がしてます。
もちろん彼女自身はレゲエが好きで、レゲエを演られてるつもりだとは思うんですが、
レゲエそのものっていうより
…レゲエの、特定の分野の味わいと
あとはやはり、、彼女自身が持つ オリジナリティの部分が強いのかと

歌詞の素晴らしさは言うまでもないけど
バラードのメロディラインとか、本当に泣けるものがあります
(…レゲエって感じはしないんだけど)

あと今回のアルバム1曲目のは、、なんつうかあの音階は、
昔好きできいてたパンクバンドの ZELDAのよく使っていた音階ですが、、
(いや音階それ自体はジャンルを特定する要素ではないんだろうけど、)

leccaちゃんのメロディラインには、その
(わたし的には)ZELDA的音階がよく使われていて、、
その点も、気に入ってたりします。
(…そう言う経緯で、いっそうレゲエって感じがしないの…かも?ww)

しかし、サポートミュージシャン、
とくにドラマーの人は、生粋のレゲエの人なので、
ライヴの音は、やっぱりレゲエなんだよねww

言いたい事つたわります?
…まぁ、伝わらなくてもいいけどw

レゲエに限らず、
音楽のジャンルには、、
リズムとかテンポとか、やはり、なんかこう肝になる部分が存在すると思っていて。
レゲエってジャンルは、身体を揺らす心地よさ。けだるさ。
そーいう雰囲気という解釈。
ま~外国人は、それを大音量で聴いたりするんだけどwww

日本で”レゲエ”ジャンルとされてるミュージシャンの音楽は、
わたしからみると
なんだかタテノリで、テンポも早すぎて、、
レゲエっていうより「祭り」じゃないのそれ?って感じるものが多いですwww

まぁ、、ジャンル分けとか
どうでもいいんだけどね~~

そんなに好きなジャンルじゃないしwww ←おい

わたしは 本場レゲエも和製レゲエもあまし興味ないけど
leccaちゃんの曲とパフォーマンスが大好きだから、
今後もライヴには行きたいwww

               ***

140326_lecca2_ss.jpg アンコールには、誰からともなく "JUNCTION"サビの大斉唱がはじまり…
前方から赤いサイリウムが回ってきました
(熱心なファンの方が配ってるんですよね!)
沢山とったらいかんとは思いつつ、、なんとなく
来れなかった友達の分と…2本もらってしまいました。

いいですねサイリウム
上がりますね↑↑↑


あっそうだ。
アンコールには、予告されていた通りの、、Rhymesterさんご来訪。
そもそもぶちあがっていた会場が、ガン上がりに上がりました!!


とくに好きじゃないジャンルと言えば、
Hiphopとかラップとか
わたしにとって、ほんとに興味ないジャンルwww

Mummy-Dさんは、見るたびにカッコイイ!
機会があれば見たいと思うけど、
…機会を作ってまでは観に行かないですね(笑)


う~ん、、もともと歌詞重視じゃないってのもあるし。
leccaちゃんの歌詞は大好きだけど、
やはり、美しいメロディーに歌詞をのせてこそ
自分にとっては魅力なのです。
メロディーメイカーとしての彼女の魅力にひかれます。

あとヴィジュアルかな?
やはり、、女性アーティストの場合、
見た目の美しさやインパクトは重要!

どんな奇抜な衣装でも、美しく見えるのは
ステージングの大きな魅力になってる!!

この辺りは、普通のファンとは違う萌えポイントかもしれないけどwww


次のツアーも、また行きたいな♪
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<無題(私信的な) | 社会参加の実際 | グラミー賞はワールドカップじゃない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。