違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2014.9.30 "Kaz Kato Family Party"@Blues Alley Japan
2014-10-05 Sun 00:07
140930_BAJ 01_ss 29とライヴ連ちゃんになる筈だったんですが、、
体調不良で 29はやっぱり行けなかった…

ですが、
すごく楽しみにしていたこのライヴ
行けて本当に良かった♪



                    ***

さて。ライヴの感想を書くんですが、、
ちゃんとブログに書けるか心配だったのと、
かなり興奮していっぱい Twitterで呟いてしまったので、
いつも以上に
ほぼ Twitterのログそのものみたいになりますが、
そんな感じで書いてみますwwww

ではいくよw


この日はちょうど、午後からバイトの面接の予定が入って、
時間が中途半端になったのですが、、一旦家に戻ると慌ただしいので、
軽く夕飯たべたりして
開場時間過ぎくらいまでのんびり過ごしました。

そして、、開演50分前くらいに会場に入って見たら…!

( げげげ
も、物凄いお席なんだけどっ!!
Mさんっっっ!!!

posted at 18:37:35

ライヴの予約は、友人のMさんが申込んでくれたのですが、、
相当申込が早かったらしく、とんでもないステージど真ん前の席でビックリしました(^ ^;)

まぁBAJは、どのお席でもよく見えるんですけど
なんたって、最前のテーブルですよ!

ステージのどこでも
まるっと丸見~なテーブルだったので、、
楽しさ10倍くらいでした♪

                    ===

で。
これまでの Kazさんのライヴは、"Gospel Jazz Live"って冠のものに参加してたわけですが、、
今回のは単に "Family Party"っていうタイトルだったためか、
Gospel曲中心というわけでもなかったですね♪

ちょうど、メンバーが May J.ちゃんのサポート・バンドであったことと、
Mayちゃんのツアーが終わった直後で
スペシャル・ゲストとしても登場する…っていうことで、

Kazさんのムードも、
Mayちゃんツアーに参加したファンを意識した MCが多かったです。
ま いったら

Mayちゃん目当てのファン または
彼女のライヴがきっかけで サポートバンドに興味を持ったファン
のみんなに、
もっともっとバンドの魅力を紹介する… 的な
雰囲気になってたかと思います。

Mayちゃんバンドとしてのバンマス頌くんをフィーチャーしたり、、
そういう、他のメンバーや Mayちゃんを
すごく気遣って 持ち上げすぎじゃないの?
ってくらい持ち上げてしまうという Kazさんの人柄が

本当に素敵なんですよね…♪

Kazさんのライヴなのに!!!


あとは細かい感想になるので、軽く構成を書いておくと、
1st Setは、バンドナンバーから始まり、最後2曲はChajahちゃんがVocal
2nd Setも、えっとこれはまたChajahちゃんから始まり、
バンドナンバーが続いて、、最後の2曲がMayちゃん
そして、アンコールはふたたびMayちゃん登場で2曲

…だったかな?
多分。
ちがってたらすんそん!



セトリとか全然おぼえてないので、
個別の感想をぽろぽろ書きます。


というか、ミュージシャンごとの感想になってしまってるけど(笑)


陸くんのドラムは2度めでしたが、凄くイイですね!
彼のスネアは何というかこう…
ライトグリーンの若木を思い切り弾いたような、強くて瑞々しい響きなんですね。
そして彼のプレイをみてると、鳴ってないリズムまでも聴こえてくるのが不思議。

posted at 23:56:22
140930_陸くん 陸くんの腕はアスリートみたいに
スナップきかせてピッとのびて綺麗
リムショットの左手指が揃っててこれまた綺麗
(うまく描けなくてすみません)

posted at 03:01:37

この日のライヴで、まず一番インパクトあったのは、ドラマーの平陸(たいら・りく)くん
陸くんのプレイは、a-nationでの May J.ちゃんサポートが最初にみたパフォーマンスだったのですが、
ま、もちろんその時にも多少は感じていたんですが、
間近でみた彼のプレイは、本当に印象的でした!!

同行友のTさんも「彼のスネアの音がすごい好き!」と仰ってましたが、
ほんとそれ!!
まず全体に、彼の叩きだす音は、どちらかと言えばちょっと粗め。
ですが、、どの音も、弾けるような勢いがあるんですよね。
特にスネアの音が印象的で、本当に、、若木を強く弾くような、爽やかで固い響きなんです。
気持ちいいです。

すごく躍動感に満ち満ちていて、叩きだされる音はシンプルなんだけれども、
彼の ピンと張った筋肉の動きをみていると、
音になってない音も 数多く鳴っているのがわかるんですよ!!
これはなんか凄いです!!!

彼の身体は、リズムで出来ているんですね。
まだ10代という彼は、その年齢の通り、プレイもすごく若々しいけれども、、
きっと、20代になれば20代の素敵さ
30代、40代と、、年齢を重ねていくにつれ、それにふさわしい
素敵なプレイをしてくれるのじゃないかな? っていう気がします。

わたしは見れないだろうけど(笑)、たとえば60代70代になっても、
年齢に応じた素敵なドラマーになっている気がするんですよね。
成長し続ける樹木のようなプレイヤーさんです。

わたしが長生きできるなら、何年後までも観ていたいプレイヤーさんです!

Pennyさん、ソロはもちろん超カッコいいんだけど、
やっぱりバッキングが渋いっす。
あのギターのリフ音っぽいエレピとかヤバかったっす!
あとわたし、ペニバウアー以外の交信ポーズも発見してしまいました。 ←

posted at 00:07:42
(超Penny様
きょう
左手から光線でてませんでしたか?

posted at 02:24:06
140930_Pennyさま
(Penny様の左手は
ときおり客席の方にも向いてたので
おそらく今日
客席の後ろの方に
宇宙人のお客様もいらしたのかしれません

posted at 02:33:03

あと、やっぱりわたし的には
Pennyさんのプレイが沢山みられたのも見所でした♪

Pennyさん、FTFでもよく出演されてたんだけど、、
シンセのソロ以外は、なんだかいつも控えめな印象で、
ソロだけは異常に飛ばしてるっていう雰囲気を醸し出されていて、、
いつか本気の ちゃんとしたプレイを観たいな~って
ず~~っと思っていたのですが。

これまでに観たライヴでは、やはり、
Gakushiさんがすごい活躍されてたから、
彼に遠慮されてたのかもしれないですよね。

なので、Kazさんと組んでの May J.ちゃんサポートは
Pennyさんの見せ場もかなりあって嬉しかったんですが、、、
とくに今回は、
BAJの最前付近という すごいポジションで
Pennyさんの演奏をじっくり聴けて すごく楽しかった!!

いやいや もちろんソロも素敵なんですけれど(笑)
やはり、、Pennyさんの、正統派のバッキングが渋いっすよね
Mayちゃんのときは、ストリングス使いに唸りましたが、
今回は、エレピのバッキング渋いな~~って
そこ♪

…ちなみに、この日は
いつもののけぞり交信ポーズ(ペニバウアー)が無かったんですが、
終演後にお話したら

逆に
使っている楽器に限界を感じるときに
あのポーズ(ペニバウアー)が出てしまって
楽器で表現しきれないナニカ(?)を出そうとする…
的なお話を伺いました。

イラストは、ペニバウアーじゃない交信ポーズのイメージwww

やはり、FTFにしても
大知くんのサポートにしても
”メインじゃない”っていう意識がおありだったのかもしれません。

(わたしは、大知くんのときも、Pennyさんの本気を観たかったんですけど…)

Kazさんもそうだけど
Pennyさんも
すごく 控えめな方なんですよね
ベテランなだけに、いろいろ苦労もされたんだと思います。
(まぁ、、そういう人柄とかはパフォーマンスには直接関係ないんですけどね)

いずれにせよ、Pennyさんのプレイは素敵ですね。
また こういう本気のプレイを観たいですね♪

頌くん、いつものあの曲、
今まで聴いたなかで一番素敵だった!
お大事になさってください!!

posted at 00:33:26
140930_天才ギタリスト 昨夜の感想(続)
頌くんは、ご自身も言われてたように体調すごく悪そうでしたが
演奏はいつも以上にCoolで熱かった。”鬼気迫る”パフォーマンスとはああいうことなんですかね。

天才ギタリストのポーズ

posted at 10:02:05

さて頌くんは、この日、朝から体調が悪かったようで、、実際ものすごく体調わるそうでした。
しかし、演奏はいつも通りにCoolで、いつも以上に素晴らしかったんです!
頌くんフィーチャーっていうことで、
FTFの定番曲でもある Luther Vandross - Never Too Much を

これは、、てかむしろ頌くんの演奏でしか聴いたことないこの曲ですが、
いままで聴いたなかで 抜群に素晴らしくて、、泣けました(;∀;)

Kazさんが、「天才」と褒め讃えるのに、
イチミリたりとも謙遜せず
いちいちポーズをとって応える頌くんのキャラクターが好きです♡

昨夜の感想(続)
Chajahちゃんの生唄も久しぶりでした。
もともと素敵な歌声ですが、以前より遙かに声の伸びが素晴らしくて感動!既に歌姫!!
やはりお子さんって成長するんですねぇぇ~と何故か叔母目線 ←

posted at 10:06:00

あと、クワイアがなかったためか、出番の多かったChajahちゃん。
以前に聴いた頃より、随分月日が過ぎてしまったせいか、
(たぶん半年以上経っているような…)

すごく久しぶりに聴いた気がしますが、、
とくに高音の伸びが素晴らしくて、感激しましたねえ

で 以前より若干ハードルの高い、大人の楽曲を選曲していて…
低い音域を安定させられずすこし苦しげにみえましたが、
まだ子供の声だから、いちばんもどかしいのは本人なのでしょうね!

今は無理せず 伸び伸びと唄って、、
いずれ大人の声に安定したら、本当に素敵なシンガーさんになるのだろうな♪

まぁ、、今の成長期の声は これはこれで貴重なんでしょうが、
大人になった彼女の歌も 早く聴いてみたい気がしますね♪

Kazさん、いくら主役だからってピアニカ →ハモンド →生ピアノ
って畳み掛け勘弁してください。
冒頭数曲未満で泣いたじゃないですか!

posted at 00:11:50

140930_BAJ 02_ss そして主役のKazさん!
やっぱり素敵!!
これ、2曲目からか3曲目からかハッキリ記憶にないんですが、
Kazさんのピアニカ
Kazさんのハモンド
そして Kazさんの生ピアノ
って、立て続けに聴かされて、、もう感無量でした!!!

ほんとにね、、
「たった1つの和音を弾いただけで泣かせる」 だったかな?
むかし読んだ小説の 1フレーズだったと思うんだけど、
まぁ小説だから、そんなオーバーな表現もありだとうと 当時は思ってたけど…

本当に、音を聴いただけで ぼろっと涙がこぼれそうな
そんな音でピアノを そしてオルガンを弾く演奏者に巡り合えるとは
わたし
思ってもみませんでしたよ。

Kazさんの演奏は、、その音色だけでも心に沁み入ります。

※お写真は、BAJ本日のカクテル「Kaz ロワイヤル」
  ざくろとベリー系がベースの、甘い香りのカクテルです
  わたしはノンアルで頂いたんですが、
  その後ジントニック飲んでしまったので意味ないwww

トリオの It's Onチョーヤバ!!!
アホみたいに大騒ぎしてスミマセンでした。
でも、あんなFunkyなKazさんのプレイは初めて拝見した気がする!
陸くんのも、微かなピアニシシモ からパワフルないつものあの音まで、降り幅大きい音色が小気味よくて

posted at 00:22:26
その陸くんのタイトな音に対して、
Kenshiさんのあの綺麗に伸びるベース音の
絶妙なバランスの素敵さといったら!!
…説明できる言葉がみつからなくて、もどかしい

posted at 00:25:09

演奏曲のなかでも、渋かったのがこれ!!
George Duke - It's Onを、トリオでカバー!!!

まず、Kazさんはどっちかつうとエモーショナルなプレイの印象が強かったので、
こんな Funkyな演奏が聴けて新鮮だったこと。
そして、、トリオという編成で、ドラムスとベースの演奏が、より際立って素敵だったこと!!

ええと、、KenshiさんファンのTさんには本当もうしわけないと思ってるんだけど、
わたし、、本当にベースってよくわからなくて(焦)、
もちろん Kenshiさんのベースはかっこいいと思うし、
大知くんのサポートでも、Kenshiさんの音がすごく光ってるアレンジが何曲もあるけど、
…どっちかというと Kenshiさんのスタイルは、
前に出るというよりは、黒光りする大黒柱って感じ なので

こういう ベースの音がばっちし際立つ編成のパフォーマンスで
やっとベースの話になって
本当に申し訳ありませんTさんwwww

そしてここでまず言いたかったのは、
それまで割と、タイトに強めに演奏してた陸くんが、
このナンバーでは
押さえ目のリムショットから
(そのリムショットをうつ左手の指が…とっても綺麗だったのは前述のとおり♡)

スネア以外でも
身体の動きの大きさは変わらないんだけど、
ショットの寸前でパワーを押さえて、ピアニシモな音を叩きだす…
その 格闘技でいったら「寸止め」「…でもかすかに最小限のヒット」的な音の響きが
かっこよくて!!

ピアニシモなのにタイトな音が素敵で

でね
でね
その、陸くんのタイトな音に対応して

Kenshiさんの音が、普段の歯切れ良いサウンドではなく
エフェクターで綺麗に伸ばした音だったんですよねー

その 絶妙な音色のバランスがすんごい素敵で♪

うんわ~やっぱ Kenshiさん素敵すぎるわ!!!
と感動した!!!!
つくづく 彼って職人っすよねぇぇ

なんだろう、、彼のお仕事って 余りにも渋すぎて
素人がどうこう言えるレベルじゃないって気がするんですよね

…で ちなみに
カヴァー元 George Dukeさん
この曲は、いろんな編成でプレイされてるみたいですけど、
同じトリオ編成でも、ベーシストやドラマーは
いろいろなタイプのプレイヤーなんですね

Jazzって そーいう自由さが面白いですよね
(まぁ、George DukeさんやFTFみたいのは
 Jazzではなく Smooth Jazzっていうジャンルらしーですけどね)

あと会場にはMayちゃんファンらしき男性客が大勢いらしたんですが、、
BAJがああいう客層で埋まる光景を観たのは初めてで…ちょっと新鮮でした。
しかしMayちゃん目当てでも皆さん音楽好きで、すべてのパフォーマンスを存分に楽しまれてる様子すてきでしたね

posted at 10:08:22

たぶん(ぜったい)Mayちゃんのファン層なんですが、この日、
ビジネススーツ、またはシャツにスラックススタイルの男性客がやたら目立ってました。
BAJって、まぁ女性客はいろんな方来られるけど、
いわゆるリーマン層は、そういえば余り多くない客層だったということに、
あらためて気付きました!!

すごいですよね。
そして、、そんなリーマン層のみなさんも、
さすがは Mayちゃんファンと言うべきか
Mayちゃんが出てくるまでの 長い長い時間も
ライヴをたっぷり楽しんでいた様子で、、
みなさん音楽スキルが高くて 嬉しかったですね♪

(思い出し感想)そういや昨日印象に残ったMayちゃんの言葉。
「…そんなにこの曲ばかり歌ってて飽きないんですか?
とよく言われますが、
毎日歌ってます
小さな頃からずっと大好きだった(ディズニー)です
飽きません!」
彼女の強さと明るい笑顔は、本当に素敵ですね♪

posted at 13:06:24
人前に出るお仕事は、多くの人にいろいろな事を言われて、
並大抵じゃなく辛い想いもしてきたんだと想像します。
思い通りにいかない切なさや辛い気持ちを、全て、前進するパワーに変えようとする
Mayちゃんの強さ、尊敬します。

posted at 13:10:00

そして Mayちゃんの話。
ワンマンの感想にも書いてるけど、、本当にこの人は強いよね。
若くしてデビューしたのに全然売れなくて
バラエティ番組やCMで露出が増えたらバッシングされて
本当につらかっただろうな~~と思う

けど、歌手になりたかった 唄いたかった
という本来の目的を見失わずに
ずっと頑張ってきてたどり着いた いまのポジションなんだろうなぁと
その経験と自信で 輝いてますよね

ファンにはならないけれども
彼女の 人間としての強さを 尊敬します

事前にKazさんが言われてた”幻の曲”とは、ツアー本番で時間の関係上ボツになった曲や、直前に替わったアレンジのオリジナル版とかだったんですが、、
せっかく考えたアレンジが幻になるのは残念ですよねっていう話で…

posted at 10:17:04
エクスタ初日の Dramaも
音源どこかで公開しませんかっ!!!
(単なる心の叫び)

posted at 10:18:08

Kazさんが事前に Twitterで、、「幻の曲をやるかも」的なツイートをされていて、
何のことやらと思ったら、、
実は、Mayちゃんのツアーでは 衣装替えがもう1回多くある予定で
インスト・ナンバーをもう1曲用意していた!!
っていうことですが、
構成の変更でお着替えはなくなり、、その1曲もボツになったという
幻の1曲 が披露されたのでした。

たしかに、ボツにするには勿体ない素敵な曲だったなぁ!

その他
ツアーでおなじみになったらしい、セトリ内のインスト・ナンバーも演奏され
これは、Mayちゃんファンにオオウケで
超盛り上がったよね!!!

…んで
終演後、お話させていただいたKenshiさんと
この”幻の曲”の話になり、
そういえば、エンタツアーの初日のDramaはっ!!!
っていう話に(勝手に)なったのでしたwww

これは、バラしても余り意味のないことだから
書いてしまいますが、
Kenshiさんは、その初日の映像を個人的に所有されてるとのことです。
(まぁ、大知クルーが
 公演のたびに映像をみながら反省会するのは周知のお話ですよね)

くくぅ、、、それ観たいです(涙)
ぜったい無理とわかってるけど(大泣き)


おまけ:
( Kenshiさんにはちょっとイジメられましたが
posted at 00:30:14

でまぁ、、、ライヴ本編とは関係ないのですが、
そんなこんなの話をしているうちに、

Kenshiさんが、とつぜん わたしのこと
「そういえば しらねっちのファン…」
と 思い出してしまったらしく、
というか
白根さんの名前を出されると
わたしが過剰に反応することを
思い出してしまったらしく、

その後 しらね しらね と連呼して
わたしのことをイヂメました

Kenshiさん あんなに優しい方なのに
イヂワルwwwww

というか
ツッコミ好きなんですよね

わかります
わかります
わたしも 他人に突っ込むの大好きですからwwwww



ああ、いいライヴだった!
まさか、最後にあんなネタでいじられるとは思ってもみなかったけどwwwww


Kenshiさん 今度あったときには
どうかあのネタ
忘れてくれてますようにwwwww
スポンサーサイト
別窓 | IO-Music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<三浦大知 - Bring It Down | 社会参加の実際 | ララバイ椅子の話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。