違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.8.18 "ペンタトニックス『PTX Vols. 1&2(ジャパン・エディション)』発売記念イベント"@ラゾーナ川崎プラザ
2014-08-19 Tue 02:21
140819_Pentatonix_ss.jpg 行ってきました!!
このイベント、、
開催を知ってからずっと楽しみにしてたの♪
あの物凄いアカペラが、、まさか生でフリーで聴けるなんて!!!
…言ったら、前日の "a-nation"よりも
相当ワクワク期待してたかもしんない!(笑)

(とかいいつつ、
 スッキリの生放送はウッカリ見逃したwww)

               ***

PTX Vols.1&2(ジャパン・エディション)(期間生産限定盤) 日程:8月18日(月)
時間:18:00
場所:2F ルーファ広場 グランドステージ
驚異のヴォーカル・センセーション=ペンタトニックス、サマーソニック2014での初来日と、日本デビュー盤『PTX Vols. 1&2(ジャパン・エディション)』の発売を記念してイベントが決定!
現在までに総再生回数約5億回を獲得するなど世界中で大きな注目を集めている彼らのパフォーマンスが近くでみられる絶好の機会!奮ってご参加ください!

【内容】ミニライブ&握手会 ※ミニライブは観覧自由
ゲストとしてLittle Glee Monsterの出演も決定!


え~、、
ずっと楽しみにしていた…割には、
朝のTV生出演みのがすし、会場にも30分前というギリギリに着くという不始末(笑)
(当然ながら)既にギッシリな観客をみて、さて一体どうしたものかと、、、

ステージを見るなら、バルコニーの3階か4階に行くしかないのですが、
できれば少しでもイイ音で聴きたかったので、
がんばってステージ階で場所を探しました。

とはいえ、さすがにステージサイドはまさにギュウギュウ状態だったので、
通路挟んだところにくいこんだ。

距離的にはそんなに離れてないけど、、、
ステージ。
まったく見えなかったっすwwww

(まぁ、前に立ってた大柄な男性が、
 リュックしょったまま身体動かしてて
 すごい見づらかった…というのもありますが)

ラゾーナは、今まで経験した中でも、
1,2を争う人出でした!
夕方スタートのライヴなのに、みなさん、
昼すぎから場所取りしていたみたいですね~
そして、、握手券は終了。
あわよくば握手…なんて思ってたけど甘かった(笑)
すごい人気だ!!

               ***

イベントは18:30開始。
まず、Opening Actとして
Little Glee Monsterという、女子中高生のコーラスグループが登場
数曲を披露しました。

遠目にもまだ子供子供したルックスの女子達だったけど、
声のパワーはすごかった!
そうだねぇ、言ったらメンバー全員
Gospelクワイアで、リードを取れるレベルの歌唱力と声量

そんな女の子が集まってハモってるのは
すごい迫力でした。

あとでググったんですが、
彼女たちは、昨年グループ結成されて(結成当時は全員中学生)
今秋、10月にメジャーデビューするらしいっすね

動画とかググッたら…英語の発音がちょっと甘いかな~
子供といっても、将来の活動を見据えるなら、
ちゃんと英語に聴こえるよう訓練した方がいいと思われます

あとは、ひとりひとり声の迫力はあるんだけど、
他のメンバーとのバランスを取るとか、、そういうテクニック的なものが
まだまだ

まだ子供だから仕方ないのかもしれないけど、
逆に
まだ子供だからこそ、今から余り上手上手とちやほやせず、
弱いところは
ちゃんと訓練した方がいいんじゃないかって気が酢

…教師かわたしはwww
辛口ですんませんwwww

○ 関連リンク:
Wikipedia→Little Glee Monster
Little Glee Monster:→公式サイト
(※Openすると添付されてる動画のサウンドが鳴るので注意)

               ***

そして、19時を回ろうかという頃
いよいよ、、ステージに Pentatonix登場!?…と思ったら。
ステージに現れたのは、ベースのAviとボイパのKevinだけ。
Openingから本番のつなぎは、、
LittleGleeMonsterと、この2人のコラボで1曲…というパフォーマンスでした。

(実際には、彼女たちの曲に、2人が参加する…っていうコラボだったらしい。
 当日、急遽リハーサルして決まったんだって)


さて、コラボの後は、いよいよ
5人のメンバーがステージに登場し、パフォーマンス開始。

実はまだアルバムを入手してなくて(←こら)
Upされてる動画しかチェックしてなかったんだけど、、
まぁ、もともとヒット曲のCoverが多いし、、問題はなかったです。

ただ、セトリはよく判らないので、、

Gori.me さんというところに
Upされてた記事から転載させていただきます。
(このサイトの主様は、どういう身分の方かよく判らないのだけれど、
 最前列の前ってことは、プレス関係の方なんだろうね)

・Problem
・Telephone
・Video Killed The Radio Star
・Evolution Of Beyonce
・I Need Your Love
・Aha!
・Royals
・Daft Punk

・Thrift Shop
・We Are Young

(※最後2曲はアンコール曲)

○関連リンク:
→「Pentatonixの川崎ラゾーナライブは大盛り上がり!当日のセットリストと最前列で撮影した写真を大公開します!」(2014.8.19)

ものすごくクリアなお写真!!
…でもなんかメンバーの衣装が微妙だ(笑
アメリカの若者って感じ(笑笑

               ===

え~、お衣装はいいとして。←

パフォーマンスは…本当に 本当に
本当に素晴らしかった!!!

もちろん、海外のアーティストだし、
公開されている音源に
余分な小細工はないだろうとは思ってましたが、、

まじで驚異です!!!

この人らのコーラスは、本物のアカペラです。

彼らは、アメリカのオーディション番組で優勝したのがきっかけでデビューしたそうですが、
とにかく、ひとりひとりの歌のスキルが半端なく高い!

リードを唄う3名、リーダー中低音のScottと
キラキラした高音のMitch
紅一点のKirstie
特に男性2名は、どちらも普通に単独でシンガーとしてイケそうな個性的な美声で、
おもなメロディラインはこの2人が唄ってます
女性のKirstieは、意外とリードを唄うパートが少なめなんだけど、
たぶんこの人の声の個性は、ちょっとFunyなのであまりメインには向かないのかも
というか、、コーラスに参加すると、すごく響きが華やかになる
コーラスで一層かがやく声質って感じがする

あと、男声2名も、ひとりひとりは全然違う個性なのに、
コーラスでは完璧な調和でハモるのがゾクゾクする

本当に、、それぞれの声の個性がバラバラなのに、
みんな
さまざまな発声をコントロールできるスキルを持っているので、
コーラスのパターンもバラエティに富んでいるし、
ものすごく多彩で重厚なハーモニーを聴かせてくれる!!

あのねえ、実力あるシンガーの声って、
単独でも、すごく沢山の倍音を含んでいて、、厚みがあるじゃないですか

この人らに関して言えば、
メンバー全員がひとりひとり、そうした分厚い声を持っているので、
2人、3人と重なると、
とんでもなく分厚い音圧になるんですよね!!
本当凄いよ!!!

そしてそして
実は、、もっと凄いのが、ボイパとベースね
ボイパKevinは、ひとりで全部のリズムを奏でられる驚異的なテクニックの持ち主だし、

本当にすげーーーーーっ!!って思うのが
ベースのAvi

たとえば、アカペラを聴いていて
よくありがちに残念なことは、、
ベースの音程が合ってないことね

いや、気分的に、ちゃんと唄ってる気持ちは伝わるんです
しかし、よくあるのは、
音程が低くなると…下がりきってない残念さね
人間の声の低さには限界があるから
そして、低い声のコントロールは本当に難しいから
楽曲によっては
音程が合わないのは
まぁ仕方ないって思えなくもないのだけど、、

この、Aviの音程は、
オートチューン使ってんじゃないの!?って耳を疑うほど
正確なんです。

低い方の音は、、人間の声とは思えない。
でも音程はものすごく正確で、
まるでチェロか何かの楽器の音みたいに聴こえる。
美しい声です~♪

ベースラインを、あんなに美しく唄えるシンガーって
世界中探しても、そう多くは居ない気がする!!!

この AviとボイパKevinが
完璧なリズム隊を作ってくれるので、
3名のリード&コーラス隊の素晴らしさが
更に更に完璧な音源になってくるんですねぇぇ~!!


○関連リンク:
公式サイト:
Sony Music公式サイト
Official Website

→「米版ハモネプで優勝したアカペラグループ"Pentatonix"の実力とは?」(2013.4.19)

TVグルーヴ - 海外ドラマ&セレブニュース:
→「世界中で話題沸騰中の米アカペラ・グループ「ペンタトニックス」が来日・川崎でミニライブ敢行!独創的すぎる超絶パフォーマンスで日本のファンを魅了」(2014.8.18)

               ===

[Official Video] Daft Punk - Pentatonix


ええと~ わたしはこのブログで
同じ事ばっかり書いてる気がしますけど、
彼らの凄いところは、、やっぱり
音程が正確だ
ってことが 最大の魅力だと思ってます。

いや本当に、正しい音程は美しいんだよ!!

(なんとなく)合ってる(…ような気がする)ハーモニーじゃなくて、
”合ってる”和音は美しいの

もしこのハーモニーの美しさにビビッて背筋ゾクッったら、

わたしが 音程音程って
繰り返し言ってることを
少しは…理解してもらえると思うんだよね


無理ですかね?


あんまりリポらしくないリポで
すんませんwww

Pentatonix本当に素晴らしいっす!
あのアカペラを生で聴けたなんて、、
今でも信じられないっす!!

また どこかで聴きたいな~~~♪
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「アイス・バケツ・チャレンジ」について思う事。 | 社会参加の実際 | 2014.8.17 "a-nation island Asia Progress ~Departure~"@代々木第一体育館 その3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。