違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.4.10 「Daichi Miura Live Tour 2014 -The Entertainer-」@オリンパスホール八王子、ネタバレあり感想
2014-04-12 Sat 01:28
140410_八王THE_ss というわけで!
わたし的 "THE"ツアー2戦目!
八王THE公演に逝ってきました!!!

盛大にネタバレします! ご注意!!

※お写真は、言うまでもないでしょうが八王THE限定色チャームです(色はともかく…ここだけは欲しかった)

               ***

…なんか気合い入り過ぎてすません。
いちばん地元に近い会場なのでつい…。

いちばん近いにも関わらず、
昨年のドアツアーではまさかの落選!
心やさしき方から譲っていただきなんとか参戦できましたが、、
今年は見事に自力で当選を果たしました。
お席は1階後方でしたが、、そんなの関係ない!!
端っこだけど中央ブロックだし、なにしろこの会場はどの席からもステージがとってもよく見えるんだもの!!!

               ***

ということで(?)、今回の記事は、、
ネタバレいっちゃいますごめん!

友人が言う事には、、三浦さんのワンマンツアーは、
初日がゲネプロって笑い話もあるわけですが、、
ま~今回も、初回公演と2回目以降の公演で大幅に変わった部分があったので、
おもに、そういうポイントに着目しながら書いていきます。

曲ごとの細かいリポートは、、次回の記事に書きます。

まずはセットリスト!!

横須賀(初日のみ)2公演目以降
01. Blow You Away!01. Blow You Away!
02. GO FOR IT02. GO FOR IT
03. Illusion Show03. Illusion Show
04. Who's the Man04. Who's the Man
05. Drama
06. Chocolate05. Chocolate
07. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?06. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?
08. Gotta Be You07. Gotta Be You
09. Two Hearts08. Two Hearts
10. Baby Just Time09. Baby Just Time
  ~Dance Corner  ~Dance Corner
11. Right Now10. Right Now
12. I’m On Fire11. I’m On Fire
13. Listen To My Heatbeat12. Listen To My Heatbeat
14. Anchor13. Anchor
  ~Piano Solo  ~Piano Solo
15. Spellbound14. Spellbound
16. Good Sign15. Good Sign
17. Elevator16. Elevator
18. SHOUT IT17. SHOUT IT
19. Get Up18. Get Up
  ~Encore~  ~Encore~
E1. (Encore number: Chocolate)E1. (Encore number)
E2. All converge on the oneE2. All converge on the one

セトリの変更は、初日で5曲目に演奏された "Drama"が
2回目の公演以降では無くなっていること。
それ以外は、若干のアレンジの変更など。

               ***

  ~Opening

ちょっと…ここだけ詳しく書きますね。

今ツアーにおける舞台は、
開演直前まで全面が幕に覆われており、セットが全く見えない状態です。

まずは開演の合図に、BGMが消え会場の照明が落ちる。
観客の歓声。
そこで、、ステージ全体を覆う幕に、
いきなり、モノクロの映像が映し出される!!

記憶も定かでなく映像自体を言葉で表現するのはとても難しいですが、、
最初は、三浦大知のシルエット映像だったかな?
(シナスタのイメージを喚起)
その瞬間に、観客の歓声が悲鳴と絶叫に!!
映像の構成自体はシンプルで、DAICHI MIURAというアルファベットの文字が、、
1つずつ出てくると言う
ハリウッド映画のOpeningみたいな流れなのだけど、、
それを、いちいち三浦さんが紹介するという

あああ、やっぱり言葉で説明するとめっちゃヤボですねw

とにかく、会場では
1文字、1文字が出てくるたびに
観客が絶叫していた。
(あるいは爆笑)

そして、少しのロゴ表示の後に
ばつっと落とされる幕。
(…これも、シナスタのときと同じ感じ?)


01. Blow You Away!
舞台セットは、ステージ全体を覆うサイズだったけど、
これまでのものに比べてシンプルな印象。
そして、、バンドメンバーはやや上手側に集結。

ダンサーズは、スネアドラムを小道具に持って登場。

三浦さんのお衣装は、玉虫色の光沢ある青の上下(形はシンプルなスーツ形)
インナーは黒のVTだったかな。

ダンサーズの衣装は、軍服っぽいデザイン
まぁ、マーチングの雰囲気なので、合ってますね
色は…なんだろう?チャコールだったかなぁ
赤のベレー帽が可愛い

02. GO FOR IT
よく覚えてないwww ←

03. Illusion Show
ダンサー(特にNOPPOさん活躍)と大知による、ミニ・マジックショー
よくあるやつだけど、タネは判らないw
知ってる人には当り前のネタなのかなww


再び登場するときに、大知くんのお衣装変わってた気がする。
なんかピンク系(雑)


04. Who's the Man
前ツアーで異色のアレンジだったこの曲、
今回は、楽曲的にはオリジナルに近いアレンジに戻した感じ。
ダンスも、ここんとこの定番の振りに戻した感じ。
ただし、、、ステージセットが斜めってる所で踊るんです!
これ怖い!!
さすがにダンサーの踊りに迷いはないですが、
心なしか、大知の振りがやや消極的な気がします。

(4/5の鹿児島公演では、こけたって噂をききましたが…
 この曲じゃないにしても、
 ひょっとして、この斜めってるステージでコケたんじゃなかろうか?
 現場を目撃した方にお会いしたら確認したいものです)


xx. Drama
初日公演のみでセトリから消えてしまったDrama。
この曲は、、ドアツアーのWho's The Manのような…倍速アレンジで演奏されました。

このアレンジが好き っていう人の声もちらほら聴いたんだけど、
う~ん、、まぁ、ドアツアーのふーざまんと、ほぼ同じコンセプトのアレンジだったから、
辛い意見ですが、わたし的には
(またこのパターン…)
って感じてしまいました。

セトリから消えたのは、ひょっとして
わたしと同じようなことを感じた方がいらしたのかな?


05. Chocolate
5枚のモニタースクリーンに、踊る女性ダンサーのシルエットが映されます。
それと、チョコレートが溶けるイメージの映像が交互に。
女性ダンサーは、そのバレエっぽい動きから、
RigntNowのMVで共演された AIちゃんではなかろうか?
…というもっぱらの噂です。

前半の三浦さんは、
女性ダンサーの踊りに絡むように踊るのですが、、
前の方の席から、あるいは鋭い角度の席から見ると
バランスが合わないんです。
(これは、次の市川公演で確認したのですが、
 バルコニー席など、遠方の席から見ると
 ばっちり縮尺が合ってて見事でした!)

そして後半。
ふたりのダンサー(誰が担当するかは日替わり)を従えて
しなやかな動きのエロティックなダンスを披露
これは、、かなり大人っぽくてイイです。

今までも、女性ダンサーと絡んでみるとか
大人っぽいダンスに挑戦はしてきた三浦さんですが、、
なんというか、女性ダンサーとの絡みは
なんとなくイマイチなんですよね(笑)
なぜか色気が足りない

そして、、男性2人を従えて踊ると
こんなに色っぽいの何故wwwww

…まぁ、けっきょくは…それが彼の個性なんでしょうね。
男女のエロスを、直接的に表現したくないタイプなのかもw

いいと思いますww
同性愛疑惑は持たれそうだけれどもwww


06. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?
Can You See~という楽曲は、
ダンスにしろ歌にしろ、横蟻で完璧なる完成形だったと思うわけですが、、
エンタテツアーのこの曲は、
もちろんダンスの基本的な振りなどは変わってないのだけど、
唄い方が随分変わったように感じた。

なんというか、、粘っこい感じ?
ていうか、エロい(笑)
Chocolate引き摺ってる(笑)

…と思ったら。
バックに流れる映像が、やっぱりエロかったwww

Chocolateとは異なり、
サビの歌詞が文字で流れる以外は、
ほとんど、抽象的なパターンの映像が流れるんだけど、
その、合間合間に、
男性とも女性ともつかない
人の裸の身体の…部分的な映像が ちらちらと流れる

明らかに女性モデルのときもあるけど、
…明らかに三浦大知本人っぽい映像もある

…ヤバイ!
…えろい!

初日の横須賀では、わたしこの部分どうなってたか全然気付かなくて、
八王子公演終わったあとみんなに聴いたのに
誰も覚えてないと言ってて

皆さん、、何故そこを見てくれてないの??
と、ひとりでキリキリしたというwww


07. Gotta Be You
この曲のアレンジは、TSUTAYAイベントのアコースティック・ライヴのときのが
発展した形のように思われる。
もともといい曲なのだけれど、バンド・アレンジが素晴らしくて、本当に聴きほれる!!

08. Two Hearts
同じくこの曲も、
アコースティック・ライヴのときのアレンジが元になっているように、わたしは感じた。
そのときも(なんて素晴らしいアレンジ!)と感じたのだけれど、
TSUTAYAのときは、ピアノ+ギターだけだったのが、
リズム隊が加わって、更に素晴らしいアレンジに!!

そしてこれは、自分が気付かなくて人に教えてもらったのですが、
初日は、イントロでピアノからのスタートでしたが、
2公演目以降は、ギターソロも入ってるとのことで、、

、、、わたし、ギターソロ全然認識してなかった(すんません)


09. Baby Just Time
この曲はね~~~ドライアイスでスモークをたく演出なのだけれど。
初日の横須賀公演では、スモーク多過ぎて、大知の姿がほとんど見えなかったんですね(笑)
これは、、笑えました。

この演出どうするんだろう?このままやるのかな~と
気になってましたが、、、

これは、その後も継続的にやってるようですね。
八王子…横須賀よりは良く見えたけど、
でも、あんまり見えたとも言えないかな。
市川の方がよく見えたかな。

でも…もっともっと控えめでいいと思う。
たとえば、KREさんのSPACEのときみたいに、下の方だけにするとかさ~~(笑)
でも、やりたかったんだよねそうよね(笑笑)

歌は、、Can You~と同様
ドアツアよりも控えめな感じかな?

そして、、これは何故かわからないけど、
ドアツアでシャウトに近いパワフルに力むあの部分は、、割と普通に唄うのね。


バンドメンバーの紹介は、この辺りだったかな?
…場所を忘れました。

1つ、思い出したんだけど、
初日の横須賀公演では、
バンドメンバーを紹介するとき、
ひとりひとりの映像がバックモニターに映し出されて紹介されてた

のですが、、

2公演目以降は、なかったそうです。

初日は、映像の尺に合わせて
大知くんがバンドメンバーを紹介していく、、という形式だったので、
映像に合わせてソロをまわさねばならず、ちょっと間抜けな感じだった。

八王子では、完全に三浦さんの声のタイミングにあわせて
ソロを回して… っていう形式で
テンポよくなってました。


~Dance Corner
ダンス・コーナーは、ダンサーひとりずつがソロで踊るという形式ですが、
舞台のあちこちから登場するダンサーの動きを
3本のスポットライトが次々に追う、、という凝った演出。

これは格好いい!!

全員で踊るダンスは、、1曲づかい。
(曲知らない)
タテノリってゆか…ロックな感じ(Lockin'のロックじゃないよ、笑)。


10. Right Now
Right Nowは、いわゆる”凄いフォーメーションダンス”として
メディアでも何度もパフォーマンスされ、
けっこう見飽きた感じ?…と思っていたけど、
このライヴでのパフォーマンスは、少し印象が変わってました。

ええと、、どう言ったらいいかな?
じぶん的には、これまでのパフォーマンスに比較しても、
MVの印象に近い雰囲気を感じました。


11. I’m On Fire
そして、、MVに近いって言えばこれ!
このFireの演出は素晴らしい!!

Breakの部分、尺を伸ばしてダンサーのソロが入る!!
これは、、まさにMVのいちばん格好イイ場面を生で再現しているみたいなもの。
興奮しますねぇ!!

個人的にツボなのが、とくに後半
ソロを担当するダンサーが、全員の中央で踊るときに、
フォーメーションに入る大知くんの姿が
けっこう新鮮で萌えです。

普段は、センターでしか踊らない人だからね。
フォーメーションに入るっていう姿が、、いいっす
これ、何度でも見たい!!

そしてこの楽曲では、大知くんの、
マイク持ったままの片手側転ね。
あんなの…毎回やって問題ないんですかね?

運動神経なさすぎる自分には、
人間業とも思えないんだけど~~


12. Listen To My Heatbeat
この曲も映像からの入り。
アルバムでは、interudeとして入っているSEが、映像つきで流れて!
その時点で、次にこの曲がくることはがっつり予想できるわけですが、、

映像では、白いジャケットを脱いだ大知が、
インナーの上に白シャツを羽織る
そして、、ピアノの前に座って、、

いつしかステージ上にも、
同じポーズでピアノの前に座っている大知

…からの、弾き語りListen
この演出もいいですね。

そして、この楽曲
アレンジもいいです(;∀;)


13. Anchor
からのアンカー!!
なんて素晴らしい歌!!!

…なんだけど。
後半のドラムスは、、ちょっと愉快すぎて、どうなんですかねあれはww

申し訳ないけど、、この楽曲は
できれば原曲のクラシカルなアレンジを活かして欲しかったかなあ

ズンタッズンタッズンタッズンタッ
…ってリズムは…
ちょっと楽し過ぎますヨシオ様。


~Piano Solo
そしてここでピアノ・ソロ入るんですが、
うん、インストナンバーはいんですが、
なぜソロなんでしょうね?
まぁ、、いんすけど。


14. Spellbound
この曲では、、大知くんのお衣装がふたたび青かった気がします。

あと、
サビのとこの
腿ヒットな振りが判りやすくてwwwww


15. Good Sign
ノリノリの曲が続きます。
これは、、唄いやすそうな曲だと思ったけど、
案外、そうでもなさげに見えた。

予想より、、、、な感じ。


16. Elevator
余り印象に残ってないかなあ。
Elevatorは、あまりセットをつかわず、
平地でがっつり踊って欲しいわたし…(個人的願望です)。


17. SHOUT IT
これも印象に残ってない。
まぁ、、いつも自分がアガり過ぎて記憶残らないだけかも(笑)

ていうか、ドアツアーのクールなアレンジが結構好きだったんだけど、
まぁ、
それ以前のversionに戻った…て感じかなあ?


18. Get Up
そして、本編最後の曲!!
これは、寂の「Get Up」を客が唄わなければいけないということで、、

練習タイムのあとの本番!!

いざ歌が始まると、
ダンサーがカメラ持って会場走り回るわ、
場内の通路で踊りまわるわ、
そりゃもう大変な盛り上がりで終了する…という始末。

自分的にちょっと考えたのが、
Jamie Cullumのステージね。

ちょうど、、ライヴの演出を準備してる頃に、
三浦氏は、Jamieのライヴを見てる筈。
ホールなのに、観客もスタンディングみたいにわいわいなって盛り上がるあの雰囲気を、、
再現したかったんじゃないかな、って思った。

再現できてますよ~三浦さん♪


ENCORE
E1. (Encore Number..)
そして、アンコールの1曲目は、、
「本当の意味でのアンコール」
ということで、、

ライヴでやった曲の中から、観客が選んだ1曲をもういちど演る!
という企画。

初日は、、Chocolateが演奏されて、
八王子はI'm On Fireでした。

他の公演では、把握してないのもあるんだけど、、Fireは人気みたいすね。
まぁ、、萌えポイント沢山あるし(当社比)

初日では、観客席を3ブロックに分けて、それぞれ好きな曲を叫んでもらい、、
一番多かった声で、、各ブロックの曲を選ぶ
的な感じだったけど
それはさすがに聴き取れない
ということで、

3公演目くらいから、
各ブロックで希望者から三浦氏の選んだ人が好きな曲を言い、
その3曲に対して、拍手や歓声の量で
最終的にやる曲を決める

…という形式に落ち着いたもよう。


E2. All converge on the one
初日は、かなり早い段階で歌詞のぶっとんだこの曲。

ラストに唄うには、本当にふさわしい曲です。
後半の盛り上がりが本当に素晴らしい!

そして、、後半にはダンスもある!!

               ***

細かい事は書かない、、といったのに、
思い切り細かく書いちゃった(笑)

口惜しいのが、
SHOTAさんの髪がハーフアップになったタイミングが
どこか覚えてないこと!

これは、、次回公演の宿題とします(笑)


う~ん、、八王子公演の記事で、
けっこう細かく書き過ぎちゃった。
市川公演の記事ではなに書こうかな?wwww
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<やばやば… | 社会参加の実際 | 2014.4.01 「Daichi Miura Live Tour 2014 -The Entertainer-」@横須賀芸術劇場、ネタバレなし感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。