違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2015.9.10 DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 -FEVER-@オリンパスホール八王子
2015-11-16 Mon 02:36
2015_FEVER_0910-1_ss.jpg さて初日FEVERの感想です!

八王子は自宅からもっとも近い公演会場なので、しかも”初日”っていうのですから気合い入れて…休暇取りました(笑)有休ないのに(笑笑)
この週は週頭からお天気がぐずつきがち。
確か台風きてたんじゃなかったかな?
908 Fes開催の月~火も雨だったし、たしかこの日も天気悪かった筈。

お写真みたら濡れてますよね。
記録をたぐったら、西日本は台風だったし、
北関東は浸水があって大変なことになっていた。

八王子を含む、東京~高尾間の中央線は比較的天候に強いので心配はしていませんでしたが、
そもそも東京まで来られない人がいるんじゃないかと心配したっけな。



          ***

さて、いつもみたいにダラダラ書かないよう、なるべく簡潔にいくぞ!

うんとにかく、この日は待ちに待った
(ほぼ)地元開催の初日ということで、
気合いも入ってたし待ち焦がれ感も半端なかった!

ま初日じゃなくてもそうなんだけど、
グッズ発売開始前に列に並ぶのは、いつも八王子だけです(自慢かwwwギリギリ人間)
今回は限定グッズないから、それまでのツアーより並んでる人、少なめに感じました。

2015_FEVER_0910-2_ss.jpg そしてグッズ購入後に、いったん自宅に帰ってから出直すのも
俺的八王子公演のいつものパティーン。

しかも今回は、購入したツアーTに着替えて出直すとか
自分にしては、気合いの入り方半端ないwww
←こんな感じっす。

もうね。ツアーTは最初から
黄色しか考えてなかったwww

          ***

ちょっと、
当日のツイッターの感想文掲載しときますね。
ネタばらしがてら。

( なんかねーなんかねーー
シルクドゥソレイユでねーー
嵐を呼んでたーーー
#伝わらないですよねゴメン

シルクドゥソレイユは Welcome! のトランポリンね。伝わらないよねうんwww
まぁシルクはいろいろな演技あるからね。
ただ個人的に、シルクのトランポリンの演技は本当好きだから… って話ズレてるし。

嵐を呼ぶのは…もちろんこれねw
なんそれいつの話だよってねww

もちろん三浦さんがドラム叩き語り?を披露した One Shot。

実は、見た瞬間にわたしが連想したのは Bruno Marsでした。
ちょうど(三浦さんともニアミスした)来日公演でも、ドラム演奏しながら唄ってる場面あったし、
仮に公演に行ってなかったとしても、2014年のスーパーボウルでのパフォーマンスは、すんごい印象的でしたよね!
→「ブルーノ・マーズのスーパーボウル・ハーフタイムショウが過去最高の視聴率を記録

「よね!!」 とわたしは思ったんだけど、、
巷(の多くのだいちゃー様の間)では、やれ”CCB”だの、やれ”ミッキー”だの、、という評判。
CCBはともかく、わたくしミッキーてなにそれ? と思いました。
その謎は、半月くらいたって教えてもらうまで判らなかったwww


( あの曲で、ぜったいPしゃん即死するな

これは FEVERだったかな? MAKE US DOかな?

まぁ、既にFEVERを体験された皆様なら充分にご理解いただけると存じますが、
とにかくこの辺りのダンスの振りがエロい!
めっちゃエロい!!

わたくしこの回、19列目センターブロックという、、1階席の真ん中よりちと後ろ 辺りにおりまして
さすがにちっと距離はあるので
細かい部分とかそんなに見えなかったんで… たぶん MAKE US DOの方だと思います。

普段、あまり三浦氏に視線を集中させてない(←こら)わたしですが
釘付けになるほどのエロさでしたので、、
普段から三浦氏の一挙一動に集中する信者のみなさんには、ものすごい刺激なんじゃないかと!
…そのように感じたわけです。

それなっ♪
RT @a・・・・・: 最前列はひとつじゃない。 #daichimiura #DaichiMiuraFEVER

これは、お友達のツイートを引用してます。
うまいこと言うなぁって!

Right Nowでダンサーズが会場に降りてきて、
2コーラス目では、なんと三浦さんがフロアに遊びにきちゃったて奴!!ですね。

ここは、(これまた偶然三浦さんとニアミスしていた) Jamie Cullumの来日公演を思い出しました!!

いやいや、八王子の19列目って、前通路なんすよね!!
ぴゃーーーーーおれっち席ここだけ最前列!?
…興奮し過ぎて、棒立ちのまま絶叫してたのを覚えてます。。。
棒立ちしすぎて、ダンサーズや本人にタッチするとか、そもそもしていいとか
発想する余裕すらなかったよ。

…とはいえ、曲の始まる前から
通路では、スタッフさんによる お立ち台のセッティング が行われていたので、
ま 薄々の予感はあったんですけどねww

八王子公演では、確か縦通路2か所、横通路の真ん中1か所の、3か所にお立ち台がセッティングされていて
最初は下手側のお立ち台、そして横通路のお立ち台に上って、、、上手側のやつは結局なかった
…ような気がします(記憶ちがってたらすません)

( あの曲のアレンジがヤバいのなんのって
Break部分の転調で涙出るかと思いました○○さんっ!!!

これは、、何について呟いたつもりなのか、まったく思い出せないwwww
今ツアーで最もアレンジがやばいな って思ったのは総合的に UNLOCK だと思うんだけど、
UNLOCKは転調ないしなあ…
なんだろう? う~ん…気になるwww

( 最後の最後の曲が大好きなあの曲で、
もう最高すぎたーーー♪

わたしこの曲(my day)大好きなんで、アンコールにこれがきてすんごい上がった↑↑↑んだけど、
Twitterでみんなの反応みてると、以外に不評なんだよね(笑)

まぁ、バラードじゃないし、ノリノリの曲でもないし、
手拍子したらいいの?でもテンポは中途半端だしどうすりゃええの?
…みたいな事らしいw

Single "UNLOCK" の C/W曲では
ワナギブの方が圧倒的に人気なのですが、
わたし的には、ワナギブってノリはいいけど…そんなに共感する感じじゃなくて
比較的 ノリが全て っていう印象で、

三浦さん本人の歌詞は…そりゃま拙い部分もあるかしらないけど
my day には、いろんな気持ちがこもっている気がして
好きなんだよね

わたし個人としては、アンコールにふさわしい1曲だと思っている。
まぁ、観客が楽しむための曲っていうよりも、
三浦さんが、どうしてもみんなと共有したかった曲 っていう事なんだろうね。

( ×××の▽▽▽が、まるで■■■の○○○みたいでちょっと笑ったよ~~
#さすがにこれは伝わらんだろうな

伏せ字過ぎて
わたし本人にもさっぱり伝わらんwwwww

( おれも唄いながら踊れました
#自慢

SING OUT LOUD は、サビのあそこで「オオオオオオオ」って唄わされる曲
ってのは判ってましたが、
実際にダンサーズをみたら、じつに気持ちよさそうに

めろでぃっ♪めろでぃっ♪
⁽⁽◝( ᐖ )◞⁾⁾⁽⁽◟( ᐖ )◜⁾⁾
(Copylight by Cちゃん)

って踊ってるから、、ついつい真似して踊ってしまった。
これ、ずぇ~~~~~っったいに
「オオオオオオオ」唄うより
めろでぃめろでぃ 踊る方が楽しいからっwwww

(いちおう唄ってましたよちゃんと)

( …まじで全然セトリというか曲順とか覚えてないので
何曲目のアレっていう伏せ字感想ツイートもできず
非常に非常に苦しんでおります

いやほんとセトリ全然おぼえられなくてwwwww
なので、伏せ字ツイートは、後から読んだら
どの曲のことを言っているのかサッパリわからずwwwwwww草


( わたしFCイベのとき
めっちゃ長文で感想(と言う名の苦言…的なの?)書いたんですけど、
それ読んで考えてくれてたかのような演出でビックリしましたし
嬉しかったなああ
ありがとうございます
客席の後ろの方にいらした■■■■さんに抱きつきたかった程感謝です
#すみません個人的満足

FCイベの感想では、
三浦さんのLIVEはダンス主体のイベントで、前方の客席からは
ダンサーズの細かい動きが見えてすごく盛り上がれる分
後方席や上階席からしか見られない時の残念感がすごくあるから、
難しいかもしれないけど
できれば、遠い席からみても楽しい! と思える演出を検討して欲しい

みたいなことを書きました。

そしたら、、あの巨大なセットですよ♪
べつに、私の感想文だけがきっかけじゃないかもしれないけれど、
アンケート、ちゃんと見てくれてる気がして
すごく嬉しかったですよ♪♪

PURIさんありがとう本当にありがとう

(…その割には今回、とても幸運なことなのか、ついに2階席以上でみる機会がなかった…ごめんなさい)

アルバムのバランス完璧って思ってたけど
生のステージは全然違う世界だった!
これはアルバムを予習していても、していなくても絶対楽しめますね♪
これからツアーに参加される皆さん本当にお楽しみに!!
#DaichiMiuraFEVER
#TOUR

アルバム発売からツアー初日までは1週間ちょいしかなかったので、
あまり聴きこんでない人も多かったと思うんですよね。

ただ
聴きこんだ人にとっても、LIVEパフォーマンス初公開の曲が多かったし、
そういう意味で、聴いてる人にも、聴いてない人にも
全然楽しめる内容だったな~ と思ったのでした。

( てゆうか
あの曲もこの曲も、まさかそんなっていうその曲さえも、
ライブではナナメ上からくるので覚悟しといてください!
#DaichiMiuraFEVER

まぁ、1つの曲でも
ツアーによって、まったく違う角度から攻めてくるのが三浦さんの得意技ですよね。

FEVERは、ある意味予想できる方向性で(ただし予想よりクオリティは↑)したが、
MAKE US DOとか、まさかああいう振りでくるとは思わないんじゃん!!!
ビックラしたよ!!!

今回の記事では書かないけど、曲ごとのアレンジの感想も書きたいな~
(きっと終わらん)

          ***

てな感じで、、、
けっきょくいつもと同じように、ツイッターの記録を元にだらだらと感想書いてしまいました。

これからちょっと重要なことを書きます。

三浦大知さんのこと、大好きな人にはちょっと辛いかもしれませんが、、、

八王子公演の三浦さん、正直
ダンスにキレがなかった(ように見えた)。
ま、それは多少遠目で観たから、よく見えなかったのかもしれないけど、、、
とくに、ダンスコーナーのバトルは…
はっきり言って 「ひどいな」 と思った。
ダンサーと同じ振りを踊ってるとは思えない。
全然バトルになっていなかった。

…まぁ わたしはダンスは素人なんで、
お前の目が歪んでたんだろ? って言われたら
そうかもしれないごめんなだい。
って所ですけど。

ただ、素人考えで言わせていただくなら、、
あれは、俗に言う「公開処刑」ってやつじゃなかったですかね?

MAKE US DOの振りがエロい って書いたのは嘘じゃないですが
ダンサーズと一緒に踊っていて
なんていうのかな、、

シンガーとバックダンサー っていう感じがした。

つまり、同じ振付で踊っていても、
ダンスのキレが全然違うっていう印象で、、、

かなしかった。

以前の、ダンサーと同じクオリティで踊って、しかも唄っていた三浦さんは
いったいどこに行ってしまったんだろう?

もちろんちゃんと踊ってます。
踊ってますけど、でも、
自分が目の前に見ているステージは

シンガーとバックダンサー

にしか見えない、と。

(この感想は、後の公演で少しずつ変わってゆくので、どうか嘆かないでくださいね)

          ***

もう1つ言います。

さらにこの日の三浦さんは、、声が全然でていませんでした。

わたしはやっぱり、アーティストとしての三浦大知という人を見に
LIVEに参加しているので、、
MCが可愛かったとか
衣装がどうだったとか
…そういうネタだけでは 盛り上がれません。

やっぱり、アーティストなんだから
そりゃ人柄もルックスも魅力的だけど
まず パフォーマンスありきじゃないかって思うんですよね。
わたしはね。

もっとも、、声の方は さすがに三浦さんなので
ライブの後半にいくにしたがって、どんどん出てきました。

細かいとこはあれでも、後半で伸びる っていう糊代は
やはり三浦さんの凄いとこです。

あ、それとダンスについても、
後半は良くなっていった気がします。
(これについても、続く感想文で触れて行きます)


まぁ実の所、
ツアー初日の三浦さんは、これまでも、
いろいろ…演出上の間のびとか、いまちょっとな部分があったりしました。

久しぶりのツアーということもあって、緊張もあったり、
じっさいに演出上のトラブルもあったりで、

調子が上がりきってなかったのかもしれません。


今、思い出しながら書いてるので、ちょっと酷い事を書いてますけれど、
当日の自分は、

ダンスについての不満も
声についての不満も

(ぜんぶ初日のせい)

ということにして、
さほど重要なこととして、気にしてはいませんでした。



つづく。
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<DAICHI MIURA LIVE TOUR 2015 -FEVER- セットリスト | 社会参加の実際 | Daichi Miura Live Tour 2015 -FEVER- 終了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。