違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
色鉛筆
2014-06-08 Sun 15:16
140608_色鉛筆_ss 子供の頃から、”鉛筆を削る”という作業がけっこう好きでした。

(それが彫刻刀になると、カタチが複雑過ぎて使いこなせない。
 とにかく、シンプルな道具にしか対応できないんでしょうね、笑)

               ***

というか、、カッターナイフを使う作業がすきだったんですよね。
ペンケースの中には、なんとなく、
必ずカッターナイフを入れる癖がついていて、、、

出張前とかも うっかりチェック忘れてて
過去、空港の手荷物検査でカッターナイフ没収された前科は3,4回…( ̄∀ ̄;)
アフォですねwwwww

もちろん、アイブロウペンシルも手で削ります♪
慣れてるので
ぜんぜん時間かかりませんよww
下手にシャープナー使うより早いかもwww

               ***

でね。
せっかく色鉛筆を削ったので、、色鉛筆画も描いてみました♪

140608_だいちのめ_sse 満を持して(?)の三浦絵ですが、、余りうまくいかなかったwww
このひとのお顔って、めっちゃバランスとりづらいんだもん!!!
↑↑↑じぶんのテクニック不足を棚に上げる

いくら描いても描いても ちっともモデルさんに似てこなくて
もう泣きそうになって挫折したんだけど

握手会で 初めて間近で大知くんにあったときの
茶色く澄んだ瞳を思い出しながら… 描いてみました♪

               ***

色鉛筆は、、絵画教室では、余り使った記憶が無いですね。

前の記事にも書いたけど、
お絵かきって、、そんなにテクニックを教わるようなコトじゃない気がしています。
「色鉛筆の塗り方」
っていうのを
Webでちょっくら検索してみたんだけど、
なんか…普通のことしか書いてない気がします(笑)

芯の腹を使って塗れば ソフトなタッチで薄い色が表現できる
とか
芯を立てて使えば 鋭くて 濃い色が出る
とか

…そんなの、いちいち教わらなくても
使ってみたらスグに判る事じゃん!
ってね(笑笑)

絵を描く
っていうことについては
もちろん…持って生まれた才能ってあると思いますが

やっぱり 絵を描くのが好きなひとは
とにかく なによりも 絵を描くと思う
いろんな道具で 何回も何回も
いろんな方法を模索しながら

そういう経緯って 才能とは直接関係なく
まぁやっぱり…経験数になるんじゃないかな

わたしは 特に絵の才能はないと思うけど
とにかく 小さい頃から
絵を描くのが大好きだったから

ふだん絵を描かないひとよりは
何十倍も 何百倍も 描いてきたんだとおもいます

そして、、
それでもわたしの絵は 所詮は ど素人レベルですが

ほんとうに絵が好きで 美術系デザイン系の仕事につく方などは

わたしより もっともっと
何十倍も 何百倍も 絵を描いてきているのだとおもう


それは、たぶん前にも書いたけど
絵に限らず
さまざまなことに 共通して言えることだと思います。


才能とは 努力しないことじゃなく
努力できること


…まぁ、年ばっか重ねてるわりに
なにごとも中途半端なわたしが 偉そうに言えることじゃないですが

なにごとも 経験を積み重ねることが大切
そして 幾つになっても
その努力は貴重なもので、、

幾つになっても 努力しなくていい という日は来ません。


下手な絵を こつこつ描きながら

そんな謙虚な気持ちで
これからも 日々
地道ななにかを積み重ねながら
送って行きたいな~~~


思う訳です。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クロッキー帳と木炭 | 社会参加の実際 | スケッチブック>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。