違う目的ではじめたブログだったんですが、心のしこりを吐き出すデトックス用途にしてしまいました。節操などみじんもありません。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「コーヒープリンス1号店」(#10)
2010-03-09 Tue 20:50
第10話は、ウンチャンとハンギョルの気持ちがぐぐ~っとアップする回、でございます。

cp_10_06.jpg cp_10_05.jpg 仲直りしたハンソンに、ハンギョルへの想いを打ち明けるウンチャン。
「、、驚いた?」と問うウンチャンに、「前から気づいてたよ」と答えるハンソン。
まぁ、彼女の鈍感っぷりというのは若さでもあり、恋愛に疎い気質でもあり、、、
そんな彼女の性格を知った上で、それでも友達として彼女を受け止めてあげたいなーというハンソンの、
、、、ほろ苦い大人っぷりであります。

cp_10_08.jpg cp_10_10.jpg さてハンギョルです。
自宅で引き籠る彼を心配し訪ねてきたハリムに、ハンギョルは、ウンチャンへの苦しい想いを打ち明けます。
しかし明らかに経験の少ない(笑)ハリムには、どうフォローしていいかサッパリです。

cp_10_13.jpg なんとか気持ちを切り替えて、仕事に集中すべく職場復帰するハンギョル。
偉いですね。
、、、もっとも、擦れまくったオヤジであるホン社長から見たら、30男の恋なんてガキんちょの延長なんですが。

cp_10_15.jpg cp_10_16.jpg ふたりの恋愛を眺めて”楽しんでる”と言ったソンギですが、
ウンチャンの真剣な気持ちをバカにしてるわけじゃないんです。
1歳違いだけど、兄が妹を心配するように、、、まなざしの中に彼女を気遣う心が見えます。

cp_10_19.jpg cp_10_17.jpg 1ヶ月後にはアメリカに行く予定のハンギョルは、「それまでお前も耐えろ」とウンチャンに言います。
別れるまでの一月は、男の振りをしたままで側に居たいと願うウンチャンですが、、、。
、、、できれば辞めて欲しいハンギョル。

cp_10_24.jpg cp_10_26.jpg そんな中、”コーヒープリンス”ではスタッフによるライヴショーを開催。
ライヴに協力してくれたハンソンと仲良く話すウンチャン。
嫉妬心も露わに嫌味をいうハンギョル。

cp_10_28.jpg cp_10_27.jpg 募る想いに、わんわんと泣きじゃくるウンチャン。
ガキっぽいけど、、、カワイイですね。
ハンギョルへの思いのたけをぶちまけて泣きじゃくる彼女を、痛ましげに見守るハンソン。
「君が笑ってる姿や泣いてる姿を、見守ってるのが好きだ」

ハンソンは、ハンギョルより年長の31歳という設定ですが、、、
これって大人というより性格だよね。
自分の気持ちより先に、まず相手の気持ちを思いやろうとしてしまう。
自分の気持ちを晒さないとは、ある意味、=自分のプライドを守る 行為でもあるんだけどね。

ウンチャンの前では大人として振る舞えるハンソンも、やがて愛のためにプライドを捨てる時がくるのですが。

cp_10_33.jpg cp_10_34.jpg ハンソンから、「ハンギョルとウンチャンは互いに想い合ってる」と聞かされたユジュ。
この人的には多分、、、キープ君のハンギョルは、どっちかつうと自分を想っていて欲しい。
ハンソンと違って、フォローする気持ちなんか毛頭ありません。
だいいち、ハンソンがウンチャンの恋を見守ろうって態度も、実は気に入らないんでしょう。

別に悪女じゃないんだよね。
ただ、、、自分を想ってる男には、自分だけに関心を持って欲しい、と。
いわば女性なら誰にでもある感情なのだけど、
「誰も傷つけたくない」といいつつ、実は自分がいちばん傷つかないように振る舞ってるのに
自覚がなかったり。
プライド高くて、自分の本心を見失ってます。

そう考えると可哀そうな人なんだけど、、、 ドラマ的に、この場面では厭な女に見えますねー

cp_10_39.jpg cp_10_38.jpg 「耐えろ」っとか言っておきながら、ぜんぜん耐えてないハンギョル。
いつもウンチャンの姿が気になって、何かあれば、思わず手が出ちゃうんです。

ほどけそうになってる制服の紐を、背後から近づいて結び直そうとするハンギョル。
、、、背後から近づくのは反則だろう?

cp_10_37.jpg cp_10_41.jpg 「これが男か? 、、細すぎる」
、、うっわ~~っ、言うかね言うかね~。

といいつつ、セリフと違うタイミングの手フェチ画像をキャプってるワタクシ。

               ***

cp_10_57.jpg cp_10_56.jpg さて。へたれだけど不注意なミニョプの失言によって、ついにウンチャンの性別はハリムの知るところになりました。
”男の”ウンチャンへの恋に苦しむハンギョルを思いやり、激怒するハリム。
「眺めて楽しんでたろ? 最低な奴らだ、、」

う~んまぁ、でも君ももし彼らの立場なら、真っ先に楽しんでいそうな性格なんだけど、、、。

cp_10_61.jpgcp_10_62.jpg へたれミニョプはもちろん、愛するウンセの”姉貴”の味方。
フェミニストのソンギもウンチャンの味方。
我関せずのホン社長はともかく、、、
、、、これはまずい展開になりそうな。

cp_10_64.jpg cp_10_63.jpg さてさて、こちらはコーヒーショップ。
夜、店での居残り掃除を命じられたウンチャンの前に、
、、、家に戻った筈のハンギョルが、駆け込んでくる。

cp_10_68.jpg cp_10_73.jpg ウンチャンにキスをして、想いを打ち明けるハンギョル。
「一度しか言わないぞ. お前が好きだ. お前が男でも、宇宙人でも、もう関係ない」
「気持ちを抑えられない. 行けるところまで、、、 行こう」


               ***

むむ。
本ドラマ屈指の名場面なのでしょう多分。
が、
キス・シーン評論家のワタクシとしては、このシーンに 敢えて突っ込みを入れてしまうのでありますw

cp_10_71.jpg この場面のキスをキャプチャするにあたって、何度も何度も動画を再生してみましたが、、、

ワタクシ的ベスト・ショットはこちらの画像になります →
理由:ウンチャンの横顔がいちばん美しいから

えと~、この場面ではですね、
①まずハンギョルから、ウンチャンの両頬を引き寄せて深くキス
②そしてウンチャンが、ハンギョルの背に両手を回してしっとりキスを返す
というシナリオになっています。

①のキスも情熱的で悪くないのですが、②の方が、、、絵的に美しいんですね。
(なので上のキャプチャ画像では、敢えて接触中でなく、唇が離れる瞬間の映像をキャプってみましたww)

やっぱし、キス・シーンは女性側の動作が鍵 というワタクシ的理論が実証されたような
そんな気分であります。

ハンギョル役のコン・ユさんは、、、他のシーンは無駄にやらしー感じなのに、
キス・シーンに限っては余りセクシーじゃないのよねぇ。
熱いフレンチ・キスじゃなくてもいいけど、もっと色っぽいor美しいキスをお願いします、とゆー感じ(爆
(もっとも、コン・ユさんの手の動きに勝手に色気を感じてるのは、、、手フェチな私だけかも)


あくまでも私見ですがw 、、、語り過ぎ?ww



つ、続くぜ(汗
---次回へ!
スポンサーサイト
別窓 | IO-韓ドラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<閑話休題ですが | 社会参加の実際 | 本日の就職活動 →またアウトっぽい(汗>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 社会参加の実際 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。