違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『残響のテロル』 オリジナル・サウンドトラック
2014-08-13 Wed 11:10
残響のテロル オリジナル・サウンドトラック 7月はいろいろあって(雑)、
新クールが開始されても、新しいアニメ全然チェックできていないんですよね。

とくに〈ノイタミナ〉枠のコレは原作ないし、途中からみてもサッパリわからない
…んじゃないかと思って、
つまり要するに、作品は全然見てない

※「残響のテロル オリジナル・サウンドトラック」 (2014/07/09) 菅野よう子

               ***

…というか。
作品の Introduction的な文章をみる限り、
まじめに見る気が萎えてます。

まぁ 自分が歳をとったから
新しいモノを受け入れ難くなってる
…という傾向は 客観的に あるのかもしれません
さほど自覚はないけどね

にしても
作品世界に
心を惹かれないってのはつらいなあ

マジメに取り組んでみたら
そりゃ クリエイターの皆さんが 本気で作っている作品なんだから
どこかに 新しさを発見できるのかもしれませんが

ナベシンさんで こーいうイントロだから
ま だいたいこんな感じ? …なんて
勝手に想像して 勝手に萎えてたら
失礼なんでしょうけれど


サントラの話をするんだった(笑)

               ***

菅野さんの本格的なアニメサントラは
『坂道のアポロン』以来、ってことになるのかな

菅野さんが”嫌い”という Jazzの要素なんかもチラ入りしていますが
全体として…幻想的な世界観の音、ですよね

サントラ っていう位置づけなんだけど
1曲1曲のぱらつきが余り感じられず
トータルでイメージが伝わってくるアルバムになってる感じ

Worldwideで渾然

ということで、Vocal入りの曲も
あんまり Vocalが鮮明でなく
あくまでも
アルバムの中の1曲…って印象が
不思議な感じです

やっぱり わたしにとって
ものすごく魅力的な作家さんです
菅野さんは


ノイタミナ作品は、割と1クールで終わるから
あんまりないかもしれないけど、、
もう1枚くらいサントラ出るかな?
もっと Vocal系のやつとか
(作品みてないクセに期待w)
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2014.8.17 "a-nation island Asia Progress ~Departure~"@代々木第一体育館 その1 | 社会参加の実際 | 絶対音感テスト っていうのを見つけた話。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。