違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
スケッチブック
2014-06-06 Fri 17:44
140606_きゅんいちサインペン_ss ところで。
2週間だけ入院してた母のお見舞いに行った時
病院のロビーに、1枚の絵画を飾ってありまして。
作者をみたら、、なんと
わたしが小学生のとき通った絵画教室で、絵を教えてくれた先生だったのでした!


※この絵はもちろん先生の絵じゃないですよ(笑)
  サインペンで描いたきゅんいち様♡(のつもり)

               ***

なんだか、ものすごく懐かしくなって、
とても…とても久しぶりに、絵を描いてみたくなりました!!

絵画教室に通ったのは、たしか小学校4年生くらいから、、1年半くらいだったと思います。
当時はまだ、ひとりで電車に乗って通う というのでなく
父が車で、教室まで送り迎えしてくれたんです

最初は、ピアノ・レッスンのついでみたいに習い始めた絵だったんだけど、
だんだん 教わることが高度になってきて
高学年になったら
「そろそろ油(絵)をやりましょうか」
なんて言われて、、

(えええ~ 油絵はめんどくさいな~)
と怖気づいて

ピアノの方も、先生が変わって
練習が大変になってきたということで、、
絵の方は
さっくりやめてしまったのでした(笑)

               ***

もともと 絵を描くことそれ自体は
かなり小さい頃から大好きで
家中のいたるところに(仏壇の脇の白壁にまで、笑)
クレヨンで絵を描きまくっていたわたしですが、

小学校に入って
風景画など、、水彩絵の具とかで着色をするようになって

(…う~ん、あんまり上手くできないかも)

という、最初の挫折(笑)を自覚していたのでしたw

絵画教室では、もちろん、
最初は鉛筆によるデッサン。
石膏・静物・人物・風景

鉛筆から木炭、あとは、、筆を利用した水墨画なんかも描きました。
それから色の勉強。
これって、、デザインの基礎みたいなもんかな?
シンプルな線で絵を描いて、好きな色で彩色していったり、
寒色・暖色・反対色・同系色を組み合わせたり、

そういうテーマはすごく楽しかったんですが、、
いざ
本格的な油絵で
自由な手法で 自由に描いて!

って言われたら、、とたんに怖じ気づきました(笑)

なんていうのかな
わたしって、、絵を描くのが好きなんだけど
実は
いわゆる芸術家としての自由な想像力を
ほとんど持ち合わせていないってことに気付いたっていううのかな

自由に描いていいよ って言われるより
手法であるとか 何らかのテーマ(制限)があった方が
むしろ描きやすい
…と思う人だったんですよねwww

あと、、油絵って 道具も多くて
めんどくさそうじゃないですかwwww

前述のように、他に習ってたピアノの練習も忙しくなってきてたので、
こっちはあっさり諦めた というわけです。

(後に
 高校のクラブ活動で、油絵を描く機会があったんですが、、
 案の定、1年間ちんたら同じ絵をこねくりまわして
 とうとう完成させることができませんでしたwww)

               ***

さて。
そんな…着色の苦手なわたしですが、
デッサンは好きなんですよね。
(まぁ…自分基準では「未熟」レベルですけど)

ということで、その後は
まじめに習練したり
ちゃんと習う ということはなかったけど、
ときどき クロッキー帳やスケッチブックに
いろんな絵を描いてみたりしました。

でも
大学では、、やはり音楽の方に傾倒していたので、
しだいに絵を描く機会がなくなってしまった。

               ***

とまぁ、ものすごく長い前置きでしたが、
その、、昔の恩師の作品に、ひょんな偶然から出会って
懐かしくなって

なんとなく、、
(また絵を描いてみたいなぁ!)
と言う気持ちが
湧いてきたんですよね。

そこで、、○○年ぶりに
スケッチブックを買いました。

わたしは大ざっぱりな性格なので、
大きめのがいいかな~ とも思ったけど
無難なF4サイズ。

鉛筆も、以前に買ったのが見つけられなかったので、、新調しました。

140605_しらねさま_ss お絵かき用の鉛筆って…描きやすいですね♪
でも、本当に本当に久しぶりに描いたので
鉛筆の使い方を忘れました(笑)

別に、、小学校のときの絵画教室でも
とくに技術的なことを習った覚えはないんですけどね(笑)
すごく自由に絵を描かせてくれる先生で、
修正や批判のコメントは一切しないで、、いい所だけを褒めてくれる先生だったと記憶してます(笑笑)

苦手意識を持たないで、、油絵も教わればよかったかなぁ!

今となっては なぜ「止めよう」って思ったのか
いちばん強い理由を 忘れてしまいました。

140606_SHOTAさん_ss デッサンが好き、と言ったけど、
本当は、、余り上手だとは思ってません。
詰めが甘いっていうか、よくみるとデッサン狂ってるんですよね。

実は、ものごと完璧にやりたい っていう理想のあるA型気質なわたしは
自分で 自分のデッサンの狂いが許せなくて
すごい頭にきて すごい時間をかけて描いてる時期もあったんですが、、

そういうのは、いつしか諦めて
なんとなく表現できてればいいかな~~
くらいに テキトーに思うようになりました。

テキトー人生の始まりですねwwwww

絵を描いていて よく思うんですが
なんどもなんども細かい部分を詰めて
徹底的にやれば似てくるのか

と 考える事もあるんすけど、、
たぶん
1枚の絵をこねくりまわすよりも
沢山描くことが大事なような気がします。

ま 絵に限らず
何事も同じですよね。

               ***

母のこと 自分のこと
いろんなことを深刻に考え始めると
切なくなります

ささいなことで イラッとすることもあり
そんな感情を分析したり
ちゃんと説明しようとすると ネガティブな言葉しか出てこない…

そんなとき
絵を描いていると 気持ちが落ち着くというか、、
なにかこう…自分の感情をフラットに出来るというか

そんな作用がある気がしています。

作品として 完成させることは出来ないかもしれないけど、
ときどきは、こんなふうに
無心に鉛筆を走らせて… 気持ちを落ちつけたい
なんて

思ってます。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<色鉛筆 | 社会参加の実際 | 現実問題として>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。