違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.5.10 「Daichi Miura Live Tour 2014 -The Entertainer-」@広島
2014-05-18 Sun 23:35
140510_上野学園ホール_ss 遠征2日目は、広島県の「上野学園ホール」

実は、昨年のドアツアーでも同じこの会場で行われた広島公演のチケットを予約したのですが、、
いろいろ考えて、けっきょく参加できませんでした。
ということで、
今回個人的リベンジとなりました広島公演です。



               ***

会場は前日の山口公演会場と比べ、1,730席という…そこそこのキャパです。
FCチケットは1階22~23列目くらいまでだったようですが、
土曜日という日程もあり、後日参戦を決めた人で、、会場はかなり後ろの方まで人が入っていたように見えました。

ただ、、ちょっと面白かったのが、
開演時間になっても、ぽちぽちと空席が目立ったこと。
土曜日というのに、、何故か、遅刻して入られる人が目立った気がしました。
(わたしの居た付近の話)

この公演のチケットはわたしが友達の分まで申し込んだのですが、、
18列目という、、ま、そんなに近くもないけど、
一応は、ステージのフロントに立ってる人の表情は
なんとか見える程度の距離…だったかな?

さすがに山口の8列目の近さにはほど遠かったとはいえ、
チケット運残念なわたしにしては…まぁまぁ検討した方ではないでしょうか
と自画自賛( ̄∀ ̄;) ←低レベル…

あとは、今回比較的多かった通路側席!
会場は、前方が5ブロックに別れていると言う…ちょっと変わったレイアウト。
その、右から2番目ブロックの最高列最センター寄り端っこ、、ということで、
冒頭のあの曲とか、本編ラストのあの曲とか、
ダンサーズがいっぱいいっぱい後ろや傍らの通路を通って踊ってくれてました♪

そうですねえ
やはり… 山口公演の、実質2倍近くの観客がいたこの公演ですから、
会場内の歓声のヴォリューム自体は…どうしたって山口よりは大きかったと思います。

…そういうことについては、また後にまとめて記します!!


そして、広島公演の細かいトリビア:

①タオル投げるタイミングばっちり理解→実践しました
②Gakushiさまのエモさはネ申でした
③友達が、ちょう真顔で「あれ、、アシカですよね」と言うのだが
④7曲目のバックの演出…
⑤公認出待ちの件


タオル投げるタイミングばっちり理解→実践しました

まっ…解説するまでもない話ですが。
アンコールで "I'm On Fire"をパフォーマンスする際に、
D.M.バンドのフロントマン頌くん&Kenshiさんのお二人が
(自然さんもやってたかな?)
「もっとYellowに もっとYeal OH!」の
2回目の「OH!」のとこでツアータオル投げますが、

これは、、アンコールのときだけで、しかも、
2回目だけのことなので、
せっかくタイミング覚えても、
今度またやれる機会があるとは限りません。

う~む、、、。
オーラスの国際フォーラムのアンコールも"I'm On Fire"だったら
もちろん一緒にやりますが、

でも、、
でも、、、、
わたし、
これまで行った6公演のうち、
5公演まで…アンコールが"I'm On Fire"だったんだよおお!!!

たまにはアンコールで違う曲も聴きたい…(くすん)


Gakushiさまのエモさはネ申でした

山口公演では、THイントロでちょっちだけ指のもつれたGakushiさまでしたが、
広島はさすがにそーいうお茶目シーンはなく、
それどころか、
めっちゃエモかったです!!!

なんだろう…どこが、っていうことじゃないんだけど、
敢えていえばソロかな
ソロ…最高だったな~~!
いつも素敵なんだけど、この広島公演でのソロピアノは、
参加公演の中で最高のエモさだったと思う!!!


友達が、ちょう真顔で「あれ、、アシカですよね」と言うのだが

何の曲か忘れたけど、多分後半の曲…
テンションあがりまくった三浦さんが、
ちょうど得点ゴールを決めたサッカープレイヤーさながらに
天を仰いで興奮をアピールするんだけれど、、

アシカ とは言い得て妙。うむ。

その他、ラストのナンバーの振りつけを
「太極拳」と称する人もいて、
あの素晴らしい感動的なダンスを、
なんて…
なんて……
なんて………

絶妙wwwwww
と思った次第です。

(感動より受け)


7曲目のバックの演出…

全部の公演参加してるわけではもちろんないので
他の会場でもあったのかどうなのか判りませんが、

広島の会場。
Gotta Be Youの背景が、、何もなかったんですよね。

あのナンバーは、
(自分的には)草原を吹き抜ける風とか、青空とかのイメージだったのに、
なぜだか今回のツアーでは、
縦に細長い布っぽい幕を張り巡らせたスクリーンに
無数の小さな光を散りばめて、星空のような演出
ってことで
わりとインパクトあったんですけれど

広島のバックは、、何もなし

背景の壁にはむき出しのライト
ステージは、、スポットライトなど、フロントの照明だけで
シンプルに演出されてました。

まぁ、歌もバンドアレンジも素晴らしい曲だから、
背景の演出いらないっちゃいらないとは思う(失礼)んですけど…

なにか、セットにトラブルでもあったんかしら?と
ちょっと気になりました。

               ===

公認出待ちの件

そして、、広島公演の1つのトピックはこれ。
公演終了して、友達や知り合いのファンを見つけておしゃべりしながら会場を出るところ、、
なぜだか
スタッフカードをつけたスタッフさんが、
とつぜん
「ええっと
出待ちの方は…こちら側のエリアに移動願います!」
的なことを言いだして、
(後から知ったけど、)出演者やスタッフが出てくる出口方面にあたるエリアに居た人々を
よけはじめたんです。

「えええ?誘導してるってことは…出待ちできるの?
てか出待ちしてもいいの?」
「うそ~ こんなこと今までなかったよね…」
と、首をかしげながらも、
スタッフさんの誘導に従い
入口のところに整列してじっと待つわたしたち。

整列して…まぁ、かなり待ったとは思いますが、
やがて、会場脇から
(見えた人の話によれば)ダンサーの乗った車が出てゆく
スモークガラスで車内は見えにくかったけど見送るわたしたち

そしてその後
やはりスモークガラスの窓で、白いバンが…
三浦氏の乗った車です。
なんと、車内灯をつけたうえ
わざわざ窓を開いて みんなの方に手を振ってくれる
というサービスつき

その車を見送った後、
後を追っていこうとするファンは
さすがにスタッフに止められ、
車が完全に去るまで…集まったファンはその場にとどまり見送りました。


…というような次第で、この出待ちは、
完全に、スタッフ誘導で行われたものです。
長いファン歴の友人も、こんなのは初めてみた!
と言っておられました。


ただ、わたし自身は
シナスタ名古屋のときに、
(もちろんこのときもスタッフさんの指示に従いながら)
会場出口の反対側の道路お見送りをしたことがありますので
…会場の状況によっては、ありなんだと思います。

               ***

この件について、うっかりTweetしちゃったんだけど、
どうやら物議をかもしだしてしまったみたいなので、とりあえずTweetの方は削除しました。

なんといいますか、、
ファンによるアーティストの「出待ち」という行為を
凶悪犯罪であるかのように言う方って、割といらっしゃいます。

実は、けっこう仲の良いファン友さんでも、
「出待ちだけは許せない」という考えの人もいるので、、
あまり応援する気持ちにもなれないんだけど、、、

個人的には、「出待ち」という行為それ自体は
他人に迷惑をかけなければ、とくに問題ないのじゃないかとわたしは考えてます。

ただ、まぁ、、、多くのケースでは
他人に迷惑をかけることが多いんですよね。
だから、まぁ、
出待ちしてはいけないシチュエーション
の方が多いと思うんです。

でも…まぁ
Zepp Nagoyaや今回の会場みたいに、
ライヴに関係ない他の人に迷惑をかけそうなことが少なくて
かつ
スタッフさんがちゃんと取り仕切ってくれるようなケースでは
いいんじゃないかな?


スタッフさんが駄目っていったら
勿論、瞬時に指示に従うべきです


ちょっと話はそれるけど、
やっていいこと やっちゃ駄目なこと
スタッフさんが、きちんと くっきりと お客に説明するべきです

ま出待ちはレアケースですけど、
「うちわの使用不可」「サインライトの使用不可」とか、
ファンクラブチケットにだけ記載したって、
そもそも一般チケットで入った人は、、知りようがないじゃないですか。

FCに入ってる人は、大知のライヴではサイリウム禁止って知ってるから
光りもの持ってる人の事厭な目で観たり、注意したりするかもしれないけど、、、
はたして一般チケットを買ってライヴに来た人は
どこでその禁止事項を知ればいいんだろう???


スタッフさんが、きちんと仕事してくだされば、
ファンだって相互に気をつけたり 声を掛け合ったりしやすい
素敵なライヴの想い出にするためにも、、、

ルールはきちっと
お願いしたいですね。


ええっと、、なんだか
最後は固い話で終わってしまった。


広島公演の感想は、この辺りで〆ますが、
オーラス公演の前に、
やっぱり、このツアーに対する全体の所感をまとめておきたいので、、

たぶん、近々、もう1記事
Upすると思います♪♪

スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<冷やし中華始めました。 | 社会参加の実際 | 2014.5.09 「Daichi Miura Live Tour 2014 -The Entertainer-」@山口>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。