違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
MIYAVI - "MIYAVI"
2014-06-16 Mon 14:30
MIYAVI (初回限定盤)(DVD付) 初めてこのアルバムを聴いたときの印象は、
(洗練されてるな~)
というものでした。

ライヴは、予想以上にワイルドでパワフルなパフォーマンスだったんだけど、
アルバムの音源は、、生々しいカッティングで
迫力がありつつも…

計算され美しいバランスの音になっています。
きっと初めて聴く人にも、いいアルバムとわかる名盤だと思います。

※「MIYAVI (初回限定盤)(DVD付)」 (2013/06/19) MIYAVI

               ***

というか、、もともと楽曲が素晴らしいし
テクニック的なスキルが超絶だから
あらためて音源を聴くと 聴けば聴くほど
細かい部分に唸らされるんだけど

ライヴでは、、ただ ただ 
彼のパフォーマンスの迫力とパワーに煽られて
吠えて暴れて燃え尽きる!!!って感じでした。

しかし 多分あのライヴが、、映像化されたりしたら
その映像みて、、あらためて
彼の ものすごいテクニックに唸らされたりするんだろうな

               ***

で、またまた三浦さんの話になるんですが(笑)

わたしは、、どうしてかわからないけど、
MIYAVIさんの、音楽とかに対する向き合い方と
三浦大知氏の、音楽に対する向き合い方には
共通する部分があるのではないかと
前から、感じているんですよね。

歩んできた道も
ジャンルも方法論も まったく異なるんだけどね

天才的 と呼ばれつつも
彼らのやっている事は 
世間の流行に翻弄されず オリジナルを貫いて
地道に ただ地道にライヴを続ける
その姿勢がね

すごく似てるな~ って思う部分があります

上手く説明できてないな(笑)


本当に 世界レベルで認知されてるアーティスト MIYAVIさん
たしかにそのパフォーマンスは 圧倒的

けれど、いちアーティストとしての彼は
ただ 純粋に
ライヴを見るために集まってくれたファンへの感謝
一緒にライヴを作り上げるサポートクルーやスタッフへの感謝
ライヴができることへの感謝

そういう、シンプルでストレートな気持ちだけで
ライヴをやり続けてるんだなぁ… って。

             ***

あの会場の、客席のどこかにいたという
三浦さんも
きっと、そんな MIYAVIさんの姿に
心から共感していたと思う

マイペースでいいけど 無理しなくていいけど
頑張ってください

あなたは もっともっと
広い世界に羽ばたける
大きな大きな翼を持っていると 信じています

(けっきょく三浦さんを応援している、笑)

スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<TA-WA-GO-TO | 社会参加の実際 | 2014.6.15 ”SLAP THE WORLD TOUR 2014”@Zepp DiverCity >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。