違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.7.08 KREVA Livehouse Tour 2014 "K10"@Zepp Divercity
2014-08-03 Sun 01:31
140708_K10 01_ss …そしてこちらは、
既に1ヶ月近く前の話にはなってしまいますが、
旅行前に行った KREVA "K10"のログ

どうしても、忘れたくないことがあったので
書いておきたい。
っす。



               ***

"K10"は、最初、
7/9のオーラスだけ行く予定だったんです。

しかし、相方の都合で、どうしても旅行の日程をその近辺にしないと休暇が取れないってことで、
一時はきっぱり参加を諦めました。
が、しかし、
何やかやで旅行の日程は7/10出発ということに。

まぁ、7/9のライヴ、ちょう無理すれば行けない事もなくは無い…
という塩梅でしたが、
やはり、出発前日の夜遊びはどうだかなぁぁ?
と危惧していたところ、
ちょうど、知り合いの方が 7/8の同行者を募集していたので、
渡りに船! と飛びついて
同行させて貰いました!!


ただ、、実は、このライヴの10日前くらいに
わたくし、足を捻挫していまして、
痛みはなかったものの、旅行も控えてなんとなく心配でもあり、、
念の為前日に病院で診察を受けて、サポーターをつけて参加しました。

気を遣わせる羽目になって申し訳なかったんですが、
同行させて頂いたOさんが、心配してくれたのか、
整理番号ではもっと前に行けたのに、わざわざ
てすり近くのポジションで観ることを提案してくれたので、、
足首には痛みも披露もなく
すごく楽にみることができて
本当に嬉しかったし、有難かったです!

それと、、長いこと Twitterだけの絡みで
なかなか直接お目に掛れなかった 京都住みフォロワーKさんと
初めてお目にかかれて、
しかも、かなりイイ番号だった彼女まで
同じてすりの場所で一緒に盛りあがってくれて

本当に楽しかった♪♪

               ***

え~ ライヴ本編のセトリは、あんまり気にしてなかったんで
勿論覚えてないし、調べもしませんが ←おいw

これまで参加した、ホールワンマンとは 全然違う雰囲気で、、
参加して本当に良かったと思った!!!

               ***

ここで、どうしても書いておきたかったことは、
白根さんのパフォーマンスについて。

以前、、三浦大知氏の、Door Tour追加の札幌最終公演の折に、
白根さんのドラムスが、前乗り気味で、すごくイイ感じだったんだけど、

そのことを、Kenshiさんにちゃんと言葉で伝えられなくて
ちょっと誤解されてしまい、、
すごく歯がゆい思いをした事がありました。

その「イイ感じ」について、
改めて書きたい。

KREさんのステージで演奏する白根さんは
2年前の908 fes依頼、何度か
直接、または映像で見ているんだけど

なにしろ遠いから(笑) あまり細かい部分までは聴くことができず(笑笑)

今回のライヴハウスツアー
やっぱり イイのは、、距離の近さ

ドラムス。
生音まで ビンビン響いてきたよね!!!

ということで
改めて。


白根さんのドラムスはですね、
とくにキック音が

曲によって、
Justだったり、食ってたり、ためてたり
そりゃもう絶妙にコントロールされてるんですよ

しかし、もちろん実際のテンポは
DJ音源とシンクロしなくちゃいけないので
ブレちゃいけないじゃないですか
それはもう全然問題なく
スネアとかタムとか
当然ながらJustで入ってくるので
揺るぎない プロの音になっている訳なんですけど

あの、、キックの微妙なコントロール
鳥肌たちました

ミディアムのときの かすかな溜め感
シャッフル気味のグルーブのときの食い感
無機質なJust

そのグルーヴのコントロールの技に
ようやく気付いて
震えました


自分自身が素人だから、、そうした事には中々気付けないし
(ま だからこそ気づけたウレシミがあるんですが)

たとえば、、楽器を演奏するときに
(フレットレスの弦楽器やトロンボーンなど一部のものを除く)多くの楽器は、
音の高さを微妙にコントロールすることはできませんが、
リズムは無限にコントロールでき得ます

そして、、ドラムスは、まさにその リズムを奏でる打楽器ですからね

クラシックの弦楽奏者が無限の絶妙さで音程をコントロールできるように
プロフェッショナルな打楽器奏者は
リズムの裏の裏の、、どんでもない区分の裏まで
無限のリズムが聴こえているんじゃないかな?
…なーんて思いました。
(とこの1節に関しては、わたしの想像の範囲に過ぎないのですがw)

ま、、そう理解できた(気がした)ので
そてもスッキリしました!!

だから本当に
札幌の白根さんの演奏は凄くよかったんだ!!
って、もういちど Kenshiさんに説明し直したいです。


いやいや、、やっぱり素敵な方ですよう~
白根様は!!!

               ===

そして、、ま、、超どうでもいい話ですが、

初対面を果たしたKさんと一緒に
帰りの電車に乗ろうとしたら、、なんと!!

ホームに、白根様が!!!!

ライヴは2 Daysの初日なので、
この日はきっと、打ち上げなしで
クルーは早めの解散だったんでしょうね

そーいうシチュエーションでしたから
ま 本来なら
「おつかれさま ライヴ最高でした」くらい
お声かけさせて頂いても
大丈夫だったと思うのですが、、、

実は
しらねさま、女性とツーショットでしたので、、
なんとなく お声をかけそびれましたww
考え過ぎですがwww

いいと思うんだよね 
単なるファンなんだからさー(笑)

でも、、なんとなく
プライベートを邪魔するのが 申し訳ないような気がして
目をそらしてしまう 弱虫毛虫な俺なのでしたwwwww

いつか、普通に1ファンとして
普通に お声掛けできるような日が、、、くるのだろうか(爆笑)

…来ない気がするwww
わ~ん 不幸だwwwwwww

               ***

140708_K10 02_ss まー 他の会場では
男性ファンによるモッシュが酷かったという
参加者からの感想もあり、
わたしの参戦した会場でも、最前ブロックの様子がどうだっかは判らないけれど、、

ステージのKREさんは、そんな
すごく観客の様子に気を使ってくれていたし、

次に同じような機会があっても
やはり、参加したいなぁぁ と思った♪

やっぱりKREVAさんのライヴは楽しいな♪♪


つぎのKREさんは 908 Fes@武道館
大阪はもとから断念してますが、
武道館は、、2 days参戦しちゃおうと思ってます♪
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ONE OK ROCK - 『人生×僕=』 | 社会参加の実際 | 2014.7.31 "Soulympic Tokyo vol.2"@Blues Alley Japan>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。