違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
乙女な話。
2014-08-10 Sun 01:17
※ものすごく…どうでもいい話です。

               ***

え~と。
先月中旬、フランスに旅行していたって話はちょろっと書きました。

ものすごくどうでもいいっちゃいいんですが、、
割と切実だった話を1つ。

実は、、旅行中に、生理になりまして。
もちろん
わたしだって馬鹿じゃないので、
念の為1パックの用品は持って行ったのですが、、、
それではぜんぜん足りなくなって
現地調達2回もしました。

実は、、
海外旅行中に生理になるのは、、ほぼ50割以上の確立でw
睡眠リズムが狂うせいなのか、
本来の周期に余り関係なく、やられてしまいます。

ピルとか飲んで調節すれば、、って話は知ってますが、
なんとなく、ホルモン剤って不安で、腰が引けちゃうんですよね

で ま
手持ちの生理用品でなんとかなった時もあるし
足りなくなったこともある
現地で買ったのは、、、3回目かな?

1回目は友達と行ったインドネシア旅行
このときは、、日本人御用達のホテルに宿泊したおかげか、
ホテルで日本ブランドの製品が買えました。
(だいぶ、、旧式の製品だったけどw)

2度目は3年前のイタリア旅行
このときは、、幸い自由行動が多かったので、
女性添乗員さんに相談して薬局を探しました

そして今回は…!
運の悪いことに、、添乗員さんが男性でw
どうしよっかな~と思いましたが、
予想よりフリータイムが少なくて、こっそり薬局を探すのも難しく、

1度目。
とりあえず、詳しくは言わずに
「薬局に行きたいので昼食時にちょっと抜けさせて」
とだけ断って薬局に言ったけど、
店員に
「英語話せないから他の店に行って」
と断られた
(英語でそれだけ話せるんなら、勝手に探すから売ってくれたらよかったのに…)

他の薬局がす時間も余りなく
そのときは、すごすごと昼食に戻り、

それでもいよいよ切羽詰まってきて
けっきょく正直に相談して
あらためて薬局に連れて行ってもらいました


まぁ、ヨーロッパは薬局がすごく判りやすくて
どの薬局もグリーンの十字マークがぴかぴか光ってますのでね。
(他の国だと、ブルーの十字の所もあるみたい)

わたしはイタリア語もフランス語もまるでダメですが、
EU諸国の人々は、とくにサービス業の方は英語ならなんとなく通じるので
Pads と言えば判ってもらえます


それでね。
3年前、イタリアで求めた生理用Padsは…まやっぱり
あんまりかっこよくない感じの製品だったんですが、

今回、フランスで買った製品は
質感とか、かなり日本の製品に近いように思ったので、
帰国してから、調べてみました。

ここからが、この記事の本題ね(笑)

               ***

さて。
フランスで買った生理用品は、"Always"なんちゃら…っていう製品です。

あんまり商品説明とか ちゃんと読む余裕なかったんだけど、
"Always"って英語が書いてあったのと
見た目が、、なんか、日本で普段使ってる
センターイン シリーズのパッケージみたいだったから
…なんとなく、そんな感じの製品のような気がして(笑)


最初に買ったのがこの商品
Always Silk Normal Plus Sanitary Pads

画像を見て頂きたいのだけど、
使用する面に、、優雅なパープルの唐草文様が入ってます。
なんで?wwwww

しかし、、優雅なのはいいけど、
機能性が不十分、つまり吸収力が足らなくて、
2~3枚ずつ使ってたら、すぐになくなってしまい、
結局、旅行中に、更に1パック買い足すことに。

2個数めに買ったのはこの商品
Always with Silk Long Plus Sanitary Towel

こちらは、、1個目の製品より大きめサイズだったので、
若干安心感は増したけど、、やっぱり吸収力は不安
ただ、、さすがにピークを過ぎると落ち着いたので、
なんとか3パック目の購入には至らなかった(大笑い)

               ===

で。
この "Always"という商品は、実は…
あの P&G社の製品なのですね。

そうです!
P&G社といえば、、ウィスパー!!


以前、自分もウィスパーの製品を使用していた時期があったのですが、
やはり、、なんとなくウィスパー製品は
全般に吸収力に不安があって

現在は
家用も外出用も ユニチャーム製品を使ってる
わけですが、、

ま それはそれとして。

日本:ウィスパー製品サイト
アメリカ: Always - Products - Pads
UK:Always - Products - Pads

…っていうことで、
みごとに同じ会社ってことが判る…サイト・デザインになってますね(笑)

もちろん、ラインナップは異なりますが、
製品の機能は、大体似たりよったり…なのかな?(笑)


面白いな~と思ったのは。

ヨーロッパ向けの製品は、使用する面に
濃いい紫の優雅な文様が入っていて、
アメリカ向けの製品は、一部で
蒼い文様が入っている(ただし、デザインはヨーロッパ向けよりもシンプル)

対して、、日本向け製品は、
文様は入っているものの、
見事に真っ白です(笑)

いや、真っ白ですよね
使用する面に色がついてたら、、
気持ち悪いもんwww

これって、、日本人的感覚なのかしらねぇぇ


あと、
アメリカ向け製品は、中袋の色まではわからないけど、
ヨーロッパ向け製品の…少なくとも、わたしの買ったものは
中袋は黒

ちなみに、3年前にイタリアで買った製品(ブランドは不明)も
個包装の中袋はどぎつい紫いろだったので、、

ひょっとしたら
普通のゴミ袋に入れても、中身が透けて見えないとか
そういう意図があるのかもしれない…なんて思いました。


ただ
日本の製品では 黒袋 ってないですよね(笑)
発想が違うな~

なんだか、、面白いです。

               ***

ものすごく どうでもいい話でしたw

しかし、、海外で暮らす日本人女性には
実は、切実な問題なのだろうなぁ


ほんとうに 心底どうでもいい話だけど
わたしは
ソフィの はだおもい を愛用してます♡

なんとなく わたしにはあれが
肌のストレスが いちばん少ない気がするんですよね…



おしまい(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Queensrÿche - Operation : Mindcrime | 社会参加の実際 | 2014.8.03 「あずみょうすけVol.6」@中目黒・楽屋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。