違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2015.12.05 「三浦大知×TSUTAYAスペシャルイベント」@CCC café
2015-12-13 Sun 11:56
20151205_TSUTAYA EVENT_ss TOWER RECORDのイベントに加え、幸運なことに、TSUTAYAのイベントにも当選することができました。
昨年1月に行われた『The Entertainer』のイベントは2口横暴するも惨敗、優しい友人につれてってもらったのですが…!

アコースティックライブ!
なんとしても絶対に行きたかったから、本当に当選して嬉しかった♪

※お写真は、たてもの入口の看板。
  名前こそ変わったけれど、2014年のアコースティックライブと同じ場所です。

2016.1.6 つづき書きました。


          ***

Set List
1. SING OUT LOUD
2. FEVER
3. MAKE US DO
 ~MC
4. IT'S THE RIGHT TIME
5. Supa Dupa Paper Plane
6. music


          ***

…1ヶ月もあっためることなかったんですけど(笑)、やはりこれについても書いておかなければいけないと思って、
ようやくですが続きを書きます(現在 2016.1.6)。

2015年の後半、三浦さんごとでは奇跡的なチケット運が続きまして、
このイベントも、見事当選したばかりか、整理番号21という良番。
とはいえTSUTAYAイベントは、整理番号順に詰めていくので端っこ席になる確率もあったのですが、
けっきょく最前から3列目の真ん中より、という 本当に良い席で観覧することができました。

かみさまありがとう!!

今回のTSUTAYAイベントは、まず大阪で先に2回、そして東京で2回まわし。
計4回開催の、、わたしが参加した東京2部は、最終回、ということになります。
心優しい大知ファンの皆さん、Twitter等でもネタバレを避けてくださってる方が多かったのですが、
「MAKE US DOはやばかった!」という情報をチラ見していたので、、
アコースティック編成でどうやってあの曲を!?
っていうのがかなり関心高いポイントではありました。

          ***

それでは細かい感想いきます。
かなり記憶が薄れてるので、いろいろ間違ってたらゴメンです。

          ***

前回もそうだったのですが、TSUTAYAイベントはどうしてか、めっちゃ開場が早くて、全員が着席してからそりゃあ長いこと待たされるんですよね(苦笑)
この日も自分らはえらく長いこと待たされて、、、
しかも、そんなに待ったのに、開演は少々押しました(笑)
まぁ、座って待機だからとくに辛くはなかったですけれど。

開演予定時間を少し過ぎて、まずは
ギタリスト上條頌くん、そしてキーボーディスト、タッキーこと瀧田敏広さん登場。
客席から一斉に拍手と歓声。
ふたりが楽器の前に着席しスタンバってから、三浦大知さん登場。

このとき、1曲目のイントロが始まっていたかどうか…既に記憶が定かではありません(ごめん)

1. SING OUT LOUD
1曲目の SING OUT LOUD、特にリズムを強調することなく、いわゆるアコースティック的なさらりとしたアレンジ。
ギターとエレピによるさらさらしたイントロから、そのままさっくり入った印象。
リズムが強調されていないので、当然合いの手の「オオオオオオオ♪」とか「メロディ♪メロディ♪」を入れる感じではなく、
ただメインのメロディはオリジナルと余り変わらない感じで唄われていた。

もともとこの曲は、大知くんの素の唄がダブリング無しにリードトラックに使われてるので、
こんなシンプルなアレンジにしても、歌の印象が変わらないんだなあ、と。

2. FEVER
もはや記憶が怪しいのだけれど、ここからカホンが入ったかと。
まず
リズムが肝 といえるこの曲を アコースティックLIVEのセトリに持ってきたことに
どびっくり(…後の選曲でもっと驚くんだけれどもね)。

しかも、リズムがアレンジされてることに2度びっくり。
いや、アコースティック編成だし、専門のカホン奏者が居る訳じゃないし、
どうしたってオリジナルのリズムワークを再現することは不可能なんですけれども、
オリジナルのリズムの隅から隅までとって踊ってる三浦さんが、
まったく違うリズムを、しかもカホン担当として、演奏しながら唄うって、、
どんだけ天才なんだよ! って思いました。

3. MAKE US DO
そして MAKE US DOです。
これ本当にヤバかったですね。

弾き語りでよくあるパターンとして、
演奏する楽器でアタマにコードをかき鳴らして唄う、、というのは
比較的簡単です。

しかし、リズム感の乏しい者にとっては、
アタマ以外のところで、メロディとも異なるリズムで演奏するのは、、とっても難しい。

ましてやカホンはリズム楽器です。
メトロノーム的に、アタマで音を入れる っていうスタイルでも 充分大丈夫と思うのに、、

全然 そんなアレンジじゃなかった。

アレンジ自体は、三浦さんじゃなく、誰か別の方がやられたかもしれない。と思ってる。
(もし三浦さんがやってたとしたら、正真正銘に天才)
ただ、、あのアレンジでカホンを演奏しながら唄うって、凄すぎます。

やっぱり 三浦大知の中には、全部の音楽が詰まっていて
彼は、身体の中で鳴っている音楽の一部を
自在に取り出すことができるのかなあ?

あんな複雑なリズムを叩きながら、唄って、自由にフェイクするって
…そうとしか思えません。


この辺りで、たぶんMCが入ったと思うんだけど、
例によってMCの内容は全然覚えていません(笑)
三浦さんは汗びっしょり。

4. IT'S THE RIGHT TIME
ツアーで演奏された、頌くんギター伴奏に、タッキーさんのピアノを加えたアレンジ。
これは素敵だったなぁ!
頌くんと大知くんで演ってきた世界観をこわさないように、繊細によりそってタッキーさんのピアノが素晴らしくて。
ものすごく美しい1曲になっていました。

Gakushiさんなら、多分、こういう感じにはならないんだろうな。
そうだな~
たぶん、+Gakushiさんだったら、別の色彩が加わってより華やかになっただろうし。
+タッキーさんのIRTは、同系色の別糸が加わってさらに美しい織文様になった感じ。

5. Supa Dupa Paper Plane
アレンジの妙としては、MUDですが、
自分的に圧巻だったのはこれ。

コーラスの絡みが多いこの曲
オリジナルではもちろん、ツアーでも、
もちろん絡みの部分は生唄では唄わなかった訳ですが、、

唄えるとこ 全部唄いましたねwww

しかもカホンも演奏ww

どんだけ欲が深いんだ三浦大知www

こんなところからも、三浦さんの身体の中には
全部の音楽が詰まっている
ということを 改めて思い知らされる訳です。

6. music
〆は music
MAKE US DOや PaperPlaneに比べると、少し軽めですが、、

3連のリズムをキープしながら
のびのびと主旋律を唄うって
実は、かなり難しいことだと思う!
(実際、、途中1回だけリズムミスった)

そんな離れ業を するっとやってしまえる三浦さん。

もちろん天才ではあるんだけれど、
身体を動かすのはやっぱり訓練だから、、
カホンについてはやっぱり、、かなり練習したんだと思う。

頌くんも「天才」って言ってたけど、
天才って努力せずとも出来る人ではなく
努力すればするほど出来る人
そういう努力の出来る人

なんだろうな~ って思う。


"FEVER" TOURのとき
どうしても、それまでのツアーと比べて
声が出てないなぁ… と感じてしまった自分ですが

この日の三浦さんは 音楽に全力でした。


ライブ終わって、握手会があったのですが、
もうこれしか言うこと無い と思い
「ライブ 凄く良かったです」
と開口いちばんにひとこと。

すると、三浦さん
ぱーっと破顔して、満面の笑顔で
「良かったぁ~ これからもよろしくお願いします!」
と。

こちらが照れるほどの笑顔でした。

やっぱり、、かれは頑張ったんだな、と思った。

          ***

歌もダンスも という三浦さんを好きになったのだから、
両方の側面を応援しなくちゃー と思うのだけれども、

どうしても自分は、正直、
彼の関心が100%音楽に向いていないのが歯がゆくて
もっともっと音楽方面で頑張って欲しいなー と期待してしまいます。

アコースティックライブの演奏が 心底素晴らしくて、
もうダンスなんかいいから、
いつも、こんなふうに全力で音楽中心に向きあって欲しい
と思ってしまう。

…ファンの心理とは欲深いものですねえ。


ダンスファンの皆さん、ごめんなさい。

          ***

おまけ1

ちなみに、TSUTAYA公式さんのお写真つきツイートはこちら
どれとは申しませんが(笑)、自分が映ってるので、集合写真は東京2部のやつですね(笑)

おまけ2

自分のTwitterから。良席だったので、カホンのデザインがよく見えました♪
たぶんこれだと思います。
( 今日使ってたカホンは、シュラグベルクのこのデザインだった気がした。音質もそれっぽい感じだったし。
現行の一覧には出てこないデザインなので、だいぶ前の型なんじゃないかな。
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sanbaba/cajonhtml…
すごくイイ音出してましたね~♪
posted at 23:06:07
スポンサーサイト
別窓 | IO-三浦大知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2016年、明けましておめでとうございます。 | 社会参加の実際 | INTERVAL>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。